クラスター パンデミック。 コロナパンデミックが変えるオフィスと都市のデザイン。オープンスペースの終焉、分散するオフィス街

アウトブレイク、パンデミック、クラスター、ロックダウン、、、コロナ関連のワードをまとめて解説

クラスター パンデミック

日本語の クラスター(クラスタとも言います)は他にもいくつか意味を持ち、その1つとして、 漫画や趣味などの愛好家集団を指すことがあります。 そういったクラスターと区別するために、ウイルスなどの感染者集団は 患者クラスターと呼ばれることもあります。 英語で説明する時は、 a cluster of patientsや coronavirus clusterと言えば大丈夫ですよ。 2番目のコロナウイルス感染者集団が東京で確認された。 The second coronavirus cluster has been identified in Tokyo. 日本語ではこの他にも (金融市場や統計などの)基準を超えた行き過ぎた変動を表す言葉として使われます。 しかし、上記の クラスターと異なり、新型コロナウイルスについて英会話の中で取り上げる際に、 オーバーシュートと言っても大体は理解されません。 というのも overshootの本来の意味が異なるからです。 辞書上の意味と例文を見てみましょう。 動詞: (目標を)通り過ぎる、(飛行機が着陸地点を)行き過ぎる、(限度などを)超える 名詞: (ある地点を)行き過ぎること、超過した距離(量) 目的地を通り越してしまった。 I overshot the destination. では、このような感染者数の急増を英語ではどう言うのでしょうか。 急上昇の意味を持つsurgeという便利な単語があります。 ちなみに英語圏のニュースでは、日本で surgeのことを overshoot(もしくは名詞化して overshooting)と呼ぶことを前提に、下記のように表現されることもあります。 オーバーシュートと呼ばれる新型コロナウイルスの爆発的な感染者数の増加 an explosive surge of new coronavirus cases called overshooting an explosive surgeの代わりに、同じく上昇を意味する riseを用いて an explosive riseとすることもできますよ。 また、 explosiveは 爆発的なという意味の形容詞ですが、名詞 explosionでもウイルスの感染拡大を表現することができます。 新型コロナウイルスの感染爆発 an explosion in new coronavirus cases 新型コロナウイルスの感染爆発 a new coronavirus explosion 新型コロナウイルスの英語での呼び方や関連用語について、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事が参考になります。 医学や医療の分野では、アウトブレイクは 病気や感染症の突発的な発生、急激な増加を表し、英語の outbreakも同じ意味を持ちます。 ですので英会話の中では、先程の surgeや riseとあわせて outbreakを使うと良いでしょう。 新型コロナウイルス感染者数の急激な増加により、海外旅行の計画を変更しなければならなかった。 I had to make a change to the plan for my trip abroad due to the outbreak of the new coronavirus. しかし、日本語の アウトブレイクと オーバーシュートには微妙なニュアンスの違いがあります。 下記を参考にしてみて下さい。 都市封鎖と聞くと、何となく恐ろしい響きですが、ロックダウンの期間もスーパーや病院、薬局など、日常生活に必要不可欠な施設は開いています。 しかし、それ以外の外出はほぼできず、住民はやや不便な生活を強いられます。 タイ王国は3月22日から都市封鎖を開始した。 Thailand began lock down from March 22nd. また、封鎖をダイレクトに表す言葉として blockadeという名詞があるので、こちらも覚えておくと便利ですよ。 この 世界的という部分がポイントで、一部の地域だけでなく、 多くの国にまたがって感染者が増えた状態を表します。 良く知るところで言えば、インフルエンザやAIDS等が代表的な例です。 また、世界保健機関(WHO)の事務局長が2020年3月11日、 新型コロナウイルスのパンデミック宣言を出したのは記憶に新しいですね。 新型コロナウイルスはパンデミックとみなすことができる。 COVID-19 can be characterized as a pandemic. また上記英文は、WHOのテドロス事務局長が実際の会見で述べた言葉として有名です。 感染症や伝染病以外も endemicとして定義でき、 風土病や 地方病と呼ばれる病気もこの一種です。 クールー病はパプアニューギニアの風土病です。 Kuru is an endemic disease to Papua New Guinea. epidemicは流行規模で考えると endemicの次の段階、そして pandemicの前段階です。 つまり エンデミック < エピデミック < パンデミックとなりますね。 特定の地域という点では変わりませんが、 感染がさらに国単位など広範囲にわたり、予想を超えて流行する状態です。 有名なもので、東南アジアで流行したデング熱があります。 デング熱は東南アジアで現在でも発生している。 The dengue fever epidemic is still happening in Southeast Asia. まとめ 新型コロナウイルスに対する各国の状況が目まぐるしく変わる中、私たちの情報源はやはり、テレビやインターネットのニュースが中心ではないでしょうか。 今回の記事で紹介したような新型コロナウイルス関連のカタカナ用語は、どれも頻繁に使われているものです。 先日も政府の要人がこのようなカタカナ用語に対して、分かりやすく日本語で言えばいいと発言していましたが、実際にはそのような風潮にはなっていないようです。 自分自身や周りの人の健康を守るためにも、こういった用語をぜひ覚えて、様々な情報をより深く理解し、新型コロナ対策をしていきましょう。

次の

パンデミック・クラスター

クラスター パンデミック

大阪信愛学院小学校(大阪市城東区)に通う3年生の小林葉子さん(8)が、新型コロナウイルスについてまとめた新聞を作った。 休校の間、テレビのニュースで耳にする言葉はわからないことばかり。 2月末、新型コロナの影響で翌月からの休校が決まり、「とても悲しかった」という葉子さん。 仲良くしていた6年生らとお別れのあいさつもできず、涙がこぼれた。 休校中は漢字や計算などの宿題をしたが、すぐに終わってしまい、テレビを見て過ごした。 ニュースはコロナのことばかり。 次々と知らない言葉が耳に入ってきた。 気になって千泰さんに聞いてみた。 宿題や吹奏楽部の在宅練習で忙しい千泰さんは初めのうちは適当に答えていたが、何度も尋ねられ、「きちんと説明しないとだめかも」と思い直した。 葉子さんにわからない言葉は紙に書き出すようアドバイスした。 2人は、科学系の児童書や新聞記事などを調べる一方、書き出してまとめることでより深く物事を理解できると考え、新聞作りを思い立った。 4月下旬から1カ月かけて完成させた新聞はB4判19ページの大作で、「コロナウイルスかんせんかく大で学んだこと、いっぱい!」と名付けた。 1面は、コロナの流行で感じた….

次の

クラスター感染とパンデミックの違いは何ですか?

クラスター パンデミック

大阪信愛学院小学校(大阪市城東区)に通う3年生の小林葉子さん(8)が、新型コロナウイルスについてまとめた新聞を作った。 休校の間、テレビのニュースで耳にする言葉はわからないことばかり。 2月末、新型コロナの影響で翌月からの休校が決まり、「とても悲しかった」という葉子さん。 仲良くしていた6年生らとお別れのあいさつもできず、涙がこぼれた。 休校中は漢字や計算などの宿題をしたが、すぐに終わってしまい、テレビを見て過ごした。 ニュースはコロナのことばかり。 次々と知らない言葉が耳に入ってきた。 気になって千泰さんに聞いてみた。 宿題や吹奏楽部の在宅練習で忙しい千泰さんは初めのうちは適当に答えていたが、何度も尋ねられ、「きちんと説明しないとだめかも」と思い直した。 葉子さんにわからない言葉は紙に書き出すようアドバイスした。 2人は、科学系の児童書や新聞記事などを調べる一方、書き出してまとめることでより深く物事を理解できると考え、新聞作りを思い立った。 4月下旬から1カ月かけて完成させた新聞はB4判19ページの大作で、「コロナウイルスかんせんかく大で学んだこと、いっぱい!」と名付けた。 1面は、コロナの流行で感じた….

次の