サフ イースト。 [mixi]赤サフとゴールドサフの使用方法の違い

サフ・イースト比較|ママパン楽天市場店:製菓・製パン材料・道具の専門店

サフ イースト

サフ・インスタントドライイースト及びサフ・ドライイーストの商品お取扱い説明 - サフ・インスタントドライイーストの商品説明 - 商品番号・名称 商品画像 1202 ドライイースト (粒状) 1203、1232 インスタントドライイースト赤 (顆粒状) 1226 インスタントドライイースト金 (顆粒状) 予備発酵 約15分必要とします。 6%〜1. 0% 0. 6%〜1. 5% 1. 0%〜2. 5% 適正パンの種類 フランスパン、ハード系食パン その他長時間発酵向きのパン フランスパン、食パン、バターロール クロワッサンなど糖分の少ないパン ブリオッシュ、菓子パン、デニッシュなど特に糖分の多いパン 低温発酵の適正 パンの種類により不適当の場合があります。 低温発酵(冷蔵生地)にその威力を発揮しリターダーへの使用に効果があります。 ) ミキシングが少ない場合は温水で溶かしてから使用の事。 糖分の含有量によってイースト量を多少加減する注意の事。 他は左記の赤ラベルを参照 開封後の保存法 常温でも良いがなるべく涼しい湿度の少ない場所で保管。 開封後は必ず冷蔵庫に湿気を含まない様にして保管。 2,それに少量の砂糖(お湯の量の約5%)を加えながらかき混ぜる。 3,イーストを1ヶ所にかたまらない様ふるいこみます。 4,約7〜8分放置後ゆっくりかき混ぜ、ねり状にします。 5,ねり状になって、約6〜7分たってから粉に混ぜて使用します。

次の

サフ・インスタントドライイースト及びサフ・ドライイーストの商品お取扱い説明

サフ イースト

外食もしづらい巣ごもり生活により一日3食を自炊する人が増えている。 一方で料理疲れから、手軽な粉物料理の需要は多いようで、ホットケーキミックスやたこ焼き粉なども店頭から姿を消しており、さらにはパン作りに欠かせない強力小麦粉も売り切れは続いている。 強力小麦粉はグルテンが強いため弾力性がありパンに気泡を閉じ込めやすい。 さらにパン作りには小麦粉の発酵を促すイースト(パン用酵母)も必須だが、インスタントドライイーストが売り切れたままのお店も多い。 ネットショップを見てもスーパーでお馴染みの日清製粉のカメリアドライイーストの3グラム10袋入りだけでなく、50グラム一袋も「入荷の予定はありません」と表示されたままだ。 インスタントドライイーストが売り切れではホームベーカリーでパンがつくれないと戸惑うユーザーもいるだろうが、そもそも日清製粉で販売しているイーストは国内産ではなくフランス産。 パン作りのプロや愛好家も使っているフランス企業、ルサッフル社の製品だという認識がパンづくりをする人の"常識"だ。 ルサッフル社は日本では馴染みが薄い企業だが、同社のホームページによれば、1853年に生まれたルサッフル社は子会社81社世界51カ国に拠点をもち、185カ国で製品を販売している多国籍企業。 10万人以上の従業員を抱え、年に22億ユーロもの売上を上げる世界最大のイーストメーカーである。 世界でパンの主食化が進む中、注目すべき存在だ。 同社のドライイーストは日本のパンづくり愛好者の間では「サフ」と呼ばれるメジャーな存在。 サフは赤色、青色、緑色、金色など複数のパッケージがあり、それぞれ「赤サフ」「金サフ」などと呼ばれている。 もっともポピュラーなイーストが「赤サフ」。 青サフは赤サフからビタミンCを無添加にしたもの、金サフは糖分多めのパン生地向け、緑サフはピザ用という具合だ。 ネットショップでも赤サフは品薄になっており通常より高い価格で取引されている(5月13日現在)。 現在のサプライチェーンの中で、輸入依存にリスクはないのだろうか。 そこで日清製粉本部グループに話を聞いた。 <>内は日清製粉の回答を編集部でまとめたもの。 <先月(4月)くらいから需要が伸びています。 やはりご家庭でのパンづくりをするといった用途での需要が大きいのでしょう。 <用途に応じて小分けの容量を変えております。 これはルサッフル社のことでしょうか。 国内では生産は難しいのでしょうか。 日清製粉は製粉メーカーなので、イーストの国内市場規模を考えたら専門メーカーから輸入したほうがコスト的にも安定供給的にも合理的という判断か。 そもそも日本人の主食はお米だし、米余りも長年問題になっているのだから小麦ではなく米を食べればいいという意見もあるが、パンも食べたくなる。 国内でもパン用酵母(イースト)はいろいろと作られている。 また生のイーストなど、パン用酵母もドライだけではない。 この機会にいろいろと試してみるのもいいかもしれない。 (取材・文=平井康嗣/日刊ゲンダイ)•

次の

サフ・インスタントドライイースト及びサフ・ドライイーストの商品お取扱い説明

サフ イースト

リンク ドライイースト「サフ saf 」は種類によって用途が異なります さて、最近パンサークルでも、ドライイーストは「サフ」を買う人が増えてきたような。 私がお世話になっているパン教室の先生もサフ使用です。 創業150年以上の歴史を持つ、世界最大のイーストメーカーであるフランスのルサッフル社。 スーパーではカメリアのドライイーストしかおいていない事が多いですが、カルディコーヒーに行けば手に入りますよ。 もちろんアマゾンでもOK。 サフのドライイーストはこのように種類が分かれています。 インスタントドライの赤サフを使っている人が一番多いのではないでしょうか。 糖分が12%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使うと発酵力が弱まります。 使う時もキャップを外してサラサラと使えるので、非常に便利。 欠点は、 大量ってこと。 でも冷凍庫に保存して、1年じゃ全然へこたれない。 2年たってもちゃんと膨らみました。 (そこの所は自己判断でヨロシク!) 赤サフ 低糖性。 糖分が5%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使っても大丈夫。 MEMO インスタントドライの場合は、冷凍することによって発酵力が弱まっているので、一度常温に戻してから使います。 セミドライ の場合は、常温に戻さずそのまま使えます。 イースト菌の生存確認方法 長期間保存していると発酵力が弱まり、パンが上手く膨らまない事があります。 小さな泡がぷくぷく出たら、イースト菌はまだ健在。 でも泡が出ない場合は、もう使えませんということになります。 ドライイーストはパン作りになくてはならない存在。 自分が作る種類に合わせてイーストの種類を選ぶと、より美味しいパンが誕生するのかも。

次の