アイアム ア ヒーロー ラスト。 映画『アイアムアヒーロー』観て面白くて感想レビュー読んだらハラワタ煮えくり返った

アイアムアヒーロー

アイアム ア ヒーロー ラスト

あらすじ(設定) 簡単に言ってしまえば、謎のの流行により、人々が凶暴化して人を襲うようになってしまった世界。。。 いわゆる ザ・ゾンビパニック! 以下、映画版より 鈴木英雄()35歳。 職業:漫画家アシスタント。 彼女とは寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。 徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。 一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。 謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。 標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。 その道中で出会った女子高生・比呂美()と元看護師・藪()と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。 果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。 そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!? 出所: そして、映画版はとにかくグロい! のっけから、てっこ()のゾンビ化はかなり怖かった。 映画はオリジナル設定? 漫画版と映画版では、途中からストーリーがズレていきます。 これは、映画という短い時間の中に収めるためには必要なことでしょう。 それは、わかっちゃいるけど、ただのゾンビ殺し映画に成り下がってるやん? 漫画版の良さは、ゾンビ化(ZQN化)しかけてるヒロミ(映画版では、)をうまく使ってピンチを切り抜けるとか、移動しながら生存していくサバイバルな要素が面白いポイントだと思ってます。 映画版では、それが全く削ぎ落とされてる!だから、ちゃんの出番が少なすぎ!! 最後の英雄無双(猟銃でゾキュンを倒しまくる)のときに、ヒロミちゃんが覚醒して、ゾキュンをぶっ倒しまくるんか!? と思ったら。 「英雄くんといると、なんか大丈夫な気がする」 と言ったっきりの眠り姫!ズコーンってなりました。 の持ち腐れです。 一方、は、短い斧でゾキュンをぶっ倒しまくってるのに! その戦い方はさすがに無茶でしょ。 たぶん、あの武器だけで生き残るサバイバルな能力は軍人を超えていそう。

次の

アイアムアヒーロー 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

アイアム ア ヒーロー ラスト

最終巻以外は面白かった 全22巻中、21巻までは楽しく読めました。 突如起こったバイオハザード…ZQNと呼ばれるゾンビになる原因は一体何のか? ZQN化しても超パワーを保ったまま人間モードになっているクルスとは? 何かZQNが合体したりして巨大怪獣になってるけど…一体世界はどうなっちゃうの!? …って言う数々の謎がどう紐解かれていくのか、そしてどう言う結末になるのか、そう言った 先の展開が気になる気持ちを生むのがこの漫画の面白いところだったんです。 では途中でその先の展開とやらを全部ぶん投げたらどうなるか? 「このマンガ面白くなかったな」って印象で終わっちゃう訳で… 今回がまさにソレのパターンでした。 紐解くどころか謎を増やした 結局作中で明らかになったのは「心に深い傷を持った人間はZQNではなくクルス化する」「ZQNウイルスは宇宙人のような存在が地球をテラフォーミングするためにバラまいたのではないか」「ヒロミは女王的な存在」くらいです。 どれもこれも「たぶん」と言う推測の域を出ないまま完結してしまいました。 「何で?」「何のために?」とか野暮なことを聴いちゃいけないよ? アタシも知らないんだよ。 これで最後だと言うのに謎を解くどころか、巨大ZQNに飲み込まれたオバちゃんが若返るという新たな謎もぶち込む始末。 なぜZQNに飲み込まれたら若返るのかですか? A. 知らにゃい。 「その若返りの能力調べさせてよ」とか言ってる苫米地も仲良さそうにノウノウと暮らしてるのは違和感しか無いのですが… そして「ばあちゃん、俺生きるよ」でシメるキッズ。 島の子どもたちに漫画を描くコロリ先生。 怒涛のテキストラッシュ。 何なんマジで。 主人公がサバイバルして終わり ZQNも人間もいなくなった東京で一人サバイバル生活をする英雄くんのシーンが描かれてこの漫画は完結となります。 敵がいないもんだから畑を耕したり野生の鹿を獲ったり、アレ、僕はいつの間に 銀の匙を読んでたんだろう…? その他「鉛を溶かして弾丸を作ろう」と言うタモリ倶楽部みたいな展開も挟まれます。 弾丸作ってないのでストーリー作ってください先生ェ!! とは言え、これまでもあった銃のメンテナンスをしたりする細かい手作業シーンは丁寧に描かれていて好きでした。 ZQNとの攻防の合間に書かれる静かなお話(食料調達とか)こそこの作品の真骨頂だったのかもしれない。 サバイバル生活も崩壊した日常が戻ってきた… いわば生きて帰りしを表現したものなのか?と思えば… 面白く… 思え… 無い!!!!!!!!! お、俺達が、ヒーローだ 完全に打ち切りエンドみたいになっちゃったアイアムアヒーローですが、1巻の入りやその後の展開は本当に面白かったです。 ゾンビものなんだけど、序盤は主人公の漫画家(作中ではアシスタントの仕事をしてる)としての日常を描きつつ、じわじわ訪れる崩壊の予兆みたいなものもしっかり描いてたし。 ZQNに噛まれても「え?マジ?」「いた痛い痛い!」みたいに割と冷静な人々の様子とか、たぶん日本でバイオハザード起きたらこんな感じなんだろうなと思わせる描写も面白かった。 ホラーやバトルはもちろんですが、飯を食うとか会話するとかそう言う何気ない日常の様子を表現するのが上手い漫画家さんだなと改めて思いましたわ。 ジャンルは違えど、キャラの心理描写などたびたびルサンチマンと似たような印象を受けました。 コチラは新装版2巻でさくっと読めるし間違いなくオモシロイと思うので、ついでにオススメしておきます。

次の

映画「アイアムアヒーロー 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

アイアム ア ヒーロー ラスト

ジャンルがホラー漫画になるこちらはビックコミックスピリッツにて連載中。 2016年に映画化が決定しかなり話題ですね。 主人公は漫画家の鈴木英雄。 なんとも言えぬ雰囲気そしてヘタレ的な匂いがするのです。 英雄は妄想癖がありこの妄想が作り出した人物の一人が矢島。 これがまたキャラが立っています。 しかしホラー漫画ということをお忘れなく!映画ではこの鈴木英雄を大泉洋が演じています。 著者・花沢健吾作品の中でボーイズ・オン・ザ・ランがありますが、これまた映画化された作品だがやはりヘタレ的な匂いの男の話で面白かったですね。 花沢健吾が描く男は、ヘタレだがなんだか憎めない奴な気がします。 映画化もするこの作品の原作は読んで損はなさそうですね。

次の