年金 免除 失業。 失業者なら簡単にできる国民年金保険料免除の継続方法

失業者なら簡単にできる国民年金保険料免除の継続方法

年金 免除 失業

<国民年金の免除制度 目次>• 老後の年金がなくなるかも! 受給条件は加入期間10年以上 老後に老齢年金を受給するためには、 国民年金や厚生年金などの加入期間が10年以上ないといけません。 つまり9年11カ月の間、年金保険料を納めたとしても、老後の年金額は0円ということになるのです。 平成29年7月までは、加入期間が25年以上という条件でした。 25年以上の加入期間から10年になり、年金が受け取れないという人は減りました。 とはいっても、老齢年金は加入期間によって支給額が変わります。 加入期間が長い方が年金額は多くなります。 このように加入期間は大切。 60歳を過ぎてから「しまった!」と思っても遅いのです。 加入期間は途切れなくしておくのがポイントです。 障害・遺族年金も、もらえなくなる? 年金は老後のためだけではありません。 病気やケガによって法令で定められた障害状態になれば、「障害年金」が支給されます。 また、死亡した場合、18歳以下の子ども(障害がある子は20歳未満)がいる場合は「遺族年金」も支給されます。 国民年金での障害基礎年金は、障害1級で年間99万7125円。 遺族基礎年金は、子が1人と妻の場合は年間100万6600円(令和2年度)。 いずれも、年金がない生活は考えられませんよね。 これらの受給は、きちんと国民年金に加入していないともらえませんよ。 年金は老後のことだけではありません。 条件によっては保険料の免除制度も利用可能 とはいっても、退職後で定職もなく生活をするのがやっと……という状況では、保険料の納付も大変。 国民年金の保険料は月払いで1万6540円(令和2年度)。 家計にかなりの負担になります。 国民年金保険料が免除される所得基準。 前年(もしくは前々年)の所得で判断される。 夫か妻のいずれかのみに所得(収入)がある世帯の場合。 一部免除の目安の所得(収入)は、一定の社会保険料を支払っていることを前提とした場合の目安 上の表は、国民年金保険料の免除制度が利用できる所得基準です。 この免除制度は、 家族構成とその所得によって、免除が受けられるか、受けられるとしたらその範囲が決まります。 例えば、夫婦2人の世帯であれば、92万円の所得で全額が免除、195万円の所得で半額免除が受けられます。 判断基準となる所得ですが、前年(または前々年)のものが対象となりますのでご注意ください。 所得は、収入から扶養親族等控除額や社会保険料控除額などを引いたものです。 およその収入が上の表のカッコ内に記載してありますので、参考にしてください。 夫か妻のみの所得があり、一定の社会保険料を払っていることを仮定しています。 この所得ですが、本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得も所得基準の範囲内である必要があります。 自分自身の収入がなくても、他の家族に収入があれば免除が許可されないということです。 全額免除でも、年金額は2分の1もらえる 免除されている間は年金加入期間としてカウントされます。 なので、加入期間が足りなくて老齢年金が受け取れないという事態は少なくなりそうです。 また、将来の老齢年金の受け取れる年金額も少しは増えます。 例えば、全額免除でも、保険料を全額払った場合の2分の1は支給されます(平成21年3月分までは3分の1となります)。 全額免除 年金額1/2(平成21年3月分までは1/3)• 4分の1納付 年金額5/8(平成21年3月分までは1/2)• 2分の1納付 年金額6/8(平成21年3月分までは2/3)• 4分の3納付 年金額7/8(平成21年3月分までは5/6) 基礎年金の国庫負担が平成21年4月より、3分の1から2分の1に引き上げられました。 それにともない、全額免除での年金支給は、3分の1から2分の1に引き上げられました。 さらに、免除の効果が高くなったわけです。 国民年金の免除制度、失業者向け「特例免除」も これらの免除の所得基準は、前年の所得で判断されるものです。 なので、今年になって退職し収入もなくなったのだけど、去年は収入があったという人は、上の免除制度が利用できません。 そんな時は「 失業等による保険料免除」を利用しましょう! 「失業等による保険料免除」は、前年の所得があっても国民年金免除制度が利用できる特例 本来であれば、本人と配偶者、世帯主の所得で免除の審査をされていたのですが、この特例では、 本人の所得を除外して審査がされます。 前年の所得があっても免除制度が利用できるのは、失業者にとってありがたいですよね。 この特例が利用できるのは、その年度または前年度に退職(失業)の事実がある場合です。 この特例も、通常の免除と同様に加入期間にカウントされますし、年金額もアップします。 該当する人はすぐにでも申請をしましょう。 国民年金免除の申請手続きは、自治体窓口か郵送で 免除申請の手続きは、住民登録をしている市区町村役場の国民年金担当窓口へ申請します。 郵送でも申請ができます。 申請用紙は、市区町村の窓口や年金事務所で、もしくはよりダウンロードして入手します。 また、この 申請は毎年行わないといけません。 免除の申請サイクルは7月から6月までです。 7月になったら新たに申請をするようにしましょう。 いかがですか? 年金といえば遠い先のことと思わずに、今できることを対策しておきましょう。 年金不安などといわれていますが、年金が受給できないとなると、安定した生活は難しいかもしれません。 まずは、年金を受けられるように手続きをしておきましょう。 【関連記事】•

次の

国民年金保険料の免除等の申請が可能な期間|日本年金機構

年金 免除 失業

退職(失業)による国民年金保険料特例免除のメリット• 全額免除を受けた期間も、保険料を一部納付したことになる• 本人の所得審査を除外して審査を受けられる• 万が一の際に障害年金や遺族年金を受け取れる ではそれぞれのメリットについて、詳しくみてみましょう。 失業による年金免除を受けた期間も保険料を一部納付したことになる 国民年金保険料特例免除を受けると、配偶者や世帯主の収入に応じて月々支払う保険料が次の割合で免除されます。 全額免除• 4分の3免除• 半額免除• 4分の1免除 また年金免除になった期間も、年金の受給資格期間には算入されるんですよ。 ただし、将来もらえる年金額は、年金保険料を全額納付した場合に比べて2分の1になります。 失業による年金免除の特例制度は、通常の年金免除よりも審査が通りやすく、「障害年金」や「遺族年金」の支給対象になるなどのメリットがあります。 また、免除された年金保険料はあとから納付することができます。 追納すれば、将来もらえる年金額を増やせるだけでなく、年末調整などで所得控除も受けられるのです。 ただ、免除を受けていた期間から3年以上経ってしまうと、追納する保険料に加算額を上乗せして納めなければなりません。 失業中は年金免除を申請して金銭面の負担を軽減し、転職したらなるべく早く年金保険料を追納するようにしましょう.

次の

失業・退職したときの(失業手当、年金免除、国保軽減)手続きまとめ!

年金 免除 失業

失業者に優しい国民年金の特例免除 僕が以前会社を退職したときは、特例免除を知らなくて失業した後も真面目に毎月支払っていました。 しかも律儀に口座振替にしてました(笑) この時は免除の制度自体は知っていましたが、てっきり前年度の収入的に申請しても無駄だなと思っていたので、申請しなかったんですよね。 市役所の窓口では、対応してくれる担当者にもよりますが、実は僕のときにはこの特例免除についての説明は全くありませんでした。 支払い自体はできていましたが、雇用保険と貯金で生活をしていて、金銭的には厳しかったので、特例免除の制度を知っていたら、申請しておけば良かったなと思っています。 せっかく特例免除という失業者に優しい制度がありますので、僕と同じ目にあわないよう?保険料の納付が難しい方は特に、ご自身で特例免除の制度をしっかり理解し、賢くこの制度を利用して欲しいと思います。 特例とはいえ免除には条件があります 条件1:すでに支払ってしまった分の免除はできません 会社を退職後、通常であれば厚生年金から国民年金に切り替えをします。 その後何もしなければ失業したとしても関係なく支払いをしなければなりません。 僕のように失業後毎月支払っていると、後で気づいて免除申請しようとしても、例え特例免除であっても免除申請自体ができなくなりますので、気を付けてください。 免除しようかどうか迷っているときは、一旦支払いを保留し市役所の窓口で相談した方がよいと思います。 条件2:家族がいる場合は本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得が判断基準となります。 特例免除であっても、家族がいる場合は本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得が要件を満たしているか、通常の免除申請と同様に審査の対象となります。 例1)本人、配偶者、子供の3人暮らしの場合。 年金免除の所得基準について、詳しく知りたい方はをご参照ください。 条件3:遡れるのは2年1カ月前まで 数年前に失業して数カ月間分だけ未納期間がある場合、その期間分だけの特例免除申請も可能です。 ただし遡れるのは2年1か月前まで。 そういえば会社退職した後、数カ月間だけ未納期間があるなんて方は急いで申請に行きましょう。 また、忘れていたとはいえ未納であることには変わりありませんので、仕事が見つかって経済的に余裕がある方は、将来もらえる年金額のことも考えて、出来る限り支払う方向で考えましょう。 失業したときの年金免除の申請方法 申請方法はとても簡単です。 住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ申請書と必要な書類を提出するだけです。 申請書「」は日本年金機構のHPからダウンロードも可能ですが、窓口にもありますので、担当者に書き方を教えてもらいながら書いた方が簡単ですし確実だと思います。 失業による特例の年金免除申請に必要なもの• 国民年金保険料 免除・納付猶予申請書• 雇用保険受給資格者証の写しまたは雇用保険被保険者離職票等の写し・・失業したことが証明できる書類として必須• 国民年金手帳• 印鑑(認印) 年金の免除をしていれば後から追納ができるので安心 保険料を免除すると、その期間国が一定の割合(全額免除であれば2分の1)を負担してくれますが、それでも将来もらえる年金額は減ってしまいます。 しかし免除の承認を受けていれば、経済的余裕ができたときに後から追納することができるので安心です。 国民年金を追納するときの注意点• 年金事務所に申込が必要です。 承認されないと支払いはできないので注意です。 追納できるのは10年以内の免除期間• 3年以上前の追納には加算額が上乗せされる。 2年前までは大丈夫なので早めの追納がおすすめです。 毎月の年金の支払いでさえ大変なのに、今更過去の分を支払うなんてと思う方も多いと思います。 それでも老後のことを考えると、病気やケガも心配ですし、少しでも年金額を高くしておいた方が絶対的に安心です。 また所得税や住民税が軽減(最大8万円)されたりとメリットもありますので、是非この追納制度を有効に利用して将来の安心を手に入れましょう。 まとめ 会社を退職し失業したときの、国民年金の特例免除についてご紹介しました。 特例免除は前年度所得をゼロとして審査してくれるため、経済的に厳しい失業者にとってはすごく優しい制度になっています。 また免除されている期間は、国が一定の割合を負担してくれたり、障害年金や遺族年金の支給が受けられたりとメリットが大きく申請しない理由がありません。 余裕ができたら後から追納もできますので、是非この特例免除の制度を有効に活用し、賢く社会保障制度を利用していきましょう。 北海道の札幌に住んで10年。 おもちゃ屋、行政書士、アフィリエイト、書店員、営業、コールセンター、経理、部下20人ほどの管理職と職を色々渡り歩いてます。 アラフォーロスジェネ世代。 今は忙しかった毎日を少し休憩し、ブログを書きながら日々ゆったり生きています。 身の回りで起きた出来事や、Windows、Twitterを利用していて困ったこと、利用して便利なサービスやアプリ、気になるニュースなど、これみんなの役に立つかなーってことを記事にしています。 最近は1日の終わりにHuluで映画を観るのが何より至福の時間。 【好きなもの】ゲーム・YouTube・乃木坂46・日向坂46・山本彩・アニメ・漫画。 ゲームはシューティングやアクション系が好きです。 YouTubeでよく見ているのはフェルミ研究所。 最近注目しているのは、ゆきりぬ、春茶、オリジナルのキズナアイです。

次の