パオウルムー 尻尾 切れる。 MHW/モンハンワールド パオウルムーの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

【モンハンワールド】土砂竜の尻尾の効率的な入手方法と使い道【MHW】|ゲームエイト

パオウルムー 尻尾 切れる

剥ぎ取り・落し物で入手できる素材 部位 回数 下位 上位 G級 本体 3• 部位破壊報酬で入手できる素材 部位 下位 上位 G級 頭 喉袋を攻撃して一定のダメージを与えて、耐久値を500減少させると部位破壊成立となる。 (左右の翼それぞれに耐久値がある) 背中• 捕獲報酬で入手できる素材 下位 上位 G級• 下位 上位 G級• 下位 上位 G級• MHW パオウルムー 攻略のポイント 喉袋が一番の弱点部位 パオウルムーの一番の弱点部位は空気を溜める喉袋。 「バックジャンプから息を吸い込む行動」を数回繰り返した後、喉を風船のように膨らませて風船のように浮遊する状態になります。 空中浮遊状態時は下から攻撃を当てられますが、カウンター気味に強烈な尻尾の叩きつけを放ってくるのでゴリ押しは禁物。 空中浮遊状態からの攻撃は予備動作が分かりやすいので回避も難しくありませんが、見た目のゆるさに騙されずヒット&アウェイを心がけましょう。 最も簡単に空気を抜く方法は、ジャンプ攻撃を当てて乗ってしまうこと。 周囲の段差を利用してジャンプ攻撃を当てて乗りを狙ったり、ヒカリゴケを顔に当てて落下させてしまいましょう。 火属性が弱点 パオウルムーには火属性の攻撃が有効なので、アンジャナフの素材から作成した武器が相性が良くオススメ(リオレウス系武器も有効)。 耳栓、風圧【小】無効のスキルがオススメ ブレスの周囲には風圧【小】の効果が発生するので、を上げておけば立ち回りが楽になります。 咆哮の頻度も以外と多いので、を上げておくのもオススメです。

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

パオウルムー 尻尾 切れる

極ベヒーモスの攻略・立ち回り 基本はベヒーモスと同じ攻略方法 極ベヒーモスは各種攻撃の溜めが早かったり、威力高いなどの強化点はあるものの基本的な攻略は通常種と変わりません。 まずは、通常種のベヒーモスをマスターしてから挑むと良いでしょう。 各エリア別攻略の流れ 攻略の流れ目次 1エリア 接敵後、直ぐに「敵視を取る」を意識 落石で大ダメージを取る 基本攻撃は尻尾、時点で前脚に集中 エクリプスメテオを回避 滅龍石を拾っておく 1エリア目では通常のベヒーモスと流れは変わりません。 1エリア目で尻尾を切れると2エリア目に安定した行動を取れるため、攻撃を集中しましょう。 2エリア 滅龍石で敵視を取る 尻尾を3エリア突入までに切る エクリプスメテオを回避 滅龍石を拾っておく 1エリア目で拾った滅龍石ですぐに敵視を取ります。 攻略の流れは前のエリアと変わりませんが、前のエリアで尻尾が切れなかった場合は、必ず2エリア目で破壊しましょう。 3エリア DPSチェック突破のため攻撃に専念 ミールストームを警戒する必要がない 新モーションの叩きつけに注意 エクリプスメテオを回避 滅龍石を拾っておく 3エリア目はDPSチェックが存在します。 敵視を取らずともミールストームを使ってこないので、攻撃に重きを置きましょう。 攻撃時には威力の高い新モーション「叩きつけ」に注意が必要です。 最終エリア 滅龍石で敵視を取る 温存した状態異常などを駆使 コメットを必ず阻止 エクリプスメテオ3回を回避 最終エリアは他エリアに比べて狭いので、攻撃に転じすぎないのがおすすめです。 最終エリアでは長い時間ベヒーモスを自由にしたくないので、状態異常などをフルに活用しましょう。 敵視をしっかりと取る 極ベヒーモスはミールストームの発生が早いうえに、閃光弾がクエスト中2発しか効きません。 敵視をしっかりと取り、ミールストームをコントロールしましょう。 非常に威力が高く、発生も早いです。 使用頻度は高くないものの食らえば瀕死を免れないので、常に注意しておきましょう。 エクリプスメテオの使用頻度が高い 極ベヒーモスは、エクリプスメテオの使用頻度が高いです。 通常種とは異なり、エリア1から使用してくるので、コメットの位置を常に意識して立ち回りましょう。 ジャンプ回避を習得すれば比較的楽 エクリプスメテオはジェスチャー「FFジャンプ」で回避できます。 コメットが近くにない場面などで使うと良いですが、通常種以上にジャンプタイミングがシビアになっているので、注意が必要です。 メテオの落ちてくる個数が多い 通常種のベヒーモスのメテオはエリア1、3では1個しか落ちてきませんが、極ベヒーモスの場合は全エリア通して3個落ちてきます。 また、メテオにあたってしまうと防御ダウンを付与されてしまうので、必ず避けるようにしましょう。 DPSチェックに注意 極ベヒーモスはDPSチェックという新仕様が存在します。 DPSチェックは一定時間に一定ダメージ以上を与えないと、ゲームオーバーになるという元祖FF14に存在するシステムです。 極ベヒーモスの場合はエリア3で1回行われ、失敗するとコメット無しでエクリプスメテオを放つという内容です。 FFジャンプを習得していなければ基本は回避不能なので、全力で攻撃するように意識しましょう。 おすすめ装備 アタッカーおすすめ装備 部位 装備名 装飾品 武器• 耐震や耳栓・根性で生存率を優先するのもあり スキル 使い道 咆哮を無効化し、快適に戦える 振動を無効化 1撃死を防ぐ 剣士でアタッカーを担う場合は、耳栓や耐震・根性といった生存スキルを採用するのも手です。 特に震動を受ける頻度は高く、事故死に繋がる恐れがあるので優先的に着けておきたいスキルです。 タンクおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 なし 頭 胴• また、ヘビィのシールド判定は広く、前方から側面にかける180度を自動的に防いでくれるので不意の攻撃も対処しやすいです。 タンク役は「ガード強化」が必須 タンク役はベヒーモスの真正面に位置取る都合上、サンダーボルトや噴火攻撃などのガード不可攻撃を受けやすいです。 敵視を取っている状態で攻撃を受けると立て直しが難しいため「ガード強化」で防ぐのが重要です。 ヒーラーおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器• 敵視を取っているプレイヤーが被撃したら最優先で回復し、ミールストームを確認したらすかさず閃光弾を投げるのが重要です。 攻撃は二の次として立ち回りましょう。 基礎的なステータスも向上しているので、自陣も攻撃頻度を上げなければ攻略は難しいでしょう。 クリア報酬と入手できる素材 重ね着「ドラケン」が生産 極ベヒーモスをクリアすると専用アイテム「ミラージュプリズム」が入手でき、重ね着「ドラケン」を生産できます。 ドラケンはFF14の竜騎士を彷彿とさせる見た目となっており、色を変えると様々な雰囲気を味わえます。 その他に入手できる素材は通常のベヒーモスと同じです。 極ベヒーモスはソロで攻略できる? 攻略は可能だが推奨ではない 極ベヒーモスのソロ攻略は可能ですが、推奨ではありません。 あくまでも個人での挑戦という名目の元行い、通常種のベヒーモスをソロ攻略できない方は厳しい可能性が高いです。 基本は火力寄りの装備で挑戦 極ベヒーモスに挑戦する際は、火力に重きを置いた装備が基本となります。 生存面を意識しすぎるとDPSチェックが突破できなかったり、時間切れという可能性も出てくるので注意が必要です。 ミールストームの対処が必須 極ベヒーモスをソロで攻略する場合は、通常種よりも発生の早いミールストームを1人で対処しなければいけません。 武器種によっては閃光弾が間に合わないなどの状況が予想されるため、高い頻度で敵視を取る必要があります。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

MHW/モンハンワールド パオウルムーの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

パオウルムー 尻尾 切れる

パオウルムー亜種の攻略 パオウルムー亜種の肉質や耐性、弱点属性 パオウルムー亜種の耐性や弱点属性は以下の通りです。 状態異常は「睡眠」がほとんど通りません。 これは本人が睡眠パウダーをバンバン吐くモンスターなので、効くわけないですね。 基本は頭を狙いに行くのが無難です。 攻撃を受けただけですぐ眠ってしまうので、一発もあたってはいけないシビアな戦いになるかと思います。 睡眠ブレス 一度仰け反ったモーションの後、睡眠プレスを出してきます。 この攻撃はパオウルムーが浮遊している状態しかやってきません、、、たぶん。 当たったらもちろん自分は寝てしまうのですが、仮によけたとしても注意が必要です。 ブレスが地面に着弾後、ブレスが霧の状態になってその場に留まるためその霧にあたっても眠てしまします。 睡眠の霧を使った動き 地面に滞留する睡眠の霧はパオウルムーの行動によって色々な動きをします。 ・霧を散らす動き パオウルムーが高く飛び上がった後、急降下し尻尾を大きく振ることで滞留した霧を辺りに散らす行動をします。 この攻撃が厄介で、ただでさえ滞留する霧が面倒なのに前後左右に霧を散らすことでより当たりやすく成ってしまします。 ・霧を吸い寄せる動き 霧を散らすと辺りに散らばるので、一見パオウルムーの周りには霧が無くなります。 しかしそれで気を抜いてはいけません。 辺りの空気を吸うことで散らばった睡眠の霧自分の周りに吸い寄せてきます。 その際パオウルムー付近いたら、後ろから睡眠の霧が襲ってくる形になるのでほとんど回避不要です。 転身の装衣を使えば霧も避けれるので安全です。 そのためスキルで整備を積んで、装衣の使える回数を増やすのも手かもしれません。 まとめ パオウルムーは亜種になって滅茶苦茶強くなってました!こんなの基本近づけないじゃん! ほかにも亜種で登場するモンスターはパワーアップしてるんでしょうか。

次の