ときわ台 天 祖 神社。 板橋天祖神社|板橋区南常盤台の神社

天祖神社

ときわ台 天 祖 神社

1 平成17年拝受の御朱印。 中央の朱印は「天祖神社御璽」、左下は「天祖神社々務所之印」。 2 平成22年拝受の御朱印。 朱印は「天祖神社」。 3 平成29年拝受の御朱印。 朱印は平成22年のものと同じ。 常盤台天祖神社について 名称 天祖神社 通称 常盤台天祖神社 ときわ台天祖神社 板橋天祖神社 旧称 神明宮 神明社 御祭神 天照皇大神 〔あまてらすおおみかみ〕 〈相殿〉 豊受姫命 〔とようけひめのみこと〕 大山咋命 〔おおやまくいのみこと〕 鎮座地 東京都板橋区南常盤台二丁目4番3号 創建年代 不詳/後深草天皇の御代(1246~59) 社格等 旧村社 例祭 9月21日 神事・行事 1月1日/歳旦祭 1月21日/初月次祭 2月立春の前日/節分祭 4月21日/祈年祭 6月30日/夏越の大祓 11月27日/新嘗祭 12月2日/熊手市 12月30日/年越の大祓 御由緒 常盤台天祖神社は、江戸時代以前は神明宮または神明社と称し、川越街道の宿場町として栄えた上板橋村の鎮守であった。 旧別当は真言宗の東光山長命寺(東山町)だった。 創建については不詳だが、後深草天皇の御代(1246~59)にから御分霊を勧請・奉斎したという伝承がある。 また、上板橋村字原(天祖神社の境内地周辺)に天照大神が影向し、その跡に伊勢神社を勧請したという伝承もあり、境内末社として祀られる伊勢神社と関わるのではないかともされるが、詳らかではない。 上板橋村は板橋地域でも古い村の一つであり、付近一帯が豊島氏によって開拓されたことを考えると、室町時代には祀られていたのではないかという。 江戸時代には大田南畝が立ち寄り、その折りの紀行文が残っているが、それによれば杉や松の老木が繁り、柊の大木が立つ境内に、わら葺きの社殿と黒木の鳥居(樹皮がついたままの丸太を使った鳥居)が建っていたようだ。 明治5年(1872)村社に列格、社号を天祖神社と改める。 翌6年(1873)境外末社の伊勢神社を境内に遷した。 昭和20年(1945)空襲により社殿が被災、同45年(1970)改修が行われた。 写真帖.

次の

【東京 パワースポット】上神明天祖神社は開運・立身出世のご利益!気になるお守りと御朱印は?

ときわ台 天 祖 神社

style-jrlezxnznavContainer select. style-jrlezxnznavContainer select. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainerarrow,. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainerarrow,. style-jrlezxnznavContainer select:not. style-jrlezxnznavContainerarrow. style-jrlezxnznavContainerarrow.

次の

天祖神社歌占

ときわ台 天 祖 神社

2017年の「己巳の日」 2月11日・4月12日・6月11日・8月10日・10月9日・12月8日 2018年の「己巳の日」 2月6日・4月7日・6月6日・8月5日・10月4日・12月3日 参拝時間 上神明天祖神社の所要時間ですが、ゆっくり参詣した場合でも約25分。 御朱印を頂く時間を含めますと、私が参拝した時は平日でしたがかなり混んでいましたので、プラス15分計40分ほど見て頂ければと思います。 東京 パワースポット・上神明天祖神社とは 沿革・由緒 文永8年(鎌倉時代・1272年)11月10日、北条四朗左近大夫陸奥守重時は、五男の時千代に多数の家臣を与え蛇窪(現在の品川区二葉四丁目付近)に残って当地域を開くよう諭して、自らはこの地を去りました。 その後、時千代は、法圓上人(ほうえんしょうにん)と称して大森(大田区)に厳正寺(ごんしょうじ)を開山し、家臣の多くは蛇窪付近に居住させました。 現在、厳正寺の壇徒がこの地域に多いのは、こうした理由によるものです。 文永8年の秋から50年ほどを経た元享2年(1322年)、武蔵の国(現在の東京・埼玉)一帯が大旱魃となり、飢饉の到来は必至と見られました。 このとき、厳正寺の当主、法圓の甥の第二世法密上人は、この危機を救うため、厳正寺の戌亥(北西)の方向にあたる森林の古池のほとりにある龍神社に雨乞いの断食祈願をしました。 上人の赤誠(偽りや飾りのない心。 まごころ。 )と神霊の冥助により、大雨が沛然と降り注ぎ、ついに大危機を免れることができました。 これに感激した時千代の旧家臣たちは、蛇窪に神社を勧請し、神恩にこたえて祀りました。 これが現在の天祖神社の縁起とされています。 なお 一説には、鎌倉時代に、この地の豪農、森屋氏(現姓森谷氏等の先祖)が建立したものとも伝えられています。 当社の旧社名は神明社です。 現在の下神明天祖神社は、正保年間(1644年)、今から約370年前、蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分立の際に、当神社から現在の所在地に分社されたと言われています。 その後、昭和7年10月に東京市内編入の際、氏神である神明社に因んで町名が上神明町・下神明町に改名されました。 したがって、これ以後に現在の社名、天祖神社に改名されました。 (荏原区史) 引用元: ご祭神・御祭神 (主神) 天照大御神(あまてらすおおみかみ)・・・太陽の神、皇祖神、日本の総氏神 (配祀) 天児屋根命(あめのこやねのみこと)・・・言霊の神、祝詞の祖神 応神天皇(おおじんてんのう)・・・文武の神 ご利益・ご神徳 厄除け、開運招福、立身出世など パワースポット・上神明天祖神社のみどころ 撫で白蛇 2016年にに新しくできた 「撫で白蛇」。 左が女蛇で右が男蛇、宝珠包み込んだ姿だそうです。 願い事を祈りながら撫でると願いが叶うとされています。 厳島弁財天大神する前にご挨拶を忘れずに。 末社・厳島弁財天社 白蛇縁起 鎌倉時代、天祖神社の社殿の左横(現在の消防団詰所付近)に清水が湧き出る洗い場があり、そこに白蛇が住んでいました。 時移り、いつのまにか洗い場がなくなり、やむなく白蛇は現在の戸越公園の池に移り住むようになりました。 あるとき、土地の旧家森谷友吉氏の夢枕に白蛇が現れ「一日も早くもとの住みかに帰してほしい」と懇願しました。 森谷氏はこの話を宮司に伝えて、白蛇をもとにもどすよう願い出ました。 宮司は弁天社【琵琶を奏でる姿から音楽や芸術の才能を伸ばし、弁知(知恵)の神、安芸の宮島厳島弁天社の御分霊である弁財天を祀る】を建立することに決め、現在の駐車場地に 池を掘り、池の中央に小島を設け、その中の石窟に石祠を造って白蛇を祠ることにしました。 古老の話によれば白蛇を迎える日の夜、いよいよお迎えの祝詞を奉上しようとしたとき、それまでの輝くばかりの星空が一天にわかにかき曇り、雷鳴とともに大風が立ち起こり、そのさまは身のすくむ思いだったということです。 引用元: 拝殿の右奥にある 「厳島弁財天大神」。 ご祭神に市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)、田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、蛇窪龍神、白蛇大神を祀っています。 金運・財運のご利益・ご神徳をいただけます。 心願成就の白蛇様にご祈願すると願いが叶うとされています。 特徴的な蛇は、昭和二十九年に桜井昌利氏(鳶頭)の雇員である真鍋勝氏の手造りにより奉納されたもの。 こちらの龍も真鍋勝氏の手造りです。 稲荷大明神 鳥居をくぐってすぐ左手にあるのが 「稲荷大明神」。 ご祭神は稲荷大神。 京都伏見稲荷大社の御分霊をお祀りしています。 こちらにも真鍋勝氏の手造りのお稲荷さまが見受けられます。 入り口には「稲倉魂神」と書かれた石碑。 家業繁栄、家内安全のご利益・御神徳をいただけます。 土搗石(づつきいし) 江戸時代より武蔵国荏原郡上蛇窪村に伝わる石で納屋や住居をつくる際に村人が歌を歌いながら敷地を固めた石で、大正7年(1918年)まで使用されていた石だそうです。 東京 パワースポット・上神明天祖神社のお守り/御朱印 上神明天祖神社のお守り 天然記念物山口県「岩国のしろへび」の脱皮を、当神社の祠で祈願した御守「夢巳札(ゆめみふだ)」(1000円)を授与頂きました。 その他、龍の御鈴、白蛇ストラップ守、厄除守・除災招福守、縁結びお守りなどがあります。 上神明天祖神社の御朱印 初穂料は各300円。 「上神明天祖神社」「弁財天」「蛇窪大明神」の3種類の御朱印を頂きました。 そのほか頂ける御朱印は「己巳(つちのとみ)」の御朱印と「蛇窪大明神」の御朱印で期間限定(金銀の1月、ピンクの4月、水色の9月)の特別御朱印が3種類あり、計7種類の御朱印が頂けるそうです。 参拝するきっかけになったのは、ある方が投稿した雲の写真が龍の姿に見えたことから、「龍神様にお呼ばれしているから、龍神様をお祀りしている神社に参拝してみたら」と言われたのが始まり。 もともと旅行に行った時に神社仏閣を訪れることが多かったが、もっと色んなところを巡って、その魅力を知りたいと現在神社を中心に訪れたパワースポットは130ヶ所以上。 そんなパワースポットの魅力に取り憑かれた私が東京から日帰りで行ける皆様の開運につながるパワースポットをご紹介していきます。 【パワースポットセラピストとは】 パワースポットの魅力と訪れたパワースポットの中から金運、恋愛成就・縁結び、出世・仕事運、厄除けなど今現在の「あなた」の悩み・叶えたい願いに合ったパワースポットを分かりやすくご紹介すること。

次の