九州 新幹線 ネット 予約。 B&Sみやざきネットきっぷ|JR九州

お問い合わせ

九州 新幹線 ネット 予約

スポンサードリンク JR九州のネットきっぷの予約が安い! まず、JR九州インターネット列車予約とは、 JR九州とJR西日本の特急列車の切符をインターネットを使って予約するサービスです。 JR九州ネット予約と言っても、九州内だけではなくて 例えば、博多から新大阪まで行く場合とか、九州内から西日本に行く場合も予約できます。 通常、窓口で切符を購入する場合だと、往復で行く場合の最安値は 2枚切符でしょうか。 しかも、片道から購入できるので、往復じゃないのーって方にもおすすめです。 九州ネットきっぷとは? 例えば私、今回は用事で佐賀から熊本への切符が必要となりました。 4月現在 九州ネット切符だと、片道4,100円なので、往復8,200円ですね。 あんまり変わらないじゃん? と、思われたかもしれませんが、 九州ネット切符は指定付、2枚切符は自由席ということを見逃してはいけません。 もしも、2枚切符に全て指定席をつけると、2,000円以上はかかると言われました。 指定席がついて、しかもネット切符の方が安い ということです。 これなら断然ネット切符でしょう!! ちなみに、九州ネット切符には、指定の区間だけさらに割引価格で購入できる ・九州ネット早得3(3日前までの予約) ・九州ネット早得7(7日前までの予約) などがあります。 これを使えば、博多から熊本まで2,570円(九州ネット早得7)で行けちゃいます。 通常料金は、5,130円なので、かなりお得ですよね。 ただ、これらの超割引切符は、予約後変更ができないなどの縛りがあるので、要確認です。 その他、九州ネット切符には以下のような便利な点もあります。 とかができる。 (当日までに埋まってしまう可能性はあるけど) どのくらい開いてるのかなども見ればわかるので、混雑してそうだからこの時間はずらそうかなとかもできる。 土日は、当日切符買う人で窓口が混雑しているし、できれば平日に行きたいけど、仕事してるとなかなか難しいんですよね。 一方で、ネット予約だと、「ネット」なので時間に縛られずいつでも予約が可能です。 しかも、駅や窓口での切符発売日よりも、1週間前から「事前申し込み」という形で予約ができます。 特に混雑が予想される日などの予約には、とても便利ですね。 が、ネット予約であればこれが何度でも手数料無料で変更が可能です。 もちろん、窓口と同じで、指定列車が出発したあととかは駄目ですけど。 スポンサードリンク JR九州ネット予約や受け取り方法! 九州ネットきっぷを予約するためには、 ・会員登録 ・インターネットの環境 が必要になります。 これまでは、支払がクレジットカードのみでしたので、本人名義のクレジットカードの登録が必要でしたが 2017年の5月16日からコンビニ等での現金支払いにも対応するようになりました。 PCの場合は 右上にある、新規会員登録のところから、登録をしてください。 スマホの場合は「 JR九州アプリ」というアプリがあるのでダウンロードしても、ネットからでも。 ちなみにアプリをダウンロードしておくと、電車の遅延情報が見れたり、自分が予約している列車の情報が表示されたりと(ログインしている場合)何かと便利です。 完了後に、登録したアドレスに、予約番号などが送られてくるので保存しておきます。 現金払いを選択した人は、支払を済ませておきましょう。 先ほど保存したメールに書いてある予約番号と、クレジットの場合、予約したクレジットカードが必要となります。

次の

九州新幹線

九州 新幹線 ネット 予約

JR公式サイトへのリンク icon-clock-o (JR九州公式サイト) icon-info-circle (JR九州公式サイト) icon-male (JRサイバーステーション) つばめ・みずほ・さくら:各列車の違いは? 九州新幹線には、大きく分けて つばめ みずほ さくらの3つの列車があります。 それぞれの列車には、 車両・運行区間・停車駅・所要時間の違いがあります。 九州新幹線には、主に次の3つの車両があります。 新幹線に乗るなら、とにかく速く目的地に到着したい!と思うかもしれません。 でも、九州の魅力を堪能するならつばめへの乗車がおすすめです。 つばめは、各駅に停車するため駅間のスピードも控えめ。 みずほはもちろん、さくらもほとんど停車しない駅(筑後船小屋や新玉名)に降りて、観光するのもいいですね! つばめはのんび~り旅行するのにぴったり。 みずほ・さくらはビジネス利用や目的地(到着駅)でたっぷり時間を使いたい方向けです。 グリーン車を予約する• 普通車指定席を予約する• 回数券を購入する• 自由席の切符を購入する• 学割を利用する(学生のみ)• ジパング倶楽部会員料金で予約する(60歳以上のみ)• ここでは「普通車指定席」よりも安い料金でチケットが購入できる「 回数券を購入する/ 自由席の切符を購入する/ 学割を利用する/ ジパング倶楽部会員割引料金で予約する」の4つの予約方法について詳しくご紹介します。 回数券を購入する(九州新幹線2枚きっぷ) 「回数券」を購入することで、九州新幹線の乗車1回あたりの料金が安くなります。 回数券は、指定区間の往路、復路どちらにも利用できます。 有効期間は1日ですが、その分通常の2枚きっぷより割引率は高いので、指定区間を日帰りで利用する場合はおすすめです。 ただし、学割を受けるためには片道あたり1枚の「 学割証」が必要なので事前に取得しておくのを忘れないようにしましょう。 また学割を受けるためには必ずJRの窓口で切符を購入する必要があります。 指定席券売機では割引の適用は受けられませんので注意してください。 icon-calendar 予約はいつから?• 1か月前~乗車直前 「ジパング倶楽部」とは、男性65歳以上、女性60歳以上の方が入会できるJR各社共通の会員サービスです。 入会すると会員証と会員手帳が発行されて、JR線を片道・往復・連続で片道201Km以上利用する場合、切符の料金が2割引きまたは3割引になります。 (ジパング割引) ジパング割引は九州新幹線の運賃、特急料金にも適用されます。 (みずほは運賃のみ割引) ジパング倶楽部の入会条件、年会費、割引額は以下の通りです。 0km未満 6,780円 5,810円 指定席 (みずほ) 8,790円 設定なし 201. 0km未満 なし なし 自由席 (つばめ・さくら) 6,950円 5,450円 201. 0km未満 6,410円 5,450円 自由席 (みずほ) 8,270円 設定なし 201. ジパング割引を利用するには、会員証と会員手帳を用意したうえで必ずJR窓口で切符を購入する必要がありますので注意してください。 icon-calendar 予約はいつから?• 1か月前~前日 「ハロー!自由時間パス」は、ハロー!自由時間クラブ会員向けの乗り放題きっぷです。 九州新幹線、特急列車が3日間乗り放題になります。 料金は以下の通りです。 詳しくはをご覧ください。 ハロー!自由時間クラブとは ハロー!自由時間クラブは、 女性50歳以上、男性60歳以上の方が入会できるJR九州の会員サービスです。 対象年齢の方がJR九州Web会員に登録(無料)すると、自動的に入会できます。 (夫婦会員はなく、一人ずつ入会する必要あり) 「」と似ていますが、入会条件も受けられる特典も違いますので注意してください。 ハロー!自由時間クラブとジパング倶楽部両方の会員になっている方は、ネット予約限定の「」が受けられます。 電話予約(受付終了) 「JR九州電話予約センター」では、九州新幹線の指定席予約をすることができましたが、 2019年3月15日をもって営業を終了しました。 番外編:新幹線定期券を購入する 通勤・通学などで九州新幹線を毎日のように利用する人であれば選択肢となるのが、新幹線用定期券を購入する方法です。 JR九州では、九州新幹線の 自由席のみ利用できる定期券を販売しています。 九州新幹線の定期券「新幹線エクセルパス」には通勤用と通学用の2種類があり、どちらも1カ月・3か月・6か月用から選択可能です。 九州新幹線の定期券はすべての区間向けに設定されているわけではなく、おおむね170Km圏内の区間に限って販売されています。 新幹線だけあって定期券となるとかなりの高額になりますが、割引率も非常に大きくなっています。 通学用のエクセルパスであればさらに安く、6割以上の割引率です。 九州新幹線に 毎日のように乗車する必要がある場合限定であれば、定期券が一番割引率の大きい切符購入方法です。 JR九州が発行するクレジットカード「JQカード」を持っている場合はJQカードを登録すると、ポイント(JQポイント・JRキューポ)の交換など、便利なサービスが利用できるのでおすすめです。 JR九州インターネット列車予約で予約できるチケットはSUGOCAなどのICカードには対応していませんので、JR九州、JR西日本エリアの駅で 紙のきっぷを受け取ることが必要です。 きっぷ受け取れる時間は「4 時30分~23時30分」ですが、駅によって 「指定席券売機」「みどりの窓口」「びゅうプラザ」等の 営業時間が短いなどの場合もありますので、事前にきっぷを受け取る駅の受け取り可能時間を調べておくことをおすすめします。 専用アプリ「JR九州」 JR九州インターネット列車予約には、専用のアプリ「JR九州アプリ」があります。 (iOS、Android対応) アプリ経由で九州新幹線を予約すると、SUGOCAやJQカードと共通で利用できるポイント「JRキューポ(旧eレールポイント)」が貯まるので、九州新幹線を頻繁に利用される方はJR九州アプリから予約することをおすすめします。 JR九州アプリでは他にも「時刻表の確認」、アプリ限定のプレゼント抽選への応募、「スタンプコレクション」など便利で楽しい機能が利用できます。 九州ネットきっぷ(JR九州ネット予約サービス) icon-calendar 予約はいつから?• 1か月前~乗車6分前 JR九州ネット予約サービスでは、九州新幹線エリア内区間のグリーン車、指定席、自由席の料金が通常よりもお得になる「 九州ネットきっぷ」が予約できます。 九州ネットきっぷは区間限定ですが、通常のきっぷと比較してデメリットは特にありません。 またきっぷの受取前で出発前なら何度でも変更できるので、通常のきっぷではなく九州ネットきっぷを購入することをおすすめします。 九州ネットきっぷの割引率は区間によって異なりますが、1割~最大4割ほどの割引が受けられます。 早特きっぷ(JR九州ネット予約サービス) icon-calendar 予約はいつから?• スーパー早特21:1カ月前~21日前• スーパー早特きっぷ:1カ月前~14日前• 九州ネット早特14:1カ月前~14日前• 九州ネット早特7:1カ月前~7日前• 九州ネット早特3:1カ月前~3日前• WEB早得3:1カ月前~3日前• e早特:1カ月前~3日前 JR九州ネット予約サービスには、以下8種類の九州新幹線向け早得きっぷがあります。 スーパー早特21• スーパー早特きっぷ• WEB早得3• e早特(JQ CARD会員限定)• 九州ネット早特14(JQ CARD会員限定)• 九州ネット早特7• 九州ネット早特7(つばめ限定)• 九州ネット早特3 このうち、 スーパー早特21、 スーパー早特きっぷ、 WEB早特21、 e早特の4つは、 九州新幹線と山陽新幹線をまたぐ区間の新幹線を予約する場合に利用できます。 残りの3つ、 九州ネット早特14、 九州ネット早特7、 九州ネット早特7(つばめ限定)、 九州ネット早特3は、 九州新幹線エリア内のチケットを予約する際に利用できます。 JR九州ネット予約サービスの早特が利用できる主な区間と料金(指定席)は以下の通りです。 JR九州ネット予約サービスで九州新幹線を予約する場合は、まず早特チケットの条件に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。 ただし、スーパー早特21・スーパー早特きっぷ、九州ネット早特14、九州ネット早特7では 予約後の変更は一切できません。 変更したい場合はきっぷを払い戻し(手数料あり)たうえで、再度予約しなおす必要がありますので注意してください。 eきっぷ(JR九州ネット予約サービス) JR九州ネット予約サービスで購入できる「 eきっぷ」は、JQカード会員専用のきっぷです。 割引料金が適用された特急券で、乗車券と組み合わせて使用します。 JR九州ネット予約サービスとe5489(JR西日本)共通で利用できます。 ただしeきっぷは、 学割で購入した乗車券や 往復割引で購入した 乗車券とも組み合わせて使えるので、この場合は九州ネットきっぷよりも安くなります。 2回目以降は切符の払い戻しをして再度予約。 回数券(ばら売りも含む) 予約した列車の発車前であれば、手数料無料で何度でも 変更可能。 (乗車日時・座席) JR九州インターネット列車予約 きっぷの受け取り前、指定列車の発車前であれば手数料無料で何度でも 変更可能。 (乗車日時・座席・区間)きっぷの受け取り後は、1回限り変更可能。 旅行代理店ツアー、ホテルパック 変更不可。 変更したい場合はキャンセルして再度予約。 (乗車日の10~20日前からキャンセル料が発生).

次の

「九州ネットきっぷ」の買い方、使い方、ルールと値段|新幹線旅行研究所

九州 新幹線 ネット 予約

広告 JR九州インターネット予約の会員制度 JR九州インターネット列車予約は2つの会員種別があります。 「JR九州WEB会員」と「JQ CARD会員」です。 JR九州WEB会員 JR九州WEB会員は、クレジットカードを発行しないJR九州インターネット列車予約の会員です。 無料で登録できます。 インターネットで新幹線など列車の予約ができ、ネット割引のきっぷも購入できます。 ただし、JQ CARD会員専用割引きっぷは買えません。 「eきっぷ」や「e早特」も購入できません。 JQ CARD会員 JQ CARD会員は、JR九州のクレジットカード「JQ CARD」の会員です。 JQ CARDは、ゴールドカード以外は年会費は実質的に無料です(ただし、1年に1度以上のショッピング利用が必要)。 JQ CARD会員は、全てのインターネット専用きっぷを購入できます。 広告 JR九州インターネット予約で購入できるきっぷ JR九州インターネット列車予約では、主に「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特3」「九州ネット早特7」「eきっぷ」「e早特」「スーパー早特きっぷ」といった割引きっぷを購入できます。 きっぷはJR九州インターネット予約のホームページで予約・決済し、駅で受け取ります。 受け取れる駅はJR九州の各駅で、山陽新幹線関連のきっぷはJR西日本でも受け取れます。 九州ネットきっぷ 運賃と特急料金がセットになった割引きっぷです。 区間、列車、設備、席数限定です。 全会員が購入できます。 九州ネット早特3 「九州ネットきっぷ」の早割版です。 乗車日の3日前の23時が購入期限です。 区間、列車、設備、席数限定です。 全会員が購入できます。 九州ネット早特7 「九州ネットきっぷ」の早割版です。 乗車日の7日前の23時が購入期限です。 区間、列車、設備、席数限定です。 全会員が購入できます。 eきっぷ インターネット予約専用の特急券で、通常の特急券よりも値段は安く設定されています。 JR西日本のe5489と共通で、自由席、指定席とも原則として同額です。 JQ CARD会員専用です。 e早特 eきっぷのうち、早期購入で新幹線が割引価格で乗車できるサービスです。 乗車の3日前の23時までの予約が基本で、列車・区間・席数限定です。 それ以外の利用方法は、eきっぷと同じです。 JQ CARD会員専用です。 乗車14日前の23時までの予約で、山陽・九州新幹線が割引価格で乗車できるきっぷです。 JR九州インターネット予約のホームページで予約・決済し、駅で受け取ります。 全ての会員が利用できます。 通常のきっぷ インターネットで予約・購入できる普通のきっぷです。 駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格です。 全ての会員が購入できます。 JR九州インターネット予約で購入したきっぷの変更 「JR九州インターネット予約」で予約・購入したきっぷの変更ルールは、購入したきっぷの種類によって異なります。 駅での受取前ならば変更が何度でも可能なものもありますが、その場合、変更手続きはJR九州インターネット予約のホームページ上で行います。 変更が一切できないきっぷもあります。

次の