スレッド 検索。 JaneStyleスレッドタイトル検索出来ない問題

デバッガーでスレッドを表示する

スレッド 検索

Live5ch - 機能解説 機能解説 更新チェック お気に入りや最近書き込んだスレッド、スレッド倉庫などに登録されているスレッドにレスがついてるかどうか一括でチェックできます。 わざわざスレッドを開いて見る事なくレスがついているかどうか分かるので、無駄なく新レスだけ追っていくことが出来、便利です。 お気に入りと最近書き込んだスレッドとしおりを挟んだスレッドに対しては、更新チェックメニューのサブメニューや、更新チェックボタンのドロップダウンから直接実行する事もできます。 更新があったスレは太字になります。 たとえば6個登録したら30分に1回の感覚で更新チェックされるわけです。 登録数は設定で変更できます。 更新があったら音が鳴ってタスクトレイで となります。 更新があっても見ないと、次の更新チェックは行われません(放置対策)。 チェック対象のスレッドはスレッド一覧を右クリックして「定期更新チェック対象に追加」を選択することで追加できます。 削除は定期更新チェック窓のリストから右クリックです。 定期更新チェック窓は、普通のスレッド一覧と同じ感じで操作できます。 タスクトレイのアイコンを左クリックすると、タスクトレイに隠れます。 右クリックだと登録されているスレッドの一覧が表示され、更新があったスレッドにはチェックがつきます。 クリックしてやると開きます。 普段はタスクトレイにしまっておいて、更新があったらタスクトレイ右クリック、チェックが付いているスレッドを選んで閲覧というのが便利な使い方かと思います。 YouTubeポップアップ スレッドにYouTubeの動画URLが貼ってある場合、それをCtrlキーを押しながらポイントすることで、動画がポップアップ表示されます。 YouTube埋め込み機能 YouTubeポップアップとにていますが、こちらはポップアップではなく直接レス表示欄で動画が再生できます。 使用中のスキンのsetting. Defaultスキンなら、設定ウィザードで簡単にON,OFFを切り替えることもできます。 板移転&ログ移動 板移転を検出すると、このダイアログが出現し、移転追尾して移動先URLを自動的に探します。 あとは移動開始ボタンを押すだけで、ボード一覧の書き替えやログの移動、お気に入りの書き替えなどの処理を行います。 ここで行われるログ移動は、取得しているsubject. txtを元にliveなスレッドだけを移動し、過去ログは旧サーバーに残したままにします。 これにより存在しないはずのURL捏造や、過去ログのリンクを開こうとすると既得ログがあるのに新しく取得するなどのトラブルが無くなります。 また、追尾すると自動的に板移転履歴を生成し、既得ログからの検索や既得ログのみ表示の時は以前のサーバーのデータからも検索、表示できます。 既得ログから検索 既得のログからキーワードで一括検索できます。 スレッドタイトルのみからの検索も出来ます。 検索対象の板はチェックボックスを付ける事で指定します。 カテゴリ毎検索する場合は、カテゴリの隣のチェックボックスを付けてください。 現在の板を選択ボタンを押すと、現在の板にチェックが付きます。 ある探したい文章の一節だけ分かっている時や、もう一度みたいAAを検索、分からない事があったときに過去ログをまとめて取得して検索など、色々便利に使えます。 ツール設定 Live5ch上から引数付きで任意のアプリケーションを起動する機能です。 名前には、実際に表示されるメニュー項目。 パスにはアプリケーションのパス。 引数にはパスで設定したアプリケーションを起動する際の引数を書きます。 ツール設定をしてやると、スクリーンショットの右側のようにメニュー化され実行する事ができます。 スレッドタイトル検索 のスレッドタイトル検索を利用し、5ちゃんねる全ての板にあるスレッドからキーワードで検索できます。 Webとして表示するのではなく、検索結果を解析しスレッド一覧に表示するので、すぐに閲覧できる上、既得ログかどうかやお気に入りに入ってるかなどもわかり、便利です。 画像ポップアップ 画像のURLをCtrlを押しながらポイントすると、その場で読み込みポップアップ表示します。 拡張子をjpgなどに変更したJavaScriptブラクラをポップアップさせても大丈夫です。 あくまで画像として処理するので、IEで開いたときのように勝手にHTMLと解釈し処理してブラクラ発動などということはありません。 この機能はスキンでカスタマイズすることにより、縮小表示にしたりボカシ表示にしたり、色々カスタマイズできます。 index表示 通常のスレッド一覧ではなく、IEで表示したときのようなスレッドフロート型表示も出来ます。 ボード一覧から見たい板を右クリックし、「index」表示を選択します。 スレッドをクリックしたりすると、自動的にLive5chの通常のスレッド表示モードになり、read. cgiを使わないスレッド表示が出来ます。 ローカルルール&看板表示 内蔵ブラウザにより看板とローカルルールを閲覧する事ができます。 Live5chのポップアップ機能はキー操作によりどんどんポップアップを追いかけていくことが可能です。 黄色のポップアップを「メインポップアップ」、緑色のポップアップを「サブポップアップ」と言います。 ポップアップのポップアップ候補があるレスをポップアップさせると、レス内のレス参照に[1][2][3]と、最大で9個まで数字が振られます。 その数字をタイプすると、サブポップアップ内にそのレスが表示されます。 デフォルトでは、勝手に第一候補を開くようになっています。 設定で表示されないようにも出来ます。 そして、現在開いているサブポップアップと同じ番号を更にタイプすると、 内容がメインポップアップ内に移り、さらにその中のレス参照に番号が振られます。 そこで数字をタイプすれば、またサブポップアップ内にポップアップされます。 それの繰り返しで、どんどんレスを遡って読み返す事も可能です。 言葉では分かりにくいかもしれないので、ここらへんは実際操作してみてください。 AA入力支援 書き込み欄でCtrlを押しながらSpaceを押すことで、AA入力支援メニューが表示されます。 入力したいAAを選択する事で、AAが書き込み欄に挿入されます。 このAAは編集する事が可能です。 Live5chインストールフォルダにあるaalist. txtを適当なテキストエディタで開き、AAを追加します。 1行のAAなら、そのまま書き加えるだけでOKです。 複数行のAAの場合は、インストールフォルダにある「aa」というフォルダにテキストファイルを置いてください。 ファイル名がAAタイトルに、ファイル内容が実際のAAになります。 また、AAは自分で上記のようなファイル編集をしなくても、ソフト上から簡単に追加できます。 複数行か一行か自動で判断し、AAリストに追加します。 他の機能色々 スレッド倉庫 お気に入りのフォルダ分けのようなものです。 「開発言語お勉強関連」「ゲーム関連」「面白いスレッド」など任意の名前で倉庫をつくり、そこに自由にスレッドを登録し、一括で閲覧したり更新チェックできます。 スレッド倉庫を作るにはボード一覧の「スレッド倉庫」を右クリックし、「スレッド倉庫を作る」を選びます。 ダイアログにスレッド倉庫名を入力すれば準備完了です。 ここにスレッドを追加するには、お気に入りに追加ボタンのドロップダウンを利用します。 お気に入りに追加ボタンをドロップダウンすると、存在するスレッド倉庫が一覧表示されるので、追加したいスレッド倉庫を選択します。 すると、ボード一覧のスレッド倉庫内の作ったスレッド倉庫に保存されていますので、あとで一括で見ることができます。 倉庫グループ 「お気に入り」「最近書き込んだスレッド」「俺様用しおりを挟んだスレッド」と、各種任意に作ったスレッド倉庫をまとめ、一度に表示できるようになる機能です。 通常は「お気に入り」をクリックすればお気に入りが表示され、「最近書き込んだスレッド」をクリックすれば最近書き込んだスレッドが表示されるだけですが、この2つを倉庫グループ機能で「お気に入りと書き込んだスレ」などにまとめておくと、これをクリックするだけで「お気に入り」と「最近書き込んだスレッド」が同時にスレ一覧に表示されます。 ここに対して更新チェックをかければ、「お気に入り」と「最近書き込んだスレッド」に同時に更新チェックできるわけです。 それぞれの倉庫に同じスレッドがだぶっている場合は、倉庫グループ化してから更新チェックをすれば、速いし2chへの負荷は少ないしで非常に効率的です。 最近読み込んだスレッド、最近書き込んだスレッド ボード一覧のLive5chカテゴリからアクセス出来ます。 読み込んだスレッド、書き込んだスレッドを任意の件数まで自動的に保存し履歴化します。 設定値を超えると古いものから自動的に削除されます。 お気に入りと同じように扱え、更新チェックなども可能です。 今自分が参加しているスレッドにすぐ戻る事ができ、更新チェックと併用する事で自分の書き込みにレスがついたかなども調べやすく、便利です。 オートリロード レス表示欄の上にあるツールバーのオートリロードボタンをONにする事で実行できます。 一定時間毎に自動的にリロードする機能です。 実況などに便利です。 但し、リロードしても新着がない場合は1秒ずつリロード間隔を引き延ばし、最終的には自動的にOFFにします。 無駄なオートリロードは控えましょう。 夜サーバー負荷が高い時間になると倍時間になったり、実況ch以外ではアクティブでない時は強制リロードキャンセルなどの規制も設けられています。 オートスクロール レス表示欄の上にあるツールバーのオートスクロールボタンをONにする事で実行できます。 新着のレスがあったときに、自動的に末尾までスクロールする機能です。 オートリロードと組み合わせる事で、チャットソフトのようなインターフェースに出来ます。 次スレを検索 1000レスまで達して次のスレッドに移動したいときに実行することで、最新のスレッド一覧を取得し、次スレを自動的に探します。 スレッドタイトルが激しく変わってる場合は失敗することもありますが、多くのスレッドで次スレを探すことができます。 実況モード レス表示欄の上にあるツールバーの実況モードボタンをONにする事で実行できます。 設定画面のインターフェースタブで「実況モードを使う」にチェックをつけて再起動すると、このボタンが表示されます。 自動的にオートリロードやオートスクロールをONにし、書き込み欄とレス表示欄だけにします。 実況に最適な状況にボタン一つで出来る機能です。 ただし、この機能は以前の分割型Live5chがよかった人のために作った機能です。 新しく使う人には存在意義が今一分からないかもしれません。 使わないほうがいいかも。 他にも・・・ 他にも様々な機能がありますが、特に細かい説明の必要はないと思うので割愛させていただきます。 に一行解説があるので、そちらをご覧下さい。

次の

スレッド検索

スレッド 検索

この記事の内容 [スレッド] ウィンドウでは、デバッグ中のアプリケーション内のスレッドを調べて操作できます。 In the Threads window, you can examine and work with threads in the application that you're debugging. [スレッド] ウィンドウの使用方法の手順については、「」を参照してください。 For step-by-step guidance on how to use the Threads window, see. スレッド ウィンドウを開く Use the Threads window [スレッド] ウィンドウには、各行がアプリケーションの個別のスレッドを示すテーブルが表示されます。 The Threads window contains a table where each row describes a separate thread in your application. 既定では、このテーブルにはアプリケーション内のすべてのスレッドが表示されますが、目的のスレッドのみを表示するように一覧にフィルターをかけることができます。 By default, the table lists all the threads in your application, but you can filter the list to show only the threads that interest you. 各列には、さまざまな種類の情報が示されます。 Each column describes a different type of information. 一部の列は非表示にすることもできます。 You can also hide some columns. すべての列を表示すると、次の列が左から右に表示されます。 If you display all the columns, the following columns appear, from left to right:• フラグ: ラベルが付いていないこの列では、特に注意する必要があるスレッドをマークできます。 Flag: In this unlabeled column, you can mark a thread to which you want to pay special attention. スレッドにフラグを設定する方法については、「」を参照してください。 For information about how to flag a thread, see. 現在のスレッド:ラベルの付いていないこの列で、黄色の矢印は現在のスレッドを示します。 Current thread: In this unlabeled column, a yellow arrow indicates the current thread. 枠線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドの、現在のデバッガー コンテキストを示します。 An arrow outline indicates the current debugger context for a non-current thread. [ID] :各スレッドの識別番号が表示されます。 ID: Displays the identification number for each thread. マネージド ID:マネージ スレッドのマネージ識別番号が表示されます。 Managed ID: Displays the managed identification numbers for managed threads. カテゴリ:スレッドの分類がユーザー インターフェイス スレッド、リモート プロシージャ呼び出しハンドラー、ワーカー スレッドのいずれであるかが表示されます。 Category: Displays the category of threads as either user interface threads, remote procedure call handlers, or worker threads. アプリケーションのメイン スレッドは特別なカテゴリによって示されます。 A special category identifies the main thread of the application. Name:各スレッドの名前が表示されます 名前がある場合。 名前がない場合は、 と表示されます。 Name: Identifies each thread by name, if it has one, or as. [場所] :スレッドが実行されている場所が表示されます。 Location: Shows where the thread is running. この場所を展開して、スレッドの呼び出し履歴全体を表示できます。 You can expand this location to show the full call stack for the thread. [優先度] :システムが各スレッドに割り当てられている優先度または優先順位を表示する高度な列 既定で非表示。 Priority: An advanced column hidden by default that displays the priority or precedence that the system has assigned to each thread. 関係マスク: スレッドごとにプロセッサ関係マスクを示す高度な列 既定で非表示。 Affinity Mask: An advanced column hidden by default that shows the processor affinity mask for each thread. マルチプロセッサ システムでは、関係マスクによって、スレッドを実行できるプロセッサが決まります。 In a multiprocessor system, the affinity mask determines which processors on which a thread can run. 中断カウント: 中断カウントを表示する高度な列 既定で非表示。 Suspended Count: An advanced column hidden by default that displays the suspended count. このカウントによって、スレッドを実行できるかどうかが決まります。 This count determines whether a thread can run. 中断カウントの詳細については、「」を参照してください。 For more information about suspended counts, see. プロセス名: 各スレッドが所属するプロセスを表示する高度な列 既定で非表示。 Process Name: An advanced column hidden by default that displays the process to which each thread belongs. この列のデータは、多くのプロセスをデバッグするときに役立ちます。 The data in this column can be useful when you're debugging many processes. プロセス ID: 各スレッドが属するプロセス ID を表示する高度な列 既定で非表示。 Process ID: An advanced column hidden by default that displays the process ID to which each thread belongs. トランスポートの修飾子: デバッガーが接続されているマシンを一意に識別する高度な列 既定で非表示。 Transport Qualifier: An advanced column hidden by default that uniquely identifies the machine to which the debugger is connected. 中断モードまたは実行モードで [スレッド] ウィンドウを表示するには To display the Threads window in break mode or run mode• Visual Studio がデバッグ モードの間に、 [デバッグ] メニューを選択して [ウィンドウ] をポイントし、 [スレッド] を選択します。 While Visual Studio is in debug mode, select the Debug menu, point to Windows, and then select Threads. 列の表示と非表示を切り替えるには To display or hide a column• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [列] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Columns. 次に、表示または非表示にする列の名前をオンまたはオフにします。 Then, select or clear the name of the column that you want to display or hide. フラグが設定されたスレッドを表示する Display flagged threads [スレッド] ウィンドウでスレッドをアイコンでマークすることによって、特に注目するスレッドにフラグを設定できます。 You can flag a thread that you want to give special attention by marking it with an icon in the Threads window. 詳細については、」を参照してください。 For more information, see. [スレッド] ウィンドウでは、すべてのスレッドを表示するか、フラグが設定されたスレッドのみ表示するかを選択できます。 In the Threads window, you can choose to display all the threads or only the flagged threads. フラグが設定されたスレッドのみ表示するには To display only flagged threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [フラグが設定されているスレッドのみを表示] を選択します Choose Show Flagged Threads Only in the toolbar at the top of the Threads window. 淡色表示されている場合は、最初にいくつかのスレッドにフラグを設定する必要があります。 If it's dimmed, you'll need to flag some threads first. スレッドの凍結と凍結解除 Freeze and thaw threads スレッドを凍結すると、利用できるリソースがあっても、そのスレッドの実行は開始されません。 When you freeze a thread, the system won't start execution of the thread even if resources are available. ネイティブ コードでは、スレッドを中断または再開するには、Windows 関数 SuspendThread および ResumeThread を呼び出します。 In native code, you can suspend or resume threads by calling the Windows functions SuspendThread and ResumeThread. または、MFC 関数 および を呼び出します。 Or, call the MFC functions and. SuspendThread または ResumeThread を呼び出すと、 [スレッド] ウィンドウに表示されている " 中断カウント" が変化します。 If you call SuspendThread or ResumeThread, the suspended count shown in the Threads window will be changed. ネイティブ スレッドを凍結または凍結解除した場合、中断カウントは変化しません。 The suspended count doesn't change if you freeze or thaw a native thread. ネイティブ コードでは、凍結が解除され、中断カウントがゼロになるまで、スレッドを実行できません。 A thread can't execute in native code unless it's thawed and has a suspended count of zero. マネージド コードでは、スレッドを凍結または凍結解除すると、中断カウントが変化します。 In managed code, the suspended count changes when you freeze or thaw a thread. マネージド コードでスレッドを凍結した場合、その中断カウントは 1 になります。 If you freeze a thread in managed code, its suspended count is 1. ネイティブ コードでスレッドを凍結した場合、 SuspendThread 呼び出しを使用しない限り、中断カウントは 0 になります。 When you freeze a thread in native code, its suspended count is 0, unless you used the SuspendThread call. 注意 ネイティブ コードからマネージド コードへの呼び出しをデバッグする場合、マネージド コードは呼び出し元のネイティブ コードと同じ物理スレッドで実行されます。 When you debug a call from native code to managed code, the managed code runs in the same physical thread as the native code that called it. ネイティブ スレッドを中断または凍結すると、マネージド コードも凍結されます。 Suspending or freezing the native thread freezes the managed code also. スレッドの実行を凍結または凍結解除するには To freeze or thaw execution of a thread• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [スレッドの凍結] または [スレッドの凍結解除] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Freeze Threads or Thaw Threads. この操作は、 [スレッド] ウィンドウで選択されているスレッドのみに影響します。 This action affects only threads that are selected in the Threads window. 別のスレッドに切り替える Switch to another thread 黄色の矢印は、現在のスレッド および実行ポインターの位置 を示します。 A yellow arrow indicates the current thread and the location of the execution pointer. 緑色の曲線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドが、現在のデバッガー コンテキストを持つことを示します。 A green arrow with a curly tail indicates a non-current thread has the current debugger context. 別のスレッドに切り替えるには To switch to another thread• 次のいずれかの手順に従います。 Follow either of the following steps:• 任意のスレッドをダブルクリックします。 Double-click any thread. スレッドを右クリックし、 [スレッドに切り替え] を選択します。 Right-click a thread and select Switch To Thread. スレッドのグループ化と並べ替え Group and sort threads スレッドをグループ化すると、グループごとに、見出しがテーブルに表示されます。 When you group threads, a heading appears in the table for each group. 見出しには、 ワーカー スレッドや フラグが解除されたスレッドなどのグループの説明、およびツリー コントロールが表示されます。 The heading contains a group description, such as Worker Thread or Unflagged Threads, and a tree control. 各グループのメンバー スレッドは、そのグループの見出しの下に表示されます。 The member threads of each group appear under the group heading. グループのメンバー スレッドを非表示にするには、ツリー コントロールを使用して、グループを折りたたみます。 If you want to hide the member threads for a group, use the tree control to collapse the group. グループ化は並べ替えよりも優先されるので、たとえば、カテゴリ別にスレッドをグループ化してから、各カテゴリ内で ID によってグループを並べ替えることができます。 Because grouping takes precedence over sorting, you can group threads by category, for example, and then sort them by ID within each category. スレッドを並べ替えるには To sort threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. 並べ替え順序を逆にするには、同じボタンをもう一度選択します。 If you want to reverse the sort order, select the same button again. 一覧の一番上に表示されていたスレッドが一番下に表示されます。 Threads that appeared at the top of the list now appear on the bottom. スレッドをグループ化するには To group threads• [スレッド] ウィンドウのツール バーで、 [グループ化] リストをクリックし、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the Threads window toolbar, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. グループ内でスレッドを並べ替えるには To sort threads within groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループ化] リストを選択し、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. [スレッド] ウィンドウで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. すべてのグループの展開または折りたたみを行うには To expand or collapse all groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループの展開] または [グループの折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand groups or Collapse groups. 特定のスレッドを検索する Search for specific threads [スレッド] ウィンドウでは、指定した文字列に一致するスレッドを検索できます。 You can search for threads that match a specified string in the Threads window. スレッドを検索すると、検索文字列がいずれかの列に含まれているすべてのスレッドがウィンドウに表示されます。 When you search for threads, the window displays all the threads matching the search string in any column. この情報には、 [場所] 列の呼び出し履歴の一番上に表示されるスレッドの場所が含まれます。 This information includes the thread location that appears at the top of the call stack in the Location column. 既定では、完全な呼び出し履歴は検索されません。 By default, the full call stack isn't searched. 特定のスレッドを検索するには To search for specific threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [検索] ボックスに移動し、次のどちらかの操作を実行します。 In the toolbar at the top of the Threads window, go to the Search box and either:• 検索文字列を入力し、 Enter キーを押します。 Enter a search string and then press Enter. - または - or -• [検索] ボックスの横にあるドロップダウン リストを選択し、以前の検索に使用した検索文字列を選択します。 Select the drop-down list next to the Search box and select a search string from a previous search. 省略可能 呼び出し履歴全体を検索の対象にするには、 [呼び出し履歴の検索] をクリックします。 Optional To include the full call stack in your search, select Search Call Stack. スレッド呼び出し履歴を表示し、フレームを切り替える Display thread call stacks and switch between frames マルチスレッド プログラムでは、各スレッドに専用の呼び出し履歴があります。 In a multithreaded program, each thread has its own call stack. [スレッド] ウィンドウには、これらの呼び出し履歴を表示する便利な手段が用意されています。 The Threads window provides a convenient way to view these stacks. ヒント 各スレッドの呼び出し履歴を視覚的に表現するには、 ウィンドウを使用します。 For a visual representation of the call stack for each thread, use the window. スレッドの呼び出し履歴を表示するには To view the call stack of a thread• [場所] 列で、スレッドの場所の横にある下向きの三角形を選択します。 In the Location column, select the inverted triangle next to the thread location. 場所が展開されて、そのスレッドの呼び出し履歴が表示されます。 The location expands to show the call stack for the thread. すべてのスレッドの呼び出し履歴の表示と非表示を切り替えるには To view or collapse the call stacks of all threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [呼び出し履歴の展開] または [呼び出し履歴の折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand Call Stacks or Collapse Call Stacks. 関連項目 See also• 関連記事.

次の

スレッド検索

スレッド 検索

この記事の内容 [スレッド] ウィンドウでは、デバッグ中のアプリケーション内のスレッドを調べて操作できます。 In the Threads window, you can examine and work with threads in the application that you're debugging. [スレッド] ウィンドウの使用方法の手順については、「」を参照してください。 For step-by-step guidance on how to use the Threads window, see. スレッド ウィンドウを開く Use the Threads window [スレッド] ウィンドウには、各行がアプリケーションの個別のスレッドを示すテーブルが表示されます。 The Threads window contains a table where each row describes a separate thread in your application. 既定では、このテーブルにはアプリケーション内のすべてのスレッドが表示されますが、目的のスレッドのみを表示するように一覧にフィルターをかけることができます。 By default, the table lists all the threads in your application, but you can filter the list to show only the threads that interest you. 各列には、さまざまな種類の情報が示されます。 Each column describes a different type of information. 一部の列は非表示にすることもできます。 You can also hide some columns. すべての列を表示すると、次の列が左から右に表示されます。 If you display all the columns, the following columns appear, from left to right:• フラグ: ラベルが付いていないこの列では、特に注意する必要があるスレッドをマークできます。 Flag: In this unlabeled column, you can mark a thread to which you want to pay special attention. スレッドにフラグを設定する方法については、「」を参照してください。 For information about how to flag a thread, see. 現在のスレッド:ラベルの付いていないこの列で、黄色の矢印は現在のスレッドを示します。 Current thread: In this unlabeled column, a yellow arrow indicates the current thread. 枠線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドの、現在のデバッガー コンテキストを示します。 An arrow outline indicates the current debugger context for a non-current thread. [ID] :各スレッドの識別番号が表示されます。 ID: Displays the identification number for each thread. マネージド ID:マネージ スレッドのマネージ識別番号が表示されます。 Managed ID: Displays the managed identification numbers for managed threads. カテゴリ:スレッドの分類がユーザー インターフェイス スレッド、リモート プロシージャ呼び出しハンドラー、ワーカー スレッドのいずれであるかが表示されます。 Category: Displays the category of threads as either user interface threads, remote procedure call handlers, or worker threads. アプリケーションのメイン スレッドは特別なカテゴリによって示されます。 A special category identifies the main thread of the application. Name:各スレッドの名前が表示されます 名前がある場合。 名前がない場合は、 と表示されます。 Name: Identifies each thread by name, if it has one, or as. [場所] :スレッドが実行されている場所が表示されます。 Location: Shows where the thread is running. この場所を展開して、スレッドの呼び出し履歴全体を表示できます。 You can expand this location to show the full call stack for the thread. [優先度] :システムが各スレッドに割り当てられている優先度または優先順位を表示する高度な列 既定で非表示。 Priority: An advanced column hidden by default that displays the priority or precedence that the system has assigned to each thread. 関係マスク: スレッドごとにプロセッサ関係マスクを示す高度な列 既定で非表示。 Affinity Mask: An advanced column hidden by default that shows the processor affinity mask for each thread. マルチプロセッサ システムでは、関係マスクによって、スレッドを実行できるプロセッサが決まります。 In a multiprocessor system, the affinity mask determines which processors on which a thread can run. 中断カウント: 中断カウントを表示する高度な列 既定で非表示。 Suspended Count: An advanced column hidden by default that displays the suspended count. このカウントによって、スレッドを実行できるかどうかが決まります。 This count determines whether a thread can run. 中断カウントの詳細については、「」を参照してください。 For more information about suspended counts, see. プロセス名: 各スレッドが所属するプロセスを表示する高度な列 既定で非表示。 Process Name: An advanced column hidden by default that displays the process to which each thread belongs. この列のデータは、多くのプロセスをデバッグするときに役立ちます。 The data in this column can be useful when you're debugging many processes. プロセス ID: 各スレッドが属するプロセス ID を表示する高度な列 既定で非表示。 Process ID: An advanced column hidden by default that displays the process ID to which each thread belongs. トランスポートの修飾子: デバッガーが接続されているマシンを一意に識別する高度な列 既定で非表示。 Transport Qualifier: An advanced column hidden by default that uniquely identifies the machine to which the debugger is connected. 中断モードまたは実行モードで [スレッド] ウィンドウを表示するには To display the Threads window in break mode or run mode• Visual Studio がデバッグ モードの間に、 [デバッグ] メニューを選択して [ウィンドウ] をポイントし、 [スレッド] を選択します。 While Visual Studio is in debug mode, select the Debug menu, point to Windows, and then select Threads. 列の表示と非表示を切り替えるには To display or hide a column• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [列] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Columns. 次に、表示または非表示にする列の名前をオンまたはオフにします。 Then, select or clear the name of the column that you want to display or hide. フラグが設定されたスレッドを表示する Display flagged threads [スレッド] ウィンドウでスレッドをアイコンでマークすることによって、特に注目するスレッドにフラグを設定できます。 You can flag a thread that you want to give special attention by marking it with an icon in the Threads window. 詳細については、」を参照してください。 For more information, see. [スレッド] ウィンドウでは、すべてのスレッドを表示するか、フラグが設定されたスレッドのみ表示するかを選択できます。 In the Threads window, you can choose to display all the threads or only the flagged threads. フラグが設定されたスレッドのみ表示するには To display only flagged threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [フラグが設定されているスレッドのみを表示] を選択します Choose Show Flagged Threads Only in the toolbar at the top of the Threads window. 淡色表示されている場合は、最初にいくつかのスレッドにフラグを設定する必要があります。 If it's dimmed, you'll need to flag some threads first. スレッドの凍結と凍結解除 Freeze and thaw threads スレッドを凍結すると、利用できるリソースがあっても、そのスレッドの実行は開始されません。 When you freeze a thread, the system won't start execution of the thread even if resources are available. ネイティブ コードでは、スレッドを中断または再開するには、Windows 関数 SuspendThread および ResumeThread を呼び出します。 In native code, you can suspend or resume threads by calling the Windows functions SuspendThread and ResumeThread. または、MFC 関数 および を呼び出します。 Or, call the MFC functions and. SuspendThread または ResumeThread を呼び出すと、 [スレッド] ウィンドウに表示されている " 中断カウント" が変化します。 If you call SuspendThread or ResumeThread, the suspended count shown in the Threads window will be changed. ネイティブ スレッドを凍結または凍結解除した場合、中断カウントは変化しません。 The suspended count doesn't change if you freeze or thaw a native thread. ネイティブ コードでは、凍結が解除され、中断カウントがゼロになるまで、スレッドを実行できません。 A thread can't execute in native code unless it's thawed and has a suspended count of zero. マネージド コードでは、スレッドを凍結または凍結解除すると、中断カウントが変化します。 In managed code, the suspended count changes when you freeze or thaw a thread. マネージド コードでスレッドを凍結した場合、その中断カウントは 1 になります。 If you freeze a thread in managed code, its suspended count is 1. ネイティブ コードでスレッドを凍結した場合、 SuspendThread 呼び出しを使用しない限り、中断カウントは 0 になります。 When you freeze a thread in native code, its suspended count is 0, unless you used the SuspendThread call. 注意 ネイティブ コードからマネージド コードへの呼び出しをデバッグする場合、マネージド コードは呼び出し元のネイティブ コードと同じ物理スレッドで実行されます。 When you debug a call from native code to managed code, the managed code runs in the same physical thread as the native code that called it. ネイティブ スレッドを中断または凍結すると、マネージド コードも凍結されます。 Suspending or freezing the native thread freezes the managed code also. スレッドの実行を凍結または凍結解除するには To freeze or thaw execution of a thread• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [スレッドの凍結] または [スレッドの凍結解除] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Freeze Threads or Thaw Threads. この操作は、 [スレッド] ウィンドウで選択されているスレッドのみに影響します。 This action affects only threads that are selected in the Threads window. 別のスレッドに切り替える Switch to another thread 黄色の矢印は、現在のスレッド および実行ポインターの位置 を示します。 A yellow arrow indicates the current thread and the location of the execution pointer. 緑色の曲線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドが、現在のデバッガー コンテキストを持つことを示します。 A green arrow with a curly tail indicates a non-current thread has the current debugger context. 別のスレッドに切り替えるには To switch to another thread• 次のいずれかの手順に従います。 Follow either of the following steps:• 任意のスレッドをダブルクリックします。 Double-click any thread. スレッドを右クリックし、 [スレッドに切り替え] を選択します。 Right-click a thread and select Switch To Thread. スレッドのグループ化と並べ替え Group and sort threads スレッドをグループ化すると、グループごとに、見出しがテーブルに表示されます。 When you group threads, a heading appears in the table for each group. 見出しには、 ワーカー スレッドや フラグが解除されたスレッドなどのグループの説明、およびツリー コントロールが表示されます。 The heading contains a group description, such as Worker Thread or Unflagged Threads, and a tree control. 各グループのメンバー スレッドは、そのグループの見出しの下に表示されます。 The member threads of each group appear under the group heading. グループのメンバー スレッドを非表示にするには、ツリー コントロールを使用して、グループを折りたたみます。 If you want to hide the member threads for a group, use the tree control to collapse the group. グループ化は並べ替えよりも優先されるので、たとえば、カテゴリ別にスレッドをグループ化してから、各カテゴリ内で ID によってグループを並べ替えることができます。 Because grouping takes precedence over sorting, you can group threads by category, for example, and then sort them by ID within each category. スレッドを並べ替えるには To sort threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. 並べ替え順序を逆にするには、同じボタンをもう一度選択します。 If you want to reverse the sort order, select the same button again. 一覧の一番上に表示されていたスレッドが一番下に表示されます。 Threads that appeared at the top of the list now appear on the bottom. スレッドをグループ化するには To group threads• [スレッド] ウィンドウのツール バーで、 [グループ化] リストをクリックし、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the Threads window toolbar, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. グループ内でスレッドを並べ替えるには To sort threads within groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループ化] リストを選択し、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. [スレッド] ウィンドウで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. すべてのグループの展開または折りたたみを行うには To expand or collapse all groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループの展開] または [グループの折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand groups or Collapse groups. 特定のスレッドを検索する Search for specific threads [スレッド] ウィンドウでは、指定した文字列に一致するスレッドを検索できます。 You can search for threads that match a specified string in the Threads window. スレッドを検索すると、検索文字列がいずれかの列に含まれているすべてのスレッドがウィンドウに表示されます。 When you search for threads, the window displays all the threads matching the search string in any column. この情報には、 [場所] 列の呼び出し履歴の一番上に表示されるスレッドの場所が含まれます。 This information includes the thread location that appears at the top of the call stack in the Location column. 既定では、完全な呼び出し履歴は検索されません。 By default, the full call stack isn't searched. 特定のスレッドを検索するには To search for specific threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [検索] ボックスに移動し、次のどちらかの操作を実行します。 In the toolbar at the top of the Threads window, go to the Search box and either:• 検索文字列を入力し、 Enter キーを押します。 Enter a search string and then press Enter. - または - or -• [検索] ボックスの横にあるドロップダウン リストを選択し、以前の検索に使用した検索文字列を選択します。 Select the drop-down list next to the Search box and select a search string from a previous search. 省略可能 呼び出し履歴全体を検索の対象にするには、 [呼び出し履歴の検索] をクリックします。 Optional To include the full call stack in your search, select Search Call Stack. スレッド呼び出し履歴を表示し、フレームを切り替える Display thread call stacks and switch between frames マルチスレッド プログラムでは、各スレッドに専用の呼び出し履歴があります。 In a multithreaded program, each thread has its own call stack. [スレッド] ウィンドウには、これらの呼び出し履歴を表示する便利な手段が用意されています。 The Threads window provides a convenient way to view these stacks. ヒント 各スレッドの呼び出し履歴を視覚的に表現するには、 ウィンドウを使用します。 For a visual representation of the call stack for each thread, use the window. スレッドの呼び出し履歴を表示するには To view the call stack of a thread• [場所] 列で、スレッドの場所の横にある下向きの三角形を選択します。 In the Location column, select the inverted triangle next to the thread location. 場所が展開されて、そのスレッドの呼び出し履歴が表示されます。 The location expands to show the call stack for the thread. すべてのスレッドの呼び出し履歴の表示と非表示を切り替えるには To view or collapse the call stacks of all threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [呼び出し履歴の展開] または [呼び出し履歴の折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand Call Stacks or Collapse Call Stacks. 関連項目 See also• 関連記事.

次の