バイウール 育成 論。 バイウールー

【ポケモン剣盾】バイウールーの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

バイウール 育成 論

初めまして。 おいちゃんです。 拙い文しか書けませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 はじめに 当育成論では「種族値」等の専門用語を多用致しますのでご了承のほど宜しくお願い致します。 それでは育成論を執筆させていただきます。 【タイプ】 ノーマル• 【種族値】 HP72 攻撃80 防御100 特攻60 特防90 素早さ88• もふもふ・・・直接攻撃の技を受けた時、ダメージが半減する。 また、『ほのお』タイプの技を受けた時、ダメージが2倍になる。 【性格】 物理受けというコンセプトなので、 「わんぱく」を採用いたします。 わんぱく・・・防御UP、特攻DOWN• カゴのみ・・・眠り状態から目を覚ますことができる。 技構成 基本構成として攻撃を主体としている構成ではないため、攻撃技:補助技は1:3として考えています。 また、今回は回復手段としてねむカゴ型を考えている為、ねむるを採用します。 確定技 コットンガード 物理受けをより強固にすることのできる技。 1回積むだけで防御3段階上昇してくれるため、物理ポケモンを寄せ付け無くできます。 バトンタッチ 後続に能力上昇を引き継ぐための技。 今回の型ではゴーストタイプはこのポケモンで突破は考えていないので、この技で後続に託します。 ねむる 体力全快&状態異常治癒を目的とします。 相手が状態異常を使う受けポケモンの場合でも有用です。 選択技 ボディプレス コットンガードの能力上昇を活かせる格闘技。 ゴーストタイプには通らないがその他等倍以上で通るポケモンには非常に有効。 また、ダイマックス時はダイナックルとなり、自身の攻撃を1段階UPさせることができる。 バトンタッチとも好相性。 ゴーストポケモン過多によるバンギラス氾濫のための回答。 のしかかり タイプ一致技で麻痺を狙うならこの技。 ダイマックス時は相手のすばやさを1段階下げることができ、バトンタッチに結び付けやすくなるのは利点。 とびはねる 自身の攻撃で無効化されるタイプを作りたくない場合はこの技。 麻痺も狙うことができる点とダイマックス時にダイジェットとなり素早さを1段階上げることができる。 すてみタックル 高火力反動技。 タイプ一致で打つことができることが利点だが、反動ダメージが響くのと攻撃に努力値を振らないので火力的にも乏しくなりがち。 その他しねんのずつき、ワイルドボルト等も覚えますが別の型の方が活用できる為、採用はしない方が良いと思われます。 みがわり 一撃技対策&バトンとの相乗効果が見込める技。 採用の場合はねむるとの選択で。 ステータス調整• 努力値配分 HP252 防御252 素早さ4• ウオノラゴンようきHP4振り 105〜124(63. 2〜74. 6%)確定2発 167〜197(100. 6〜118. 6%)確定1発 Wロトム控えめHP252振り 99〜117(63〜74. 5%)確定2発 158〜187(100. 6〜119. 1%)確定1発 バンギラスいじっぱりHP252振り(ダイマックス) 384〜456(92. 7〜110. 1%)乱数1発(56. 2%) 616〜728(148. 7〜175. 8%)確定1発 ブラッキーわんぱくHB252 142〜168(70. 2〜83. 1%)確定2発 226〜268(111. 8〜132. 6%)確定1発 被ダメージ計算 コットンガードを積んでいない状態の数値を書いています。 ウオノラゴンいじっぱり攻撃252振り(がんじょうあご) エラがみ 67〜79(37. 4〜44. 1%)確定3発 ミミッキュようき攻撃252振り@命の珠(攻撃2段階上昇) じゃれつく 57〜67(31. 8〜37. 4%)乱数3発(85. 3%) バンギラスいじっぱり攻撃252振り ストーンエッジ 69〜82(38. 5〜45. 8%)確定3発 ドラパルトむじゃき攻撃252振り ドラゴンアロー 60〜72(33. 5〜40. 2〜60. 3%)確定2発 ダイドラグーン 76〜90(42. 4〜50. 2%)乱数2発(0. 3%) Wロトム控えめ特攻252振り ボルトチェンジ 63〜75(35. 1〜41. 特に弱点保険を持たせているポケモンと好相性です。 弱み 特殊アタッカー、両刀ポケモンに弱い 基本的に相手が特殊アタッカーポケモン、炎ポケモン等の場合はおとなしく引きましょう。 ただ、相手がロトム等の場合、ボルトチェンジやおにびなどの変化技の可能性もあります。 ボルトチェンジ先が物理ポケモンの場合、有利な展開になりやすいです。 読みあいを制し有利な展開に持ち込みましょう。 またミミッキュにダイフェアリーを打たれた場合、ミストフィールドによりねむるによる体力回復ができない点等に注意。 強み エースポケモンを最大限に活用 エースポケモンを防御3or6段階上昇で物理ポケモンを寄せ付けなくできます。 特に弱点保険持ちのポケモンと相性がよく、そのポケモンをダイマックスさせることで全抜きまで狙うことができます。 ボディプレスの高火力 6段階上昇のボディプレスは非常に強力で物理受けポケモン以外であれば確定1発を取れる場面も多いです。 そこを逆手に取りましょう。 最後に 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。 この型以外にもオボンのみを持たせる型などマイナーながら色々とできる可能性のあるポケモンだと思います。 上にも書きましたが、知られていないことが強みです。 育成してみてはいかがでしょうか。 さん ご指摘ありがとうございます。 大文字の被ダメ計算修正いたしました。 自分もバイウールーのコットンバトンを活用しています。 自分の場合はなるべく多くの相手の上からコットンガードを積みたいので陽気HS振りで回復木の実を持たせた型を使用しています。 わんぱくねむカゴ型も面白いですね。 ただ、よく見かけるかたやぶりドリュウズの一撃技に突破されやすいのが難点かなと感じます。 最速にしても同速なので運ゲーになりますが。 コットンバトン中々強いですよね。 素早さを活かした陽気HS振りの型は思いつかなかったので参考になります。 一撃技持ちのドリュウズはお察しの通り正直この型だと辛いです…相手のドリュウズがラスト1体や選出時に相手手持ちにゴーストタイプなしだとダイマックス切っていきやすいのですが、そうした状況になることは限りなく無いのでドリュウズ相手にダイマックスはほぼ切らないです。 襷想定であれば一撃技切っていることも多いので居座り。 スカーフ、チョッキ想定の場合でも自分のバックに一撃技を透かせるポケモンが居るか確認しつつ、初手を見るために様子見コットンガード。 (一撃技でもつのドリルとじわれがあるので) 相手の初手がじしん等攻撃技の場合はボディプレスorバトンタッチ 相手の初手が一撃技の場合は透かせるポケモンがいれば交代。 いない場合は居座りボディプレス。 他ポケで対応もしくは運ゲーを制すかのどちらかしか無いというのが本音です… 長文失礼しました。 被ダメージの欄なのですが、物理技の被ダメに側のBの性格補正がかかってないのではありませんか?こちらで計算したらA特化のエッジは確定で2耐えするようです。 コットンバトンからの別ポケボディプレスの可能性を模索していたので、非常に参考になりました。 ただ、攻撃わざにボディプレスを採用する場合、性格はずぶとい採用でもいいのではないかと感じました。 その方がイカサマのダメージを減らせるので。 まあここまで圧倒的な耐久の前ではあまり関係ないかもしれませんが… それと、一撃必殺への対策として、身代わりを候補に入れるのはどうでしょうか?眠るとの選択にして回復系のきのみを持たせればそれなりの持久力を保った上でバトンとのシナジーもよくなるのでは、と。 まあ同速対決は本当に運ゲーになってしまいますが… いきなりの長文、失礼しました。 ご指摘ありがとうございます。 被ダメ計算修正いたしました。 被ダメはかなり重要な部分なので助かりました。 旅パで対戦してた時はあまり強い印象は無かったんですが、育ててみたら割と強ポケでした。 ご覧いただきありがとうございます。 確かにボディプレス採用であればずぶといの方がダメージは少ないのでそちらを採用する方が微差ですがダメージは減らせるのでありですね。 試にバルジーナで計算したところ乱数9発と確定10発の差がありました。 候補技でAが関係する技もありますので、ここでは念のため腕白のままにしておきます。 一撃技対策のみがわりについては候補技に追加させて頂きます。 ご指摘ありがとうございます。 ただ、この育成論ではねむカゴ型を採用しており、みがわり搭載回復木の実の型とはコンセプトが少し異なりますので、持ち物等はそのままにしておきます。 強みとしては接触技持ちウオノラゴン等の接触技物理高火力ポケモンやタイレーツ等物理格闘ポケモンにも強く出られるところです。 ウオノラゴンいじっぱりA特化@スカーフ もふもふ 67〜79(37. 4〜44. 1%)確定3発 ふくつのこころ 135〜159(75. 4〜88. 8%)確定2発 また、仮にヒートロトムとの対面になった場合でも、意外とオーバーヒートを打ってくる相手は少ない傾向があります。 こだわり持ちであればボルトチェンジ、耐久に振ってる型であれば鬼火などが選ばれやすいので対ヒートロトムは案外勝てたりもできます。 (相手の読み次第ですが…) 結局のところ、対応できるポケモンが違うというのが両特性の違いなような気がします。 もふもふ・・・ウオノラゴン、パッチラゴン他格闘ポケ等も受けやすい ふくつのこころ・・・使用率トップクラスのドラパルトにも強く出やすい といった感じでしょうか。 おっしゃるとおり高速移動型や電磁波型も強いですよ! ただ、先行バトンになってしまうので、バトン先次第ですが、電磁波の方が使いやすかったです。 特殊もH降るだけで控えめサザンの流星耐えるので、高速積みアタッカーに電磁波が刺さります。 相方はサザンガルドや受けループに強いアシストパワー使いがおすすめです。 実際に使ってみたいと思っています。 一つ質問なのですが、個体値でAをVにする必要はあるのですか?ボディプレスはBの値を代入してダメージを与える技なのでAは必要ないはずです。 理由があれば教えていただきたいです。

次の

【ポケモン剣盾】バイウールー軸トップ20ランカーレンタルパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

バイウール 育成 論

【ポケモン剣盾】バイウールーの育成論と対策【バトンサポーター】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はバイウールーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 バイウールーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【バイウールーの特徴1】高めの耐久とそこそこの素早さ HP種族値72となっているものの、防御種族値は100,特防種族値は90とそこそこ高めの耐久を持ちます。 さらに意外にも素早さが88族とドリュウズと同速レベルに速いポケモンでもあります。 攻撃種族値は80と特化して持ち物を工夫すれば戦えなくはないですが、基本的にはサポート型として採用することが多いポケモンでしょう。 【バイウールーの特徴2】弱点の少ないノーマルタイプ タイプはノーマル単タイプとなっていて、強力なゴーストタイプが多く、ダイジェットも強いことで格闘タイプが少ない剣盾の環境において扱いやすいタイプの1つです。 とはいえ、後述のもふもふを採用した場合炎タイプも弱点となるのは注意しましょう。 【バイウールーの特徴3】特性もふもふ バイウールーの通常特性の1つはもふもふです。 見たまんまですね。 この特性は接触技を半減で受けられる代わりに、炎タイプの技は2倍(つまり弱点と同じ)のダメージを受けるという特性で、初見殺し的なところはあるものの意外と強力な特性です。 格闘ポケモンは接触物理技のことが多いので、弱点の格闘技を受けても半減=等倍で受けられます。 もちろん格闘技だけでなく、他のタイプの接触技を半減で受けられるので物理アタッカーに対して出していきやすいでしょう。 他の特性はひるんだときに素早さが上がるふくつのこころと、エナジーボールなど弾系の技を無効化できる夢特性ぼうだんがありますが、基本はもふもふで採用することが多いでしょう。 【バイウールーの特徴4】コットンバトンタッチ バイウールーは1回で防御を3段階上昇できるコットンガードを覚えます。 これを活かしたコットンガード+バトンタッチで後続を強化する動きができます。 また、自身も防御種族値がそこそこ高くボディプレスを覚えるので、打ち合うこともできなくはないです。 バイウールーの育成論と戦い方 今作初登場のバイウールー、ストーリーではホップの相棒として頻繁に出てきますがまだまだ開拓が進んでいないポケモンの1体です。 その中でもランクバトルで見かけるのはバトンタッチ型ですね。 【バイウールーの育成論】バトンサポートバイウールー• 特性:もふもふ• 個体値:AC抜け4V(立ち回りによってはS逆Vでのんきの最遅)• もちもの:オボンのみ• わざ:コットンガード・つるぎのまい・でんじは・バトンタッチ 特徴 相手の編成に合わせていずれかの積み技を1回積んで次のターンにエースにつなぎます。 もふもふを活かすために ・炎が飛んできなさそう ・物理アタッカー に対して出して起点化します。 普通にダイマックスエースにつなぐのもありですし、もふもふで物理技が通らないことを確認した相手が特殊アタッカーに交代してくることもあるので、とつげきチョッキ持ちなど積み技を持てないけど特殊アタッカーに強いポケモンにつなぐのもありでしょう。 物理エースにバトンタッチしましょう。 バンギラスやドリュウズ相手に殴り合えるようにボディプレスにするのもあり。 こうそくいどうにすると、ほぼ後攻バトンタッチはできない代わりに確実にS2段階上昇状態で有利対面に交代できるので、一緒に組むエース次第では採用もあり。 (炎技読みでもらいびシャンデラにバトンタッチしてS2段階上昇+炎技威力UPを狙ってダイバーンで焼き払うとかですね。 S1の頃によくやってました。 バイウールーの対策 炎技や特殊格闘を覚えているポケモンを選出するのがいいでしょう。 ランクバトルにあふれているようなポケモンではないため、特段バイウールーをメタったポケモンを採用する必要はないと思いますが、バイウールーはだいたい特性もふもふで採用されているので炎かきあいだまなど特殊格闘を覚えているポケモンがいたら選出しておくといいでしょう。 炎はナットレイやアーマーガア対策にどのパーティにも1体はいると思うので、対策には困りません。 まとめ:【ポケモン剣盾】バイウールーの育成論と対策【バトンサポーター】 いかがでしたでしょうか。 バイウールーは僕も剣盾S1で結構使っていたポケモンでした。 バトンを繋いでいくギミック戦術はなかなか難しいのですが、決まると楽しいのでぜひ一度育てて遊んでみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

バイウールー/対戦

バイウール 育成 論

初めまして、大好き まさぽんずです。 昨日は深夜にこそこそとのを我慢出来ずにしてしまっていました。 後、コロナに関しては社会人もだけど子どもが外で遊べなくなったり、学校に登校出来ないのが安全のために仕方がないのですが大きな影響が与えられているなと心配になっちゃいます、、、 そんな状況下でありますが、今回は強化拡張パック VMAXグを5パックしていきます。 毎度同じように、何か可愛いのいないかなと公式サイトで収録ラインナップを見ていたところ、今回は5種類も気になるカードが見つかりました。 後、ソニアと言えば祖母の博士の名前を未だに忘れちゃうから、覚えたいです。 昨日のマリィがあったから驚きは半減しているけど、それでも幸先良いと気分は上がっちゃいますよね。 テキストにある技のねらいうちは インテレオンの専用技で、剣盾では主に急所に当たりやすい効果を持っている威力80の特殊攻撃技です。 現在は威力がに劣るし、ねっとうでやけどを狙って相手の攻撃を半減させる方が働けるかなって考えられているから、あまり採用されない技の1つかなと思いますけど、、、 でものスナイパーが解禁されたら、ピントレンズを持たせてねらいうちで急所を当てていくという 火力ゴリゴリのインテレオンが環境に入ってくるんじゃないかって今からワクワクしますね。 解禁したら育成したいです!! 続いて2パック目は こちらのラインナップは全員まだ剣盾で育成したことがないからあまりコメントできないです、すみません. 只、当時高校生の頃の進化系であるは初めて見たときは、変なデザインのだなって衝撃を受けたなって思い出しました。 その後、XYで初めて育成した6Vがだったのは意外だったけど、、 でも良い機会だから、剣盾でも次回はを育成してみます。 中盤の3パック目は… またが出ました… 今さっき触れてあげたばっかなのに、 かまってちゃんな性格なのかな(笑) このラインナップに関しては、が特性マジックミラーと相手のや能力下降技を跳ね返すことが出来るので戦えるレベルに強いです。 他にエーフィとブリムオンが同じ特性を持っているので、は陰に隠れがちですね… でも、ダイジェットで素早さを上げることが出来るマジックミラー持ちという特徴を今作では持てているので、今の環境がの一番の活躍所かもしれません。 同じパー・飛行タイプのとも特性の部分で差別化できているし、的には完全に劣化ですが、プレイヤーの腕次第で強くなれるですね!! 続いて4パック目は… Rの ジュラルドンが出てくれました! 剣盾では、キバナが 巨大マックスジュラルドンを使用しているので皆さんも馴染み深いの1匹かと思います。 この子は鋼・ドラゴンと非常に優秀なタイプの組み合わせをしていて、防御115 特攻120 素早さ85で合計が535とエリートの中に数えらると思います。 技のレパートリーも、10万ボルト・・てっていこうせん・とあらゆるに有利に出られる面も褒められます。 只、特防が50と低耐久なので特防を1. 5倍してくれる を持たせないと相手の特殊技で一撃でおっちじゃうので、持たせることをお勧めします!!! 最後の5パック目は… 最後にもふもふヘアの バイウールー来たーー バイウールーと言えば、特性を活かした 神物理耐久が有名です。 もふもふ:相手から受けたする技のダメージを半減するが 炎タイプの技のダメージが2倍になる。 この特性と詰み技であるコットンガードで防御3段階上昇させれば殆ど物理攻撃では落ちなくなり、要塞と化します。 今作ではボディプレスといった防御の値で相手に攻撃することが可能な技も出てきたので、心配せずにもHPと防御に252振るだけで火力も耐久力も持てるです。 そんな訳で今回は、バイウールーの育成済みを公開していきます。 バイウールー 特性もふもふ 性格わんぱく 持ち物カゴのみ 特攻抜け5V HP72 攻80 防100 特攻60 特防90 素早88 HP252 攻0 防164 特攻0 特防92 素早0 実数値 HP179 攻100 防155 特攻62 特防121 素早108 技構成 ボディプレス・ねむる・コットンガード・バトンタッチ バイウールーは上述したように物理耐久が化け物なので刺さる相手に対しては一方的な試合展開を行うことが出来るです。 運用方法としては、対面に物理が来るように読み出しで選出したり、最後の1匹として物理受けを隠しながら、最後に相手の物理攻撃主体のの相手をして貰ういった形になります。 なので、相手のパーティが完全に物理に依っていたりする場合においては選出必須とされます。 只、ランクマにおいては大抵の場合が物理と特殊の2体のアタッカーを用意して来るので、初手からバイウールーを選出しても特殊に交代されるだけなので、2番手・3番手に選出しようと心掛けた方が個人的にはきれいに使用できるのではないかと思います。 技のコンセプトとしては、物理攻撃絶対倒すマンを意識しています。 ですので、相手の手持ちが物理しかいなくなった場合にはガンガンコットンガードで防御力を上昇させて、88と中速な素早さからボディプレスを打っていきます。 その途中で、HPが減ってしまった場合ねむるカゴのみで全回復し、もう一度殴っていけば相手は為せることがなくなるので、勝利することが出来ます。 又バトンタッチを採用している理由は、攻撃技を格闘タイプのボディプレスの1枠しか採用していないので、現在最強とされるドラパルト・のようなゴーストタイプには攻撃が当たらないので、防御力上昇を後続に引き継がせる事が重要であると考えているからです。 ですので、この枠に関しては違う攻撃技が無難なのかもしれません。

次の