サッカー アンダー 17。 【ブックメーカー】サッカー・アンダーゴール投資で死にかけた話

インナーはユニフォームと同色を

サッカー アンダー 17

大きく言うと2点すごいです。 まずはポゼッションです。 ポゼッションとはチームでボールを保持することで試合後にパーセントで出ます。 それが基本的に70%ぐらい行くチームなんです。 サッカーの名門バルセロナは、ポゼッションがすごいチームなんですが、そのバルサでも平均70%いきません。 そのため、歴代でもっともバルサに近いサッカーをしたチームということになります。 監督も最終的には80%以上生きたいと言っていたのも驚きです。 次は選手の起用です。 予選と決勝トーナメント1戦目でスタメンをすべて入れ替えるということをしました。 まあ、さすがにA代表になったらそのようなことを出来ないとは思いますが、それでも多くの選手を使うのは難しいと思います。 それにDFじゃない選手をDF起用したり、いろんなポジションで起用させることがすごいですね。 吉武監督はユース世代のスペシャリストでありまして、考え方も将来性ということをすごい考えています。 選手起用で選手の幅を広げたり、シュートを外しても狙って外しなさい。 狙ったとこに今は一割しか決めれなくても、今は10センチ外しても将来的には多くの割合で、より高精度に決めなさいということを言う監督です。 戦術はポゼッションサッカーです。 コンセプトはパスを回しながら相手の守備が薄いところを攻撃する。 彼らの凄さはパスを回して相手を倒れるぐらい動かしてゴールしたいと言う気持ちですね。 欠点 攻撃スピードの強弱がない。 統率されたラインに弱い。 試合を作る力がない。 攻撃スピードの強弱がない。 そのままですね、チーム戦術を理解するあまりチャンスを逃してまでもパス回しをする傾向が強い。 足元がしっかりしているので強弱が作れるはず。 統率されたラインに弱い。 スウェーデン戦、彼らは明らかにカウンターサッカーでした。 マンマークしてくる相手に対して有効なパス回しをラインディフェンスに対してもしてしまい、攻め手がない状態でも同じ事を繰り返すだけで試合を作れませんでした。 バルセロナと称賛されるほどのパスサッカーをしてなぜ勝てないのか? 単にU-17とバルサの違いだから。 イニエスタ、メッシが居ないから。 なのか? 違います。 戦術はポゼッションサッカーでもコンセプトが違うのです。 バルサがするポゼッションサッカーは相手を切り崩すためのもの、U-17は相手の弱点を見つけるためのものです。 つまりU-17は弱点がなければ機能しないのです。 いかにバイタルでリスクを取れるかがU-17にとっては鍵になります。 今、A代表もそこを突き詰めていますが、それよりも高速カウンターを身につけて欲しいです。 メッシとイニエスタさんとブスケツ、崩しのアイディアが足りないバルセロナだと感じました。 ここ数年でバルセロナが世界最強と言われたのはバルセロナが凄いのではなく、そのスタイルが凄いのだと96ジャパンが証明したと思います。 結果で言えばタイトルは取れませんでしたが、あのスタイルをさらに極めていけば日本のスタイルが確立されそうな気がします。 今以上に世界と戦えるのでは、と期待はしました。 96世代が主力となる10年後、どうなってるかはわかりません。 99年にワールドユースを制覇したスペインメンバーで2009年頃の絶対的レギュラーはシャビ先生とカシージャスくらいです。 しかし、96ジャパンは個人的に希望を持たせてくれるサッカーをしてくれました。 あのスタイルを突き詰めてワールドカップでベスト4あたりを期待してます。 96ジャパンの最大の特徴は、 なんといってもポゼッションの高さで、 数値だけを比較しても、 他の強豪をも大きくリードしています。 その内容がさらにインパクトあるもので、 攻めあぐねてボールを持たされている訳じゃなく、 高いテクニックによるワンツーパスをつなぎながら、 相手が全く触れない・・・といった様相でした。 今回のU17代表には突出した選手がおらず、 そもそもフィジカルに劣るという日本人のマイナスを考え、 平均的な技術の高さと俊敏性、そして戦術理解でもって、 いかに世界と戦うかを考えたスタイルなのですが、 実際、日本を追いかけ疲れた相手の動きは、 後半に急激に落ち、日本のポゼッションはさらに上がったものです。 特筆すべきは、予選の毎試合、 スタメンを半数以上を変えてもそのクオリティが落ちなかったことで、 これには相手チーム・・・いや、世界が驚愕したものです。 決勝リーグのスウェーデン戦では残念ながら、 相手のフィジカルに押された一瞬の2点で敗れましたが、 試合の流れは、先述通りの日本のペースであって、 少なくとも、これからの日本のサッカーの答えの一つを、 ここまではっきりと表現できたことは評価できるものだと思います。

次の

【ブックメーカー】サッカー・アンダーゴール投資で死にかけた話

サッカー アンダー 17

オリンピックのサッカー男子は、原則23歳以下(+オーバーエイジ3人まで)です。 ほかにもいくつかの競技で年齢制限はあります。 フィギュアスケートの年齢制限で浅田真央選手が出られなかったことは覚えておられるでしょうか。 これは出場できる年齢に達していなかったケースです。 これはオリンピックの主催者が設けているわけでなく、各競技団体が決めています。 サッカーにかぎらず、年齢別の国際大会は存在します。 柔道でも世界カデ選手権というのが15歳から17歳を対象にあります。 フェンシングや卓球などもあります。 オリンピックは昔、アマチュアの大会でした。 しかし、オープン化、つまりプロでもアマでも出られる大会に1992年から変わっています。 プロ・アマ問わず、最高峰のスポーツの大会、というのが現在の五輪の位置付けです。 プロが出られないのはアマチュアスケート、ボクシングなど少数です。 なので、五輪の野球には日本のプロ野球選手による日本代表が出ましたし、アイスホッケーなどもNHLの選手が出ています。 サッカーも23歳以下のプロ選手が出ています。 ちなみに、NBA選手による「ドリームチーム」が出場する米国ですが、2004年のアテネ五輪は優勝できず3位でした。 NBAといっても、すべてが米国人選手ばかりではありません。 スペイン、アルゼンチンなど多くの国の優秀な選手が出場しています。

次の

組み合わせ・順位表 サッカー FIFA U

サッカー アンダー 17

0 9 2 アンゴラ 3 2 0 1 4 4 0 -5. 0 6 3 ニュージーランド 3 1 0 2 2 5 -3 -6. 0 3 4 カナダ 3 0 0 3 2 7 -5 -7. 0 6 2 エクアドル 3 2 0 1 7 6 1 -1. 0 6 3 オーストラリア 3 1 1 1 5 5 0 -4. 0 4 4 ハンガリー 3 0 1 2 6 9 -3 -7. 0 9 2 韓国 3 2 0 1 5 5 0 -9. 0 6 3 チリ 3 1 0 2 5 6 -1 -4. 0 3 4 ハイチ 3 0 0 3 3 8 -5 -10. 0 7 2 セネガル 3 2 0 1 7 3 4 -7. 0 6 3 オランダ 3 1 0 2 5 6 -1 -9. 0 3 4 米国 3 0 1 2 1 8 -7 -7. 0 7 2 アルゼンチン 3 2 1 0 6 2 4 -5. 0 7 3 タジキスタン 3 1 0 2 3 8 -5 -9. 0 3 4 カメルーン 3 0 0 3 1 6 -5 -9. 0 7 2 イタリア 3 2 0 1 8 3 5 -6. 0 6 3 メキシコ 3 1 1 1 9 2 7 -13. 0 4 4 ソロモン諸島 3 0 0 3 0 20 -20 -3. 0 4 2 B オーストラリア 3 1 1 1 5 5 0 -4. 0 4 3 C チリ 3 1 0 2 5 6 -1 -4. 0 3 4 D オランダ 3 1 0 2 5 6 -1 -9. 0 3 5 A ニュージーランド 3 1 0 2 2 5 -3 -6. 0 3 6 E タジキスタン 3 1 0 2 3 8 -5 -9. 【了】.

次の