子宮頸がんワクチン 真実。 子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

子宮頸がんワクチンのリスク。接種すべきではない3つの理由。

子宮頸がんワクチン 真実

高2女子です。 子宮頸がん予防ワクチンは受けた方が良いのでしょうか? テレビで見た副作用が怖くて、親も怖いから打たなくていいよと言ってくれました。 ですが、たまたまティックトックで産 婦人科医の方がワクチンについて話している動画が流れてきて「小6〜高1までは無料だから絶対打って、大人になると自費だから。 10代20代でもなる病気だから無料のうちに打って」と言っていました。 また、そのコメント欄には副作用が起きるのは極極稀なケースでテレビでやっているのはフェイクニュースもあるし誇張しすぎているのもある。 症状が出てもほとんどの人が治ってる。 と書いてあり、実際に副作用は出なかったという人が多々いました。 私は動画を見て思ったのですが、"無料"だからとかお金の問題より副作用が起きやすい人や確率、症状例などを教えて欲しかったです、、 副作用が起きたらワクチン受けなきゃ良かった。 となりますし、癌になったらワクチン受ければ良かった。 となると思います。 どちらにせよリスクがあるので選べないです… 産婦人科医の方に直接聞くのが1番良いと思うのですが、保護者の方やワクチンを受けた方、受けていない方の意見を聞いてみたかったので質問させて頂きました。 たくさんの意見下さると嬉しいです。 よろしくお願いいします。 子宮頸癌ワクチンの副作用は、マスコミが報じないだけで基本的には因果関係は否定されています。 「名古屋スタディ」というワードで検索すると、分かりやすく解説しているページもあるので見てみると良いかと。 つまり、一般的に考えると ワクチンを受けるリスク<<<<<<<受けるメリット です。 しかし、質問者様の場合は、きちんと家族や先生とお話しして、不安が無くなってから接種する方が良いかもしれません。 なぜなら、不安を持ったままワクチンを受けると、マスコミが言っていた副作用の症状が出るかもしれないからです。 最初に言っていることと違うのではないか?と思われるかもしれません。 どういうことかというと、まずそもそも子宮頸癌ワクチンの副作用で言われていた症状(検査しても明らかに異常がないのに体が動かなくなる、あちこちが痛くなるという症状)というのは、もともと若い女性に多い症状なのです。 たいていの方が診察をすると、診察した時の動きと実生活の動きに解離がある、などで心因的な要素が大きいと判断できます。 疾病利得(症状が出ることで周りの人が守ってくれて有利なので症状が出る)があると教科書的には書いていますが、実臨床で見る多くの例がそのようなものはなく原因不明です。 その中で時々診るのが、自己暗示にかかったように症状が出る方々です。 ただしあくまでも可能性です。 産婦人科の先生なら一般的なメリットとデメリットのことを熟知しておられ、普通は子宮頸癌ワクチンを打つことの方がメリットが明らかに多いので推奨されると思います。 基本はそれに従うことをお勧めします。 私は質問者様が真剣に不安に思っていることが質問文から分かったので今回のアドバイスをさせて頂きましたが、あくまでネット越しのやりとりですし、上で言ったような症状を出す方はは本当にごくまれですのであくまでも参考程度にしてください。 基本的には質問者様の目の前に現れる先生のお話をよくお聞きすることをお勧めします。 お母様の判断、正しいです。 そして副作用にもちゃんと目を向けている質問者さんも正しい。 メディア、医者の言うことが全て正しいと思わないことです。 直接聞いても答えは「接種しましょう」でしょうね。 ワクチンは不妊の原因にもなります。 成分を調べてみたら、驚くと思います。 有名なのは蛾の幼虫です 世の中の正しい真実を知った人たちが、情報を発信し世間も気付いてきましたね。 ここではとても書けないような内容ばかりですが。 私なら全てのワクチンは受けませんし、子供にも全て接種させません。 なんだか答えになっていませんが、どこまで書けばよいのか分からず… ワクチンを危険だと思うなら、深いところまで調べて下さい。 ほとんどの情報は隠れてしまっています。

次の

子宮頸がんワクチン 接種率低下で新リーフレット作成 厚労省

子宮頸がんワクチン 真実

『月刊日本』2014年3月号 に、 「安倍総理!子宮頸がんワクチンをやめて下さい」 と題する特集記事が掲載された。 日本では子宮頸がんワクチンが2010年11月から2013年3月まで、臨時で公費助成された。 予防のためには3回の接種が必要で接種費用は合計4-5万円程度である。 厚生労働省が2010年度から実施した「ワクチン接種緊急促進事業」の対象ワクチンに子宮頸がん予防ワクチンが含められ、市区町村が行う接種事業に国が助成を行い、おおむね中学1年生から高校3年生相当の女子である事業対象者は無料もしくは低額で接種を受けられるようになった。 ところが、2013年6月14日の専門家会議で、接種のあと原因不明の体中の痛みを訴えるケースが30例以上報告され回復していない例もあることが判明した。 これを受けて、厚生労働省は接種の推奨を一時的に中止した。 接種そのものが中止されているわけではなく、接種希望者はこれまで同様に公費で接種が受けられるほか、副作用の被害が認められた際は救済制度の対象となる。 ところが、子宮頸がんワクチン接種後に長引く痛みやしびれなどの報告症例について、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会は「心身の反応」との見解を示した。 つまり、ワクチンの副作用ではないとの見解が示されたのである。 そのうえで、接種呼び掛けを国として再開するか否か、どのように行うかの結論を2月中にも出す動きが示されている。 接種呼びかけを国が再開するとしても、接種を義務化することにはならないと思われるが、極めて杜撰な取り扱いであると言わざるを得ない。 厚労省ホームページ内の「子宮頸がん予防ワクチンQ&A」には、子宮頸がんワクチンの、がんを予防する効果についての国の説明が書かれている。 「子宮頸がんは、数年から数十年にわたって、持続的にヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した末に発症するとされています。 子宮頸がん予防ワクチンは、新しいワクチンなので、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません」 効果が証明もされていないワクチンの効果を誇大に宣伝し、その接種を無料化して接種を促進する裏側にどのような事情があるのか。 極めて重大な問題である。 子宮頸がんの予防ワクチン接種後、医療機関から報告された発熱などの副作用は2010年11月~2013年3月に計1196件に上っている。 このうち、運動障害が残るなど重篤とされたケースも106件あった。 ワクチンによる重篤の報告数はインフルエンザワクチンの約40倍とされる。 重篤な副作用被害が広がっているにも関わらず、国は、ワクチンと重篤な副作用の因果関係を認めていない。 福島で重大な原発事故が発生し、その後、福島県を中心に子どもの甲状腺がんの発症事例が急増している。 これについても政府は、原発事故との因果関係を否定している。 因果関係があると考えるのが自然である。 ところが、損害賠償の問題などが絡むため、挙証責任が被害者に押し付けられているわけだ。 こうした図式に対して、主権者である市民が怒りの声を上げて、行動を起こしてゆかなければ、深刻な事態は変化しない。 子宮頸がんワクチンでは、国会で、ワクチン接種の無料化に躍動した議員がいた。 公明党の参議院議員だった松あきら氏である。 「サルでもわかる子宮頚がんワクチン」サイト には、次の記述がある。 「子宮頸がんワクチンの早期承認と公費助成の推進にもっとも力を発揮したのが、公明党の松あきら議員だといわれている。 その夫の西川知雄氏は「グラクソ・スミスクライン(GSK)の顧問弁護士をしている」らしい。 (出典:医療情報誌月刊『集中』)」 人脈図については、 「ヒトパピローマウイルスワクチン推進は一体誰のためなんだ、という疑惑を感じさせる人脈図だね。 」 とのただし書きが付せられている。 人脈図の内容の真偽は未確認だから注意を要するが、このような評判が立てられていることには留意すべきだろう。 3回接種で4-5万円の費用がかかる子宮頸がんワクチンは、 「サーバリックス」 という名のワクチンで、これを製造・販売している企業がグラクソ・スミスクライン社である。 ワクチン・ビジネスはいまや、大手製薬会社のドル箱商品である。 ワクチンは健常者に摂取するものだから、販売数量が桁違いに大きなものになる。 しかも、単価がべらぼうに高い。 そのべらぼうに高い薬品を政府が国家予算で買い上げるわけだから、資本にとってはたまらない甘い蜜なのである。 この甘い蜜に群がるシロアリとハゲタカとハイエナが存在する。 この世はシロアリとハゲタカとハイエナに食い荒らされているのだ。 続きは本日の 第799 号「危険ワクチン排除を妨げる『複合汚職』の構造」 」 でご購読下さい。 の 著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。 2011年 10月 1日より(月額: 525円(税込)/配信サイト:)の配信を開始しました。 創刊月 2011年 10-2012年6月は、で書いています。 ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。 詳しくはをご参照ください。 メールマガジンの購読お申し込みは、からお願いします。 (購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。 )なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、 までお願い申し上げます。 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 2,100円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,785円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,000円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,800円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,890円 通常配送無料 出版社: 価格: 756円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 798円 通常配送無料 出版社: 価格: 798円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,365円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 525円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社:.

次の

「子宮頸がんワクチンに副作用があるとの発表は捏造」と指摘した記事、名誉棄損と判断される

子宮頸がんワクチン 真実

『月刊日本』2014年3月号 に、 「安倍総理!子宮頸がんワクチンをやめて下さい」 と題する特集記事が掲載された。 日本では子宮頸がんワクチンが2010年11月から2013年3月まで、臨時で公費助成された。 予防のためには3回の接種が必要で接種費用は合計4-5万円程度である。 厚生労働省が2010年度から実施した「ワクチン接種緊急促進事業」の対象ワクチンに子宮頸がん予防ワクチンが含められ、市区町村が行う接種事業に国が助成を行い、おおむね中学1年生から高校3年生相当の女子である事業対象者は無料もしくは低額で接種を受けられるようになった。 ところが、2013年6月14日の専門家会議で、接種のあと原因不明の体中の痛みを訴えるケースが30例以上報告され回復していない例もあることが判明した。 これを受けて、厚生労働省は接種の推奨を一時的に中止した。 接種そのものが中止されているわけではなく、接種希望者はこれまで同様に公費で接種が受けられるほか、副作用の被害が認められた際は救済制度の対象となる。 ところが、子宮頸がんワクチン接種後に長引く痛みやしびれなどの報告症例について、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会は「心身の反応」との見解を示した。 つまり、ワクチンの副作用ではないとの見解が示されたのである。 そのうえで、接種呼び掛けを国として再開するか否か、どのように行うかの結論を2月中にも出す動きが示されている。 接種呼びかけを国が再開するとしても、接種を義務化することにはならないと思われるが、極めて杜撰な取り扱いであると言わざるを得ない。 厚労省ホームページ内の「子宮頸がん予防ワクチンQ&A」には、子宮頸がんワクチンの、がんを予防する効果についての国の説明が書かれている。 「子宮頸がんは、数年から数十年にわたって、持続的にヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した末に発症するとされています。 子宮頸がん予防ワクチンは、新しいワクチンなので、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません」 効果が証明もされていないワクチンの効果を誇大に宣伝し、その接種を無料化して接種を促進する裏側にどのような事情があるのか。 極めて重大な問題である。 子宮頸がんの予防ワクチン接種後、医療機関から報告された発熱などの副作用は2010年11月~2013年3月に計1196件に上っている。 このうち、運動障害が残るなど重篤とされたケースも106件あった。 ワクチンによる重篤の報告数はインフルエンザワクチンの約40倍とされる。 重篤な副作用被害が広がっているにも関わらず、国は、ワクチンと重篤な副作用の因果関係を認めていない。 福島で重大な原発事故が発生し、その後、福島県を中心に子どもの甲状腺がんの発症事例が急増している。 これについても政府は、原発事故との因果関係を否定している。 因果関係があると考えるのが自然である。 ところが、損害賠償の問題などが絡むため、挙証責任が被害者に押し付けられているわけだ。 こうした図式に対して、主権者である市民が怒りの声を上げて、行動を起こしてゆかなければ、深刻な事態は変化しない。 子宮頸がんワクチンでは、国会で、ワクチン接種の無料化に躍動した議員がいた。 公明党の参議院議員だった松あきら氏である。 「サルでもわかる子宮頚がんワクチン」サイト には、次の記述がある。 「子宮頸がんワクチンの早期承認と公費助成の推進にもっとも力を発揮したのが、公明党の松あきら議員だといわれている。 その夫の西川知雄氏は「グラクソ・スミスクライン(GSK)の顧問弁護士をしている」らしい。 (出典:医療情報誌月刊『集中』)」 人脈図については、 「ヒトパピローマウイルスワクチン推進は一体誰のためなんだ、という疑惑を感じさせる人脈図だね。 」 とのただし書きが付せられている。 人脈図の内容の真偽は未確認だから注意を要するが、このような評判が立てられていることには留意すべきだろう。 3回接種で4-5万円の費用がかかる子宮頸がんワクチンは、 「サーバリックス」 という名のワクチンで、これを製造・販売している企業がグラクソ・スミスクライン社である。 ワクチン・ビジネスはいまや、大手製薬会社のドル箱商品である。 ワクチンは健常者に摂取するものだから、販売数量が桁違いに大きなものになる。 しかも、単価がべらぼうに高い。 そのべらぼうに高い薬品を政府が国家予算で買い上げるわけだから、資本にとってはたまらない甘い蜜なのである。 この甘い蜜に群がるシロアリとハゲタカとハイエナが存在する。 この世はシロアリとハゲタカとハイエナに食い荒らされているのだ。 続きは本日の 第799 号「危険ワクチン排除を妨げる『複合汚職』の構造」 」 でご購読下さい。 の 著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。 2011年 10月 1日より(月額: 525円(税込)/配信サイト:)の配信を開始しました。 創刊月 2011年 10-2012年6月は、で書いています。 ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。 詳しくはをご参照ください。 メールマガジンの購読お申し込みは、からお願いします。 (購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。 )なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、 までお願い申し上げます。 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 2,100円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,785円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,470円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,000円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,800円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,890円 通常配送無料 出版社: 価格: 756円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 798円 通常配送無料 出版社: 価格: 798円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,365円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,575円 通常配送無料 出版社: 価格: 525円 通常配送無料 出版社: 価格: 1,680円 通常配送無料 出版社:.

次の