フリート 出航先。 Pハイスクール・フリート

パワプロ

フリート 出航先

投手評価 野手評価 8. 5点 9. 上の写真のとおり、高校によって練習で得られる積荷は決まっています。 積荷の入手個数には以下の法則があります。 上の写真のとおり、積荷の色により、入手できる経験点が決まっています。 どこの高校に行くかによって経験点にボーナスが付き、また特定条件下でさらにボーナスが付きます。 最後に、次回以降同じ目的地を訪れた場合は進行度が引き継がれます。 お見送りボーナス 寄港先の部員と一緒に練習すると「合同練習進行度」がupし、タッグ練習が可能になります。 さらに次回出港時に「お見送りボーナス」を受け取ることができます。 5倍の補正を掛けます。 複数種ある場合は全てにボーナス補正が付きます。 船積みボーナスについて 練習する際、 キャラの役割と積荷の種類が一致することでボーナスを得ることができます。 船積みタッグについて 船積みボーナスとスペシャルタッグが同時に発生していると船積みタッグとなり、船積みタッグで獲得した積荷を倉庫に入れる際、 収納先にすでに入っている積荷を圧縮して半分のサイズにすることができます。 出港について 練習場所には積荷に加えて出港の鐘が配置されます。 条件は以下の通り。 出航可能になると1ターンごとに選べる寄港先が減り、3ターン経過すると強制出航となってしまうので注意してください。 また、出港先は画面右上の縮小ボタンを押すことで次の次まで見ることが出来、それ以降の出港先はおそらくランダムで決定されます。

次の

パワプロアプリのサクセス「フリート高校」の攻略法がネットの記...

フリート 出航先

「フリート高校編」ストーリー概要 球場を備えた超巨大客船クイーン・オブ・フェスティバル号を手に入れた女傑オクタヴィア。 「甲子園優勝」を果たすべく、船を高校にしたフリート高校を設立し、全国各地の有力高校に赴き、野球部のレベルを引き上げようとする。 しかし、そこにフリート高校の行く手を阻む謎の船団が現れるのだった。 果たして、フリート高校野球部は「甲子園優勝の夢」にたどり着けるのか?恋と友情と野望が行き交うクルージング高校ストーリーここに出航! 【ポイント】超巨大客船で各地に赴き積荷を売却。 寄港先では各高校の選手と合同練習も行える! 船積み練習で船にどんどん積荷を載せよう!船積みタッグ練習を利用すれば、積荷を圧縮して、より多く積むことができるぞ! 積荷は出航先で売却することで経験点などを入手できる。 出航先はこれまでに登場した主要高校が選択可能!他校の選手と合同練習してより強力な選手を育成しよう!• オクタヴィア 頭の上にタコを乗せた女子投手。 決め球は魔球オクトスモーク。 気に入らないことがあると周囲の人間をタコのピエールの触手で締め上げる。 館橋 水奈都 (たてはし みなと) 二塁を守る女子選手。 頭脳明晰、品行方正。 男子とのフィジカル差を感じており選手を続けるかどうか悩んでいる。 沖野 海里 (おきの かいり) 一塁を守るパワーヒッター。 観察眼に優れ、手先が器用で努力家。 普段は無口だが造船技術や道具について語る時はおしゃべりになる。 梶 増人 (かじ ますと) 最高球速151キロの本格派右投手。 運動神経がよく、なんでもすぐに上達するが、突き詰めることはない。 明るく脳天気で女子にモテる。 泡瀬 満里南 (あわせ まりな) 野球部のマネージャー。 海で救助されたときに記憶を失っており何を見ても新鮮に感じている。 すぐに服を脱ごうとする癖がある。 2020. 12 NEW! 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014.

次の

『育成理論』フリート高校〜船積み練習&出航で大量経験点GET〜|パワプロアプリ攻略 ぱわでび

フリート 出航先

電話の連絡先は、宗谷真霜一等監察官だった。 『それで、何があったの?』 「こちらで晴風を保護しました、全乗組員は無事です」 『ほんとに!?』 「本当です、それと少し厄介なことになりましてね、晴風は一時的にこちらで預かります」 『何かあったの?』 「猿島の件、晴風乗員の話だと、猿島が攻撃してきたということになっています、それに海上安全委員会からの撃沈に関しての報が出ています、晴風乗組員全員の保護のため、こっちで保護します」 『わかったわ、猿島の件、もう少し調べてみるわ』 「お願いします、陸では真霜さんが頼りですから」 『わかっているわ、それでなんだけど?』 「はい、なんでしょう?」 『真白元気だった?』 「あぁ、妹さんでしたか?元気でしたよ、こっちに驚いていましたけど」 『そういえば、貴方と会うの初めてよね?』 「そうですね、相変わらず雰囲気が似ていましたよ」 『私に似ているからね、真雪には似ていないけど』 「まぁ、どうなんでしょうね?以外に似ているところもあるかもしれませんよ」 『ないない、ま、そういうことだから、晴風の件任せたわよ』 「はい、任されましたよ」 そういうと通話が途切れた。 「では、向かうとしましょうか」 そういうと光近は晴風に向かった。 理由はいろいろといえる理由や言えない理由もある。 『よ、よろしくお願いします』 艦橋要員たちはものすごく緊張していた。 無理もない、さすがに所属やその規模を知っているものであれば、緊張しないわけがない。 「ま、そんな緊張しないでいいさ、こっちも緊張しているんだから」 かくいう光近も緊張している。 さすがにこの状況はいろいろとあるが役得な面、かなりつらい。 さすがに同年代の女子と寝食が一緒というのは、緊張する。 「(艦娘はあれは別だったからな…)」 多少、問題はあったものの、大丈夫だったが今回は違う。 「提督さんも緊張するんだ」 「まぁ、人間ですから」 ちなみに、晴風には各種通信機器が持ち込まれており、光近は晴風に居ながらも通信が出せる。 「では、早速出航しよう」 そういうと、持ち込まれた通信機のマイクを取り 「第二艦隊出航!」 そういうと、艦隊各艦が汽笛を鳴らす音とともに、艦隊が動き始める。 空母と戦艦は各種水雷戦隊に囲まれ、旗艦となる晴風は重巡が左右についた。 それから出航して数時間、航路も安定したので 「では、見回りでも行ってくるとするよ」 「あ、私も行きます」 名乗りを上げたのは、記録員で書記の納沙 幸子だった。 「えーと、納沙さんだよね?」 「はい、ココでいいですよ」 「わかった、ココさん、行きましょうか」 そういうと艦橋を任せ光近は艦を見回ることにした。 修理しているのは、砲雷科の武田 美千留と小笠原 光だった。 「提督さん、日没までには何とかするよ」 「まぁ、無理しないでくれよー」 「よろしくおねがいしますー」 「「はーい」」 そういうと、その場を去る光近とココちゃんであった。

次の