どくだみ 茶 の 効能。 どくだみ風呂の驚くべき効能は? アトピーやダイエットにも効く?

どくだみの効能・効果

どくだみ 茶 の 効能

えっ?どくだみ茶って薬だったの? 「どくだみ茶」に加工される前の「どくだみ(草)」は、その昔、薬として重宝されていたようで、平安時代や江戸時代のお薬書物にも書かれています。 平安時代は「シブキ」、江戸時代に入って「ドクダミ」と呼ばれるようになったようです。 湿疹やニキビ、切り傷、やけどなどに効いたようです。 また、どくだみは、薬草湯の入浴剤として使われニキビなどの肌荒れを予防したり、 アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減する効能もあるようです。 そんなお薬として珍重されていた「どくだみ」ですが、「どくだみ茶」としての効能や効果はどんなものがあるのでしょうか? スポンサードリンク 「どくだみ茶」の効能と効果 その昔、薬として重宝されていた、どくだみですから、「どくだみ茶」として飲んでも、美容や健康に素晴らしい効能や効果があります。 どくだみにはたくさんのフラボノイド類やミネラル類が含まれています。 では、ご紹介します!• フラボノイド• クエルセチン:血管の拡張、排尿促進、胃腸の炎症を抑える• ルチン:血管を丈夫にする、血管の老化を抑える、ビタミンCの吸収を促進する• その他のフラボノイド類:抗酸化作用、便秘改善、老廃物の排出、血液の浄化など。 また、生葉に含まれる デカノイルアセドアルデヒドはとても強い殺菌抗菌作用を持っています。 ミネラル• カリウム:高濃度に含まれたカリウムで血圧を下げる効果がある。 カルシウム:骨や筋肉の形成や促進の効果がある。 マンガン:酵素の活性化や酸化防止、骨や皮膚の形成など。 その他、亜鉛や鉄など免疫力の向上や貧血を防ぐ成分も含まれています。 たくさんの成分とその効能を整理すると• 高血圧予防の効果• 弱った胃腸の炎症などを抑える効果• デトックス効果• 美肌効果• 便秘解消効果 など実にたくさんの効果が期待できます。 また、ノンカフェインですので、妊娠中の方でもお子さんでも安心して飲めるお茶なのです。 えっ?!どくだみ茶」に副作用が? とてもたくさんの効果がある「どくだみ茶」ですが、ちょっと気をつけていただきたい点があります。 便秘に効果がある「どくだみ茶」ですので、お腹が緩い体質の方は下痢をしてしまう可能性があります。 また、腎機能に障害のある方は摂取したカリウムを尿として排出できないため高カリウム血症を発症する可能性があります。 どくだみ茶が体質的に向かない方は残念ですが、そうでない方も体調に気をつけながら飲む量を調整することをおすすめします。 まとめ いかがでしたか? 「どくだみ茶」は、フラボノイド類やミネラル類、ビタミンもたくさん含まれていて、美容にも健康にもすごくいいってことがわかりましたね! 特に、• 最近肌荒れが気になる方• ストレスや生活習慣で胃腸が弱っていると感じる方• 便秘に苦しんでいる方 には効果バツグンです! 是非、毎日の生活に、どくだみ茶を取り入れてみてはいかがでしょう?.

次の

どくだみ茶の効能や効果が驚き!副作用に気をつけよう

どくだみ 茶 の 効能

どくだみ茶を飲んだことがありますか? 初夏になるとあちこちに生えている、とても生命力の強い野草、どくだみから採れるお茶です。 健康にいいとは聞くけど、どんな効果があるのかというとよくわからない部分もありますよね。 どくだみ茶は健康にいいだけでなく、実は女性に嬉しい効果もあるんです。 どくだみ自体に独特な香りがあるので、お茶にも独特な風味がありますが、 ノンカフェインで妊婦さんや子供でも安心して飲むことが出来るんですよ。 「十薬」という生薬名があるくらい健康効果の高いどくだみ茶。 健康だけでなく美容のためにも役立ててみませんか。 お肌にどのような効果があるのかご紹介します! どくだみってどんな野草?どくだみについてのおさらい! ドクダミは、北海道を除く日本全国に生えている多年草で、初夏には小さな可愛らしい花を咲かせます。 道ばたでもよく見かけるでしょう。 どくだみの歴史は古く、平安時代の書物にはすでに登場します。 その頃は「之布岐(しぶき)」と呼ばれていましたが、江戸時代に入ってからどくだみと呼ばれるようになったようです。 諸説あるのでその名前の由来ははっきりとはわかっていません。 ゲンノショウコ• センブリ と合わせて 日本三大薬草のひとつとされています。 主に、葉を乾燥させてお茶として飲むのが一般的な使い方。 7月の土用の丑の日頃に薬効成分が最も多くなるといわれているので、この頃に採取して乾燥させ1年分のお茶として使われます。 滋養強壮に良いと、天ぷらにして食べることもあるんですよ。 高温で揚げると独特の臭みも和らいで美味しくいただけます。 毎日の水分補給をどくだみ茶に…まさに薬!どくだみ茶の4つの健康成分 十薬と呼ばれる程、健康維持のためには必要な成分が含まれているどくだみ茶ですが、具体的にはこんな健康効果があります!というものをご紹介しますね。 最近ちょっと太り気味かも、と思ったら、 普段飲む水分をどくだみ茶に代えてみてはいかがでしょうか。 イソクエルシトリンで血液サラサラ どくだみ茶に含まれる イソクエルシトリンなどのフラボノイド類はには高血圧などの生活習慣病を予防します。 どくだみ茶の生活習慣病予防効果は下記のとおりです。 血液をサラサラにする• 血圧を下げる• 動脈硬化を予防する 最近脂っこいものや甘いものばかり食べて少し太り気味かな、と思ったら、身体の内側からキレイになるために、どくだみ茶を飲みましょう。 カルシウムで丈夫な骨を作る どくだみ茶にはカルシウムも豊富に含まれているので、お茶を飲みながら骨粗しょう症の予防にもなります。 出産経験のある方や女性は40代後半からは特に骨密度が低下しがちです。 牛乳を飲むよりもお茶の方が続けやすいですね。 アトピー性皮膚炎や花粉症の改善 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は体内の毒素が原因であるとも言われています。 どくだみ茶のデトックス作用でアレルギー体質の改善にも役立ちます。 利尿作用で膀胱炎も改善 どくだみ茶には強い利尿作用があります。 水分を溜め込みやすい方はもちろんのこと、 膀胱炎の改善効果も期待できます。 膀胱炎はトイレを我慢することで膀胱内に細菌が繁殖して炎症を起こしてしまう病気です。 どくだみ茶の利尿解毒作用でその細菌ごと尿を排出します。 便秘解消効果抜群!どくだみ茶の5つの美容成分で美しく! 健康効果だけでなく、美容効果もすごいんです! 中でも一番は便秘解消効果。 お腹をスッキリさせてキレイな肌を手に入れましょう。 クエルシトリンで便秘解消&毛細血管強化 女性に嬉しいのは便秘解消の効果ですね。 クエルシトリンには便を柔らかくする働きがあるので、便秘を改善する効果があります。 この緩下作用はどくだみの代表的な作用のひとつです。 また、抗菌作用によってお腹の有害物質にも効果があります。 腸に便や老廃物がたまっているとその毒素を排出しようとして• ニキビ• 吹き出物 などの肌トラブルが起こります。 毒素の出口は皮膚だからです。 便秘は美容の大敵なんですね。 腸内環境を良くすることで、美肌効果も期待できるようになりますよ。 毛細血管を強化して血管の弾力をよくすることで• 高血圧• 動脈硬化 などの生活習慣病を予防します。 肌のターンオーバーは約4週間ですからお茶を飲み続けることによって、だんだんとニキビ肌が改善されていく解消されるでしょう。 通常の皮膚トラブル以外にも、 アトピー性皮膚炎にも良いことがわかってきました。 皮膚の炎症にはどくだみ茶を飲む他にも、• ドクダミの葉をすりつぶして塗る• お風呂に入れる などの方法があります。 手作りも可能!美味しくどくだみ茶を飲む方法 これだけの効能があるどくだみ茶、せっかくだから自分で作ってみませんか。 初夏のどくだみがたくさん繁殖している時期に摘んできてお茶にしてみましょう。 どくだみを摘んでこよう! どくだみは白い花が咲いている5~7月が最も有効成分が詰まっていて、繁殖力も増す時期です。 あちこちでたくさん生えているのでどくだみ摘みを楽しむなら初夏がおすすめです。 ではその辺に生えているものを、とどこにあるものでもいいかというとそうではありません。 お茶にして身体に入るのですからなるべく、• 排気ガス など有害なものがつかない場所に生えているものを採りたいですね。 道路から離れている庭に生えているもの• 植物園や大きな公園など自然に近い状態で生えているもの などが安心です。 ただし、当然ですが場所によっては採取する際は許可を得て下さいね。 どくだみ茶を鍋で作ります。 いつもの倍くらいの濃さになるように、半分の量になるように煮詰めます。 (水200mlなら100mlくらいになるように)• 出来上がったらこして保存ビンに移し、同量のグリセリンを加えて出来上がり。 これを4~5倍に薄めて化粧水として使います 入浴剤としてお風呂に入れる どくだみ茶はお風呂にも入れられるんです。 いってみれば 「和のハーブ風呂」ですね。 どくだみ茶を入浴剤として使うと、こんな効果が期待できます。 血行促進• 保湿効果• 抗菌作用• 新陳代謝促進• 消炎作用 新陳代謝が良くなると美肌効果も期待できますね。 飲んでもニキビ予防になりますから、お風呂で使えばニキビの解消や予防に更なる効果が期待できます。 濃く煮出したお茶を入れてもいいですし、お茶パックにどくだみ茶を入れて湯船の中で揉みだしてもいいでしょう。 そのまま茶葉を入れてしまうと後片付けが大変なのでご注意くださいね。 ここだけ注意!どくだみ茶の副作用 どんなに身体にいいものでも、体質に合わない場合は副作用が出ることがあります。 それはどのような薬や健康食品でも同じことですね。 どくだみにはどのような副作用があるのかしっかりと知った上で飲んで下さい。 飲み過ぎは下痢に注意 身体にいいからといってたくさん飲めばいいというものではありません。 過剰摂取によって下痢をすることもあるので注意して下さい。 なぜなら、どくだみの効果として「便秘解消」があるからです。 元々便秘がちな方は大丈夫かもしれませんが、下痢をしやすい方は要注意ですね。 自分のお腹の状態と相談しながら飲んで下さいね。 妊娠中は体調と相談して! ノンカフェインで栄養価も高いどくだみ茶ですが、 元々お腹がゆるい方が飲むと下痢などで子宮を収縮させてしまう危険もあります。 市販のどくだみ茶は飲みやすいように他のお茶もブレンドされているのでそれほど心配する程ではないのですが、妊娠中はいつもとは体調が違います。 飲み過ぎには気をつけて下さいね。 腎機能疾患の方、高齢者は注意が必要 どくだみにはカリウムが含まれています。 腎機能が低下している方がどくだみ茶をたくさん飲むと、カリウムが腎臓できちんと濾過されずに血液中に残ってしまい 「高カリウム血症」になることがあります。 症状としては、• しびれ感、脱力感• 不整脈 などが現れます。 最悪の場合心肺停止の危険があるので、持病をお持ちで心配な方は医師に相談してから飲むと安心ですね。 毎日の美容習慣!どうせ飲むならデトックスできるどくだみ茶を! どくだみは薬草ですからね、たくさんの美容効果や健康効果があることがおわかりいただけたでしょうか。 どうせ飲むならお水よりもノンカフェインのどくだみ茶の方が、体の中からキレイになれる気がしませんか。 毎日続けることで、知らず知らずのうちに肌がキレイになって、「美人は飲んでいるものも違うなあ」と周囲に人の感心されるかもしれませんよ。

次の

どくだみ茶の基礎知識と効能

どくだみ 茶 の 効能

どくだみ茶で便秘を解消するには・・・? 朝起きてまず1杯飲むと、一日の腸の運動をより活発にすることができます。 便秘薬代わりに、毎日継続的に飲むと効果が現れてくるでしょう。 一週間ほどすると徐々に便通の間隔が短くなります。 ダイエット・むくみの改善 利尿作用によって体に溜まった毒素を排出するデトックス効果があるため余分な水分を排出してむくみの改善にもつながります。 血行が良くなることで、エネルギーの代謝をしやすくなる効果も期待できます。 冷え性・体質改善 【クエルシトリン】の効果で毛細血管が強化され、血液をサラサラにする作用によって流れがスムーズになり体全体が温まるようになります。 加えて【カリウム】をはじめ【カルシウム】、【マグネシウム】、【鉄】、【マンガン】、【亜鉛】などのミネラルも豊富なので、体内の熱生産量を上げてくれる作用があり冷え性に効果的です。 美容・老化防止・シミやシワの予防 毛細血管を丈夫にして血行がよくなり、新陳代謝がアップするため、美肌を保つのにも役立つとされています。 血液やリンパの流れがよくなることによって、シミのもとになる過酸化脂質を抑えたり、くすみやシワの生成を抑えて肌を明るくしてくれる効果が期待できます。 殺菌・抗菌・消炎作用があるため、ニキビやあせもなどに効果があると言われています。 新陳代謝を活発にする作用があり、脂肪の分解や燃焼が促進されることからも、ダイエットに役立つことが分かります。 どくだみ虫除けスプレー どくだみは、虫よけや虫刺されにも効果があります。 化学物質を使用しない昔から使われてきた天然の虫よけを、簡単に自作することができますのでぜひ試してみて下さい。 どくだみ虫除けスプレーの作り方 1.どくだみの乾燥葉を蓋付きの瓶容器に入れます。 2.そこに、葉が浸るほどの焼酎を入れます。 3.瓶を密封して冷暗所に保管しておきます。 4.2~3週間経つとどくだみエキスが抽出され茶色い液体になります。 これがどくだみの葉のエキスで、どくだみの葉の成分がたっぷり溶け込んでいます。 どくだみエキスを濾して容器にあけ、スプレーボトルに入れて使います。 お好みで、ハッカやラベンダーなどのエッセンシャルオイルを入れるのもいいでしょう。 どくだみQ&A おすすめのどくだみ茶はありますか? どくだみの葉を乾燥させたものを煮出して飲むのが一般的ですが、葉をそのまま粉末にしてお湯を注ぐだけで飲めるどくだみ粉末やティーバッグになっている商品もあります。 気軽に続けたい方にはそれらの商品をお試しください。 他の野草等がブレンドされ飲みやすくなった商品もありますので、味が心配な方はブレンド茶から始めてみるのも良いでしょう。 どくだみとは どくだみは多くの効能を持つ万能薬とされ、十薬(じゅうやく)とも呼ばれます。 どくだみの歴史は古く、古来中国から渡来し、平安時代の書物にも「之布岐」(しぶき)という名前で記載されています。 江戸時代には民間薬として盛んに利用され、特にどくだみ茶は気軽に栄養を摂れる健康茶として一般に広く親しまれていました。 今、健康・自然志向の高まりからその効果が近年再び注目を浴びています。 生葉のときは強い匂いがしますが、乾燥・加熱するとほとんど消えて飲みやすくなります。

次の