椎名 林檎 丸の内 サデ スティック。 ピザ屋の彼氏になってみたい(『丸の内サディスティック』論考)|壁 花男|note

【丸の内サデスティック】のコード進行・歌詞をわかりやすく解説!【椎名林檎】|偏った人が語る音楽の話

椎名 林檎 丸の内 サデ スティック

以前バンドを組んでいた時にドラマーさんが 「丸の内サディスティックって曲の歌詞の意味がさっぱりわからん。 ピザ屋の彼女ってなんだよ?ベンジーって誰だよ?」と言っていました。 僕はブランキー・ジェット・シティのファンで、椎名林檎さんがデビューした頃(1999年頃)ロッキング・オン・ジャパンなど雑誌を読んでいて、その当時の記憶がとても鮮明にあります。 彼女の歌詞の世界は今までの「歌謡曲」とは一線を画していて、 「ベンジー」だとか「 ピザ屋の彼女」だとか、意味不明な登場人物の名前が出ていたり。 というわけで、なかなかなじみのない言葉を出来るだけわかりやすく解説します。 「あーそういう意味だったんだ」となって友達に自慢できるようになるかもしれません。 それではまずは「丸の内サディスティック」の歌詞を確認します。 「丸の内サディスティック」は1999年に発売された椎名林檎さんのデビュー・アルバム「無罪モラトリアム」の3曲目に収録されています。 (正確にはセカンド・シングルの「歌舞伎町の女王」のカップリングが初出) 椎名林檎の長いキャリアの中でもすっと歌われ続けていて、アレンジも沢山あり、プロ・アマ問わず多くの方にカバーされている名曲。 「丸の内進行」とも呼ばれる最強のコード進行や、シンプルな構成、メロディーも最高。 名曲の条件を満たしている「丸の内サディスティック」 さらに一見意味不明で謎な歌詞も、理由のひとつですね。 では、そんな不思議な歌詞を歌詞を確認してみます。 報酬は入社後並行線で 東京は愛せど何にも無い リッケン620頂戴 19万も持って居ない 御茶の水 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 最近は銀座で警官ごっこ 国境は越えても盛者必衰 領収書を書いて頂戴 税理士なんてついて居ない 後楽園 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って 青 噛んで熟って頂戴 終電で帰るってば 池袋 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って 歌詞 椎名林檎 一読して「これなんだろう?」と感じる言葉がいくつかありますね。 それではそれらを一つ一つ解説していきます。 丸の内サディスティックの歌詞の単語を解説 それでは歌詞の中に登場する言葉。 単語を解説していきます。 ギターの名前から楽器、人の名前、ブランキー・ジェット・シティというバンドの歌詞に出てくる登場人物など、かなりマニアックというかディープな内容になっています。 椎名林檎さんの好きなモノや人がたくさん表れているのだと思います。 THE BEATLESをはじめ、イギリスのアーティストがたくさん使っている印象があります。 ギター・マガジンの表紙でジョージ・ハリスンが弾いているギターは「620」ではないのですが、見ての通り可愛らしいルックスをしており、専門雑誌で特集が組まれるくらい人気のあるギターメーカーです。 「オシャレでカッコよくて、人とはちょっと違った」ギターと言えます。 椎名林檎さんがこの曲を発表したのが1999年、歌詞を書いたのはおそらくそれよりもっと昔の話。 1990年代後半で19万ですから、かなり高価なギターといえます。 10代の少女にはとてもじゃないけど買うことができない価格です。 マーシャルとは、ギターの音を増幅する「アンプ」のメーカー名です。 「ギターアンプの代名詞」と言ってもいいくらい有名なメーカーです。 例えるならアメリカンスタイルのバイク=ハーレーダビッドソンみたいな感じでしょうか。 「マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ」 「匂い」がするものなので、マーシャルのことを知らないと香水とかキャンドルとかそういったものをイメージするかもしれませんね。 続く歌詞は「寝具で遊戯」で、ちょっとエロティックな雰囲気があります。 まさかギターアンプのメーカーとは思いませんよね… ちょっと思いついたことなんですが、 アンプって 「ツマミ」を 「いじる」んですよね。 えっとつまりそういうことかな?(すっとぼけ) 3. ラット• 「ラット」とは、ギターの音を変化させるエフェクターの一種です。 「ラットひとつを商売道具」というのは「エフェクター1個だけでミュージシャンやってます」という意味でしょうかね。 アマチュアの人でも(僕でも)エフェクターは最低3つは使うので、かなり潔いスタイルだと言えます。 「無罪モラトリアム」の4曲目に収録されている「幸福論 悦楽編」のギターの音がそれに近いと思いますので、どんな音か気になる方は聞いてみてください。 かなり歪んだ音に変化させる「ディストーション」という種類ですね。 後述するブランキーのギター・ボーカルも同じラットのエフェクターを使っています。 ベンジー 「ベンジー」とは元ブランキー・ジェッ・トシティ(以下BJC)のギター・ボーカル「浅井健一」さんのあだ名、愛称です。 ちなみにベンジーの由来は、1978年の映画「グローイング・アップ」の主人公のベンジー(イフタク・カツール)に似ていることから、ベーシストの照ちゃん(照井利幸)が名付けたそう。 「肺に映ってトリップ」=「心に思い浮かんできてしまう、同じ機材使ってるんだわ、イッちゃいそう!」という事でしょうか。 椎名林檎が「こよなく愛すアーティスト」としてたびたび名前が出てきます。 (もう一人はレディオヘッドのトム・ヨーク) 1990年代を駆け抜けていった伝説のバンド、として紹介されることが多いです。 僕も友達の家で初めて聴いた時、瞬で心を奪われました。 次に紹介する「ピザ屋の彼女」というのはBJCの曲の中に出てくる登場人物のことなんです。 ピザ屋の彼女 BJCの曲「ピンクの若い豚」に出てくる登場人物。 BJCの歌詞世界は「ブランキー市長のジェットみたいな街」という架空の街を舞台にした世界の出来事を歌詞にしています。 例えば地平線が国境の国だとか、フロントフォークが一番長いC. Jimだとか。 アメリカのビートニク小説の舞台のような。 「ピザ屋の彼女になってみたい」=「ブランキージェットシティの住人になってみたい」ということかもしれません。 「丸の内サディスティック」が発表された当時は、ブランキージェットシティのシングル「ガソリンの揺れ方」のカップリングでしか聞けない曲でした。 (コレがまたかっこいいんだわ。 ほんとに。 ) 椎名林檎さんが相当BJC、浅井健一さんが好きだということが伝わってきますね。 椎名林檎さんはベンジーこと浅井健一にぞっこんですね。 そうすると、つづく 「そしたらベンジー あたしをグレッチでぶって」と言う歌詞の意味もなんとなく分かる気がしてきませんか? 「グレッチ」=バールのようなものではありません。 余談ですが、いつもロンドン・コーリングのジャケットを思い出します。 まとめ 椎名林檎の丸の内サディスティックの歌詞に出てくる単語の解説でした。 いかがでしたでしょうか? 他にも「警官ごっこ」とか「青 噛んで 熟って(あおかんで行って)」とか、わかるようなわからないような言葉選び、言葉遊びがあって、それがまたこの曲の魅力の一つになっています。 ブランキー大好き、ギターも弾く僕からするとこの曲は 「ベンジーへのラブレター」と解釈しました。 たった一人のあこがれのアーティストへ向けれられた言葉、曲だからこそ、名曲なのかもしれませんね。 いい曲だよなぁ…! これらの意味を全て知っていたあなたはかなりの音楽通で、ブランキーが大好きでしたね? カラオケやドライブ中に丸の内サディスティックが流れてきたら、ぜひぜひ意味を一緒にいる人にに教えてあげてください.

次の

丸の内サディスティック(EXPO Ver.) 椎名林檎 歌詞情報

椎名 林檎 丸の内 サデ スティック

椎名林檎がデビュー20周年を迎えました。 サブスクリプション解禁によって、改めて旧譜を聴いた方も多いようです。 私のTwitterタイムライン上でも ・『無罪モラトリアム』(以下『無罪』)を録音したMDの色までフラッシュバックしてしまう者 ・忘れていたはずの歌詞が思い出され服がビリビリに破けて全裸になる者 ・全曲への思い入れが強すぎてPTSD状態になっており曲が絞れずマイプレイリストを作成することができない者 などなど、椎名林檎にDNAを傷つけられてしまった人間たちの病気が再発してしまい、阿鼻叫喚状態となっています。 私はというと、『無罪』発売時、14歳でした。 リアルタイムど真ん中世代と言ってよいかと思います。 ただし私は椎名林檎の大ファンというわけではありません。 彼女の音楽に深く感心こそすれ、心の底から熱狂したことはなかったように思います。 しかしその一方で、貪るように、執拗に、椎名林檎を聴き、歌詞の意味を徹底的に考察していた時期は何度もありました。 好きになった女の子が椎名林檎好きだったからです。 文系サブカル男子(もはや死語)の あるあるでしょう。 ・・・とにかく椎名林檎を聴くことは、私にとって、いつでも恋をした女の子のことを知る手段だったのです。 私はいつでも ピザ屋の彼女になりたい女の彼氏になってみたかったのです。 前置きが長くなりました。 私の恋愛遍歴はどうでもいいんです。 本題に入りましょう。 とにかく『無罪』を久しぶりに聴いて、当時必死になって考察した歌詞について語りたくて仕方なくなってしまいました。 また、今だからこそわかったこともたくさん出てきました。 『無罪』丸々一枚分書きたい気持ちもありますが、人生が終わってしまうので一曲に絞ります。 さて、どの曲にするか。 やはりここは『丸の内サディスティック』(以下『丸の内』)でしょう。 シングルカットされていないにも関わらず永遠不滅の代表曲かつ大名曲、そして林檎の作詞テクニックや詞の世界観が凝縮されているからです。 今回は3つのバージョン違いを3レイヤー重ねることで、立体的な解釈を試みたいと思います。 先にアホみたいな結論を言っておきますと 椎名林檎すごすぎ。 の一言につきますね。 『丸の内サディスティック』3つのバージョン まずは、解釈に入る前に、3つのバージョン違いを紹介。 (シングル「歌舞伎町の女王」のカップリング版もありますが、通常版と歌詞に相違はないのでスルーします。 (以下通常版) 最もよく知られている、いつものやつです。 (以下デモ版) 正式リリース前のデモが流出したもの。 (もう時効だと思いますが、私が高校生だった当時は、某ソフトでゴニョゴニョしなければ手に入りませんでした。 懐かしいですね。 ) 『丸の内』の原型はデビューする前のイギリス留学中に書かれたそうです。 当時本人が傾倒していたと思われる、イギリスのオルタナバンド、Stone Temple Pilotsのリリックを一字一句違わず引用してきて、コラージュ的に組み合わせることで、歌詞が出来上がっています。 (3rdアルバム"Tiny Music. Songs From The Vatican Gift Shop"収録の以下複数曲から引用) 歌詞 "Tumble In The Rough" "Adhesive " "Seven CagedTigers" このアルバム自体が 伝説のバンド、ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーン(享年27歳)の自殺に強く影響されています。 歌詞はその後、別物に生まれ変わっていますが、 デモ版の歌詞や発想が正式リリースバージョンにも通奏低音的に影響を与えていることには注意しなければいけません。 後ほど本論で詳しく説明します。 (以下EXPO版) 歌詞の大部分を英語に改めたものです。 通常版の種明かしかつ、セルフアンサーソング、だと私は考えており、日本語詞解釈の大きな手がかりです。 よっぽど思い入れがあるのか、『無罪』のブックレットには丸の内線の路線図が掲載されています。 何がサディスティック=残酷なのか?複数考えられます。 歌詞本文 細かく分解して見ていきましょう。 通常版 報酬は入社後平行線で 東京は愛せど何もない デモ版 Pass the time kickin' as time rips by Neither goose nor the gander fly EXPO版 英訳該当箇所なし 歌詞の主人公は何らかの企業に勤めており、給料が上がらないことの愚痴を言っている。 地方出身で上京してきたことが想像されます。 林檎本人が実際そうですよね。 東京は好きだけど、本当に求めているものは何も見つからない。 何を求めているのか?物語が進行するにつれ明らかになっていくのですが、先に言っておきましょう。 『ギブス』のMVで本人が弾いています。 私もギター弾きなのですが、ビッグアーティストで使っている人、実は殆どいないんですよね。 ややマニアックです。 中古ならまさに19万ぐらいで買えます。 御茶ノ水は日本最大の楽器店街。 給料が少ないので、ギターを買いたくても買えなかったと。 自分で買うのではなく誰かに買ってもらおうとしている。 このあたりから 性を売って金品を男にねだる水商売女の匂いがしてきます。 リフ、というのはギターの1フレーズを指すロック用語。 通常版 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達しているだけ デモ版 I'm looking for a new mediation Still looking for a new way to fly EXPO版 Plug me into Marshall, I'll blow out your window And trip my way up to eternal heights マーシャルは、ギターアンプの最大手メーカーです。 また、伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(享年27歳)のミドルネームでもあります。 アンプを飛ばしたらまさに大変さ。 ライブハウスの人に怒られます。 もう、おわかりですね。 さあ、皆さんご一緒に。 セックス・ドラッグ・ロックンロール! 丸の内サディスティックのテーマが明らかになりました。 通常版 ラットひとつを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ デモ版 Don't want any plastic validation Not looking for a new way to die EXPO版 RAT and I will lay down and shake out your eardrums A hit of this distortion makes me high ラットというのは、エレキギターの音色を歪ませるためのエフェクターの機種名です。 ブランキー・ジェット・シティの浅井健一(通称ベンジー)とNirvanaのカート・コバーンの両名が使用していたことからこの曲に登場。 ちなみに、ふたりともRATだけを使っていたわけではありませんが、バンドマン界隈に 「エフェクターが少ない方が潔くてカッコいい」みたいな思想はあります。 大麻は匂いが特徴的ですし、肺に吸い込みますからね。 後で詳しく書きますが、 双極性障害(躁鬱病)で自殺してしまったカート・コバーンの匂いが既にしてきましたね。 また、椎名林檎自身が先天性の疾患で肺炎になりやすかったことも、この部分に影響しているのかもしれません。 EXPO版にそのまま出てくるので、種明かし、というわけですね。 もしくはイギリス留学時の本人の挫折感を思い出して歌詞にしているのかもしれません。 通常版 領収書書いて頂戴 税理士なんて就いて居ない 後楽園 青 噛んで熟って頂戴 終電で帰るってば 池袋 デモ版 1番と同じのため省略 EXPO版 英詞該当箇所なし 夜の水商売、もしくは音楽活動を始め、確定申告が必要になったものの、税理士なんてつけてないから面倒でしょうがない、ということでしょう。 通常版 将来憎に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ デモ版 So I am looking for a new stimulation Quite bored of those inflatable ties. EXPO版 I'll rip into those robes and pursue the Dharma A Buddhist monk of my own would feel fine さあ、いよいよ大詰めに差し掛かってきました。 カートとコートニーは『ギブス』の歌詞にも登場しますので、林檎にとっては大事なアイコン、かつヒーロー。 躁になって結婚して欲しい、というのは要するに カート・コバーンと結婚したいという意味です。 二行目の言葉遊びの巧みさに注目しましょう。 毎晩寝具(Single)で(Day)遊(You)技す(Kiss)るだけ。 日本語詞と英語を掛けるのが本当に上手い。 もちろん、カートの存在自体比喩だと考えることもできますので、聴き手にとっての恋愛対象をそれぞれ想像すればよいのです。 通常版 ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って デモ版 And I am lookin' for a new rock sensation. Dead fish don't swim around in the jealous tides. この知識がないと単に「ピザ屋(男性店員)の彼女になりたい」と誤読してしまうかもしれません。 違います。 グレッチはベンジーのトレードマークとも言えるギターメーカー。 ) EXPO版ではついにカートが実名で登場します。 通常版ではリッケンを買うのにも苦労していたのに、高額なグレッチも手に入れたようです。 よかったですね。 まとめ Expo版ラストパート I'm looking for a good way to fly I'm searching for a way you can't buy You know I know a kickin' way to die It's rock and roll, martyrs keep the fans high Still floating, as time rolls by 和訳 東京事変カバーVer. 感動的すぎませんか? 椎名林檎自身の決意表明でもあり、私たちへのメッセージでもあると思います。 また、 ロックの殉教者達はずっとファンを熱狂させ、キマらせ続けていると、ありったけのリスペクトを捧げています。 思わず書いていて泣けてきてしまったのですが、この曲は 若く死んでしまったロックスターたちへの賛歌(ラブレター) でもあったのです。 (既に書いた通り、27歳で死んだ伝説のロックスターを全員ちゃんと歌詞に組み込んでいます。 ) デビュー20周年おめでとうございます。 こんなにも素晴らしい音楽を届けてくれて、ありがとうございました。

次の

丸ノ内サディスティック

椎名 林檎 丸の内 サデ スティック

この前の水曜日の夜に近所を家に向かって歩いているときに、Ipodで音楽を聴いていました。 Ipod shuffleをshuffleで聴いているので何が流れるか分からないのだけど、 椎名林檎の歌が流れてきました。 最近、 椎名林檎が気になる存在になっていて時々聴いているのですが、このとき流れた曲が気に入って歌詞を調べました。 僕が歌を気に入る時は、まず曲から入りつつ、曲が気に入ると歌詞を全部調べてみる、みたいな流れが多いです。 で、そのとき気になった曲が『 丸ノ内サディスティック』って曲です。 家に帰って、検索して 歌詞を書き写してみたんですが、あまりよく意味が分からないので、色々調べてみました。 これから書くのは、その調べたもののメモのようなものです。 まずは、 歌詞 報酬は入社後並行線で 東京は愛せど何にも無い リッケン620頂戴 19万も持って居ない 御茶の水 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 最近は銀座で警官ごっこ 国境は越えても盛者必衰 領収書を書いて頂戴 税理士なんてついて居ない 後楽園 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って 青 噛んで熟って頂戴 終電で帰るってば 池袋 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って これが歌詞なんですが、エロティックな香りをプンプン感じながら、気になったので色々と調べました。 まずはよく分からない用語から リッケン620 … エレキ・ギターのメーカー、またギターの名前。 Rickenbacker620。 リッケンバッカーの620のモデル マーシャル … Marshall。 ギター・アンプのメーカー名 ラット … ギター名。 エフェクター。 ディストーション、歪み系。 エレキ・ギターのメーカー名。 ベンジー愛用のギターのメーカー さて、それでは歌詞を始めから読み解いていくと、 不況下、丸の内のOLが歌の主人公(報酬は入社後平行線で 、女は地方出身者 東京は愛せど何も無い 、池袋をターミナル駅とした私鉄沿線のわりと近めのところに住んでいる 終電で帰るってば 池袋。 女にとって東京は喧噪にあふれ淋しさを紛らわす街に一見して思えたが、実質は喧噪しかなく、それを取り払うと空虚しかなくなる街であると感じている。 その街の中で、どこか投げやりな気分で生きている。 リッケンを買おうと御茶ノ水に行ったけど19万も持ってねーよ。 御茶ノ水は、楽器屋が多いのです。 女はロック狂で、とりわけブランキーの浅井のことが狂信的に好きである。 女には友達も恋人もなく、会社勤務ののちはただアパートに帰宅してヘッドホンでブランキーを聴くのみ 毎晩絶頂に達して居るだけ。 女は、会社での仕事をぜんぜん面白いと思っていない ラット1つを商売道具にしているさ。 「椎名林檎大辞典」には「ラット」はギター名、そして林檎を特集していた同人誌名との記載も見られるが、これは同じ「鼠」の意で、パソコンの「マウス」から「ラット」へと語の転用が試みられたとも考えられる。 つまり、女は上司から言いつけられた社内文章などをパソコンで文書化するなど、単調で退屈な作業しか会社で行っていない。 そしたらイッてしまった。 (そしたらベンジーが肺に映ってトリップ) なぜ「肺に映る」のか。 たぶん女は幼少期に肺を病んだ経験がある。 その体の一番弱い部分がトリップの棲処となる。 ちなみに椎名林檎は内臓変形の既往症があり、幼児期に手術経験がある。 「警官ごっこ」とは婦人警官のコスプレを意味し、そういうコスプレ・パブ店が銀座にあって、女はそこでアルバイトするという二重生活を始めたことを意味していないか(銀座は不況でそこまで「落ちた」のだ)。 そうすると、以後の歌詞の辻褄が上手く想像できる。 尚、盛者必衰は、前曲「歌舞伎町の女王」の「一度栄し者でも必ずや衰えゆく」から引き継がれた厭世的主題で、これが必ず「売春」に当てられることから椎名林檎の「売春」観が透けて見える。 このパブは税理士なんて雇っておらず、それほど楽に経営しているわけではない(税理士なんて就いていない)。 店がホステスたちに終電で最寄のターミナル駅まで電車で帰るように強制している。 その後はタクシーを拾ってもよいので、深夜タクシーの運転手に領収書を書いてもらって家へと帰る(領収書を書いて頂戴)。 (将来僧になって結婚してほしい)は、ベンジーに向けられた言葉ではないだろうか。 (毎晩寝具で遊戯するだけ)ベンジーのことを考えながら、毎晩、独り寝の夜に淋しさから自慰するという意味だと思う。 寝具という音は、「シングル」と掛けられているのだろう。 (ピザ屋の彼女になってみたい) ピザ屋の彼女は、 ブランキージェットシティの曲で『ピンクの若いブタ』って死ぬほどカッコ良い曲がありますが、その中に『ピザ屋の彼女』という歌詞があります。 この曲が出た少し後に、林檎はこの曲を出しています。 椎名林檎さんの『罪と罰』にベンジーはギター参加してます。 林檎は罪と罰のギター音だけ入って無いデモテープを持っていき、これに好きな様にギターを入れて下さいって押しかけたことがあるくらい、とにかくベンジーが好きなのです。 ベンジーが死ぬほど好きなのです。 どうやらこの『丸ノ内サディスティック』という曲の核心は、このへんにあるような気がします。 ベンジーに対する好きな気持ちを込めまくった曲、そういってもいいのかもしれない。 とにかく彼はかっこよすぎます。 ちなみに浅井氏のシングル『危険すぎる』に林檎はコーラス参加しています。 ブランキーの、というかベンジーの詞は、ブランキー氏が市長を務めるJET CITYという一つの街での出来事とされています。 「ピザ屋の彼女」というのもJET CITYの住人です。 つまり、ベンジーの描く世界(ブランキージェットシティという街)の住人になりたいという憧れ。 ちなみに他の住人には「不良少年」「いかれたロマンチスト」「かわいい女の子」「アラスカ帰りのチェインソー」「血まみれのバカ」「ドブネズミの死骸」などがいます。 彼の書く全ての詩、彼の描く世界の物語や登場人物について言っているので、全部関連性が在ります。 だからBJCもシャーベッツもユダもソロも全曲聴いて全部の歌詞を頭に入れないと(入れると言うか、彼のかっこよさや描く世界をカッコいいと理解できるというか胸にくるというか、そうならないと)林檎の言ってる本当の意味も完全に理解するには至らないようです。 それにプラスして、ピザ屋で働いている女に対するイメージ、バカで明るい女になりたいという隠喩があるのかもしれない。 当時、インタビュー記事か何かで、椎名林檎さん本人が(ピザ屋の彼女になりたい)という歌詞の意を訊かれたときに、「あばずれになりたい」と答えている。 きっと林檎さん本人は、「自意識」がそれを邪魔してしまうタイプの人なのでしょう。 (そしたらベンジー、あたしをグレッチで殴って)ベンジーのギターで殴られたい。 殴られたい程好き、そんだけ好きなのよという露骨な浅井健一へのラブレター。 林檎の浅井に対してだけのマゾ気質が窺える たぶんその他の歌からいって通常の彼女はサド気質。 ここではもうベンジーではないと思う。 終電で帰るってばって言ってるから。 ようはsexだけの関係の人、あるいは客に対する言葉だろう。 セリフにするとこんな感じでしょう。 「青姦でいいからさっさと射精しろ!終電で帰るから」 あまりに露骨なので表記を置き換えたということだが、その置き換えによりフレーズは二重の意味となった。 「青」は性熟していない林檎自身、よって(青 噛んで)は「その青いあたしを噛んで」と取れる。 (熟って)には相手の男が性熟しているという意が入りこんでいるようだ。 自分が考えたというよりは、ほとんどネットのどこかで誰かが何かしら書いていたことをパクってきて、これはこの解釈が正しいんじゃないかな、とか、そんな感じで編集し直しただけです。 なので、色々と自分の考えではないところが含まれています。 例えば、『ピンクの若いブタ』が滅茶苦茶カッコイイ曲だと言っているのは僕ではありません。 他にも調べて分かったことを少し。 この曲は、最初英語の歌詞で作られていた「A NEW WAY TO FLY」という歌の日本語版です。 その英語の発音から想定される日本語を当てはめることによって、今の歌詞が作られたようです。 つまり空耳アワーみたいなものです。 ところで、椎名林檎って在日って本当?あと椎名林檎の音楽スタイルって、ギターをもってちょっとなげやりに歌うフォーナ・アップルとかいう外人さんのパクリとの噂もあるね。 芸名の由来もフォーナ=椎名、アップル=林檎(笑) 曲が発売中止になったことがあるようです。 「アルバムのとある曲の中にヒトラーという言葉があったんです。 彼女はシングルのジャケットに登場した車にヒトラーと名をつけたこともあるんですが、今回、歌詞にまでそのフレーズが出てきたため、会社の上層部が修正を判断したんです」 思ったより、長くなりました。 椎名林檎さんの印象がだいぶ変わりました。 とてもチャーミングで可愛い人ですね。 こういう歌を作って歌いたくなる気持ち、分かる気がします。 コメント 林檎さんの林檎は昔からもともと話しかけられると林檎みたいに赤くなる癖があったからですよ• エイラ• 笑 なぜドラッグじゃなくてマリファナなのかというと肺に入れるのはマリファナでコカインなどドラッグは血液や脳に直通なので違いますね。 コカインくらいならリンゴさんやってそうですけど• いまさら侍• これもベンジーが使っているものです。 なのでパソコンのマウスのくだりは筋が通らなくなります• とりみち• 領収書の下りは 後楽園は閑静な街なので周りを気にせずにドラッグを作れます、他の渋谷や池袋に比べて 落ち着いています。 後楽園でプッシャーもしくは知り合いから買ってます。 ドラッグは基本高値なので 高いものには領収書が必ずついてきます。 昔の話ですが僧というのはドラッグをキメてハイになった状態の人たちが瞑想や悟りを開いています。 仏教の始まりはそれだとか、インドでの仏教の歴史について勉強すればわかります。 インドに注目すると 有名なのはアヘンとマリファナです。 両方に共通して言えるのは セックスドラッグにも適しているということです。 そうなると後の歌詞に説得力がつきます。 ピザ屋の彼女は、セフレという意味です。 日本のピザ屋は基本的にデリバリーとして認識されています 加えて電話一本できてくれます。 そこの彼女ということは、 確かに店員の彼女という意味でも捉えることができますが、 電話一本で来てくれる女性は夜の彼女関係です。 デリバリーのピザは夜によく注文しますよね。 あとはマーシャルの匂い ここでおそらく椎名林檎はマリファナを吸っていることがわかります。 マーシャルは音の太さがよくて有名です。 ここでは音の太い匂い つまり 強い匂いのする煙です。 さらに、マリファナは唯1 臭いの強い ドラッグです。 つまり 椎名林檎はマリファナを吸っていることが想像できます。 簡単ですが 説明させていただいました• そうですね。 マウスへの転用というよりは、ギターエフェクターのような気がします。 チンパン• 通りすがり• ベンジーに対する異常とも思われる憧憬と、厭世。 ベンジー以外のものは価値がないように感じ、その厭世からトリップしたいんでしょうか。 いずれにしろ、薬物の香りのする詞ですね。 チンパン• 私のような常人には理解しがたい世界観を歌うものが多くあります。 何度も聴いていると、自然と歌詞の世界観が自分に染みてくるような気がすることもあります。 あみさんの「ご馳走さまでした」という言葉に、村上春樹さんが、言葉を紡ぐ作業を料理に例えることがよくあるのを連想しました。 素敵な詞を豊潤に味わいたいものですね。 お粗末さまでした。 チンパン• チンパン• 僕も、無理矢理な気がします。 喫煙系ドラッグという解釈の方が自然ですね。 チンパン• 109• 4 archives• 12 recent comment• profile• search this site. others• mobile.

次の