ギガノーカウント使用。 ソフトバンク「メリハリプラン」とは?特徴や料金体系など

ソフトバンクのスマホの新料金「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」について

ギガノーカウント使用

ソフトバンクは、一部の料金プランで提供する「動画SNS見放題」について、一定の条件下にある場合、本来カウントしない通信量を誤ってカウントしていたことを明らかにした。 6月17日現在、解消している。 不具合というよりも、いわゆるゼロレーティングでは、発生し得る内容となっている。 同社によれば、スマートフォンのテザリング機能を経由して、Windowsパソコンでブラウザアプリの「Chrome」を使い、YouTubeを視聴すると、「動画SNS放題」の対象外になる事象が発生していた。 原因はChromeのアップデートに伴い、識別子と呼ばれる情報が変化したため。 アプリのバージョンアップで、まれに発生する事象という。 動画SNS放題は、「ウルトラギガモンスター+(プラス)」「メリハリプラン」で導入されているサービス。 一部のコンテンツの通信量をカウントしないという内容で、YouTubeやLINE、TVer、Instagramなどが対象。 ネットワークの中立性を踏まえ、ソフトバンク側から対象サービスを選ばず、条件をコンテンツプラットフォーマーや事業者へ開示し、対応するサービスであれば無料対象にしているという。 仕組みとしては、識別子と呼ばれる情報をもとに、無料対象のコンテンツかどうか判定している。 ただ、識別子がどのような情報かは明らかにされていない。 どのサービスでも発生し得るもの、対処法は? ソフトバンクによれば、動画SNS放題のようなゼロレーティングサービスでは、いわゆる「通信の秘密」を保護したまま、カウント対象かどうかチェックしようとすると、どうしても誤ってカウントすることがあるという。 確かにソフトバンクだけではなく、他社のゼロレーティングサービスでは、そうした事象に関して、案内している。 たとえば、auが2019年9月末まで提供していた料金プラン「auフラットプラン7プラス」、はたまたMVNOのLINEモバイルやBIGLOBEモバイルでは「アプリの更新にともなう識別子の変更などにより、対象外として認識される場合がある」と注釈を添えている。 今年3月、総務省が発表した「ゼロレーティングサービスの提供に係る電気通信事業法の適用に関するガイドライン」では「ゼロレーティングサービス対象コンテンツなどへのアクセスであっても、使用データ通信量にカウントされたり、正確なカウントが行われなかったりすることによって、結果として課金される場合は、カウント対象となる閲覧方法などを説明する必要がある」と記されている。 ソフトバンクの場合は、「My SoftBank」のギガノーカウント使用量を見ることで、自分がどの程度、ゼロレーティングサービスのコンテンツを利用したかわかる。 現状、技術的に全ての通信をゼロレーティング対象かどうか、通信事業者が把握するのは難しいとのことだが、ユーザーとしては「そんなことあるの?」と驚かれることもあるだろう。 思っていた以上にデータ使用量が減っていた場合は、通信量をチェックし、おかしな場合は、通信事業者の窓口へ問い合わせたほうが良さそうだ。

次の

ソフトバンク利用者は必見!メリハリプランで料金とデータ使用量を大幅に節約

ギガノーカウント使用

ソフトバンクのギガノーカウントサービスとして人気を集めている、 動画SNS放題。 実際には動画SNS放題というサービスがあるわけではないのですが、容量をカウントされずに利用できるとして話題になっています。 正式には、 メリハリプランまたは ウルトラギガモンスター+というプランを利用することで、動画SNS放題が適用されます。 さらに、 対象18サービス以外の通信も毎月最大50GB利用できるため、様々な場面で大量のデータ量を消費するユーザーにはおすすめの料金プランと言えます。 そんな、 動画SNS放題について今回は詳しく見ていきます。 関連記事:「」 「」 目次• 動画SNS使い放題対象サービスの内訳としては、 動画サービスが10つ、SNSサービスが5つ、5G LABベーシックの3つで合計18サービスです。 それぞれ内容を確認します。 具体的には、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、バスケットLIVEの10サービスです。 中でもYouTubeは、昨今では芸能人を含む多数の人気Youtuberが活躍する大人気動画コンテンツとして、圧倒的な地位を築いています。 毎月のデータ量に神経を使うことなく、動画を好きなだけ楽しめる環境が手に入ります。 具体的には、 LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの5つのサービスを使い放題で利用できます。 コミュニケーションや情報入手ツールとしてSNSは無くてはならない存在です。 スマホを利用する方のほとんどのユーザーが上記のSNSのうちどれか1つ以上は必ず利用しているのではないかと思います。 SNS使い放題サービスとして、auの「auフラットプラン7プラスN」という類似サービスがありますが、ソフトバンクのメリハリプランまたはウルトラギガモンスター+は、そちらにはないLINEとTikTokのギガノーカウントが含まれているのが大きな特徴です。 5G LAB関連3サービスが使い放題 5G LABとは、ソフトバンクの5Gサービス提供開始と同時にはじまった、新しいエンタメコンテンツを提供するサービスの総称です。 AR SQUAREは、実際の景色に映像を重ねた拡張現実を楽しめるサービスで、例えばアイドルがその場にいるかのようなイメージで一緒に写真を撮ることが出来ます。 VR SQUAREは、仮想現実で目の前に臨場感ある映像を楽しむことが出来るサービスで、例えばスポーツ観戦やアーティストのコンサート映像をVRゴーグルを活用して目の前で味わうような臨場感を楽しむことが出来ます。 FR SQUAREは、コンテンツを多視点で楽しむことができるサービスで、例えば音楽のコンサート映像やスポーツ観戦の視点を自由に切り替えながら視聴することが出来ます。 これらの5G LABのサービスはコンテンツの新しい楽しみ方を提供する反面 、同時に動画や画像による大量のデータ量消費を伴います。 メリハリプランまたはウルトラギガモンスター+では、5G LABを思う存分楽しめるようギガノーカウントとなるのはありがたいところです。 どちらのプランも毎月のデータ量50GBに加えて、動画SNS放題の対象サービスがギガノーカウント、つまりデータ量を消費しない点において共通しています。 データ量を消費してしまうケースは以下の通りです。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 また、YouTubeのライブ配信、LINEの音声通話とビデオ通話、FacebookのMessengerもギガノーカウント データ量使い放題 の対象外です。 知らずにそのまま利用していると、使い放題対象外のデータ量50GBを消費してしまうこととなります。 特に動画データはデータ量を大量に消費しますので、対象外通信の該当項目は意識して利用しましょう。 もっと快適に動画SNS使い放題を楽しむ方法 もっと快適に動画やSNSサービスを楽しみたいなら、迷わず ソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 固定光回線であれば、やはりスマホのデータ通信よりも通信速度が速く・安定し、いつでも動画やSNSを快適に楽しめる点において必要不可欠です。 さらに、メリハリプランであれば、使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合に1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。

次の

ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ギガノーカウント使用

YouTube、Abema TV、TVer、GYAO! 、Hulu、LINE、Instagram、Facebook 対応アプリは今後も 拡大する予定。 なおLINEでも音声通話などの利用はギガノーカウントにならなかったりするので、細かな注意点はよりどうぞ。 Image: プレスリリースより。 詳しくはから 料金は 3,480円(1年目)から。 ただしこの3,480円というのは、家族4人以上の「みんな家族割+」や、自宅のインターネットと携帯をセットした「おうち割 光セット」などの割引が適用された価格。 1人かつ割引なしで加入した場合は、 1年目6,480円(おうち割 光セットなし)、 2年目7,480円(おうち割 光セット、1年お得割なし)になります(通話プランは従量課金)。 は9月6日から受付開始。 なお、このプランに加入した方は、すべてのアプリでデータプランがデータ消費なしで通信できる「ギガ使い放題キャンペーン」の特典もあり。 こちらは2018年9月6日から2019年4月7日まで。 半年間は無双や! Source: ソフトバンク(, )• Tags :•

次の