日本 クロス。 クロスヘルメットX1は視界360度!HUD搭載日本人が世界を湧かせた

【三菱エクスパンダークロス発表!!】人気のクロスオーバーミニバン&ワゴン 6選

日本 クロス

防虫ネット• サンサンネット 太陽と水と空気はいっぱい通して虫は通しません!• サンサンネットソフライトシリーズ あらゆる害虫対策に!1mmから0. 2mmの豊富な目合いで6種類がラインナップ。 サンサンはちネット 特定外来生物指定されているマルハナバチを使用した栽培に最適な、飛び逃げ防止用ネット• サンサンネット クロスレッド たて糸・よこ糸ともにサンサンネットe-レッドの糸を使用したことで、防虫効果がさらに向上しました。 サンサンネット e-レッド よこ糸に赤色の糸(PE細糸)を採用し、防虫効果をさらに向上。 アザミウマ類などの微小害虫に対して忌避効果を発揮します。 クビアカガードネット 桜・桃・梅などの樹木の天敵「クビアカツヤカミキリ」の防除対策用ネットです。 遮光・遮熱ネット• ワイドスクリーン 豊富な種類の幅と遮光率の揃ったネットで、織り方も多彩。 遮光はもちろん、遮熱性に優れた製品も取り揃えています。 ワイドラッセル遮光ネット 最新型ラッセル機で編み上げた軽くて丈夫なネット。 耐久性、耐薬品性、通気性、通水性などに優れ経済的。 暴風雨から作物を守ります。 蒸し暑い夏場のハウスが「爽やかな空間」に大変身します。 ら~くらくネット 特殊処理された縦糸と横糸の交差位置で熱融着させた製品。 目ずれ、ほつれを起こさず、ナイフで自在な形状にカットできます。 ら~くらくスーパーホワイトライト チタンホワイト+ミクロボイド+スノーテック素材で驚異の遮熱効果を実感してください。 従来品のら~くらくスーパーホワイトからの軽量化に成功し、作業性を向上させました。 防草シート• 防草アグリシート 農作物の環境改善に効果を発揮する多目的防草シート。 強力アグリシート 防草効果・耐候性・耐久性をさらに強力アップ。 張替え寿命を2倍に延長して経済効果を発揮• ホワイトアグリシートR リバーシブル 防草効果・透水性・耐候性を強力アップ。 ホワイト&ブラックのリバーシブルタイプ• 抗菌アグリシート 保温性、透水性に優れた驚異の抗菌強力織物シート。 防草などのほか多目的に使え、すべりにくく作業性抜群で、農作物の環境改善に効果を発揮します。 つるマルシート カボチャ・スイカ・メロン等のつる巻き下敷きに最適!• アグリシートテープ.

次の

三菱エクスパンダークロスの価格やサイズ・燃費は?日本発売予定についても!

日本 クロス

本社所在地 〒105-0004 新橋6-17-19 新御成門ビル 本店所在地 〒615-0812 西京極大門町26番地 設立 事業内容 各種クロス、各種印刷・印字用素材、各種ファンシー商品、各種壁装材・床材、各種フィルター、産業用ターポリン、衣料用芯地、食品容器用アルミ箔・フィルムなどの製造・加工および販売 代表者 大石義夫(代表取締役社長) 資本金 57億9565万円 (2016年3月31日現在) 売上高 単体278億円、連結411億円 (2016年3月期) 純資産 単体166億円、連結175億円 (2016年3月31日現在) 総資産 単体459億円、連結521億円 (2016年3月31日現在) 従業員数 単体599名、連結1,402名 (2016年3月31日現在) 決算期 3月31日 外部リンク ダイニック株式会社は、子会社14社、関連会社3社とともにグループを構成、各種クロス類・コンピュータリボン・床材・衣料芯地・・クロスの製造・販売を主な事業の内容にしている。 本社はと。 書籍装幀用クロス(ブック・バインディング・クロス)のトップメーカーとして知られ、不織布やビニル製品にも進出、最近では情報関連や車輛関連にも注力、コンピュータリボンやインクリボン、自動車の内装材、空調フィルターなどの分野でも伸びている。 ユニークなところでは携帯電話や音楽プレーヤなどに使用される有機EL装置内になくてはならない除湿シートなど期待の新分野も生まれている。 沿革 [ ]• 1919年 - の地に日本クロス工業として創立する。 ブック・バインディング・クロスの生産を開始する。 1928年 - 京都・に天神川工場を建設する。 1929年 - 天神川工場を拡大、本社工場として、西陣から全面移転する。 1932年 - リボンの生産を開始する。 1937年 - 大平製紙(株)の前身・大平加工製紙(株)設立、王子工場竣工。 1943年 - 大平加工製紙を大平製紙(株)に改称、富士工場を傘下に入れる。 1948年 - 東京出張所を開設。 1949年 - ビニル製品の生産を開始する。 1951年 - 株式を上場。 1952年 - 東京工場を建設する。 1956年 - 狭山工場を建設する(1996年、埼玉工場に統合)。 不織布事業に進出。 1957年 - の生産を開始する。 (国産初の不織布の誕生)• 1964年 - 深谷工場を建設する。 1966年 - 織物の生産を開始する。 (国産初)• 1967年 - 台湾科楽史工業股份有限公司を設立。 1968年 - 「レクトラシール 登録商標 」の技術契約を締結。 1970年 - 真岡工場竣工。 1973年 - 「ニックセブン」を開発。 NC STAFLEX CO. ,PTE. ,LTD(シンガポール)を設立。 1974年 - 社名を変更する。 日本クロス工業からダイニックへ。 1978年 - 滋賀工場を建設し、京都工場を全面移転する。 1982年 - 京都、東京、2本社制を採る。 1996年 - 深谷工場を拡大し、東京工場を集約移転して、埼玉工場とする。 2003年 - 大平製紙を吸収合併する。 2009年 - 創立90周年を迎える。 東京本社、およびグループ2社、新橋新御成門ビルに移転。 2016年 - 王子工場、食品用のアルミ箔蓋材と塗工紙の製造において「FSSC 22000認証」を取得。 ダイニックグループ [ ] 国内• ダイニック株式会社• ダイニック・ジュノ株式会社• 大和紙工株式会社• ニックフレート株式会社• ダイニックファクトリーサービス株式会社• オフィス・メディア株式会社• 大平産業株式会社 海外• 台湾科楽史工業股份有限公司• NC STAFLEX CO. ,PTE. ,LTD. DYNIC HK LTD. DYNIC USA CORP. THAI STAFLEX CO. ,LTD. DYNIC U. K LTD. 大連大尼克辧公設備有限公司• 昆山司達福紡織有限公司• 達妮克国際貿易(上海)有限公司 主な商品 [ ]• 出版用途• 書籍装丁用クロス• 教科書用クロス• 文具紙製品用途• パッケージ用クロス• ファイル・バインダー用クロス• 手帳用クロス• ノベルティグッズ• 情報関連用途• 銀行通帳用クロス• 印字記録用品(インクリボン、熱転写リボンなど)• 印刷用フィルム• 磁気製品• 名刺・葉書プリントシステム• 有機EL用水分除去シート• 衣料用途• 表示ラベル用素材• 接着芯地• 不織布芯地• インテリア用途• 不織布床材(ニードルパンチカーペット)• タイルカーペット• 人工芝• 壁装材(壁紙)• 養生材• ブラインド• 産業用途• ターポリン• テント材• 土木用シート• フィルター• 車輛関連用途• 自動車内装材(天井材、カーペット、ドア、シート材など)• エンジンフィルター• 生活資材用途• 介護・健康器機用素材• 消臭・脱臭素材• 食品用包材• 環境保全用途• 抗菌加工製品• リサイクル(トナーカトリッジなど)• 生分解プラスチック その他 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ダイニック

日本 クロス

トップはキャンピングシェルベースとキャンピングシートバッグ2を組み合わせた105Lの大容量。 サイドに40L容量のツアーシェルケース2を装着すればTANAX最強の日本一周仕様の完成だ。 MOTO FIZZブランドのバッグはバイク乗りの様々なニーズに応える種類とサイズが揃う。 ではクロスカブのツーリングにピッタリなバッグは? 着座したライダーの後ろ姿をすべて隠してしまうほど大きなリヤのバッグは、モトフィズブランド最強の組み合わせだ。 強度に優れるポリカーボネイト製のキャンピングシェルベースをキャリアに固定。 その上に75Lもの大容量を誇るキャンピングシートバッグ2を載せているのだ。 キャンピングシェルベースだけで30L合計で105Lの積載量。 これだけあれば日本一周をラクにこなせるはずだ。 2つはそれぞれ別売りだが、前後4本のベルトでガッチリ連結できる。 これはモトフィズブランドのミドルフィールドシートバッグ以上のサイズに共通した仕様で、用途に合わせてバッグの大きさを選べるところが嬉しい。 それでもまだ容量が欲しいなら、リヤサイドにツアーシェルケース2を装着すれば完璧だ。 左右合計で105L容量となるサイドバッグで、側面には丈夫なポリカーボネイトを採用。 防滴インナーを標準装備しているため、急な雨だからといってカバーをかける必要がないところも注目したいポイントだ。 装着方法は、まずツアーシェルケース2をキャリアに固定。 左右のバッグはベルクロで連結するので、キャリアのサイズに合わせて調整も可能だ。 その上でキャンピングシェルベースを載せるボトムベースをキャリアに固定する。 このボトムベースにある4つの突起がシェルベース底部の凹みに噛みあう仕組みだ。 あとはベルトで上に載せるバッグを固定すればOKだ。 調査官はこの人! ラガー佐藤 巡査 捜査官は同社のバッグに開発から精通するタナックス営業部のラガー佐藤。 上下単独使用も可能なマルチプレーヤー! 上下合わせて70L 上40L・下30L の積載容量だから、一般的なキャンプツーリングなら十分だ。 上下分割でも使用できるので、どんなシチュエーションでもマルチに対応してくれる。 トップに独立した防滴インナーを装備。 荷物とは分けたい食料や雨に濡らしたくないものを収納できる。 上だけじゃなく、左右もファスナーで開閉できるので、荷物が入れやすく、バッグ上に重ね積みした状態でもアクセスしやすい。 レインカバー付属なのでどんな天気でもツーリングできます!」 2. タフに使えるポリカーボネートタイプ! トップ側に8つのバックルを装備するため、モトフィズブランドのバッグなら組み合わせが自由自在。 ヘビーデューティなポリカーボネイト製で裏地がないため底部を丸洗いできる。 固定にはキャリアにガッチリ固定させるためのボトムベースを使用。 突起がシェルベース底部の凹みに収まり前後左右にズレないため、幅60cmの同モデルでも安定感は抜群。 30L容量の一体成型構造なので、ハードな使い方にピッタリ。 裏地がないのでハードな印象ですが、水洗い可能なので清潔です」 3. 写真の通常状態では59L容量だが、左右のファスナーを開けてバッグ本体を拡幅すると、75Lもの大容量に変身。 これなら旅の途中で荷物が増えても、バッグの中に収納できて快適だ。 質感の高い作りも人気だ。 左右に配された収納は、小型のバッグになっていて脱着が可能。 貴重品を入れて持ち歩くことができるので重宝する。 ファスナーにはグローブ越しでも操作しやすい引き手を採用。 細部の高い質感も同ブランドの強みだ。 そんな時でも、左右それぞれ10センチずつ拡大するので対応可能です。 大きなサイズのバックルですが、もし壊れても長いベルトで固定できます!」 4. キャンピングシェルベースに固定可能で、5泊程度のツーリングをカバーしてくれる。 トップに銀マットなどを装着できることも共通で、バッグの形が崩れにくいインナーフレーム構造を採用する。 右側面にはドリンクホルダーを装備。 側面は左右ともにファスナーで10cmずつ拡幅可能で、フルフェイスヘルメットも2つ収納可能だ。 バックルが大きいのでホールド性もかなり高いモデルです」 5. 通常容量は29Lで、バイクに載せても走行時に気にならないのがありがたい。 左右を拡幅すれば40Lまで容量を拡大できる万能型のバッグだ。

次の