高齢者 部屋 探し。 お部屋探しならハウスメイトナビ|賃貸マンション・賃貸アパート

一人暮らしの高齢者住宅の種類と探し方

高齢者 部屋 探し

高齢者向けの賃貸住宅 あちらこちらで分譲マンションや戸建て住宅が次々と建てられ夢のマイホームで暮らしていく家庭もあれば、生涯賃貸住宅で生活する家庭もあります。 どちらが得なのかと時々話題になります。 しかし、賃貸物件となると多少問題が起きてきます。 若い頃に契約してずっと住み続けている場合はそれほど問題にはならないかもしれませんが、年をとってからでは賃貸物件の契約ができないことがあるのです。 貸す側も家賃を払ってもらわないと困ります。 そのため審査がより厳しくなってしまいます。 中には高齢者入居可能物件として、いくつか物件を用意している不動産会社もあります。 しかし、借りれるか、借りれないかよりももしものとき誰か助けを求められる人が側にいるかの方が心配です。 そんな 老人向けの賃貸、シニアホームがあります。 シニアホームとは サービス付き高齢者向け住宅、介護付き有料老人ホームというものになります。 1人ひとり個室があり、食事やお風呂などは共同という昔でいう寮生活のようなシニアホームもあれば、トイレ、お風呂、キッチンも付いてて普通のアパートの一室だが、呼び出しボタンを押せば介護スタッフ以外にも常駐する医師や看護師が駆けつけるというようなシニアホームもあります。 温泉付きや娯楽施設が付いているものまであり、入居費用もまちまちです。 しかし、今までのように例えば夫婦で生活が出来たり、部屋を出れば同じような年齢の仲間がいて囲碁をやったり、お茶をしたり、カラオケをしたりと充実した毎日を送ることができるのです。 家族からすると、何よりもおじいちゃん、おばあちゃんの体が心配です。 離れていれば尚更です。 老後生活をどんな形で過ごすのかは、それぞれの考え方で変わってくると思います。 家族みんなが安心できるようにいろんなパターンを一緒に考えてみませんか?そして、在宅、施設、シニアホームなど見学に行くこともできるので、一緒に生活の場を見つけるきっかけにしてみましょう。 夫婦ふたりで入れる? 高齢者専門住宅以外では、有料老人ホームも場所によっては夫婦部屋がありますし、サービス付き高齢者住宅も夫婦部屋を作っているところもあります。 どちらも介護認定が下りているのが入居条件になっているのが、ほとんどですので認定が下りていないうちは高齢者専門住宅が入居しやすいといえます。 施設を効率よく探すには? 介護が必要になる前から入れる高齢者向け住宅を探したい方のご相談に対応しています。 から無料相談してみましょう。 ライフスタイルを変えずに自分らしく過ごせる老人ホームや高齢者住宅をご紹介可能です。 自立から介護が必要になっても住み続けられる高齢者住宅を紹介してもらうことができますよ。 予算に合わせて希望通りの住まいを見つけることができるので安心です。 人気記事.

次の

【ホームメイト・シニア】高齢者専用賃貸住宅 ロイヤルステージリアン〜 絆〜(香川県丸亀市のサ高住[サービス付き高齢者向け住宅])

高齢者 部屋 探し

高齢者世帯増加と老人ホーム不足 高齢化社会により、65歳以上の高齢者の方の1人暮らしや夫婦、親子2人だけといった高齢者世帯が増えています。 このような高齢者世帯はどのような問題を抱えているのでしょうか。 高齢者世帯が抱える問題 高齢者が高齢者を介護するという老老介護の時代となっています。 最近では介護疲れからの自殺や殺人事件にいたるケースも出てきています。 親の介護の為に離職して、介護に専念せざるを得ないという方も増えてきています。 経済的にも身体的にも精神的にも、介護負担は大きくなっています。 家族の関係性による問題もあるでしょう。 家庭にこもることで外との交流の機会も減ってしまうようです。 介護保険制度があるにもかかわらず、誰にも相談できずに介護者が1人で抱え込んでしまうことも少なくないようです。 老人ホームと介護職の人材不足 特別養護老人ホームのような老人福祉施設の待機者が増え続けています。 平成27年度の法改正により新規では原則として要介護度3以上でなければ入所できなくなっています。 有料老人ホームやサービス付き高齢社向け専用住宅がありますが、施設により入居条件を定めており、費用も比較的高くなっています。 年金受給者にとって入居は難しくなっているのではないでしょうか。 経費老人ホームなど低料金で入居できる施設もありますが、不足している状態です。 さらに介護の職離れも多く 人材不足により介護サービスの質の低下も問題になっています。 地域の力で介護を支える 今後もますます高齢者世帯は増え続けていくばかりです。 国の財源も足りておらず施設の増加も厳しい状況となっています。 そのなかで地域での介護サービスを充実させようという流れになっています。 その為にはひとりひとりがこの高齢化社会を意識して、他人事ではなく自分の問題でもあるのだと自覚して、積極的に取り組む必要があります。 そうでなければ解決することはできないのではないでしょうか。 施設を効率よく探すには? 特養など人気の老人ホームはすぐに部屋が埋まってしまって空くまでまたなければいけません。 すぐに入れる老人ホームを探したいという場合にはから無料で相談可能です。 老人ホームのプロが空室について確認していますので空きがある施設をご紹介可能です。 急ぎで探している時には是非ご連絡下さい。 特養が空くまでの期間入りたいなどのご相談にも対応可能です。 人気記事.

次の

一人暮らしの高齢者住宅の種類と探し方

高齢者 部屋 探し

部屋探しの話• 最近は少子高齢化ということもあり、高齢者の方が新しく賃貸物件を探すケースも増えてきています。 その一方で賃貸物件をなかなか借りることが出来ない、とお悩みのご高齢の方も多いようです。 一体どうして高齢者の方が借りにくいのか?その事情を踏まえた上で高齢者の方が少しでも賃貸物件を借りられ安くなる方法と、賃貸物件を探す上で目安となるおすすめのお部屋探しポイントをご紹介します。 過去に紹介した記事も合わせてご覧ください。 「東京都23区の住みやすさは?治安、家賃相場、いいところを教えて!」 「町内会・自治会とは?メリットあるの?参加は強制?疑問にお答えします」 この疑問の目次• 賃貸アパート・マンションに住む高齢者は多い! 高齢者の数は今後増えてくる 2015年の国勢調査によると、都内の65歳以上の高齢者は約301万人と、総人口を占める高齢化率は22. 少子高齢化問題が浮き彫りになってきている今、日本では今後も高齢者の割合が高まっていく見込みで、2025年には約326万人、2030年には約339万人と増えていくと予想されています。 つまり、今後賃貸物件を必要とする高齢者もそれに応じて高まるということ。 そんな高齢者の中で、現在持ち家ではなく賃貸物件に住まわれている人数は一体どれくらいの割合なのでしょうか。 高齢者の中で賃貸マンション・アパートに住む人の数 2013年の住宅・土地統計調査による都内で65歳以上の人が住んでいる調査結果では、単身で住まわれている高齢者は76万世帯ほどで、そのうち34万世帯が借家。 夫婦で住まわれている高齢者は52万世帯ほどで、そのうち13万世帯が借家。 その他の77万世帯ではうち16万世帯ほどが借家に住んでいます。 205万世帯中63万世帯が賃貸など借家に住んでいることを踏まえると、持ち家が約7割、賃貸が約3割の割合であることが分かりますね。 大家さん目線で考える高齢者はなぜ賃貸物件を借りにくい? 205万世帯中63万世帯が賃貸物件に住んでいるとは言え、大家さん目線では高齢者の方に賃貸物件を貸しづらい部分があるのも事実です。 一体どういった理由があるのか見ていきましょう。 貸しているお部屋で体調を崩されるのが心配 高齢者の方の中には持病の発作や事故など、様々なことが原因でお部屋の中で亡くなられてしまうケースも多いのです。 東京都監察医務院が公表しているデータによると、65歳以上の人がご自宅で死亡した人数は平成27年で3,127人と一日に約8人のペースで高齢者がご自宅で亡くなられています。 他にも、昔とは違い最近ではご近所付き合いも少なくなっています。 例えばお部屋の中で体調を崩してしまい、そのまま助けを呼べずにお部屋の中で亡くなられてしまう孤独死のケースも目立ってきています。 独立行政法人都市再生機構が運営している賃貸住宅約74万戸においては、時間が経ってから発見された件数が平成27年度において179件あります。 (内閣府 参照) 年金で生活している高齢者が家賃をしっかり支払えるか心配 高齢者の定期的な収入代表と言えば公的年金の存在ですが、最近では年金額の減少など様々な問題が浮き彫りになりつつあります。 そんな中、大家さんも生活のために家賃を回収しなければなりません。 貯蓄が少なく、収入面が安定しない高齢者の方に対して、大家さんが不安を抱えてしまうのも事実です。 高齢者が少しでも賃貸物件を借りやすくなる方法 高齢者でも賃貸物件に住まうことは出来ます。 しかし一般的な若者に比べると借りづらい背景があるのも事実。 一体どうすれば高齢者でも賃貸物件を借りやすくすることが出来るのか、その方法をご紹介します。 一般財団法人が連帯保証人になってくれる「家賃債務保証」 「家賃債務保証」という高齢者向けの連帯保証人制度があるのをご存知でしょうか?家賃を滞納してしまった場合は最高12ヶ月分を代わりに支払ってくれるため、万が一の際も大家さんは安心してお部屋を貸す事が出来ます。 60歳以上の高齢者の他、子育て世帯や障害者世帯の方にも対応していますが、財団と約定を締結した賃貸物件でなければなりません。 そのため、家賃債務保証制度の対象となっている賃貸物件であれば、60歳以上の高齢者の方でも安定して借りることが出来るでしょう。 高齢者可(シニア可)の賃貸物件を探す 最近の需要の高まりから、高齢者向けの賃貸物件も存在します。 シニア向けの賃貸物件であればバリアフリー設備なども整っている上に、様々な相談に応じてくれる物件もあるため、安心してセカンドライフを過ごすことが可能です。 エイブルAGENTでは賃貸物件を探されている高齢者の方へ向けて、様々なご相談を承っております。 店舗まで足をお運び頂くか、スマートフォンアプリのLINEを通じてご相談頂くことで高齢者の方向けの賃貸物件探しをご助力させて頂きます。 ぜひともご利用ください。 子供の近くに住む 賃貸物件を貸している大家さんは、お部屋で事故にあってしまったり、一人で住まわれている方の万が一に気付くことが出来なかったりしたらどうしよう、という心配事を抱えています。 そんな中、貸し付けている賃貸物件の近くにお子様などが住まわれているのであれば、家族間の交流も含めて大家さんも安心して貸し付けることが出来るでしょう。 お子様が近くに住まわれていて、あくまで第二の住宅として利用したいというアピールポイントを持っていれば、賃貸物件を借りられる可能性が上がるのは間違いないでしょう。 高齢者が賃貸物件を選ぶときに抑えたいポイント 一体どういった基準で賃貸物件を選べば良いのかわからない、という高齢者の方も多いのではないでしょうか?賃貸物件を選ぶ時に、高齢者ならば抑えておきたいポイントをご紹介します。 高齢者の賃貸探しポイント1:子供や親戚の近くに住む! お子様や親戚の近くなど、万が一の時に手助けをしてくれる方が近くに居るのは押さえておきたいポイントです。 一人で住まわれている方も多いのですが、だからこそ近くに誰か頼りになる人が必要だと言えます。 常に誰かの力を借りられる状況であれば、落ち着いた生活を送ることが出来るでしょう。 高齢者の賃貸探しポイント2:かかりつけ医に通いやすい場所! 高齢者の方の中には持病を抱えられている方もいらっしゃるでしょう。 健康面などを踏まえ定期的に検診を行う必要がある方もいらっしゃるかもしれません。 だからこそ、なにか有事の際にかかりつけの医者へ通いやすい場所というのは必要不可欠です。 交通面で不便な場所を選んでしまうと、衰弱した体を動かすのが億劫になってしまう方も。 自身の体調をよく把握している医者であれば、心強い手助けをしてくれるという利点もあるため、かかりつけ医に通いやすい場所を選ぶ事は忘れずにしておきましょう。 高齢者の賃貸探しポイント3:バリアフリー対応物件! 高齢者の方がお部屋選びで問題として挙げるのが、ちょっとした段差などの障害物です。 このような問題点を解消するためにも、手すり付きの階段や、段差の無い部屋づくりのバリアフリー物件は外せないでしょう。 他にもお部屋が高い階層にあったり、賃貸物件にエレベーターが存在しなかったりと、生活面で不便を送ってしまう可能性もあります。 バリアフリー対応物件なら普通の物件よりも快適な生活を送ることが出来るため、お部屋探しをする時にはしっかりと周りの情報も欠かさず調べる事をオススメします。 高齢者の賃貸探しポイント4:趣味に合わせた場所に住む! 高齢者の方の中には、長い間子育てや仕事などに追われ、趣味はあったけれど没頭出来なかったという方もいらっしゃいます。 悠々自適なセカンドライフを過ごすため、趣味に合わせた賃貸物件選びもオススメです。 魚釣りのために釣りスポットが近い物件や、踊りや料理教室、映画鑑賞など便利な施設が近くにある物件探しなど様々。 ご自身の趣味に合った賃貸物件を探しましょう。 増加する高齢者に向けて大家さんも受け入れる人が増えている! 社会問題にもなっている高齢化は、これからどんどん加速していくと言われています。 だからこそ大家さんの中にも高齢者を受け入れようという動きが増えてきているのも事実です。 「高齢者だから賃貸物件を借りられないのでは…?」と不安を抱いている方も、我々エイブルAGENTへご相談ください。 理想のセカンドライフを送れる物件をご提案させていただきます。 店舗まで足を運ぶのが難しいという方は、スマートフォンのアプリケーション「LINE」を通じ、ご自宅からエイブルAGENTへ直接ご相談頂くことが可能です。 ぜひ一度ご利用ください。

次の