雨音が響いてますね 英語。 虚しい気持ちの意味や使い方を例文解説!読み方や寂しいとの違いも紹介 | コトバの意味紹介サイト

「月が綺麗ですね」のような…

雨音が響いてますね 英語

言われたら悲しいですね。 質問内容とは少し違いますが………) 月はよく見ると、クレーターが沢山あって醜いのよ。 今日は曇っていて、月なんて見えませんよ。 雲に隠れていて、気付きませんでした。 私もそう思っていたところです。 などですかね……。 ちなみに、雑学の領域なので使う時には注意です。 それと、これはあくまで創作と言われています。 これも注意です。 間違っていたらすみません………。 長文失礼致しました。 Nov 22, 2015, 2:47:08 PM 続けてすみません。 昨日の月の方が綺麗でした。 私は太陽の方が好きです。 本当にすみません……!こういうのもあります。 Jun 18, 2016, 2:17:18 PM 私は、一生愛している。 Aug 4, 2016, 2:38:50 PM 「星空が綺麗ですね」は明日あなたは死にます だと思います。 意味は明日貴方を殺しに行くという意味です。 Sep 7, 2016, 7:05:10 PM 「死んでもいい」は「愛しています」という意味ではないですよ。 「私もよ」という意味です。 一般的に「月が綺麗ですね」の受け答えとしてよく使われます。 「死んでもいい」というのは、二葉亭四迷による「yours」の訳です。 こういうの、大好きです。 Dec 18, 2016, 11:00:32 AM いいですねこういうの。 私も知りませんでした。 Apr 24, 2017, 2:13:44 PM 恋人に使えますね 今度使ってみますね! Apr 24, 2017, 2:17:45 PM こういうの好きですね。 Apr 24, 2017, 2:19:11 PM You must be logged in to comment :.

次の

虚しい気持ちの意味や使い方を例文解説!読み方や寂しいとの違いも紹介 | コトバの意味紹介サイト

雨音が響いてますね 英語

雨足が強まったようだ。 掛け布団の下から顔を出すと、窓ガラスを打つ雨音が大きくなっていた。 岩田は額から噴き出す汗を拭いながら、由子に寄り添って仰向けになった。 … 神崎京介『密室事情』 より引用• 島に上がったとたん、レインコートのフードを打つ雨音が激しくなった。 耳もとに豆粒をひっきりなしに投げつけられているみたい。 … 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』 より引用• 雨が降り出したのだ。 風の音は大地を打つ雨音と変わり、Dを除く三人が両手で頭を押さえた。 凄まじい打撃力である。 … 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』 より引用• 僧院の屋根を打つ雨音を聴いて作曲したとされているが、単なる描写音楽ではない。 そこをマゲて、ぼくは描写音楽ふうに聴いてみた。 … 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』 より引用• グラスマンは、歩道に車を寄せ、停車してエンジンをとめた。 車の屋根を打つ雨音のほか、音というものはなかった。 「いままでのところは、うまくいったぞ」と、グラスマンがいった。 … ガードナー/能島武文訳『管理人の飼い猫』 より引用• 俺は顔を両手で覆った。 土を打つ雨音を聞きながら、どうしたら楠木ふみに謝ることができるかを考えた。 もはや、明日のホルモーのことなど、どうでもよかった。 … 万城目学『鴨川ホルモー』 より引用• そう言っているように、私には思えた。 だけど、聞こえてくるものは、激しく地面を打つ雨音だけ。 … 久弥直樹『Four Rain』 より引用• やわらかく屋根を打つ雨音を聞きながら、イアルはぼんやりと 王獣舎 おうじゅうしゃの 天井 てんじょうを見ていた。 かたわらで、エリンが動いた。 全身、寒気がしていた。 プレハブの事務所内には彼以外の人影もなく、トタン屋根を打つ雨音だけが空虚に響く。 青白い蛍光灯の光の下で、彼は獣骨の間にラップトップ式のパソコンを置いて調査日誌を打ちこんでいた。 … 坂東眞砂子『蛇鏡』 より引用• やんわりと釘を刺し、しばらく考え込む。 辺りが急にしんとして、屋根を打つ雨音が間近に募ってくる。 その音に刺激されたわけではないだろうが、地下鉄の改札を出た時に感じた得体の知れない胸騒ぎが蘇ってくる。 … 原田宗典『どこにもない短篇集』 より引用• 遠くから波の音だけが響いてくる。 屋根を打つ雨音は、既に去っていた。 にわか雨だったらしい。 … 綾辻行人『十角館の殺人』 より引用• 玄児は真顔で頷いた。 途切れなく屋根を打つ雨音に混じって、低く重々しく雷鳴が響いた。 … 綾辻行人『暗黒館の殺人 上 改訂06 02 08』 より引用• 落雷だと気づいたときには、見える範囲の街灯の明かりも、背後の玄関ホールにともっていた明かりも、つぎつぎに消えていった。 薄墨色 うすずみいろに静まった景色の中で、コンクリートを打つ雨音だけがこれまでより大きくなった。 しばらくその音に聞き入ってから、深行がゆっくり口を開いた。 … 荻原規子『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』 より引用• 宗方が、今、何を考え、何に悩んでいるのか、美佐子は、それを知りたいのだ。 夜に入ると、雨足が、いくらか強くなり、屋根を打つ雨音も、聞こえるようになった。 その、雨の中を、田島は、頭を濡らしながら戻ってくると、「ありましたよ」と、大きな声で、いった。 … 西村京太郎『夜が待っている』 より引用• 道路のあちこちに小さな川が流れ、運動場や庭の芝生には即席の池ができていた。 私はスレート屋根を打つ雨音を聞きながら眠りについたが、夜が霧のたちこめる土曜日の明け方に変わる頃、恐ろしい夢を見た。 雨のしずくが縞模様を描いている窓ガラスの向こうに、白い顔が見えた。 … パトリシア・コーンウェル『検屍官』 より引用• 建物を打つ雨音に二人の足音が重なって響くのを聞くうち、何となく私は、光の届かない海の底の回廊を歩いているような心地になった。 両側に並んだいくつもの扉の前を通り過ぎ、やがて私たちは廊下を左に折れた。 … 綾辻行人『暗黒館の殺人 上 改訂06 02 08』 より引用• 時折、ヒョウのような大粒の雨が横なぐりに吹きつける。 おそらく何か声高に喋っているのだろうけれど、聞こえるのは屋根を打つ雨音と、耳を吹き抜ける風の音ばかりである。 何か突発的なことが発生したのだろうか。 … 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』 より引用• が、顔を上げようともしない。 フロント・グラスを打つ雨音が、間遠になっていく。 男は、アクセルをほんの少し緩めた。 … 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』 より引用• どおんと重みのある音が、足の下から響いて届き、どうやら近くに落ちたものらしい。 息を呑んだ一同が一斉に天を仰ぐと、瓦の屋根を打つ雨音が、けたたましく鳴り始めていた。 十二月の雷は別段、珍しいものではなかった。 … 佐藤賢一『王妃の離婚』 より引用• 鼓膜を打つ雨音の中、顕了の声がぽつりと聞こえた。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』 より引用.

次の

【打つ雨音】の例文集・使い方辞典

雨音が響いてますね 英語

いつからだろうか。 同級生である彼に、こんな歪な劣情を抱くようになったのは。 「あーあ、雨降ってきやがった」 傘持ってきてねぇとぼやくのは、私の日直の仕事を待っていた男だ。 性格は私と真逆で趣味も合わない。 ついでに言うと口喧嘩も絶えず、殴り合いにまで発展することも少なくない。 それなのに、やつは何故か私に構う。 「だから私を待たずに早く帰れと言ったのだ。 どうせ君は天気予報など見ておらず、夕方から雨が降るというのに傘も持ってこないだろうとな」 「だぁってよぉ、お前なら降りだす前に終わらせると思ったんだよぉ」 ランサーは図星だったのか、私の指摘にうっと息をつまらせた。 が、間髪入れずに反論に出たのは流石というか、何というか。 微妙に反論になりきっていないのが残念だ。 「そもそも私など待たなければ、その様な憶測のせいで濡れ鼠になる事もなかっただろうにな」 「……仰る通りで」 鼻で笑って論破してやると、口よりも先に手が出るタイプなランサーは忽ち白旗を降る。 取っ組み合いならまだしも、ランサーが口で私に勝とうなど千年早い。 唇を尖らせて睨むランサーに嘲笑を送り、私は席を立った。 雨はまだ小降りだ。 このくらいの雨ならば、いくらガタイのいい男二人でも私の傘で濡れずに済むだろう。 「まあいい。 駅までなら送っていってやる」 「いや、コンビニ迄でいいよ。 駅だと遠回りになんだろ」 「馬鹿を言え。 貴様、出先で雨に降られる度に傘を買う気か?」 「滅相モゴザイマセン…」 コンビニで買えるようなビニール傘は値段の割に強度に些か問題がある。 乱暴者のランサーだ、すぐに壊してしまうのは目に見えている。 もし壊さなかったとしても、家に帰れば丈夫な傘があるのだから、玄関の片隅で埃を被る事になるのは目に見えている。 そんな無駄を私が許すと思うか、と一睨みしてやると、ランサーは両手を肩の高さまで上げ、降参のポーズをした。 自覚はしていなかったが、かなり殺気立った顔をしていたらしい、「ニホンのかーちゃんって怖ぇな…」とやや青ざめた顔で呟かれた。 待て、そのかーちゃんとは私の事か。 「…ランサー、巫山戯るのも大概にしておけ」 「はいよっと。 で?日誌は書けたわけ?」 「ああ、提出して来るから貴様は荷物を纏めておけ」 「分かった」 机に散乱するやつの私物を指差すと、ランサーはこくりと頷き口の開いたペンケースに手を伸ばした。 私が日誌を書く間、明日提出の課題を進めていたらしい。 私は選択していないが、彼がやっていた英語の課題の担当は外道で有名な教師だ。 たったの一・二分だろうが遅れればペナルティを与えられるだろうから、彼が担当する生徒の提出率は飛び抜けているらしい。 特にランサーは彼に気に入られているのか、他の生徒よりも厳しく…というか執拗に構われているので絶対に落とせないのだろう。 が、そこは安定の幸運値というか、ランサーが開いていたページは課題とは全く関係ない所だった。 先程気付いたばかりなのだが、殆ど終わりかけた今頃に指摘するのは如何なものか。 やはり教えずにペナルティを与えられては寝覚めが悪い。 が、そのくらいの意趣返し、許されてもいいように思う。 だって私は、こんなにもやつに掻き回されて辛い思いをしているのだから。 私とランサーは高校の入学式で出会った。 事故で両親を亡くし、引き取られた先の養父も家を開けることが多く、新しい家族と上手く馴染めていなかった私は、ご近所の姉のような存在に誘われるままに彼女の赴任する高校に入学し、荒んでいた。 煙草を吸ったり飲酒をしたりというような分かりやすい荒れ方はしなかったものの、喧嘩を売られたら即買ってしまうような、そういう不安定な状況だった。 当然そういった雰囲気を感じ取ったクラスメイト達からは遠巻きにされ、私はクラスで明らかに浮いていた。 その時は別にそれでいいと思っていたし、もともと友人は仲のいい者が数人いればいいという質だったので気にもしていなかった。 そんな私のもとに、一人の愚か者が近付いて来た。 だが、普通ではない肌や髪の色について触れてくるような者は相当礼儀知らず以外は早々いない。 それなのに、初対面で、いきなり、第一声でそう問いかけてきた男に、沸点が低かった当時の私は噛み付いた。 口喧嘩から殴り合いに発展し、入学初日から校長室で反省文を書いたのは、この学校が出来て初の事らしい。 当たり前だ、寧ろ他でもあるわけないだろう。 そんな事があったにも関わらず、二年近く友人関係を築けているのか、甚だ疑問だ。 互いが互いに遠慮をしないからだとは思うが、もう少し相手を考慮すべきではないかとも思う。 する気は一切ないが。 第一印象は最悪だった。 話してみればそこそこ人が良い事が分かった。 行動を共にいていれば気持ちのいい男だと知った。 彼の友人になれて満足だった。 だった、のに。 いつだったか、夢に見た。 浅ましい、自分の欲が現れた、そんな夢を。 目が覚めて違うと否定しても、身体はすっかり反応していた。 朝の生理現象、では済まない。 完全に黒だった。 この時の自己嫌悪は妹のイリヤスフィールが楽しみにしていたケーキを誤って落としてしまった時の比ではなかった。 いや、その時も相当落ち込んだが、それを上回ったのだ。 軽く自殺を考える程度に。 弟達や妹に泣いて止められたから未遂ですんだが。 閑話休題。 私はいつからかランサーを友人としてではなく、別の好意を抱くようになっていたらしい。 今までそう言った感情は持ち合わせていなかった、つまりはランサーが私の初恋という事だ。 腹立たしい事この上ない。 軽率で女好き、だからといって同性に厳しいわけでもなく友人は非常に多い、いつもクラスの中心で、誰にでも好かれる太陽のような存在。 そんな相手に恋したところで、成就するわけがない。 初恋は叶わないとよくいうが、せめて足掻く余地があれば良かったのに。 おまけに同性という大きな壁がある、どう考えても絶望だ。 そんな相手が好きでたまらなく、劣情まで抱き、挙句の果てには友人という立ち位置さえ有れば満足など、そんな自分に甘んじざるを得ないなど、これ以上に忌々しい事などあるだろうか? ランサーを女々しく恋い慕う自分が心底疎ましい。 「済まない、藤村先生に捕まって遅くなった」 「いーって、いーって。 そんなに待ってねーしな」 職員室に日誌を届けに行ったのはいいが、そこにいたのは知己である教師一人で。 今日の夕飯は何がいいだの、昨日のあれそれは美味しかったからまた作ってくれだの、ランサーが待つ昇降口に着くまで予想よりもずっと長くかかってしまった。 流石に申し訳なく思い謝ると、ランサーは気にした様子もなくからからと笑った。 喜怒哀楽が激しいのが難な男ではあるが、こういった懐の広さも魅力の一つだな、等と考えたところで首を振る。 女々しいことこの上ない。 「しかし本降りになってしまったな。 これでは多少濡れるのは覚悟しなければ」 「まー、何とかなんだろ」 「君な……」 良くも悪くも大らかな男だ。 呆れた様に声を出したものの、彼の豪快さ…というか大雑把さは見ていて清々しい程だ。 私には出来ない生き方には羨望さえ覚える。 ぼむっと傘を開き、ランサーに入るように促す。 おじゃましまーすと茶化す彼に苦笑しながら、私達は駅に向かって歩き出した。 ランサーといると話題が尽きない。 と言うより、ランサーはまるでシャワーのように次々と話の種を吐き出した。 好きなテレビ番組、スポーツ、本、漫画、音楽、教科、教師。 友人が多いランサーはその分話の幅が広い。 ランサーと話していて沈黙が長く続く事は全くと言っていい程ない。 騒がしいのは好かないのだが、ランサーの声を不快に思った事は一度もなかった。 もしかしたら、私はあの時から彼に惹かれていたのかもしれない。 そう思い、笑いがこみ上げてきた。 「?何笑ってんだよ」 「いや、君は黙る事を知らないなと思ってね」 「んだよ、文句あんのか」 私の皮肉にぶすくれた様にむくれるランサー。 いつも通りだ。 それが、なくなるのは非常に惜しい。 「いいや?好ましいが」 だが、このくらいなら許されるだろう。 私の抱く思いの一片、それくらい吐き出すくらいなら許されてもいいはずだ。 普段好意を示す事がないからか、先程までよく動いていた口が止まった。 雨降りの傘の中は人の声が最も美しく聞こえるそうなので、出来ればもっと聞いていたかったのだが、残念だ。 もうすぐ駅に着いてしまう。 「しかしよく降るものだ。 雨音が響く」 おう、と珍しく口数少なく返答するランサーは知らないのだろう。 私の一言に隠れた本当の意味を。 アーチャーと士郎はイリヤに甘くてイリヤは皆に厳しくて優しくて男達は仲悪そうで結構仲いい 最近末弟が見知らぬ女性といるのを見かけて年の差が凄いのでざわつく衛宮家 笑 ランサー このランサー、アーチャーより先にアーチャーの思いに気付いてて尚且それより先に好きになってた アーチャーがいつ告白してくれるかそれとも俺から行くべきかソワソワソワソワしてる周りはどうでもいいからはよ付き合えとか思ってる バレバレである 何か書いてたら膨らんできたから続き書きたい気もあるけど多分書かない.

次の