不動産 投資 大 saka エード ライフ。 一口10万円から出資可能な第2の不動産投資商品「エードMYバンク」のクラウドファンディング募集開始|株式会社エード・ライフのプレスリリース

不動産投資商品「エード・ファンドMyシェア」1号完売のお知らせ(2019年12月24日)|BIGLOBEニュース

不動産 投資 大 saka エード ライフ

株式会社エード・ライフ 本社:大阪府堺市西区、代表取締役:坂口 弥之、以下 当社 は、当社第1号商品として運用する、不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 による不動産投資商品『エード・ファンドMyシェア』1号において出資総額2億円 1口100万円、募集口数160口、優先出資募集総額1億6千万円 に達したことをお知らせいたします。 この第1号商品は、当初の計画期間より早期に募集が達する結果となり、新しい小口型の不動産投資商品のニーズを実感し、引続き安定した賃貸収益が確保できる事業用不動産にて、2号、3号と続く商品を組成し、人生100年時代の資産形成のサポートを実施してまいります。 atpress. a-dolife. 第1号商品の対象不動産は、当社が大阪府堺市堺区に立地する事業用の土地を取得しており、テナント先である大手コンビニエンスストアとの間で事業用定期借地契約を締結し、テナントより毎月定まった賃料を受領いたします。 その賃貸収益を出資額 1口100万円〜100万円単位 に応じて、想定利回り年5% 税引き前 を年4回 3ヶ月毎 分配する仕組みとなっています。 出資者との契約期間は、令和4年8月31日までとなっております。 以降も3年毎に契約可 今後も当社は、関西エリアの事業用不動産を中心に取得し、安定した賃貸収益が確保できる対象不動産を出資者 事業参加者 とともに、シェアリング型の不動産運用を目指してまいります。 atpress. atpress. a-dolife.

次の

資産形成第3弾『エード・ファンドMyシェア3号』出資募集のお知らせ

不動産 投資 大 saka エード ライフ

不動産は所有が前提となり、多額な資金も必要ですが、エード・ファンドMyシェアは皆様と当社が共にシェアするので1口100万円からの少額資金で運用が可能となります。 所有権が皆様に移転しない構成となりますので、予め監督官庁の基準を満たした許可を得る必要がありますが、当社もこの許可に基づいた契約内容、運用を実施しております。 1口100万円出資時の分配金合計の受取りのイメージ 1年を通した分配金の支払いイメージ 年4回3ヶ月毎 例1:運用開始日が4月1日の場合・・・ 第1回目の分配金支払日 4月1日〜6月30日分 は8月末日となります。 考えるとやはり不動産投は理想と現実の乖離があると痛感してましたが、知人からシェア型の不動産投資があると紹介いただいたのが、エード・ファンドMyシェアという不動産投資の商品でした。 担当者より直接、リスクはもちろん、元本保全の説明、物件評価額の根拠などの説明をいただき、概ね不動産投資のメリット・デメリットが理解できるようになり、まず1口100万円の出資をさせていただきました。 今は、3ヶ月1回の分配が楽しみにしております。 お客様の元本の安全性を優先的に守る仕組みです。 お客様に出資いただく枠で、賃貸利益の受取り・売却時の出資金返還において、 劣後出資者(株式会社エード・ライフ)より優先される出資をいいます。 まず不動産投資について当社はどのような物件を投資対象にすればよいのかを考えてまいりました。 対象とした主な理由は、当社は大阪・堺を中心に事業用不動産の運営から売買における実績 22年 を活かし、得意な分野と地域に特化することで 効率よく運営し、お客様へ還元できる体制を整えてまります。 また倉庫、店舗 主にコンビニエンスストア、車のディーラー店 のテナント側も一時的な利用ではなく、事業計画に基づいて、事業用定期借地契約等を締結するので、長期に渡り一定の安定した賃料収入が見込めることができる事も魅力の一つです。 当社とテナント側とは10年、15年の契約になりますが、「エード・ファンドMyシェア」は当社とお客様の間では、最長3年間の運用期間にて契約を締結させていただきます。 当社は売却により売却益を得ていただくという投機的な運営ではなく、賃貸収益を長期に分配できる方針で運営を行ってまいります。 但し、当社の不動産運用は、お客様が「エード・ファンドMyシェア」の対象不動産に出資していただく形態になりますので、賃料収入を得る権利、出資金を返還する権利等はございますが直接不動産を所有するものではなく、一つの規模の大きい対象不動産をお客様方でシェアリングしていただく資産運用となりますので、当社は全てのお客様が同じ条件で、適正に運営を行う必要があります。 そこで当社は、業務の適正な運営を確保し、お客様の利益の保護を図ため、この運営を行う事ができる、不動産特定共同事業の許可を平成31年4月12日に監督官庁である大阪府より許可を取得して事業を行って参ります。 不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 この許可は国土交通大臣所管の事業であり、許可を取得するには事業開始前、直近3年の決算内容が連続して利益が有ること、その決算報告が監査法人又は公認会計士から確認いただいている事、資本金が1億円以上であることなど、経営基盤が一定の基準を満たしていることなど、許可の取得には厳しい諸条件があります 目的と方針 昨今は人生100年時代といわれ、老後の2000万円問題などが報道されておりますが、エード・ファンドMyシェアはお客様の資産運用のサポートができる一つのツールであると自負しており、また当社も各対象不動産に自ら出資、参画し、各対象不動産から得る賃料収入を事業の安定収益をして構築して参り、お客様と共に成長を目指していく方針でございます。

次の

エード・ライフ、不動産特定共同事業の電子取引業務認可を取得 クラウドファンデ..(株式会社エード・ライフ プレスリリース)

不動産 投資 大 saka エード ライフ

株式会社エード・ライフ 本社:大阪府堺市西区、代表取締役:坂口 弥之、以下 当社 は、当社第1号商品として運用する、不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 による不動産投資商品『エード・ファンドMyシェア』1号において出資総額2億円 1口100万円、募集口数160口、優先出資募集総額1億6千万円 に達したことをお知らせいたします。 この第1号商品は、当初の計画期間より早期に募集が達する結果となり、新しい小口型の不動産投資商品のニーズを実感し、引続き安定した賃貸収益が確保できる事業用不動産にて、2号、3号と続く商品を組成し、人生100年時代の資産形成のサポートを実施してまいります。 atpress. a-dolife. 第1号商品の対象不動産は、当社が大阪府堺市堺区に立地する事業用の土地を取得しており、テナント先である大手コンビニエンスストアとの間で事業用定期借地契約を締結し、テナントより毎月定まった賃料を受領いたします。 その賃貸収益を出資額 1口100万円〜100万円単位 に応じて、想定利回り年5% 税引き前 を年4回 3ヶ月毎 分配する仕組みとなっています。 出資者との契約期間は、令和4年8月31日までとなっております。 以降も3年毎に契約可 今後も当社は、関西エリアの事業用不動産を中心に取得し、安定した賃貸収益が確保できる対象不動産を出資者 事業参加者 とともに、シェアリング型の不動産運用を目指してまいります。 atpress. atpress. a-dolife.

次の