カラメル 簡単。 【手作りプリン】初心者でも簡単♪固まらないカラメルソースの作り方

プリンのカラメルレシピ!固まらない柔らかカラメルの作り方│賢者日和

カラメル 簡単

えーこれ、単にカラメルの仕上げにお湯を足せばいいです。 実家で姉妹がやたらとプリンを作っていたし、私自身もときどき作るしで、ちょっと自信アリです。 これが上手くいったら、蒸し終わってまもないまだ温かいプリンでもさらっとお皿に流れでますよ。 カラメルに水分が移動するのは加熱中ですから。 ただの茶色い砂糖水からべっこう飴まで、水の量で作りわけます。 プリンを加熱中にカスタード液の水分がカラメルに移ることで薄まってちょうど良い濃度になります。 ですが、カラメルがカチコチなほどで量があると粘度が高すぎるために水分が移ってソース状になる前にプリンが固まってしまい、カラメルがカチコチのままなんです。 なので蒸し終わったときにちょうど良い粘度になるようにカラメルの段階で水分を調整しておきます。 砂糖を加熱してキャラメリゼが始まりちょうどよい褐色になる、ほんのわずか手前でお湯をざっと入れます。 これには二つのわけがあります。 一つは、上記のようにちょうどよい粘度にするため。 カラメル反応が起きる温度は150度以上、すでに水分は全部蒸発しています。 (だからこのまま冷ますとカチコチの飴になります。 ) この段階をそのまま使うと固すぎる。 なので水分を足して粘度を下げます。 もう一つは、カラメル反応を止めるため。 キャラメライズは非常に速いスピードで進みますから、それをちょうどよいほろ苦さで止めるために温度を下げるのです。 お湯を入れるとジュッ!と飛び散るので、鍋のフタを盾にしてください。 水でも大丈夫です。 飛び散りが激しい、再度煮詰めるのに時間とガス代がかかる、というだけですから。 お湯を入れる量ですが、多かったとしてもまた火にかけて飛ばせばいいので多少多くても気にしなくて大丈夫です。 そこから最適濃度まで煮詰めます。 濃度を見極めるコツはこんな感じです。 「[プリン] 料理レシピ|みんなのきょうの料理」 手順4 >【カラメルソース】を水に1滴落とすと、底で輪ができてうっすら残るくらいの濃度がベスト。 >カラメルをプリン型に等分に入れ、氷水をはったバットに並べる(冷蔵庫で冷やしてもよい)。 >ポイント >【カラメルソース】が水にすぐ溶けるとゆるすぎ、あめ状に固まると堅すぎ。 堅すぎた場合は湯を少し加えて溶きのばします。 >【カラメルソース】を冷やすのは、生地と混ざるのを防ぐため。 カラメルが熱いうちにプリン型に分けます。 カスタード液を作っている間に冷めますが、このとき 「カラメルが冷めたらカスタード液と混ざらない固さ」なのが理想です。 さらさらの状態だと型にカスタード液を流し混んだ時にもう混ざって薄いキャラメルプリン味になってしまいます。 経験者です…。 プリンって、材料は少ないし簡単に見えますが、その分温度管理が非常にシビアなんですよね。 カラメル反応だの卵の固まる温度だの。 ちなみに加熱するのに土鍋を使うと上手くいくって「ためしてガッテン」でやっていました。 なかなか上手く固まります。 最後に、カラメルソースを作った鍋には牛乳を入れて沸かすと美味しいし洗いやすくなって一石二鳥です。 夏は水を入れて加熱し、生姜シロップを足して冷やし飴にしてもいいと思います。 次は上手に作れますように。 プリンは、蒸して冷やして、冷えたらすぐ食べるものではないです。 2さんも書かれているように、一晩冷蔵庫で置いてから食べるものなのです。 一晩おくと、カラメルは完全に溶けた状態になります。 そういえば、そんなことたいていのレシピ本には書かれていないかもしれないですね。 私も、プリン型5つ分ぐらいのカラメルに対し、焦げ目がついてから水大さじ1を足してゆるめてから、型に流してます。 100mlだとは多すぎます。 何個分でしょうね このほうがあとで溶けやすいです。 固まった鍋のほうは、それにプリン液に使う牛乳を入れて、弱火にかけて煮溶かしてます。 そのままそこへレシピどおりに砂糖を混ぜ、別のボウルにといておいた卵と混ぜてプリン液にします。 砂糖の使用量合計はレシピどおりなので、これで甘すぎたりするようなことにはなりません。 多分、水分が蒸発して飴になってるんではないかな? その割合で3分煮てたら結構煮詰まっていそうです。 水50CC、砂糖200g 弱火で煮詰めて 丁度いい色になった所で お湯100CCを加える。 もたついていると、焦げてしまう 当然、激しくジュワーッ!となるので火傷に注意 シンクの中でやったほうが間違いないかな? 予め、シンクの中を空にしておいて、お湯もカップに準備しといたほうがいい ここぞのタイミングの一歩手前で、鍋をシンクの中へ移動し、一気にカップのお湯を加える その後木ベラかシリコンべらでむらなく混ぜる 粘りが出る前にカップへ 鍋が大きかったり、作る量が多かったりすると砂糖が結晶化してうまく行かない事もあるので注意 A ベストアンサー #2です。 引用したサイトのレシピは、最初の水がかなり多いですね。 これだといったん水分が全部蒸発するまで(つまり色づき始めるまで)にかなり時間がかかると思いますので、質問者様が使われた小さじ1で十分だと思います。 ほろ苦さの件ですが、どのお店を参考にされているかわからないのですが、カラメルソースは砂糖そのものなのですご~く甘いのは当たり前で避けられません。 甘さより苦さを強く感じるバランスまで焦がしているかの違いかと思います。 (そのお店がカラメルソースにいろいろ加えている可能性もありますが、一般的にはおいしいお店ほどあまり手を加えないカラメルソースを使っている気がします。 ) 苦さを強く感じるバランスにするということは、単純に焦げ色を強くつけるということです。 刻一刻と色が変わるので、決して油断はできませんが、私の好みとしては結構焦げた。 ってところまで行ったほうが、おいしくできる気がします。 (濃い目のウーロン茶色くらいかなあ) そうそう、焦がすとき鍋をよくゆすったほうがいいと思います。 部分的に濃い焦げ色がついても、全体が混ざるとまだまだというレベルのことがよくあります。 #2です。 引用したサイトのレシピは、最初の水がかなり多いですね。 これだといったん水分が全部蒸発するまで(つまり色づき始めるまで)にかなり時間がかかると思いますので、質問者様が使われた小さじ1で十分だと思います。 ほろ苦さの件ですが、どのお店を参考にされているかわからないのですが、カラメルソースは砂糖そのものなのですご~く甘いのは当たり前で避けられません。 甘さより苦さを強く感じるバランスまで焦がしているかの違いかと思います。 (そのお店がカラメルソースにいろいろ加えて... Q 昨日初めてプリンを作ったのですが、今日冷蔵庫から取り出して食べてみると 底のカラメルが飴のように固まっていました。 何が原因かわかりません。 -分量や手順- ・鍋に水(大さじ2)とグラニュー糖(40g)を入れて火にかける ・沸騰したら鍋を揺すって水とグラニュー糖を混ぜる ・水とグラニュー糖が混ざったら色が変わってくるまで放置 ・茶色がかってきたら再び鍋を揺すって色を均一に整える ・良い色になったら火を止めて水(小さじ2)を入れる ・型にカラメルを流し込んで冷蔵庫へ ・カラメルが固まったらプリン生地を流し入れて蒸す ・蒸し終わったら即冷蔵庫へ と言った感じです・・・。 カラメルの量は厚さ5mmぐらいです。 入れすぎでしょうか? 何がいけなかったのか、ご指摘お願いします。。 Q プリンを作る前から疑問だったんですが、 カラメルの上からプリン液を流し入れてなぜ混ざらないのか?? って。 で、実際初めてネットでのレシピ通りにプリンを作って みたんですが、やはりカラメルを先に型に入れたあとプリン液を その上から流し入れると書いてあったので疑問なまま流し入れたら 予想的中!カラメルとプリン液が混ざって茶色いプリン&味も 一口目からカラメル味のプリンに・・・>< どのレシピを見ても、先にカラメルを型に入れてからその上からプリン液ですよね!?みなさん、混ざらずに作れてるんですか??? カラメルは一番初めに作って型に入れて冷蔵庫に入れて冷やしておきましたがほとんど水状のカラメルなので固まるわけでもなく・・・ といって、冷やして固まるようなカラメルにしたら、プリン液とは 混ざらないんでしょうか???でも、食べる時カラメルは固いまま じゃないんですか??? プリン作り、初めから行き詰ってます!教えて下さい! Q 料理の不得意な私でも、唯一レシピを見なくても作ることができて、周囲にも好評なデザートがプリンです。 私の場合、金属製のプリン型にタネを入れて、蒸し器でじっくり蒸らします。 すだちもなく綺麗に仕上がるのですが、ひとつ困っていることがあります。 それは出来上がったプリンを型からはずすことができないので、無粋な金属の器からスプーンですくって食べなければならないということです。 解決手段として、お客様にお出ししたりするときは、白いココットで作るようにしているのですが、やはり出来上がったプリンを型から綺麗にはずして、アノ富士山型に伏せて皿に盛ることができれば、デコレーションの幅ももっと広がるのになあと思います。 金属のプリン型から、形を崩すことなくプリンを外すにはどうしたらいいですか? アドバイスお願いします。 私の方法を紹介します。 プリンを型から抜く前に、プリンの表面の、生地と型の境目に近い部分を人差し指の先で軽く押さえて、生地が型にくっついているのをそっとはがします。 これを型に沿ってぐるっと一周やります。 これで型と生地の間に隙間ができて、型から抜けやすくなります。 あとは、お皿を型の上に乗せてひっくり返します。 それでも上手く抜けないときは、その状態のまま型とお皿をしっかり持って軽く振ります。 これで大体綺麗に抜けてますよ。 カラメルソースが上手く出来ずに悩んでいます。 砂糖100g、水25ccで弱火にかけ、かき混ぜずに焦げ付くのを待っているのですが、砂糖が鍋に貼りついて固まってしまう部分があります。 この後、湯30ccを入れます)ですから茶色いカラメルソースに白い砂糖の固まりがプカプカ浮いているような状態で出来上がります。 漉してしまえばいいのかもしれませんが、もし全体的に滑らかなカラメルソースの作り方のコツのようなものがあれば是非教えてください。 ちょっと思い付いたのですが、最初に入れる水25ccを湯にして、ある程度砂糖とかき混ぜてから火にかけるというのはどうでしょう???違うかなぁ・・・。 皆様、宜しくお願いします。 けど、実際作ってると周りから解け始めるので、 混ぜないとどんどん周りだけ焦げてしまうのですが、 なぜ混ぜてはいけないのでしょうか? (他のレシピは混ぜると書いてありますが・・・) 教えてくれた友人に聞いても分からないと言うので(^^;) あと、砂糖っていうのはグラニュー糖とあるのですが、 グラニュー糖でやるとうまくカラメルになりません。 (きれいに溶けない) 白砂糖とどうちがうのですか? グラニュー糖の方が美味しいのでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー グラニュー糖と上白糖は、本職の方たちは、グラニュー糖の方が純度が高いので好んで使うことがありますが、家庭ではどちらでも良いと思います。 A ベストアンサー 砂糖水の温度が重要です。 kagaku21. shtml 色づき始めてからは時間勝負です。 注意点としては火を止めてからも反応が進むのでちょっと早いかなぐらいな感じで手早く進めること。 かき混ぜは鍋を軽く回したり、ゆすったりする程度で大丈夫だと思います。 見た目と温度の関係については下記の3. に書かれているので参考になると思います。 fc2web. html Q 似たような質問もあったのですが、 これ!というものではなかったので質問させていただきます。 お土産にいただいたケーキ屋さんのプラスチックのプリン容器を取っておきました。 (貧乏くさくてすみません^^:) いつもはゼリーや杏仁豆腐と作る時に使っているのですが、 今回はその容器でプリンを作ろうと思うのですが、 プリンの作り方は蒸す・レンジでチン・オーブンでなど作り方はいろいろありますよね。 でもそのいずれも熱を加えるのでプラスチック容器を使っていいのかなと疑問に思いました。 焼きプリンを作るわけではないですが、 元はプリンの容器だったものなので熱を加えても問題ないのでしょうか? いつもはコーヒーカップなどで作るのですが、今回は人にあげたいので、できれば取っておいた容器で作りたいです。

次の

基本のカラメルソースの作り方|飛び跳ねない・固まらないコツをご紹介します

カラメル 簡単

カラメルを失敗せずに作る方法・コツについて紹介します。 プリン作りに欠かせないカラメル。 焦がしすぎたり風味の少ないカラメルになってしまったり…砂糖を火にかけていくだけですが意外と難しいカラメル作りのポイントを紹介していきます。 動画などでは伝えきれなかった詳細なポイントについても紹介しています。 ブログから様々なお菓子を一覧で検索できます。 If you think homemade cooking should be fun, easy, and delicious, this is the perfect channel for you! Enjoy watching us cook along with soothing ASMR : コリスとリリのおうちお菓子作りのチャンネルへようこそ!このチャンネルではお菓子作りの作り方、作り方のコツを分かりやすく説明しています。 おうちで楽しくお菓子作りをするのに 役立てて頂けると嬉しいです。 カラメルの作り方・レシピの紹介です。 カラメルは砂糖を煮詰めて作ります。 本ブログのレシピでは水を加え流動性を良くしているので比較的扱いやすいカラメルです。 カラメルは炊き具合で風味や甘み、苦みが変わります。 ブログでより詳しく作り方を紹介しています コリスのお菓子作りブログ 各種カラメルレシピ プディングケーキ用カラメル あとがけカラメルソース カラメルタブレット Youtube動画(Coris Cooking Channel で作り方を紹介しています。 インスタグラムもやってます! ツイッターもやってます! Follow me on: Blog YouTube Instagram: Twitter: 【関連動画】 今日のおやつは幸せのふわふわシフォンケーキ! はるあん チョコレート・レアチーズケーキの作り方 No-Bake Chocolate Cheesecake|HidaMari Cooking HidaMari Cooking 生ガトーショコラの作り方 EMOJOIE CUISINE Lingots au chocolat ランゴ・オ・ショコラ(茶番有りver. ) Chocolate Cacao.

次の

【簡単プリン】レンジで10分!子どもに人気のなめらかプリンを手作り

カラメル 簡単

スポンサーリンク こちらの記事もよく読んでいただいています カラメル色素とは 炭水化物を加熱すると発生する複数種の化合物からなる混合物です。 コーラなどで使われています。 メカニズムは完全には解明されていません。 重合したフランや4分子脱水したグルコースが含まれると考えられています。 副生成物として、 4-メチルイミダゾールや 2-アセチル-4-テトラヒドロキシブチルイミダゾールが含まれることがある。 馴染みのない単語ですが、この「4-メチルイミダゾール」が問題です。 着色料の中では最も使用量が多いです。 製造時の亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物での処理の有無により、カラメルIからカラメルIVの4種類に区分される。 カラメル色素の製造方法 砂糖やグルコースなどの糖類、デンプン加水分解物を原料としています。 それらを、キャラメル化により製造します。 スポンサーリンク カラメル色素の分類 カラメル色素は以下のように分類されます。 家庭でも作れるほどです。 安全でもあるのですが、企業ではこの製法を取られません。 コストが高くつくからです。 しかし、使用は禁止されていません。 ちなみに、この製法はコカ・コーラが特許を持っていると言われています。 リンパ球の減少• 免疫機能 白血球動き の抑制• DNAの損傷• 染色体に異常を誘発• 発がん性 心配なのは、やっぱり「発がん性」です。 消費者である我々には、その安全性を判断することはできません。 手がかりすらないのです。 カラメル色素を使った食品 あらゆる加工食品でカラメル色素は使われています。 具体的には、コーラ、プリン、ラーメン、カレールー、デミグラスソースなどなど・・・ 分からない以上、危険としか言いようがありません。

次の