徳 勝龍 優勝 インタビュー。 徳勝龍 白状した 優勝は「意識することなく…ウソです。メッチャ意識してました」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

徳勝龍 優勝がヤバい!動画は?涙のインタビュー動画は?幕尻優勝

徳 勝龍 優勝 インタビュー

徳勝龍 優勝 徳勝龍 優勝のニュースは、次のように報道されています。 4場所ぶりに幕内へ復帰した西前頭17枚目の徳勝龍(33)=木瀬=が初優勝を飾った。 前日の14日目に1敗同士の対戦で西前頭4枚目の正代(28)=時津風=を突き落として単独トップ。 その正代がこの日、西前頭2枚目の御嶽海(27)=出羽海=を押し出し、2敗を死守した。 徳勝龍は千秋楽の結びの一番となる貴景勝戦で勝てば優勝、負ければ正代との決定戦。 そんな重圧のかかる一番で、貴景勝を撃破し、幕尻力士では20年ぶり、奈良県出身力士では98年ぶり、木瀬部屋の力士では初の優勝となった。 出典headlines. yahoo. jp 徳勝龍 優勝の取り組み 動画は? それではさっそく、徳勝龍が優勝したシーンを動画で見てみましょう。 泣かせるねぇ。 — バカボソ27号機 miao20years 幕尻優勝は2000年春場所、東前頭14枚目の貴闘力が13勝2敗で賜杯を手にした例があるだけ。 ただ、この場所の番付では西前頭14枚目に若の里がいたため、貴闘力は幕内最下位の番付ではなかった。 まさに徳勝龍による「史上最大の下剋上」が完結した。 徳勝龍は初土俵から12年で33歳5カ月。 年6場所制となった1958年以降では旭天鵬の37歳8カ月、玉鷲の34歳2カ月に次ぐ史上3位の高齢初優勝にもなった。 出典headlines. yahoo. 強かったです。 優勝が決まった瞬間こちらも目頭が熱くなってしまいました。 徳勝龍 初優勝おめでとうございます。 先日亡くなった伊藤先生にいい報告ができてよかった。 天国で喜んでいますよ。 素晴らしい相撲でした。 おめでとうございます。 変化なんかするわけがない! おめでとう、 徳勝龍!!.

次の

大相撲初場所の徳勝・千秋楽・優勝インタビューが話題

徳 勝龍 優勝 インタビュー

土俵下での優勝インタビューは笑いと涙に包まれた。 開口一番、「自分なんかが優勝していいんでしょうか」。 優勝争いについては「意識することなく」と言いかけた後、「うそです。 めっちゃ意識してました」と言い直し、満員札止めの国技館の観客を沸かせた。 そんな徳勝龍関には、優勝を報告したい恩師がいた。 場所中、母校近畿大相撲部の伊東勝人監督が55歳の若さで急逝。 インタビューで監督に話が及ぶと言葉に詰まった。 「監督が見ていてくれたんじゃなくて、一緒に土俵にいて戦ってくれた」と涙をぬぐった。 しこ名に「勝」の字をもらった伊東監督は特別な存在だ。 高知・明徳義塾高で実力者との差を痛感し、実業団に進もうと考えていた時にスカウトされた。 「監督が大学に誘ってくれなかったら今の自分はいない。 プロにもなっていなかった」 今場所は監督からもらった言葉を胸に刻み、土俵に上がった。 「はたいてもいい。 前に出てからなら(技は)かかる」。 伊東監督は引き技で墓穴を掘る自分の悪癖を認めた上で、助言してくれた。 終盤戦は土俵際の突き落としで連勝。 「監督に字をもらっている。 恥ずかしい相撲は取れない」と徳勝龍関。 恐れず先に相手に圧力をかけていたからこその逆転劇だった。 初土俵から11年。 苦しい時期も長かった。 今場所も「弱気になるたび監督の顔が思い浮かんでいた」と奮い立った。 亡き恩師に背中を押されて進んだ先に栄光の賜杯が待っていた。 父も涙「ほんまに夢」 徳勝龍関の地元・奈良市では、市役所1階ロビーに大型テレビを2台置き、父の青木順次さん(73)ら約200人が取組を見守った。 初優勝が決まった瞬間、「おめでとう」の歓声と万歳三唱がわき起こり、奈良県出身では98年ぶりとなる幕内優勝を祝った。 最前列に陣取っていた順次さんは周囲から握手攻めにあい、「夢ですね。 ほんまに夢」と涙をぬぐった。 順次さんは柔道五段の元警察官で、息子の幼少時から柔道を指導。 小学4年の頃から本格的に相撲を始めたが、弱音を聞いたことは一度もなかったという。 初優勝を決めた結びの一番は「何かが乗り移ったような、神がかった取組だった。 平幕のどん尻から……。 到底考えられない。 ようやった」と喜んだ。 一方、母のえみ子さん(57)は両国国技館で観戦した。 幕内最下位の「幕尻」で臨んだ今場所は、十両転落を心配し、「けがをしないように、絶対勝ち越して(春場所のある)大阪に帰ってきてほしい」と連絡していたという。 「一つの勝ち越しだけで十分だったんですけど、ここまで来たら優勝しかないと思っていた。 現実になりました」と感激していた。

次の

徳翔龍祝優勝!出身地は?結婚してる?: 日本人力士 横綱への道

徳 勝龍 優勝 インタビュー

大相撲初場所で史上2度目の幕尻優勝を飾った西前頭17枚目の徳勝龍(33=木瀬)が27日、東京都内の部屋で一夜明け会見に臨んだ。 「足伸ばして大丈夫ですかね」と自然体でスタートした。 -昨夜は今までにない夜 徳勝龍(以下徳) いやもう夢のようで。 今も自分じゃないようでふわふわしてます。 -何時に寝たのか 徳 いつもスッと眠れるが、あまり眠れなかったです。 -実感は 徳 全然ないです。 優勝したんかなって感じです。 -千秋楽の心境 徳 千秋楽まで三役力士とやってなかった。 正代関に申し訳ないなと。 思うところは少しあります。 -最後は大関 徳 番付最下位の力士が大関と当たることはないんで名誉なことだと。 番付下なんで思い切りいくしかないなと。 対戦は頭に入っていました。 -正代の相撲は見たか 徳 意識してなかったがすごくいい相撲だったんで。 ヨシッと気合入りました。 勝っても負けても自分の相撲だけ。 自分のことだけ考えてやりました。 -結びは2度目 徳 その時とは心境が違う。 千秋楽でもあったし、三役そろい踏み。 やることがたくさんあって、そっちの方に気持ちとられた。 -そわそわしていた 徳 お客さんが笑ってたんで自分が間違ってたかなと。 -千秋楽は 徳 一番最後に取るなんて思ってなかった。 びっくりですよね。 -いい集中 徳 気持ちの強い大関と思うんで、自分もその気持ちに負けないよういきました。 -決定戦あるとか 徳 この一番だけに集中の感じでしたね。 あとはどうにかなる。 決定戦のことは全く考えてなかった。 -完璧な内容 徳 そうですか。 大関の突き落としはすごかった。 -涙は 徳 張り詰めていたものが一気に出ましたね。 泣きすぎですね。 -思いがあふれた 徳 いろんな思いがありました。 うれしいもあったし、15日間、自分では苦しくない思っていたけど、苦しかったんだなと。 -重圧が 徳 相撲のことだけに集中して、いらんこと考えずにその日の一番だけに集中していた。 毎日言っていたけど、番付が一番下で自分より下はいない。 逆に相手の方が番付下に負けたくないと思っていたはず。 -思いは 徳 これ勝ったら優勝とかは全くなかった。 それは意識しないで、大関戦だけ。 ここだけ思い切りいけばと。 後のことは全然考えてなかった。 -14勝 徳 場所中も何番勝ったりとか覚えてないくらい1日、1日やっていた。 今日何日目でした? 記者さんに聞くぐらい。 -十両との往復 徳 この前に幕内に上がった時、十両が長かったんで、幕内に上がれてホッとした。 満足した部分あって4勝11敗で大負けした。 満足したらダメ。 常に向上心持って、上を目指す気持ちが大事だな思って、そこから。 -意識の違い 徳 意識ですね。 幕内に帰りたかったが、そこで満足したらダメだと。 常に上を目指して心を入れ替えたというか。 優勝できる力士ではないと思っていたんで。 三賞も自分には縁のない力士かなと思っていたんで、うれしいです。 -何が信じられない 徳 自分は本当に弱いんで。 周りの人はもっとやっていると思うんで、自分ももっとやらないといけないと思った。 自分が稽古していても、周りはもっとやっている。 稽古でも満足せずにもっと、もっと。 木瀬部屋は幕下が強いんで。 胸出す意識なく、胸出すと持っていかれるんで。 幕下だけど、いい稽古させてもらってます。 -伊東監督が亡くなった 徳 インタビューでも言ったんですけど、監督は土俵の中で一緒に見てくれたじゃなく、土俵の中で一緒に戦ってくれた。 それしかないです。 終盤も土俵際、逆転とかあったけど、監督が背中が押してくれたような不思議な感覚でした。 -しこ名に入れるほど 徳 東京にいて相撲見てくれたと聞いて、本当に今でも信じられない。 ずっといい報告がしたい、それだけでしたね。 -気持ちを土俵に 徳 相撲で恩返しというか、相撲しかないんで。 監督は相撲が大好きだったんで。 -監督は関取にとって 徳 監督が近大に誘ってくれなかったら、今の自分は絶対にない。 大相撲にもいなかったかもしれない。 高校時代は大相撲なんて考えられなかった。 大学に入って監督が勝てるようにしてくれた。 -心に残る教え 徳 監督は「はたいていいよ」言ってくれた。 そのかわり、前に出て圧力かけてからと。 最初からはたこうといったら何も効かない。 それが一番頭に残っています。 -土俵際の突き落としも 徳 前に出て押し出せば一番いいが、それも自分の相撲なんで。 逆転、逆転と言われるが、それも自分の相撲と思っている。 -いい報告が 徳 そうですね。 いい報告ができます。 -春場所は地元の関西 徳 これからが大事、あらためて思いました。 いい成績残さないと笑われてしまいますんで、ここからが大事。 準ご当地なんで。 声援がモチベーションになった。 また、あの声援を受けたいですね。 -来場所の目標 徳 とりあえず今はもう、ゆっくり休みたい。 来場所のことはもうちょっとしてから。 -メールは 徳 すごかったですね。 500件ぐらい。 -夫人とは 徳 朝に。 「よかったね」ぐらい。 嫁は常に同じというか、自分は緊張しててもひょうひょうとしている。 どんなメンタルしてるんだと思いました。 -支えは 徳 勝っても負けてもいつも通りしてくれる。 家ではリラックスさせてくれる。 インタビュー練習は 徳 風呂場でしてました。 関西魂で。 笑わそうとするんで、笑ってくれましたかね? -笑いは 徳 常に家でも笑いが。 ボケたりしたら、母親が「つっこまんかい」と。 楽しい家族です。 -応援に来てくれた 徳 家でドシッとしてくれと言ってたんで、まさか来てくれるとは。 うれしかったです。 -千秋楽の一番は 徳 しっかり当たってというのは一番頭にあった。 しっかり当たれたかなと。 離れてやばいかな思ったけど、右上手とってよしと思って出ていったら強烈な突き落とし。 やばいと思ったけど、何とかいけました。 -北の湖親方に 徳 いや左四つだけ。 自分も緊張してたんですけど、どうすればはなかった。 「お前は左四つ」だけでした。 -「ロクイチ組」 徳 同年代みんな強くて三役経験してるんで、置いていかれている思いあったが、自分は自分と思ってしっかり切り替えて、やれることだけやろうと。 周りは関係ない。 人は人と思ってやってきた。 荒磯親方にほめてもらえるのが一番うれしい。 同級生だけど兄弟子なんでうれしいです。 -人に言わない我慢強さ 徳 ここが痛いとか言いたくないというか、言っても治らないんで、言ってもしょうがない。 -強みは 徳 強み…なんですかね。 自分は全然弱いんで、一生懸命ですかね。 1番に集中して、いい相撲とろうと。 それだけです。 -愛称は 徳 いろいろ言われるんですけどね。 マコ関とか、マコちゃんとか、徳ちゃん。 -まだ33歳 徳 なんすかね。 部屋に若い子多いんで、話が合ったり、精神年齢が幼いのか。 自分の中では33歳という感じではないんですよね。 治療、トレーニングのやり方は進化してきている。 相撲の寿命長くなるんじゃないかと思います。 -父には 徳 生んで育ててもらって、それが当たり前とは思っていない。 感謝の気持ちを忘れずにやりたい。 -今何がしたいか 徳 温泉とか行きたいですね。 ゆっくりしたいです。

次の