日本 郵便 コロナ。 ゆうパックおよび書留郵便物等のお受取方法について

お知らせ

日本 郵便 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業や個人事業主向けの支援策「持続化給付金」を巡り、日本郵便とかんぽ生命保険は12日、新型コロナとは直接関係がないのに給付金を申請した社員が計約120人いたと明らかにした。 かんぽ生命の不正販売を受けた営業自粛による収入減を給付金で補おうとしたとみられる。 両社は申請取り下げや給付金返還の手続きを促している。 持続化給付金は、個人事業主の場合、確定申告する事業所得が今年1~12月のいずれかの月で昨年同月比の半分以下に減ったことを条件に、最大100万円を支給する。 郵便局員らは、給与所得とは別に、保険の販売成績に応じて支給される営業手当を事業所得として確定申告している。 日本郵政グループでは、かんぽ生命の不正販売が発覚した昨年7月から保険販売を自粛しており、営業手当が激減。 郵便局員らは、収入減は新型コロナの影響ではないものの、持続化給付金の支給条件を満たすのに目をつけたとみられる。 両社は、インターネット上での書き込みを端緒に5月下旬に内部調査を実施。 その結果、日本郵便で約100人、かんぽ生命では約20人の社員が持続化給付金の申請をしていたことが判明した。 多くは申請を取り下げたり返還手続きをしたりしているというが、手続きに至っていない社員が十数人いるといい日本郵便は取り下げを促している。 12日にオンラインで記者会見した日本郵便の立林理・常務執行役員は「新型コロナウイルスの影響で大変な状況に陥っている人が多数いる中で、新型コロナと因果関係のない社員が給付金を申請して大変申し訳ない」と陳謝した。 【後藤豪】.

次の

お知らせ

日本 郵便 コロナ

お知らせ ゆうパックおよび書留郵便物等のお受取方法について 2020年4月15日 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対面で配達を行っているゆうパック、書留郵便物等を、配達の際のご希望に応じて郵便受箱への配達や玄関前等に置く形でお届けします。 なお、これは、緊急事態宣言対象地域において先行実施していた取扱いを拡大するものです。 ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。 開始日 4月15日(水) 対象地域 全国• 国による緊急事態宣言の対象7都府県にあっては、発令後の4月8日(水)から開始しています。 対象商品 対面で配達する荷物および郵便物(次の取扱いをするものを除きます。 ) 対象外 代金引換、料金・運賃または手数料の支払いを要する郵便物等、税付郵便物、本人限定受取、現金書留、配達証明、特別送達 お受取方法 配達担当者がお客さま宅への配達時にインターホン等でご案内いたしますので、お受取方法のご希望をお知らせください。 ご希望に応じて郵便受箱・玄関前等のご指定いただいた場所に置く形でお届けします。 なお、配達担当者がご希望に応じお届けした旨を記録することにより受領印に代えます。 その他• このお受取方法は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として限定的に行うものです。 お届け場所については、毀損等を防ぐためお客さまのご希望に沿えない場合がございます。 また、お電話やご不在時等のご依頼には応じることができませんので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 お客さまのお問い合わせ先.

次の

コロナウイルス(COVID

日本 郵便 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業や個人事業主向けの支援策「持続化給付金」を巡り、日本郵便とかんぽ生命保険は12日、新型コロナとは直接関係がないのに給付金を申請した社員が計約120人いたと明らかにした。 かんぽ生命の不正販売を受けた営業自粛による収入減を給付金で補おうとしたとみられる。 両社は申請取り下げや給付金返還の手続きを促している。 持続化給付金は、個人事業主の場合、確定申告する事業所得が今年1~12月のいずれかの月で昨年同月比の半分以下に減ったことを条件に、最大100万円を支給する。 郵便局員らは、給与所得とは別に、保険の販売成績に応じて支給される営業手当を事業所得として確定申告している。 日本郵政グループでは、かんぽ生命の不正販売が発覚した昨年7月から保険販売を自粛しており、営業手当が激減。 郵便局員らは、収入減は新型コロナの影響ではないものの、持続化給付金の支給条件を満たすのに目をつけたとみられる。 両社は、インターネット上での書き込みを端緒に5月下旬に内部調査を実施。 その結果、日本郵便で約100人、かんぽ生命では約20人の社員が持続化給付金の申請をしていたことが判明した。 多くは申請を取り下げたり返還手続きをしたりしているというが、手続きに至っていない社員が十数人いるといい日本郵便は取り下げを促している。 12日にオンラインで記者会見した日本郵便の立林理・常務執行役員は「新型コロナウイルスの影響で大変な状況に陥っている人が多数いる中で、新型コロナと因果関係のない社員が給付金を申請して大変申し訳ない」と陳謝した。 【後藤豪】.

次の