アートス ティッカー。 米国の新型コロナ関連株では“ワクチン製造下請け”の「エマージェント・バイオソリューションズ」に注目!ワクチン開発競争の勝者に関係なく売上増の可能性大|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

299円均一 ウォールステッカー

アートス ティッカー

シェルのカメオイヤリングは持っているのですが、ピアスが欲しくてずっと探していました。 インターネットのホームページでお店を発見!お値段も良心的で、カメオもとても素敵で綺麗な物ばかりでしたのでお願いすることにしました。 注文のメールの際に本当はにルースの大きさがもぅ少し大きめが希望だったんですという私の言葉に即対応してくださり、ルースの提案をしていただきました。 ルースの画像、作家さんについて、枠などとても親切で丁寧に希望を聞いていただき感謝しております。 梱包もきちんと丁寧にされており、何よりとても綺麗なカメオピアスに大満足です。 ありがとうございました!! 投稿者: TN 投稿日:2020年 6月 6日 土 00時39分14秒 貴重なカメオの専門書と、イヤリングを購入しました。 イヤリングは、彫りが細かく立体的でとても素敵です。 カメオの重厚な立体感が小さくてもしっかりと出ています。 初めてカメオのイヤリングを手にしましたが、持っているという事だけで幸せに感じるジュエリーです。 カメオの専門書は、カメオの魅力と奥深さが分かる、とても興味深い貴重な専門書です。 カメオは、由来や図柄の意味を知る事で更に価値が増し、所有することの喜びを感じるものだと思いました。 前川様にはとても丁寧にご対応いただき、誠にありがとうございました。 梱包はジュエリーケースの中まで動かないように詰め物がされて、隅々まで心配りがなされていました。 コロナ禍で心が不安定な折、心温まるひと時が持てました事、感謝申し上げます。 専門書もイヤリングも、大切にしますね。 重度の金欠病のためご無沙汰していたアートフェリーチェさんのHP、久々に拝見したらsaleの表示!以前から欲しいと思っていたGIUTESのメデューサに来て貰う事にしました。 普段、仕事にも着けていける小振りのメデューサのペントップは三つあって悩んだのですが、モチーフが怪物ですので 笑 柔らかい色合いの方が「恐ろしさ」が中和されると思いマンボウ貝のものをチョイス。 素敵なカメオをリーズナブルな価格でお譲りいただき、ありがとうございました。 投稿者: J. 投稿日:2019年12月24日 火 17時55分51秒 寒い季節になり、首元にボリュームのあるニットなどの出番になり、アクセサリーはどのようなもの…というところから、今回は初めて、トルコ石。 印象的なピアスに一目惚れでした。 トルコ石のお色が程よい綺麗なブルーで繊細なお花の、ドロップ型カメオ。 最初に想像したよりどんな色合いの服でもシンプルな装いを引き立ててくれそうです。 可愛らしく、カジュアルなのに上質なものを身につけているという感じでとても良かったです。 この度も、前川さまには大変気持ちの良い対応をしていただき、間違いのないお買い物ができて少し早い自分へのクリスマスプレゼントとして、とても満足しております。 ホームページの更新も、いつも目の保養に楽しみにしています。 ありがとうございました。 投稿者: N. T 投稿日:2019年10月30日 水 16時14分20秒 主人からの結婚記念日のプレゼント。 何にしようか迷いに迷い? 流行や廃りが無く、歳を重ねても身に付ける事の出来るカメオのブローチに決めました。 カメオ初心者なのですが・・・モチーフはお花・枠は18金・ブローチにもチョーカーにもなる物で気に入ったデザインを探してアートフェリーチェさんにたどり着きました。 届いたお品もイメージ通りでバチカンも付いており、ブローチ、チョーカー、ペンダントと色々と楽しめそうです。 女性像のカメオも欲しくなってしまいました。 前川様 迅速丁寧な対応で安心して買い物が出来ました。 有り難うございます。 又の機会がありましたら宜しくお願い致します。 投稿者: J. 投稿日:2018年12月30日 日 12時58分57秒 チーロ・ロマーノ氏の天使の切抜型ピアスをお願いしました。 ホームページに掲載の作品は既にシルバーの枠が付いていて、自分はシルバーのピアスピンはアレルギーがあって使えないため、どうしようと思っていたところ、チーロ氏の一回り小さな天使のルースがあるとのことで、そちらで製作をお願いしました。 切抜タイプなのでカメオ裏に18金の板を張り、ピアスピンのところは別な作家さんの可愛らしい小さなお花のカメオを付けていただきました。 お花のカメオのおかげで可愛さ倍増です。 耳に着けていると天使が揺れてダンスしているかのようで、また、見ている人から聞いたことですが、輪郭に合わせて張った裏板の18金が全面に張られているかのように見えて、キラキラしてとても綺麗だそうです。 身につけた瞬間から気分が明るくなってウキウキしてくる作品に仕上りました。 ホームページでとてもかわいい子猫ちゃんを見つけました。 あまりのかわいさに即購入を決めました。 今回は小さな丸型のカメオでしたが子猫ちゃんがとてもかわいく彫られていて、とてもいいカメオでした。 この大きさでこんなかわいいカメオ、なかなかないですよ! やはりアートフェリーチェさんのカメオは品質が高いなと思いました。 枠は前川様のご提案がすばらしくさすがでした。 表面艶消しがカメオのじゃまをせず、側面艶ありが豪華で、包み込むようにしっかりとした18金枠を取り巻きしていただき、いつもながらしっかりとした作りに申し分なしです。 彫金のバチカンも豪華さを出してかわいく豪華なカメオになりました。 宝物がまたひとつ増えました。 またホームページ楽しみに見させていただきます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 投稿者: 大友 投稿日:2018年11月30日 金 09時36分0秒 今回また一匹猫ちゃんをいただきました。 気になって気になって追加注文です。 今回は前回頂いたのが金色の枠なのでご相談してホワイトゴールドにしていただきました。 ホワイトゴールドもいいですね。 これで金色と銀色が揃ったので服に合わせて楽しめます。 今回も変わった形なのでDカン仕様にしていただきました。 いまさら言うまでもなく立派な仕上がりの枠、すばらしいカメオ。 猫ちゃんがかわいすぎてメロメロです。 ワンポイントの蝶も効いていて素晴らしいデザイン。 こんなカメオなかなかありませんね。 品質が高いので本当にお勧めのお店です。 一生物の宝物です。 有難うございました。 大切にします。 これからもホームページにお邪魔させていただきますね。 投稿者: 猫大好き 投稿日:2018年11月 7日 水 14時30分40秒 前回のカメオをいただいてすっかりアートフェリーチェさんのファンになった私。 ちょくちょくホームページにお邪魔していたらあれからまだ10日たらずでまたかわいい猫ちゃん達が入荷されてました。 そのうちの一匹から目が離せずまた即注文させていただきました。 今回は形も珍しいのでご相談してDカンにしていただきました。 届いた商品の素晴らしい事と言ったらもう大満足です。 写真より現物の方がはるかに可愛く、枠もとてもすばらしい仕上がりでした。 こんな高品質でかわいい猫ちゃんカメオはそうそう出会えるものではありません。 有難うございました。 大切にします。 投稿者: みっく 投稿日:2018年11月 3日 土 15時33分52秒 めずらしい猫のカメオを見つけたのですぐに電話で問い合わせをしました。 ホームページにはめずらしい猫のカメオも複数あり、本当に迷いました。 親切に対応していただき後悔のない大満足の買い物ができました。 枠が付き、届いた現物のかわいくすばらしいことといったらもう満点です。 猫が大好きで、猫のカメオも集めていて、いくつかは持ってますがこちらの商品は品質が1番高かったです。 某有名百貨店で購入した物より良かったです。 枠がしっかりしていて豪華、今回プラス料金で彫金バチカンにしていただきましたがこれがまた綺麗! ケースや付属品もすべて高級な感じでした。 袋の中にプレゼントのレザーネックレスまで入っていてビックリしました。 それもアジャスター付でこれは便利ですね。 有難うございます。 これからもちょくちょくホームページに寄らせていただこうと思っています。 いつかはサロンに行ってみたいです。 遠いのですが またかわいい猫のカメオがあったらぜひ見てみたいです。 この度は色々と本当に有難うございました。

次の

【楽天市場】10000種類の輸入・オリジナルステッカー・缶バッジ通販専門店!:ゼネラルステッカー[トップページ]

アートス ティッカー

月が順番にその星宿に入ることから、「月の花嫁」と言われます。 1つのナクシャトラは13度20分の幅を持ちます。 ナクシャトラは「朽ちないもの・腐食しないもの」という意味があり、それぞれその支配星によって管理されています。 ナクシャトラは、おひつじ座00度00分~13度20分のアシュビニーに始まり、27番目のナクシャトラである、うお座16度40分~30度00分のレーヴァティまでの27星宿(アビジットを入れる場合は28宿)に分割されています。 月の入るナクシャトラをジャンマ・ナクシャトラといい、その人のキャラクターや特質、運命の波(ダシャー)を決めることになります。 以下は各ナクシャトラの特徴です。 この星宿で生まれた人々は「移動したい」、「移動させたい」という動機をもちます。 象徴は移動の「馬」となります。 感情からある感情への「移動」と見れば、「熱しやすく冷めやすい」、「怒りっぽい」、「短気」、「激情家」といった一般的な「おひつじ座」の性格は、根底に「移動」の概念があります。 また、スピードを好む牡羊座の性質もこの「移動」からきています。 移動の概念より、やや熱し易く冷めやすいとろこがあり、常に変化を求める性質があります。 また職業を変えやすいとか、旅行などの移動を好むところがあります。 非常に行動的で、速い移動・速い動き・速い理解・取り掛かりの速さ・早口などの特徴があり、でも、逆に効率は悪い場合が多い。 怒ると怖く、大暴れする時もあり。 支配星がケートゥより、精神的なものを重要視する傾向が現れます。 知性と教養を持ち、人を惹きつける魅力があります。 また支配神のアシュビン双神は医療の神様でもあり、医療系に就く人も多いです。 薬やヒーリング、人の世話をする仕事に関係しやすくなります。 また、この支配神の性質により、健康を害して病気になっている人を不健康から健康に戻すと言った、癒しを与える才能となって現われます。 その方法は様々ですが、人を癒し、人を豊かにする癒しの心をもっています。 アシュビニーの人は、通常、音楽が好きで、文学的な趣味に興味を持っています。 また魅力的・気品がある・宝石を好む・人気がある・浪費しやすいなどの傾向があります。 <職業> 移動や変化のある職業が適しています。 また、いわゆる「足で稼ぐ」タイプの仕事が適職です。 ランナー、レーサー、旅行家、旅行代理店、コンダクター、取材編集者、記者、ライター、運転手、牧場、また医師やセラピストもこの星宿の適職とされます。 その他、法律家、軍隊、アスリート、化学品や薬を扱う人、騎士、馬の調教師、金属や機械を扱う人、輸送・運搬関連、鉱業、機械工など <金銭> 彼は他人に対してケチであるが、自己への浪費は激しい。 彼は、いかなる犠牲を払っても欲求とニーズを満たしたいと思う傾向があります。 <その他> 30歳までの期間は、闘いや障害に直面する傾向があります。 30才から、55才までは安定して連続的な進展があります。 親族の表示体がアシュビニ-にあると、その彼は双子であることを示唆しています(例:9室支配星がアシュビニ-に在住すると、父親が双子など) また、4室支配星がアシュビニ-に入ると財の関心。 6室支配星が入ると黒魔術。 5室支配星が入ると子供がいないことを示唆します。 前宿のアシュビニーにおいては、ただの移動でそこに意図や目的はありませんが、意図がそこに生じると、それは、バラニーの領域にはいります。 「何か」をもって走るのです。 それが「運搬」です。 この星宿バラニーは、常に意図・目的を求めます。 従って、目的を達成しようとしている時に粘り強さを発揮します。 たとえば、この星宿の人がなにか欲しいものを見つけた場合、そのものが手に入るまでは、執念深く対象物を追いかけていくでしょう。 この目的意識のために妥協を許さないところがあります。 理想主義でモラリスト。 目標のためならどんな困難にもめげない強さをみせます。 しかし、目的のためには、しばしば手段を選ばなかったり、破壊的になることもあります。 そこから派生して、嫉妬深い傾向、または他人から嫉妬を受ける傾向があります。 自分の正しさに対して固着がうまれ、強情になりやすいですが、目的意識や使命感を持って物事に取り組むことで成功が得られるでしょう。 また、支配神はヤマ(閻魔大王)です。 厳格で、規律を重んじ、人に対して厳しさがあります。 目的意識ともあいまって、いい加減さを嫌う規律正しさ、気性が激しく決断力がある裁判官のような心をもっています。 <職業> 運搬に関する仕事、運転手や運送業者。 また、保育所や託児所のように人をあずかる仕事、物をあずかる仕事、また、心をあずかる仕事さえも、この星宿と関連します。 ここには、カウンセラーも含まれます。 時間を分割することは計画をたてることであり、ある物事を説明するために、いくつかに分割して行うならば、それは物事を容易に理解しやすくさせる。 クリティッカーの人は計画が好きで、理解力優れ、分かりやすく解明、解説する才能や能力を内に秘めている事を表します。 ラグナ、または月がクリティッカにあると、熱意・プライド・自己を奮い立たせる能力がその人に備わります。 性格的には、非常にシャープで、切れ者、洞察力が鋭い人が多いです。 また、養子(受け入れ)、里親、他を守ることにも関わります。 火神アグニが支配神。 アグニは消化の火に関する、食欲、料理、消化、吸収を司ります。 <職業> 分割する時に、剃刀、刀やナイフ、剣、斧を用いる。 これらは、クリティカーのシンボルである。 それらを用いる職業もまたクリティカーとかかわりがある。 また食べることにも関わりやすい。 キーワードは「快適さの追求」です。 神話的には、ローヒニは牡牛座の赤い星、アルデバランであり、非常に美しく、魅力的で、アートや音楽に秀でたため、月のナクシャトラ(嫁)の中でも、お気に入りにされていたとのことです。 ローヒニはサンスクリットの語源的に「赤」を意味し、情熱・官能・女性に関すること・肉体の美しさ・愛・ロマンス・香水・芳香などは、ローヒニが関わります。 月か金星がこのナクシャトラに入ると、凶星から傷つけられていない限りは、その星・室の質は、相互に上昇します。 また、月かラグナがローヒニを占めると、批判的で人の欠点を探す性格になる一方、スリムな体を持ち、異性に好かれます。 非常に官能的な星宿とされますが、常に気持ちよいことを追求していきます。 官能的というのは性的な意味でもありますが、広い意味で解釈されます。 例えばおいしいものを食べる、きれいな服を着る、ふかふかのふとんで眠る、素敵な香りの香水をつける、これらのこともすべて官能的なことでもある。 これは、彼らの追求対象になります。 月か金星がラグナの中で高揚(?)(rising)した場合、非常に魅力的で、カリスマ性を持ち、また、アートに対して高い能力を持つようになりますロード・クリシュナが良い例で、月がラグナで高揚しています。 この原理を拡張すると、月や金星が4室としてローヒニーに入ると、ファッショナブルで芸術的な母を持ち、7室でローヒニーに入ると、配偶者について同様な傾向になります。 <職業> 快適・快楽を求めるセンスがあり。 エンターテインメント産業やサービス業も適している。 また、支配神がブラフマーより、何かを創造したり、育てていく才能があり、種をまく、芽吹く、育つことに関して支配します。 アシャーダ、プナルーヴァス 結婚の相性 【良い】ムリガシラー、ローヒニー、ハスタ、スヴァーティ、P.バードラパダー、レヴァーティ 【悪い】プシュヤ、チトラー、ダニシュター <性格> ヴァラーミヒラによると「月がムリガシラスにある人は、安定した考えや固定観念がない。 自信はないが、能力はある。 よい声・話し方。 金持ち。 性的な喜びにふける。 」とのこと シンボルは鹿の頭です。 森では鹿を発見すると、それに注意を引かれ追いかけていきます。 そうして、鹿は人々を「先導」していく。 鹿はシャイで臆病、また好奇心を持っており、食物と安全を求めていつも動き回っています。 従って、導くこと、調べること、探すことが、ムリガシラスの主要な特徴となります。 地の星座である牡牛座側の半分にある時、その探す対象は物質的・肉体的なものであり、風の星座の双子座側の半分に位置する時、心・精神的なものを追求していることになりあます。 また、導くことより、人の力を引き出す力をもっています。 また、彼らのアドバイスには、とげがない、気持ちを踏みにじるような厳しさもく、知らず知らずのうちに人を導きます。 また鹿は跡を残して歩き回るので、この星座は旅・道・小道に関連します。 ラグナか月がムリガシラスに入ると、その人はあやしい感じ(suspicious)で、ぶらぶら歩き回ったり、固い態度を取りがちになります。 また、探すことの一形態として、ハンティングにも関連します。 月が支配神なので、魅惑的で、変化しやすく、移り気、気まぐれ、賢く説得力のあることを示唆しています。 また、伝統的な関連物として、結婚・宝石・リーダーシップ・研究・調査・威厳などとも関連します。 <職業> 好奇心の生かせることができる職業が適しています。 研究者、ジャーナリスト、作家など また、販売に関すること、衣類・編み物に関すること、宝石商、森林労働者、生物や動物に関すること、ペットショップ、アニマルトレーナー、管理者などにも関連があります。 <その他> 神話によると・・・かつて、ブラフマーは自分の娘に欲情し、恐れた娘は、雌の鹿に化けて空へと逃げた。 しかし、欲情したブラフマーは雄の鹿に形を変え、彼女に付きまとった。 天上における近親相姦を防ぐため、シヴァ神はそのブラフマーの化けた雄の鹿の首をちょん切りました。 それが空にムリガシラスとして残ったと言われています。 この神話が示すように、7室支配星として、土星がムリガシラスに入ると、物質的な不幸か、または、結婚や恋愛において不和や争いがあることが示唆されます。 目 ヨニ 犬 グナ タマス 宿曜経の分類 参宿(しんすく) ターラバラ 【良い】プナルヴァス、P. パラグニー、チトラー、アーシュレーシャ 【悪い】U. パラグニー、U. アシャーダ、クリティッカー、プシュヤ 結婚の相性 【良い】ムリガシラス、アールドラー、プナルヴァス、P. パラグニー、スヴァーティ、P. アシャーダ 【悪い】ジェースタ、アーシュレーシャ、シャタビシャー <性格> ヴァラーミヒラによると「月がアールドラーにある人は、短気、恩知らず、面倒な人、不誠実、不正行為に走る」とのこと。 (ミヒラさんは、アールドラーで嫌いな人でもいたんかな?) アールドラーは言葉的には「湿った(wet)」、「湿気のある(moist)」を意味し、湿気のあることや、その動きや流れ、同様に「涙を流すこと」、「怒鳴ること・吠えること」にも関連する。 涙は、「失うこと」、「失望すること」に関係し、アールドラーはそれらが起こることを暗示している。 感謝の念の無いこと、また、ある種の悪意とも関連し、それは裏切りやお金や仕事に関して、騙すこと・詐欺によって得ることなどを暗示する。 また、アールドラーは「外交(駆け引き)」・「批判」、「冷酷さ」、「残酷さ」、「非合法」、「邪悪」、「自己中心的な振る舞い」、「嘘」、「だますこと」を支配している。 ラグナや月がアールドラーを占めると、その人は抗しがたい強い感情を持つかもしれない。 嵐は、大地の汚れを一掃してくれる。 また、涙も、悲しみやつらいことの極であり、また、それを洗い流してくれる。 そのようなことから、浄化の星宿ともいわれている。 嵐 浄化 を必要とするほどにの「汚れ」から、それを根こそぎ浄化し、「清浄」になりたいという「両極」をもつことになる。 これは、徹底的に清くありたいという気持ちと徹底的に汚れたいという気持ちを同時に成就させたいと考える。 結果的には、どちらかの極からどちらかの極に走ることになる。 また、極端から極端に走る特徴は、せっかくつくりあげたものでも、すべて破壊して一から出直すという行為にも向かわせる。 やさしさと残酷さの両極も持ち合わせ、また、ラーフ支配の影響で、何重にも自己を隠蔽する傾向にある。 また、嵐の後の青空のように、情動的であっても、けろっとしている。 愛情も、友情も、憎しみも、嵐が過ぎ去ればうそのように消え去ってしまう。 <職業> 極端に、つまり、徹底して物事に対するので必要であれば、それが良いことであれ、また、社会的に好ましくないことであったとしても、それを極めていくことになりやすい。 極端に走る性質から、非常に好ましいことや非常に好ましくないことに対しては、特に興味をいだくかも知れない。 革新的な仕事:企画、プランナー、マスコミ、イベント企画、スタイリスト、デザイナー、陶芸家、作家 死んだものを扱う職業:缶詰、ジャンクフード、肉屋 魔術士、巫女、泥棒 根源的な力を扱う人、原子力研究家、治療者 <その他> 惑星がアールドラーに入ると、その支配している象意・物事に対し、失望や悲しみの原因になることを暗示している。 もし、兄弟の表示体である火星が3室支配星(すなわち、乙女座か水瓶座)であったとして、それがアールドラーに入る時、その人は兄弟がいないか、彼らとの人間関係に障害を及ぼすか、兄弟が亡くなるか、彼らが困窮するもしれないことを示唆している。 また、アールドラーは女性とかかわる。 5室支配星がアールドラーにかかわると、最初の子供は女の子であることが示唆される。 また、別の意見では、子供にかかわる星がアールドラーに入ると、子供が得られない(不妊)とのこと。 シヴァ神が形を変えた神であるルドラは、本当はみじめさや不幸をすべて取り除く力を持っている。 なぜなら、彼は有用なものをすべて取り除いてしまい、これらの試練を耐え、乗り越えたものが、真のプライドと満足感、完成に達するための知識を得ることができるのであるから。 パラグニー、スヴァーティ、マガー 【悪い】ハスタ、シュラヴァナ、ローヒニー、アーシュレーシャ 結婚の相性 【良い】プナルヴァス、P. アシャーダ、スヴァーティ、U. バードラパダー、バラニー、アールドラー 【悪い】ジェースタ、シャタビシャー、アーシュレーシャ、ムーラ、ヴィシャーカ <性格> ヴァラーミヒラによると、「良い性格、静か、忍耐力が強い、敬虔・信仰心が厚い、快適に暮らす、病気がち、酒好き(thirsty)、少量で満足する(欲が少ない)、正反対の考えを持つ」 アディティは自由と豊穣の神であり、自由、不滅、無限、絶対と関連する。 感じの良さ、適応力、理解力、筋道の通った性格、少量で満足できること、美徳・・・アディティのこれらの性質が、この星宿に思想・宗教、ヨガ、自己の理解などと結び付ける もし、ラグナか月がプナルヴァスにあったら、その人は詩を好み、深遠で霊感を受けた想像力を受ける。 弓矢の居所としての矢筒は、安住の地・戻る場所を示している。 したがって、プナルヴァスは、家(ホーム)と「繰り返し」に関連する。 プナルヴァスの人は、帰る場所と反復を求めることで安定を獲得し、この安定をよりどころとして大切にする。 プラナヴァスが際立ち、目立つ人は、家族や近しい友人などの輪の中に留まり世間との関わりを避ける事で、やや世離れした人生を送ろうと努める傾向がある。 大きな家族への執着があるが、矢筒の中の矢がそうであるように、いつでも旅立つ準備はできている。 このことは、旅は好きだが、居住を変えることは嫌う性質につながる。 <職業> 何らかの繰り返しと、戻ってこられる場所が、あることがこの星宿には重要。 これは必ずしもただのサラリーマンでなければならないということではない。 また、繰り返しは、すべてがかわらないということを意味するものでもない。 サイクル自体は、かわらなくとも、そのサイクルから得られるものは、変化する 創造的、斬新な考えを持つもの:哲学者・思想家、作家、職人、科学者 教師の特質と自己啓発:教会・聖職者、心理学者、貿易商、 家に関するもの:不動産屋、建築家、 <その他> 矢は使われ、また矢筒の中に戻ることから、「繰り返し」、「リサイクル」、「失ったものを再び得ること」を示唆している。 また、矢は、「飛行(フライト)」や、それが精神的・物理的にどんなに離れていても、「ターゲットを貫き通す能力」と関連する。 パラグニー、ヴィシャーカ、P. パラグニー 【悪い】チトラー、ダニシュター、ムリガシラス、マガー 結婚の相性 【良い】アシュビニー、プシュヤ、アーシュレーシャ、シュラバナ、ローヒニ 【悪い】ダニシュター、チトラー、P. アシャーダ、P. プシュヤは滋養を与えること、育てること、肥やすことに関する表自体であり、何かを「育成」することがプシュヤのテーマになる。 プシュヤの星宿の人は、何者かを育成したい又は育成されたいという強い欲求を持つようになり、またこれらの育成の対象は肉体的、感情的、精神的、物質的、霊的のすべての領域に関する。 またプシュヤは豊かさ、成長、贅沢さ、あらゆる物の最良に関わる。 また太っていることも示唆する。 またプシュヤは有名・評判をプロモートし、また、牛が喜んで他の生き物に乳を与えるように、無視無欲さや慈善をその人に備えさせる。 また、プシュヤはスピーチ、雄弁さ、豊かさ、知恵、幸運、階級、宗教的傾向を支配するブリハスパティに関連する。 また、献身、祈り、徳の高い行為、平和的な心、純粋性、真理、誠実さ、哲学はプシュヤに関連する。 ラグナか月がプシュヤをしめると、その人は哲学的・宗教的で、非常に賢い傾向。 また、目上の人や権威ある人・組織から利益を受ける傾向がある。 しかしながら、過度な正教的信仰(原理主義など)、伝統性を重んじる傾向、保守的で独創性の無さも現れるかもしれない。 <職業> 育成にかかわった職業に就く、あるいは、生活のなかでも育成にかかわっていることが多い。 その対象は、人間だけに限定されるわけではなく、植物や動物も、すべて対象になり、保母さん、農業、酪農家、庭師など、動物や植物を育てる仕事に興味を持つ。 また、祭祀の司る神・ブリハスパティが神格より、宗教関係者にも向く。 その他、具体的には、コンサルタント、ボランティア、聖職者、心理学者、司祭、教育関連、栄養士、食物の商人、穀物のディーラー、日用品産業、評論家、弁護士、看護婦、特殊技術者、など・・・ <その他> 月は星を育てる性質があるため、月がプシュヤにある人は、肉体的・感情的・精神的に育てようとする傾向が非常に強い。 また、他の星がプシュヤに入ると、その星が支配するハウスの象意について、育成する、または育成される心が生じることを示唆する。 生来吉星がここに入ると、肯定的・支持する(supportive)意味が強まり、また、凶星が入ると凶意は弱くなり、外観は傷つくが、内面は育まれる。 例えば、7室支配星が入ると配偶者に献身的になり、5室支配星が入ると、子供を非常にかわいがることとなる。 パラグニー 【悪い】スヴァティ、シャタビシャー、アールドラー、P. パラグニー 結婚の相性 【良い】プシュヤ、アーシュレーシャ、アシュビニー、ジェースタ、チトラー 【悪い】U. アシャーダ、P. パラグニー、ローヒニ、アールドラー、スヴァーティ、レヴァーティ <性格> ヴァラーミヒラによると、「月がアーシュレーシャにある人は、他人の仕事に気を配らない。 見境なく性交する。 罪深い。 偉大でない。 相手をだます技術に優れる」とのこと。 アーシュレーシャは蛇に関することすべてを表す。 インド人は蛇を、ずる賢く、獲物のに巻きつく前に動きや目で獲物を魅了する生き物と考えられている。 蛇は秘密を楽しみ、時に誤解され、視界の外で動くのを好む。 また、ことわざにあるように、不誠実で強欲、人をだます、冷血、有毒、痛みを伴う、牙で咬むことを意味する。 しかしながら、彼らは偉大な知恵があり、ずる賢く、洞察力と集中力があり、原初の力、とりわけ性的な力を持つ。 それゆえ、アーシュレーシャは、絡み合うこと、ぐるぐる巻くこと、苦しめること、騙すこと、隠された(秘密の)性交、焼けるような痛み、また同様に洞察力や知恵などを示す。 この洞察力は、専門的・マニアックで、深い理解や追求をすることにつながりますが、この理解はしばしば誤解や、深刻なトラブルの原因にもなる。 しかし、この興味ある分野をどこまでも深く探求していき、その道の専門家・プロになる素質があり、多彩な才能を発揮することもできます。 ラグナや月がアーシュレーシャにあると、蛇の性質により、人を魅了するようなエロティックな雰囲気を醸し出し、性欲が旺盛だったり、性的に奔放な人が多い。 また、自分を隠すところがあり、本心を隠蔽する傾向や、陰謀を企てる傾向がある。 また、孤独を好む人も多い。 また、性格的にぶっきらぼうで他の人から嫌われる場合もある。 ボクサーの、モハメッド・アリはアーシュレーシャの生まれだが、中傷者を激怒させながらも、敵とファンを魅了した。 アメリカ大統領のリンドン・ジョンソンもアーシュレーシャの星宿に生まれたが、政治的に邪(よこしま)な面が多く見られた。 <職業> 何らかの分野において、マニアックさを発揮しやすい。 その探究心・個性を生かすことができれば、その道の専門家になれるでしょう。 専門性:研究者、学者、芸術家、政治家 毒を扱う人:化学者や薬剤師、薬屋、ジャンキー 動物学者やペットショップなど爬虫類を扱う人・飼育士 自分を利益する人:泥棒、闇の人、ずる賢い政治家 性を通して稼ぐ人 <その他> アーシュレーシャは、そこを占めている惑星を混乱・崩壊させる。 マハトマ・ガンジーの10室(仕事)支配星である月はアーシュレーシャに入ったが、彼のキャリアは何度も混乱・崩壊した。 1つのユニークなアーシュレーシャの特徴は、ケートゥがこのナクシャトラを占めるか、もしくは木星のアスペクトがこのナクシャトラにある時、好ましい結果が得られることである。 パラグニー、ハスタ、スヴァーティ、ジェースタ 【悪い】ヴィシャーカ、P. バードラパダー、プナルヴァス、U. パラグニー 結婚の相性 【良い】ジェースタ、U. パラグニー、マガー、シャタビシャー 【悪い】シュラヴァナ、U. アシャーダ、ローヒニ、レヴァーティ <性格> ヴァラーミヒラによると「月がマガーにある人は、たくさんの召使いを持ち、神と先祖を崇拝する傾向。 重要な職に就く。 」とのこと。 マガーは、輝く王の星・レグルスがその主星であり、権威・権力を求め、頂点を極めたいと願望が強くある。 マガーの基本は、「畏敬」にある。 畏敬されたい、また、畏敬する対象を求める。 外交と指揮、儀式の場である「玉座の間」は、豪華さ、王位、位が高い著名な人物、重要な催しを象徴する。 また、マガーは欲求・野心から生じる休息の無さ・忙しさ(restlessness)にも関連する。 ラグナや月がこの星宿に在ると、富、精力、勇気、光沢や光輝、気高さ、威信、堂々とした振る舞い、プライドがあるが横柄ではない、、落ち着いている、などの性質を持つ。 リーダーとしての資質がある。 特に生まれた曜日が日曜で、かつ日の出の時刻ならば、この傾向はいっそう増す。 また、マガーは異性に対する弱さを示唆する。 ピトリスは祖霊に関わるが、我々の先祖は、見返りの期待無しに貴重な生命・生活をサポートしてくれる。 このように、マガーは、見返りを期待することなく与えたり、授けたり、助けを差し伸べる気前の良さ・やさしさを示唆している。 (異性からの誘惑に弱かったり、また異性嫌いになる人もいる) <職業> 生まれながらにリーダーの資質を備えているので、「長」としての役割が向いていると言えます。 大きな会社・事業に関連、事業主・社長、個人経営、政府の役人、知事や市長など上級公務員 また、不動産関係に運がある。 <その他> 他のファクターが等しいのなら、王の星である太陽や火星がマガーに入ると、その星は非常に強くなり、逆に奴隷の星である土星やラーフ、ケートゥが入ると、その星は大きな障害になる。 また、時に、マガーのある室は、機会の場を示している。 また同様に、この原理はハウスの支配星についても言える。 例えば、10室支配星がマガーに入っていたら、たくさんの職業のチャンスが訪れることを示唆している。 バードラパダー、プシュヤ、ハスタ 結婚の相性 【良い】マガー、P. パラグニー、アールドラー、U. パラグニー、P. バードラパダー、U. バードラパダー 【悪い】チトラー、ダニシュター、プシュヤ、アーシュレーシャ、ムリガシラス、クリティッカー <性格> ヴァラーミヒラによると「プールヴァ・パラグニーに月がある時、甘い声を持つ、気前がいい。 多くの才能。 放浪する(徘徊する)。 政治的な仕事に就く」とのこと。 ハンモックは休息、リラックス、喜びを象徴し、支配神・バーガはこれに愛と情事、性的な情熱・喜びを加える。 したがって、パールグニーは、快楽や喜びを追求する傾向があり、「果実」を楽しむ星宿である。 これは、プールヴァ・パラグニー、ウッタラ・パラグニーとも、性的な星宿であり、ここでの果実は、しばしばいちじくをさす。 果実とは、性的エネルギーの結実のことである。 プールヴァ・パラグニーの人は楽天的で、のん気・苦労知らず(carefree)、心配や恐れを知らず、自分自身の幸運を信じて行動する。 このような性格により、病気には無縁の人が多いが、衝動的・性急で、予見や熟慮、計画性に欠ける傾向がある。 また、性的には奔放な人が多い。 また、ハンモックはある種の怠惰さを示し、活動やモチベーションを長く保つことができない(飽きやすい)傾向がある。 よって、いつも刺激や渇望を求めるようになりやすい。 また、その傾向のため、放浪したり、旅好きな人も多い。 また、シヴァリンガムは、霊的な次元をこのナクシャトラに加えることになり、神聖な意味の創造の行為を与える。 このような特性は、このナクシャトラ自身やそこに入った惑星が良い位置にある時に現れる。 また、伝統的な解釈では、カリスマ性やこの星宿の長所により名声や富を得られやすいことを示している。 ラグナや月がこのナクシャトラに入ると、健康的な体を持つが、衝動的な心を持ち、しばしば、このことが後悔を生む行為につながることもある。 起こりうるアクシデントは、火や熱を通して起こるかもしれない。 また、快楽や喜びのために、自分を変えるというよりは人を変えていこうとする傾向がある。 <職業> 非常に活動的で才能があり、一度にいくつもの事を同時にすることができる。 アシャーダ、スヴァティ 【悪い】ジェースタ、レヴァーティ、アーシュレーシャ、チトラー 結婚の相性 【良い】P. パラグニー、U. パラグニー、U. 皆に好かれる。 人生を快適・贅沢に暮らす。 」とのこと。 プールヴァ・パラグニーとウッタラ・パラグニーは多くの点で似ており、その示唆する物事は多くの点で共通している(交換可能である)。 故に、特長についてはプールヴァ・パラグニーの方を参照されたい。 補足であるが、この2つのナクシャトラは一緒に崇拝されている。 しかしながら、ウッタラ・パラグニーは、アルヤマンとの関連により、プールヴァ・パラグニーの特徴に加えて、やさしさや寛大さによって他を助けたり、苦しみを取り除きたいという望み・欲求が加わる。 このことは、人々が親しみや恩恵を求めて近づいてくるなら、その人を生涯にわたり助けようとしたり、とても親しい友人になることを示唆している。 どちらも喜び・快楽を追及する星であるが、自分の快楽・欲求だけでなく、他にも楽しんでもらいたいと思う心がプールヴァに比べ強くなる。 皆と分かち合い、ともに人生の様々な事を楽しむ心をもっている。 吉星がこのナクシャトラに位置している時、関係をより親しいものにし、逆に凶星が入っている場合は、それらの示す関係が壊れることが示唆される。 <職業> プールヴァ・パラグニーの適職に加え、裕福で他から尊敬される職業:メディア関連、スポーツ選手 人を助ける職業:ソーシャルワーカー、社会奉仕家、慈善家、看護婦、保健、主婦など <その他> U. パラグニーが出生図で際立っていると、何かを取得するか、スキャンダルか、もしくはその両方の事がある。 ラグナか月がここにあると、良い知性と、無分別な行動をとる傾向、人生を楽しむ能力が一緒に存在する。 性的に突拍子もない行動を取ることで知られた俳優のウォーレン・ベティはこのナクシャトラで生まれている。 また、ベティの評判の良い友人と言われているジャック・ニコルソンは、蟹座のアセンダントで、このナクシャトラに生まれているが、以下の2つの影響が見られる。 一つは月がアセンダントの支配星としての役割を持ち、もう一つは月が心を表す表示体だということである。 アシャーダ 【悪い】ムーラ、スヴァティ、アシュビニー 結婚の相性 【良い】ムリガシラ、ハスタ、スヴァーティ、P. アシャーダ、U. バードラパダ、プシュヤ、チトラー、U. アシャーダ、レヴァーティ、ローヒニ 【悪い】アシュビニー、シャタビシャー、ジェースタ、スヴァティムーラ、クリティッカー、マガー <性格> ヴァラーミヒラによると「月がハスタにある人は、活動的、多くの才能、恥知らず、無慈悲、泥棒か大酒飲み」とのこと。 ハスタの象徴である「手」は熟練技術による活動を示している。 また、物質的、精神的、感情的、肉体的なものを掴む性質、掴んで保持する性質の両方を示している。 ハスタのイメージは、毎日繰り返される仕事と、その成果である(例えば職人)。 それは技能や技術により、事業を始めたり、発明する才能を拡大させるけれども、不可解なモラルや、曲がりやすい道徳心を与えることになる。 握られた手は、強い意志を与えるが、それが正しいか正しくないかを考慮せず、手段を選ばない傾向を示している。 この手は、ハスタに手先の器用さを与える。 また握った手は所有本能を表し、スリ・泥棒・魔術師もこの星も下に生まれる。 また拡大解釈すると、占星術との関連も与えることになる。 支配神はスーリヤ(ラヴィ)で、光をあらゆる方向に照らす太陽は、ハスタに輝く知性を与え、とりわけカウンセリングやアドバイスの能力を与える。 シンボルや支配神からは容易に分からない伝統的なハスタの関連物は、冗談(jesting)、歓楽(merriment)、笑い、嘲りで、このことから、その人にユーモラスさを与える。 ラグナか月がハスタにある人は、頭がよく、機転が利き(witty)、面白い人ですが、どこか浮ついていて(flighty)、信用ならないところがある。 <職業> とても知性があり、頭を使った職に向いています。 また手を使った技能にすぐれ、職人にも向いています。 またユーモアを生かしたり、アドバイスする職もいいでしょう。 研究者、薬剤師、テクノロジー関連 大工、手工業、芸術系、書道家、イラストレーター、陶芸家、料理人、手品師 アドバイザー、カウンセラー、司教、聖職者、教育系、作家、 ステージマジシャン、コメディアン、道化師、マイム役者、いたずら者(prankstar) 手相見や占星術にも興味を示しやすい <その他> ハスタのユニークな特徴の一つは、5室支配星と関連すると、子供ができないか、子供について問題が生じるかもしれないということです。 人を惹きつける目と四肢をしている」とのこと。 チトラーは、西洋占星学においても好ましい惑星とされている恒星スピカである。 芸術や文学の才をあらわす恒星ともされている。 チトラーの基本的な意味は、「鍛練」であり、スピカの輝きは、鍛練によって産み出されるものである。 また、美しく輝かすために鍛練するのである。 また、宝石は目をくらませ、魅惑し、価値があるが、同様にチトラーは優雅さやカリスマ性、魅力、明るくてカラフルな色、また通常とは異なる物や新しさ、非日常的な物と関係する。 チトラーの人々は人目を惹きやすい容姿をしている。 彼らは目立ち、人生が輝くことを望む。 彼らは語り(ナレーション)の才能があり、秩序だった会話ができる。 また、疲れを知らず(根気強く)、不屈の意志を持っている。 マハトマ・ガンジーは、チトラーのアセンダントに生まれたが、ラグナロードと火星がコンジャクトしており、それが彼に不屈の精神と多大なエネルギーを与えた。 ラグナや月がここにあると、本が好きで、まじめ(深刻?serious)で深遠であるが、プライベートでは元気いっぱいで、性的魅力のある性格の学生になることを示唆する。 ヴィシュヴィカルマは、宇宙とその内容物をデザインしたと考えられているので、チトラーは創造・芸術、物事を秩序だって整理する能力を支配する。 前星宿のハスタは職人のようなイメージであるが、手の星宿がより進化し、より芸術的な才能を示す。 建築上のデザインとしての美と機能性を作り出すが、チトラーは機能よりも形の美しさに重きを置く。 チトラーの人々は説得力があり、バランスのとれた考えや分析能力を持つ。 思慮深く、独立したビジネススキルは、とても強力である。 <職業> 鍛錬することにより、その才能を発揮し、乙女座寄りであれば手先の器用さが活かせる職人的才能、天秤座に近ければ美的センスを活かした芸術分野に適性がある。 非常に有能で、多芸で天才肌の人が多い。 そして、順応性、すなわち生き残っていく能力を示唆している。 ラグナや月がここにあると、哲学的で思慮深く、精神的かつ宗教的であり、(深遠で)理解がし難い人であることを示唆している。 月がスヴァティを占めている時は、サラスヴァティを崇拝すると縁起が良い。 スヴァティは浄化と不休(restlessness)、前後に揺れること、不安定、変わりやすい経験を象徴している。 これらの傾向は、スヴァティが占めているハウス、また、スヴァティに入っている星を強く(keyed)するかもしれない。 また、スヴァティの神がヴァーユであることは、休みの無いこと(restlessmess)や、ふらふら徘徊することの傾向を強めたりします。 風は気ままにどこへでも流れ、自由で独立していたい心の傾向を表します。 また風は、雲や雨や香りを運びます。 これは交流や情報の交換をも意味しています。 他と順応し、人付き合いはうまいですが、自己の自由と独立は守ろうとする(そのため秘密主義にもなりやすい)。 この押したり引いたりといった意味で、対人関係、対物関係を調整することができる。 体における風の性質(ヴァータ)を乱す傾向がある。 ヴァータの乱れは、あらゆる種類の病気を引き起こすが、とりわけ鼓腸(=ガスで腸が張ること)やガスによる胃痛などに注意が必要である。 もし、スヴァティが病気で苦しむならば、ラーフが6室に入っている可能性が示唆される。 しかしながら、ラーフがスヴァティのラグナを占める時、それらは偉大な強さと耐久力をもたらす。 なぜなら、ラーフ・金星・土星はスヴァティでとりわけ強くなるからである。 <職業> 哲学的で、独立心と心の強さを持つ。 また交流を求めるため、対人関係が重視される仕事に向いている。 また商業の才能がある。 商業や売買に携わる職業:小売業、店員、貿易、営業、独立したビジネス。 神に仕える職業:修道士、僧侶。 一つは神々の長・インドラ、もう一つは火を神格化した神・アグニ) 支配星 木星 体の部位 腕、乳房 ヨニ 虎 グナ ラジャス 宿曜経の分類 底宿(ていすく) ターラバラ 結婚の相性 <性格> ヴァラーミヒラによると、「月がヴィシャーカにある人は、他人の幸運に嫉妬し、ケチで、明るい容姿。 風変わりな物言い。 お金を稼ぐ技術を持つ。 他人と言い争う傾向がある。 」とのこと。 「交流のなかで自己の目的を追求」していくことが、ビシャーカーでのテーマになる。 ここでは、自己よりも、目的に関心がうつる。 交流自体よりも、交流による何らかの目的を達成することの方が目的になる。 シンボルと支配神の両方とも、成功、勝利、集中した力を示す。 ヴィシャーカは征服者で、敵を打ち負かすことに執着する。 「目的」はこのナクシャトラの主要な意味を形作るが、その追求の仕方は、非常にストレートで、自分の信念や目的の達成のためには、常識とか倫理にとらわれず、手段を選ばないこともある。 ヴィシャーカの人は(良かれ悪かれ、その価値に従い)独裁者になるかもしれない。 そのような人々は発展することや、その自らのドグマについて論理的な確証を求め、その自分が選んだものの中へと深く追求する。 ラグナか月がヴィシャーカに入ると、しばしば、深遠な勇気・度胸を持ち、そのゴールに向かって、猛烈に努力・奮闘する能力を持つ。 しかしながら、邪魔者・障害がゴールへの達を妨げると、その勇気は大きな不満や怒りに形を変えることとなる。 ヴィシャーカの固い決意は、その野心が原動力となる。 その極端な野心は広げすぎることにより、その人生において、自分の興味の追求以外、時間がほとんどないほどエゴイスティックなものとなる。 また、その野心の対象を広げすぎて、一つ一つは希薄になる傾向もあり。 ヴィシャーカは親密な社会的な係わり合い、とりわけ友人に対し、欠如している場合がある。 真の親しみがないため、人を目的の手段として扱う傾向がある。 それゆえ、ヴィシャーカの人は、他人の力・権力について知ろうとし、実際、熟知することとなる。 天秤座側に位置している場合は、人当たりは一般的に良く、適切に自己を抑制することができる。 しかし、それは、すべて目的のためであり、真に相手のことを考えての優しさではないかもしれない。 その意味では偽善的で自己中心的であるかもしれないが、目的に対しては真摯であるともいえる。 蠍座側では多少の喧嘩っぱやさもあり、言い争いも多くなる(月は減衰)。 彼らは、彼らの見つけたものを積極的にプレゼント(見せびらかす?渡す?自慢?)する傾向があり、そのため、聞いている人たちを遠ざけることもある。 <職業> 目的のためには、手段を選ばなくていい場合には、特に力を発揮することができる。 多彩な才能を持つ。 目標を重視し、それに向かって突き進む性質がある。 しかし、それだけではなく、支配神のミトラは、重要なことを指し示す。 支配神のミトラは友情・盟友を司り、また契約を批准し、常に光を当てて明るみにさらす神と言われる。 ヴィシャーカと異なり、アヌラーダは目的に専念しなければならない時でさえ、周囲との調和を考え、友情を優先する傾向がある。 基本的に、社交的で情熱的、優しい性格。 ミトラは、また、目的の達成のために協力的に指導し、また組織化し、協定を結ぶ能力を示唆する。 アヌラーダの人々は、しばしば、組織を管理し、リードしているのが見受けられる。 ラグナか月がここにあると、肉体的、心情的な健康は非常に強く、様々なタイプの人の世話をする(もてなす)能力がある。 また、アヌラーダの人々は、人生において、非常に多くの機会がある。 例えば、何度も旅行に行ったり、出生地を離れて暮らしたりする。 なぜなら、アヌラーダは、その土地や住居に満足することはめったにないから。 しばしば、強い食欲を持ち、推測やギャンブルの能力に欠ける。 また、数字に強い尊敬を持つ。 これは、神秘的な数秘術から、会計や統計など、科学的な理論まで広い範囲を持つ。 これは、ホロスコープが指し示すものに依存する。 <職業> お金を稼ぐのに長ける。 また、交渉事については、その能力が発揮されることになる。 協同経営、協同での作業、企画においても、能力がある。 愛と忠誠を掻き立てる大衆のリーダーとなる。 管理職、団体の理事、コーディネーター、秘書、イベント事業 縁者びいきで、時に不適切な後援をする(賄賂など?) 貿易、旅行代理店、旅人、遠い土地で暮らす人。 お守りは神秘的、または隠された力の象徴的な表れである。 それは、不運や逆境から守られることを提供、また、受けることを示唆しており、同様に巧妙で創意に富んだ創造力のある能力を示す。 インドラについての勇気ある行動、力、名声、栄光、称賛、ヴェーダーにおける賛美はこのナクシャトラに関連する。 ラグナか月がジェースタにある時、偽善的か、隠し立てをするなど、2面性のあることを示唆している。 また、この2面性は、物質的・現世的な欲求の他にも、内面や精神的なものも獲得しようとする傾向を示している。 また、ジェースタは「最年長(eldest)」を意味し、とりわけ社会的な文脈では、「最も重要な人」、「創始者・設立者」を意味している。 彼らは、他との交流以上に、自分白身に対する関心を深くもち、内への探求に向かうが、外に対する未練を断ち切れたわけではない。 また、最も古き者にあらわされるように、その直前の段階、つまり、世俗的な物事をあまりに多く溜め込んできている者である場合もあり、普通以上に世慣れしている場合や普通以上に世俗的の場合もある。 「経験」が基本的な意味になる。 また、インドラは雷撃の神でもあり、少々神経質で怒りっぽいところがある。 <職業> 仕事は、勇敢でエネルギッシュに取り組みます。 二重性により、仕事や対人関係も器用にこなす。 自営業、鉱山、エンジニアの会社、治療家、一般事務職、守ることに関する職:警察、UN職員、兵器、軍人、難民、亡命者 <その他> ジェースタの「取得」に関する暗示は、超自然的、神秘的、異常な手段を用いることを示唆し、そしてそれは一方で「苦しい時」、「つらい時間」を暗示する。 例えば、土星がジェースタで、2室にある時、他の要素が等しいならば、お金の欠乏を示しているかもしれない。 ジェースタの「年長」や「高位」は、ここでは「守護・守ること」と同義語である。 なぜなら、インドの家族の中で最年長は、「家を守る者」として認知されているからである。 ジェースタは、家族の中の長、兄弟の最年長、もしくは最愛の人かもしれない。 例えば、結婚の7室支配星がジェースタを占めると、年上の人と結婚するか、もしくは、その家族の中で最年長の人と結婚する傾向がある。 この原理は、他の室にも拡大して解釈できる。 ニリッティは直接、物質的な困窮を引き起こすか、もしくは繁栄を得た後に、その悪化を引き起こす。 根は、目の届かないところに深く突き進むことから、ムーラは文字通り、または比喩的に、または科学的に、哲学的に、深い探求の形として、深い底にあるものを得ることと関連する。 その人はムーラに位置した星に従って物事を深く探求するが、この追及が豊かさを生み出すことはないかもしれない・・・とりわけ、その星が凶星である時には顕著である。 ムーラは根のように、地表に育つのではなく、土の中へ入り込んでいく。 だから、ムーラは世俗的な繁栄には反している。 前宿のジェーシュターでの半隠者は、ここでは完全な隠者になってしまう なぜなら、ニリッティとムーラは豊富とは対極にあるものだからである、例えば、仕事の10室支配星がムーラに在住している時、その人はその仕事を深く探求しているにも関わらず、世の中の基準では繁栄・成功していないかもしれない。 このコンビネーションを持つマーチン・ルサーキング牧師は、彼の職のレベルから見て、財産は見合ったものではなかった。 ニリッティは、反対・逆行・損失を暗示し、ムーラは反対と誰かの損失に対しての貸し借りに関連する。 ラグナか月がムーラにあると、技術があり、頭がよく、大衆を魅了する演説を行う才能に恵まれる。 物事の深い真相を探り、時に深刻なほど考えすぎてしまう真面目さがある。 そこから端を発し、精神世界へ入っていく人もいる。 また、ムーラは病気の原因となる細菌のように目に見えない起源を意味する。 また、根は基礎、始まり、原因を意味する。 また根は薬をして多く使われることから、ムーラは薬に関係する。 また、ムーラの根が束ねられていることは、ある種の自制、束縛、活動の制限などの意味が、このナクシャトラにはついて回る。 また仲間から裏切られる傾向が際立ってある。 <職業> 世俗的な利益の追求を目的とする仕事よりも、学問的な追求、研究といった真理追究的な作業に向かうことが望まれる。 薬関連、医者、ヒーラー 司祭・大臣、仕官、裁判官、大きな協会・団体、研究者、論客、演説者、政治家 根や花やフルーツを売る人(八百屋?) <その他> ハスタのユニークな特徴の一つは、5室支配星と関連すると、子供ができないか、子供について問題が生じるかもしれないということです。 このナクシャトラのもう一つの名前は、アパラジタで「敗北の無い・無敵」を意味する。 それは争いや対立の中の勝利を意味する。 無敵であるということは、ある種の「完全さ」であり、それを求めます。 そのため、完全主義者や負けず嫌いな所があり、名誉やプライドを重んじる傾向がある。 自分が周囲から優秀な人と認められることに執着します。 プールヴァ・アシャーダーは、あたかも扇があれば不快な暑さの中にも耐えることができるように、その人を忍耐強くし、障害や不快な環境にも我慢することを可能にする。 また、あおぐことは暑さに対する攻撃であり、穀物を篩い分けることは穀物に対する攻撃である。 これは、なぜプールヴァ・アシャーダーが戦争の宣言や他への攻撃に関連しているかという理由である。 扇やもみを篩い分けるざるは生活や快適性の道具であるように、プールヴァ・アシャーダーは周りの環境を改善しようという強い欲求を持つ傾向がある。 もし、このナクシャトラを活性化している星が非常に貧弱なところに位置していたら、しばしば我儘な振る舞いを取る傾向があるかもしれない。 プールヴァ・アシャーダーは無敵を意味し、もし、このナクシャトラにラグナか月が入ると、良い討論者であることを示す。 この人は指導力があり、人を信用させる力を持ち、頑固で気高い精神をもつ。 アパー、もしくは水は世界に蔓延してあり、また普遍的である。 この特質は、プールヴァ・アシャーダに関連する。 それは海や川による旅や、過度に性的なことを促進したり、また、水の保持や腎臓・膀胱異常のような病気を引き起こしやすい。 <職業> 負けず嫌いで、完璧を求めるため、自分が完全でありたいと思えるものを手にすることで、その能力を発揮することができる。 また、水の神アパーより、水にかかわる関連の職に縁がある。 その名を意訳すると、善良さ、真実、意志の力、訓練(skillfulness)、先祖、明るさ、ピーク(頂点)、これらはすべてウッタラ・アシャーダに関連する。 また、プールヴァよりも積極性や攻撃性には欠ける。 もしラグナか月がウッタラ・アシャーダにあると、正直で誠実で、親切で、ふるまいが良く、人から尊敬される。 彼のアドバイスは有用で価値があり、仲裁人や調停者になる傾向がある。 像の牙のシンボルはこのナクシャトラと、新しい始まりを祝福し、人の道から障害を取り除く片牙の像の神であるガネーシャを結びつける。 そのため、ウッタラ・アシャーダは、新しい始まり、成功と普遍的な努力・試みを暗示するので、このナクシャトラが良い位置にある時、その人に新しい事業を始める能力と、自然の結末を通して、それらを見る才能を与える。 また、弱い場所に位置している時、その人は混乱の中で新しいプロジェクトを始めるかもしれない。 そして完全にそれを行うことには失敗するであろう。 像の牙はとがっており、物を貫き通すことができる。 身体の貫通は体の貫通を意味しており、狩りや外科手術、または自分の体が新しい環境に移ることを示唆している。 また、心の貫通は偉大な洞察を意味しているかもしれない。 <職業> 負けず嫌いで、完璧を求めるため、自分が完全でありたいと思えるものを手にすることで、その能力を発揮することができる。 高い志を持ち、責任感と組織を作る力を持つ。 シュラヴァナは、サンスクリット語の動詞で「聞くこと」に関連する。 シュラヴァナは、学ぶことと知恵の後援者であるサラスヴァティと関連し、文字的にも象徴的にも深遠な知識や賢明さ、とりわけ言葉により知識を運ぶことを示唆し、それらはシュラヴァナの最も重要な特徴の一つを形づくる。 言語の学習、また噂の習慣などを含む、すべての言葉による伝達をここでは含む。 モハメッド・アリは、蟹座のアーシュレーシャのアセンダントで、その支配星の月はシュラヴァナに入ったが、彼の敵や聴衆を魅了(アーシュレーシャ)する言葉(シュラヴァナ)を使った。 サラスヴァティと関連して、シュラヴァナの支配神である維持の神・ヴィシュヌは、ヴェーダ-やヴェーダンガのような原初の状態の神聖な言葉の伝承することをこのナクシャトラに引き起こす。 これを、拡張して解釈すると、この星宿は過去の世代知識について教えたり教示したりすることを示す。 ラグナか月がこのナクシャトラにあると、優しく慈善的で、人道主義的になる。 また、非常に音楽を好む。 <職業> 人に耳を傾ける性質と、人に言葉・情報を広める伝達力がある。 それが音楽の場合もある。 新しい流行、情報を収集、操作していく分野、あるいは、それが必要とされる分野に適している。 また、聖典を教えたり、伝えたりすることもこのナクシャトラが支配している。 宗教の教師、学者、教育者、伝統を守る人、大学、古典、言語学者、ジャーナリスト、レポーター、コラムニスト、ブロードキャスター、広告宣伝業、音楽家、噺家、伝統を守る人など <その他> また、シュラヴァナは歩調(gait)を支配しており、9室(おしり)、10室(膝)、11室(くるぶし)、12室(足)の支配星がこのナクシャトラの中で傷ついた時、歩くことについて不自由・障害があるかもしれない。 また、シュラヴァナは旅を示唆する。 また時として、泌尿器系の問題を引き起こすかもしれない。 これらの性質はすべてダニシュターに関連し、貴重品、宝石、貴金属などを支配する。 他の意味としては、「慈善」で、他人をコントロールする生来的な能力を持つ。 ラグナか月がこの星宿にあると、楽観主義で野心家(ambitious)、一つ前のシュラヴァナと似ており、人の話を聞いたり、情報を集めたり、それを伝え、教えたりすることを支配する。 またドラムは音を示しており、とりわけ音楽やリズミリカルな音と関連する。 火星が支配星であり、勇敢で向こう見ず、アクティブさを持ち、自由を好む。 <職業> 情報収集力と情報伝播力に優れる。 勇気があり恐れを知らない。 薬・医者、外科、慈善事業家、ジャーナリスト、レポーター、不動産、音楽関連、マーチバンド、社会学者、呪術師、祈る人、詩人 <その他> ダニシュターにあるのが、結婚における不一致、または性的な障害である。 土星がこのナクシャトラに入ると、この傾向に拍車をかける。 またとりわけ、これが7室支配星だった場合は特にである。 その場合、結婚はしばしば遅れる、または完全に否定される。 また、ダニシュターの傾向を強く受ける男性は、女性嫌いになる傾向がある。 これらの傾向はチャートすべてを見て判断する必要がある。 悲しみに苦しむが、敵を征服する。 思慮なく(thoughtlessly)働く。 独自の方法を持つ。 」とのこと。 円(輪)は分けること、封じ込めることを示し、その外周は内側と外側のスペースに分ける。 周りの囲いは同時に外の危険から内側の存在を守り、また、それを周りから隔絶、または分離することにより、大きな全体に加わることを妨げる。 また、シャタビシャーは、通常、覆い隠したり、秘密にしたり、隠したりすることと関連する。 これらの他と隔てたり、妨害となる力は、仕事や行動を困難にする。 これらは、苦痛、抑制、怠惰、すねた冷笑的な気質を引き起こす。 シャタビシャーは医薬、治癒、百人の医師、ため池、水槽(タンク)、湖、鎧、盾、服、マントを象徴する。 また、この星宿は、文字通りの意味でも象徴的な意味でも、罠や麻痺(or 停滞?)不治の病、水腫、水にかかわることを支配する。 また、空の円は「ゼロ」を意味しており、それは創造の背後にある「空」という、哲学的上の洗練された数の概念を意味している。 その空の概念より、シャタビシャーは自己の「純粋さ」を追求する。 ラグナか月がシャタビシャーにあると、孤独を好み、洞察力があり、瞑想的で、少食の傾向がある。 シャタビシャーの星宿の人の多くは、科学的で哲学的で神秘的である。 この人は物質的のものや世間的なものではなく、より根源的な知識、精神的な世界を求める。 その言葉は率直で飾り気がなく明確であるが、ストレートすぎて、敵も作りやすい。 普段は、でしゃばらず、思慮深く、おしゃべりを好まず、黙想的であるが、突然怒りを爆発させることもある。 また、自由を好み、束縛や人に支配されるのを好まない。 また、過度の野心(情熱)や、支持者を遠ざけたり、敵を作るような振る舞いの悪さのために、人生のある段階で仕事上の挫折が良くある。 <職業> 究極の知識、隠れた知識、隠れた物を取らえる才能があり、例えば占星学者や哲学者の多くはこのナクシャトラの上昇を持つ。 一人でいることを好む事から、大勢でするよりも一人もしくは自分や中心になってすることが適職となる。 宗教家、学者、芸術家、医療関連、福祉にかかわる団体、薬剤師、 空を扱うすべての物:天文学者、占星術師、飛行機産業、ロケットの科学者、観測所、気象台、プラネタリウム、 殺し屋、捕獲する職業(猟師、海女、漁師、薬草取り) 電気や現代的なエネルギーにかかわる職業:電気技術者、核科学者 水や液体に関わる職:酒造業、水族館員、化学薬品を扱う職 <その他> シャタビシャーが起源となり発生する病気は非常に治りにくく、シャタビシャーの文字通りの100人の医者が必要かもしれない。 シャタビシャーが引き起こす慢性病は、アシュビニ・クマラしか治すことができないかもしれない(アシュビニー参照) また、アルコール飲料は、その支配神のためにシャタビシャーが支配する。 その名の意味は、一本足の生まれてないもの(または、一本足の山羊の可能性もある) 支配星 木星 体の部位 体の側面(アバラを含む)、足の側面、足の裏 ヨニ 人 グナ タマス 宿曜経の分類 室宿(しつすく) ターラバラ 結婚の相性 <性格> ヴァラーミヒラによると、「月がプールヴァ・バードラパダにある人は深い苦悩がある。 パートナーの別れにより富を築く。 明瞭に話す。 お金を稼ぐ技術を持つ。 ケチである。 」とのこと。 プールヴァ・ヴァードラパダは伝統的にも、物理的にも、比ゆ的にも、火や熱、燃焼や分解に関わるとされる。 おそらくこれは、火と熱を支配する破壊の神であるルドラと関わるからだと思われる。 とりわけ(葬式用のベッドであることから)、死者の体を火葬する葬式のマキによる火や熱である。 2つの顔の男は死の時間を象徴し、過去を見るため、この世界と死の領域を見るため、もう一つの世界に向き合っている。 もしくは、いつもは人に見せないもう一つの一面を持つ人を示しているのかもしれない。 ラグナや月がプールヴァ・バードラパダにあると、過度に深刻(serious)、怖がり、過度に緊張・神経質であるが、非常に雄弁で、良い話し手である。 学問や研究、社会的な問題を議論することを好む傾向がある。 また、ある物や人に対して、献身するが、その対象は揺れ動き、定まっていない。 情熱・性急・激しさ・怒りはプールヴァ・バードラパダと強く関連し、この星宿の人は興奮しやすく怒りっぽい人となりやすい。 また、批判・不快な言葉・貪欲さ・悪や人生のダークサイドのエクスタシー・魅惑(fascination)を支配する。 それは激しい痛み、落下、事故や攻撃からの傷を支配し、行為や言葉に苦しむことになる。 罰することと贖罪は揺れており、その影響下でなされた行為はしばしば病や深刻な状況を生み出す。 そしてこれは後悔や悲しみ、困難さが伴う。 <職業> 死に関わること:葬儀屋、猟師、殺し屋 原理的で狂信的・熱狂的な人:テロリスト、修道士、魔術師、末期的な病気の病棟 社会的・献身的な職業:政治家、修道院、NGO、事業家、政治団体、評論家、 過去や深遠の領域を見るもの:占星術師、神官、苦行者、職人 また、収入的には裕福な人が多い。 プールヴァとウッタラの2つのペアでは、多くのナクシャトラの意味が同じとなる。 したがって、詳細はプールヴァ・バードラパダを参照されたし。 また、違いを言えば、ウッタラ・バードラパダは、プールヴァ・バードラパダに比べ怒りのコントロールが容易となり、また、残酷さ(冷酷さ)、醜さ、悪行は、プールヴァに比べ強調されない(控え目である)。 有害な行為は、プールヴァ・バードラパダに強く影響を受けた人により行われるが、ウッタラでは、それは大きく自制されて、邪悪な行為は制御される。 人に自らを捧げ、奉仕する傾向があるが、この対象が移ることは少ない。 ある意味、一途な星である。 ラグナや月がここにあると、物を贈ったり、寄付したり、受け継いだりすることで相手を利するなど、慈悲深く、自己犠牲のある人になる。 献身的な奉仕の精神と、忍耐強さを持つ。 原初の蛇は、動きと隔離、または秘密を示しており、孤独と退去のあること示唆している。 また、アジャイカパダのように、アヒーブドニャはクンダリーシャクティと呼ばれるタントラの力と関連する。 このエネルギーは最高位の知恵・知識・啓発・超常的な力や覚醒など、最高度の精神的改革を活性化する。 <職業> 慈善団体、タントラの開業医、墓地や火葬関連 偉大な献身者。 超常的な洞察・深い知識・覚醒を持った人。 レーヴァティは、ドラムのように、時間を含め、あらゆることの「拡大・増加」を支配する。 また、旅の中での、安全、避難所、宿を与えること、案内者など、道に関することはレーヴァティに関係する。 ラグナや月がここにあると、良い主人(host)で、頼りがいがあり、信頼できる友人であり、社会的なことが好きなため、社交界の名士であるかもしれない。 また、プーシャンは失われたものや事柄を見つけてくることに関連し、神の牛の番人であり、養育することや世話をすることに関連する。 最後のナクシャトラであり、この世界での欲望・執着を卒業して、より霊的・精神的に飛躍する心を意味している。 そのため、あまり物質的なものや権力などには興味をを示さない人が多い。 また養育・道案内としての役割は、精神的な目覚めを先導していく人であり、その飛躍を手助けすることも意味している。 失われた古代の学問、宗教と神秘学に興味を持ち、その使命と知的により、よき霊的な師や相談役となる。 また、自己犠牲の精神を持ち、同情心厚く、家族や友人を愛し、たいへん社交的で人を親切にもてなす。 また、動物など、生き物が好きな人が多い。 ただ、想像力豊かで理想主義なところがあり、少し変わった人が多い。 とっぴな行動をとって周りを慌てさせることもある。 <職業> 時間に関すること:時計・腕時計・カレンダーメイカー 道に関する職業:旅行プランナー、旅人、コンサルタント、心理相談員、宗教家。 育てることに関する職業:教師、童話作家、養育者 慈善的な事業:ボランティア、NGO、医療・介護系 <その他> ホロスコープで、月が第4室でレーヴァティに入っていたら、2人の母、すなわち、生みの母と継母(育ての母)がいるかもしれない。 (ファクターの集中に注意:4室と月はどちらも母で、それがどちらも二重(dual)星座の魚座で、ナクシャトラはレーヴァティ) 他の影響としては、土星が月を深刻に傷つける効果を増大させる。 また、レーヴァティは小児の病気にしばしば関連する。

次の

スプリンク

アートス ティッカー

像はやや強い歪曲収差があり、視界の5~9割で緩やかに崩れていき、9割を越えた辺りから盛大に崩壊する。 しかし視野中央部はまずまず。 星像も中央部ではしっかり点になる。 ベガなどの明るい星は流石に点にならないが、わりと綺麗な像を結ぶ 逆光には弱い。 太陽との離角が30~45度では視界の1~2割が白いフレアに覆われ、離角30度以下で一気に視界の半分以上が真っ白になる 夜間の逆光条件として20m先の街灯(蛍光灯,満月の代用)では、離角8度以内ではゴーストが見られた。 それ以上なら問題はない 色収差の点は非常に優秀。 上に緑、下に紫の色ずれが極僅か認められる。 なんせ倍も価格が違うんだし。 具体的にどんな差があるかというと、ミラージュはプリズムがBk7なので周辺視野での減光がある(まぁ普通に使っていれば気付く事は稀だが) 当然プリズムで減った光は双眼鏡内部で乱反射をする。 これによってヌケが悪くなる。 (ガラス越しに見てるみたいになる) 後は素材と筐体の作りが違う。 アートスは防水機能付きプリズムハウスはアルミで外装はラバーに覆われてる。 ミラージュは外装から何からプラスチック。 どちらも入門機クラスの性能しか無いので、2台目が欲しくなった時は旧アバンターやアルティマが欲しくなるだろうし、とりあえずミラージュ使ってみるか、アートスよりもうちょっと頑張って旧アバンター買うのがのちのち後悔がないかも。 ただし、手ブレが気になるなら10倍はアウト。 手ブレは体感では2~3倍(カメラで言うところの1~2段分)くらい違う。 手ブレに自信がないなら、アートス8x42Wか14kほど出費してアスコット8x42がいいかもしれない。 とまぁ一般論的にはこんな感じだが、個人的な意見では光害マップがオレンジならミラージュやアートスで十分楽しめるんじゃないかと思う。 特に周囲に街灯のない地点であればミラージュとアートスでは、像質にあまり大きな差は実感できないかもしれんし、むしろミラージュと旧アバンターでも差はそこまで大きくないからね。 あ、あとメガネしたまま覗きたいならアイレリーフが15mm以上のものを選んだほうがいい。 ミラージュはちょっと足りないね。 76 ID:biBVzfhc.

次の