大崎 会長 ダウンタウン。 吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい!仰天エピソードまとめ【画像】

吉本興業の大崎会長&岡本社長とダウンタウンとの関係と“リモコン”

大崎 会長 ダウンタウン

大手芸能事務所に反旗を翻した者といえば、SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾や、能年玲奈(のん)などもいるが、その圧力の実態について公の場でここまで赤裸々に語った者は初めてだろう。 いったい吉本興業はどう対応するのか。 普通なら、大崎会長、岡本社長が揃って会見に応じた上で、辞任するのが当然だと思うが、しかし、会見後、吉本本社に詰めかけた取材陣に対し、吉本の担当者は「会見をやった人間は、嘘つきだ」と宮迫と亮を非難したという。 そして、「吉本の株主だから大丈夫」と言われたテレビ局。 いまのところ、この発言を報じたテレビ番組は見当たらないが、これは吉本だけでなく吉本と癒着するテレビ局の問題でもある。 リテラ では当初からテレビ局の対応についても問題視してきたが、ほとんどのテレビはこの闇営業問題発覚当初、入江にすべての責任を押し付け「金銭授受はない」というあり得ない説明をする吉本の言い分に丸乗りし、それに疑問を呈さないばかりか、宮迫や亮の名前をほとんど報じてすらいなかった。 テレビがもっと早い段階でこの矛盾を追及していれば、吉本ももっと早く事実を説明せざるを得なかっただろう。 SMAPや能年玲奈に対するジャニーズやバーニングの圧力問題にも共通することだが、大手芸能プロの圧力はテレビ局との共犯関係のなかで生まれているものだ。 明日以降のワイドショーや情報番組はどこまで吉本の問題を追及することができるだろうか。 もしかしたら、御用メディアが「最初に嘘をついたから会見も信用できない」「もともと自分たちが嘘をついたのに、吉本に責任転嫁している」「引退を否定し未練がましい」などとネガティブキャンペーンを展開するかもしれない。 また、気になるのは、松本人志の動向だ。 会見で名前の出た岡本社長や大崎会長は、いずれもダウンタウンの元マネージャーで松本とべったりの人物。 吉本興業で、大崎-岡本体制が権力を掌握し続けている背景には、他でもない松本人志の存在がある。 その松本は会見後、〈後輩芸人達は不安よな。 松本 動きます。 〉とツイート。 その後深夜に吉本興業本社を訪れたという。 普段は金曜日に事前収録されている『ワイドナショー』(フジテレビ)が、本日は松本の意向で急遽生放送になるとの情報もある。 もしそうなら、松本は何を語るのだろうか。 ( 伊勢崎馨) 最終更新:2019. 21 09:56.

次の

【吉本危機】いくら松本人志でも「大崎洋会長」を私情だけでかばいすぎたら危ない

大崎 会長 ダウンタウン

名前:大崎洋• 生年月日:1953年7月28日• 年齢:66歳 (*2019年7月21時点)• 出身地:大阪府堺市• 高校:大阪府立北泉高校• 大学:関西大学 社会学部• 所属:吉本興業ホールディングス株式会社会長 経歴• 1978年 吉本興業株式会社に入社• 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動• 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動• 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任• 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任• 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任• 2006年 吉本興業取締役副社長に就任• 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任• 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 とてもスゴイ経歴をお持ちですね。 中でも 吉本興業の社長は10年間されていたんですね。 大崎洋会長の吉本興業入社の志望動機がスゴすぎた! 大崎洋会長が吉本興業株式会社に入社した際の 志望動機がなんと 私服だったから!という理由でした。 当時、大崎洋会長は サーファーだったため、私服で通勤可能な会社が良かったそうなのです! 意外な入社志望動機ですね。 そして現在は、吉本興業の会長職にまで就いたのです。 掃除夫から社長になる男!大崎洋会長の年収がスゴイ! 吉本興業芸人、東野幸次さんが自分の子供の名前を付ける際、姓名判断を占い師にお願いしたことがありました。 もともと大崎洋会長のことを尊敬していた東野幸次さんは、そのとき大崎洋会長の 姓名鑑定もお願いしたんです。 掃除夫から社長になる男 といった鑑定結果が出たというエピソードがあります! さらにそれにまつわるエピソードとして、大崎洋会長は 入社当初は仕事にやる気がなく、毎日を適当にやり過ごしていたようなのです。 そんなある日、会社の同僚たちとマージャンに行くものの、連敗続きで一夜が過ぎてしまったことがあったんです。 このとき、おもむろに立ち上がり窓を開けて大声で• 絶対に出世する! と大声を張り上げたのです。 以降、 仕事に対する姿勢が一変、最終的には 社長職に就いたのです。 そして、吉本興業の社長を10年勤めあげ、現在は会長職に就いています。 前置きがながくなりましたが汗、そんな大崎洋会長の気になる 年収はどのくらいあるのでしょう? 調べてみたところ 年収は公開されておりませんでしたが、吉本興業の芸人トップクラスの年収が10億円と言われておりますので会長、社長職となればそれ以上はあるのではないでしょうか! 大崎洋会長をアニキと慕うダウンタウン松本人志との深い絆 大崎洋会長は東野幸次さんをはじめ、 ダウンタウンの松本人志さんや浜田雅功さんとも深いつながりがあるんです。 特にダウンタウンの無名時代、吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員だった大崎洋会長は、ダウンタウン2人の アニキ分として、時には マネージャー的存在として業界のイロハを教えていきました。 その甲斐あって、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを 東京に進出させたのです。 やり手ですよね! そして、 松本人志さんが 大崎洋会長を アニキと慕う理由がほかにもあります。 今から約40年前の1980年代、松本人志さんがが20歳の頃、仕事もなく暇をもてあましていたとき、大崎洋会長とスポーツジムの25mプールに行くことに・・・。 そして突然、大崎洋会長が• 俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ と言い、本当に潜水して泳いでみせたのでした。 未だに松本人志さんはこの時のことをネタとして使っていますね。 大崎洋会長の方も松本人志さんが頑なに首を縦に振らない時は• プールの時の約束、今使うわ といい、松本さんを説得させるようです笑 とても微笑ましいエピソードですね。 こうしてダウンタウンの下積み時代から東京進出まで、 本当の兄弟のように過ごしてきた経緯があったのですね。 今回の闇営業問題から吉本興業会社全体への信用に関わる問題が起こったことで、 大崎洋会長は 辞任するのでは?とも囁かれていますね。 実際、松本人志さんには• もしこれ以上話が大きくなるようなら自分の進退を考えないといけない と漏らしていたようです。 これを受けて松本さんも• それは全力で止めます。 大崎さんがいなかったら僕も辞めるので• うちのアニキなんでね。 大崎さんがいなくなったら僕も辞めますね 松本人志さんは、2019年7月21日(日)の生放送番組でそう語ったのです。 松本さん涙ながらに 「僕は会長の大崎洋とやってきた。 これ以上問題が大きくなり進退も考えなきゃいけないって話もしましたけどそれは僕は全力で止めます。 大崎さんいなかったら僕も辞めるんで。 2019年7月22日(月)吉本興業の代表取締役社長 岡本明彦氏が会見を開くことになりましたが、大崎洋会長も含めた進退が注目されるところです。 さいごに 吉本芸人の闇営業問題発生から会社の対応があまりに酷すぎるとして、宮迫博之さん、田村亮さんが吉本興業との一連のやりとりを公表(暴露?)しました。 これを受けて、社長である岡本明彦氏が会見を開くことになりましたね。 そして ダウンタウンの 松本人志さんが アニキのように慕っている現吉本興業会長、 大崎洋氏も辞任をほのめかす発言をしています。 もし、責任を取って退任することになれば、松本人志さんも吉本興業を去ってしまうことになりかねない事態です。 今回の父親の闇営業問題の影響がないと良いのですが。

次の

松本人志、大崎会長が「いなくなったら僕は辞める」

大崎 会長 ダウンタウン

来歴・人物 [ ] に卒業後、吉本興業に入社。 以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させ、からの東京事務所時代には、を支えた。 吉本に入社した理由は、私服で通勤が可能な会社だったからと語っている。 入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていたが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。 夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する! 」と怒鳴り声を上げた。 その日以来、仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長に上り詰めた。 はかねてより大崎の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。 吉本所属タレントの中でも、特にとの関わりが強く、開校時の担当社員となり、無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教える。 その後、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを東京に進出させる(は、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた」とネタにしている)。 また、ダウンタウンがメインの番組には・オーガナイザーなどとして参加、「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役としてテレビ出演し、そのリアルな演出にすっかり騙された今田耕司が本気で泣いてしまうという事もあった [ ]。 東京支社長就任後は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注ぐ反面、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラし、の淫行事件で早々に専属芸能家契約の解除を決定し 2016年11月に吉本復帰が許された 、の暴力団との親密交際 最終的には紳助が自ら引退 など、不祥事、モラルに反する行為を起こしたタレントに対し厳格な措置を取る(ただ、紳助が引退を決断する前に大崎が本人に対して、どういった措置を取るつもりだったのかは著書においても述べられておらず、不明である。 しかし、著書によれば吉本社内において様々な意見が出たが、大崎は紳助本人に決断をしてほしかったと述べられている )。 、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。 ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。 お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。 その20年後、本当に売れた松本は「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。 しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承した 経歴 [ ]• 1978年 吉本興業入社• 1980年 吉本興業東京事務所に、上司の(東京事務所長)と共に異動• 1982年 吉本総合芸能学院の担当社員に異動• 2000年 取締役• 2001年 吉本興業取締役、取締役• 2002年 取締役兼務• 2006年 吉本興業取締役副社長• 2009年 吉本興業代表取締役社長• 2019年 吉本興業ホールディングス代表取締役会長 暴力団との関係 [ ] 2012年、「週刊現代」1月28日号では吉本興業の創業家当主・林正樹が、大崎が5代目組長・の娘の芸能界デビューを画策していたと暴露している。 この件について「週刊現代」は、吉本興業とに連名で提訴されている。 2019年、吉本芸人が起こした闇営業騒動の中、元所属芸人のがで大崎について語り、前田らのマネージャーをしていた時代にヤクザから何回も仕事を受けていたと語った。 関連文献 [ ]• 『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』幻冬舎、2013年。 脚注 [ ] [].

次の