カー エアコン ガス 補充 料金。 オートバックスでのエアコンガスの補充(チャージ)&フィルター交換の料金

エアコンガスクリーニング【費用】│カー用品のジェームス

カー エアコン ガス 補充 料金

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 長年愛車を乗っている方は、「車のエアコンを最強でつけているのに、全然効かない。 おかしいなぁ。 」って感じたことがあるでしょう。 車のエアコンが効かない時、原因として一番高い可能性となるのはエアコンガスの減少です。 今回はそんな車のエアコンガスの補充方法と、もしショップに修理を依頼した時の工賃をまとめましたのでご覧ください。 車のエアコンガスの補充方法について 車のエアコンガスがなくなった時、解決策として2つの方法があります。 解決策1 自力で車のエアコンガスを補充する。 かかる費用は、 1,300円~3,600円くらい。 一見、ショップに補充を依頼するのとさほど金額が変わらないと感じるかもしれませんが、後述するチャージホースは一度購入すれば故障して使えなくなるまでずっと使えます。 そのため、 2回目以降はエアコンガス代のみかかる計算になりますので、非常に安上がりです。 解決策2 ショップにエアコンガスの補充をお願いする。 かかる費用は、 2,000円~5,000円くらい。 では、それぞれの方法について見ていきましょう。 — 2018年 7月月6日午後9時27分PDT 2013年~2019年現在、オゾン破壊係数、地球温暖化係数の値が、R134aよりも優れているという理由から世界的に普及の兆しを見せている。 日本車に関しても、世界へ輸出することも視野に入れている車種(レクサスやクラウン、フィットなど)から順次移行してきている。 こちらのR1234yfは、可燃性ガスの為、補充回収は有資格者のみと義務付けられています。 したがって、こちらのR1234yfは、自力で補充はできません。 ショップへ依頼しましょう。 エアコンガスの補充方法 では、ここではR134a(HFC-134a)が使われている車のエアコンガスの補充方法をご説明いたします。 必要な工具類とかかる費用 エアコンガスの補充ができるといっても、手ぶらではできませんので必要な工具とそれに伴う費用をまとめました。 1.R134aエアコンガス — 2018年 7月月22日午前4時41分PDT 今回補充するエアコンガスそのものです。 ショップにもよりますが、 290円~600円程度で販売されています。 2.チャージホース エアコンガスを車本体に補充挿入する際に使うホースです。 メーターが付いているものと付いていないものが売られていますが、すでにメーターだけを持っている方以外はメーター付きを買いましょう。 エアコンガスがどれくらい入ったのか、メーターがないとわかりません。 こちらもショップによって値段にばらつきがありますが、だいたい 1,000円~3,000円で販売されています。 あまり安いものはホースの材質やつなぎ目のシール、パッキンなどが安価なものが使われている事が多く、壊れる可能性も高いのでそういった点も考慮したほうがよいでしょう。 手順 では実際にエアコンガスの補充の手順を見ていきます。 (当記事では、何かあっても責任は負いかねますので、自己責任でお願い致します。 チャージホース側にはバルブをひねると出てくる針があります。 これが出ていないことを必ず確認して、 樹脂でコーティングされているところに針がまだ刺さらないように注意して、ホースをねじ込んでください。 この接続ポートには、キャップに「L」と書いてある低圧ポートと「H」と書いてある高圧ポートがあります。 ここでチャージホースを接続するのは、「L」とかいてあるポートなので、こちらのキャップを外し、チャージホースをつなぎます。 そこで、事前にチャージホース内の空気を抜く エア抜き作業を行います。 エア抜きは簡単。 エアコンガス缶に繋いでいるチャージホースのねじ込みを少しだけ緩めてやるだけです。 すると、「プシュッ!」と空気が抜けます。 この一瞬で十分ホース内の空気は抜けますので、すぐに締めて元に戻します。 そして、窓も全開にしておきましょう。 (室内温度が下がって出力が自動で下がるのを防ぐ為) この状態で、チャージホースのメーターを確認します。 基本的には、緑(LOW)・水色(FULL)・黄色(ALERT ・赤(DANGER)の表記がされています。 エアコンの効きが悪い場合、このメーターの緑か水色の低めの場所にメモリがあるはずです。 (ここで黄色や赤、青でも黄色に近い場所にメモリが来ていた場合、エアコンガス不足ではない他の原因が考えられますので、ショップへ相談しましょう。 エアコンガス缶側のチャージホースのキャップにバルブがあり、これをひねる事で針がガス缶に刺さります。 そして逆にひねって緩めていくと針が抜け、ガス缶内のエアコンガスが車本体のエアコンガスパイプの方へ注入されていきます。 ガス缶からガスが流入が開始された直後は、ガス缶自体の内部圧力が高い為、一旦チャージホースのメーター圧力が赤色のゾーンまで上がりますが、徐々に圧力が下がって正常な計測値に戻ります。 その後 エアコンガス缶の圧力が下がっていき、冷えてきますので、手で温めながら缶を振ってやると比較的スムーズにガスが入っていきます。 上昇中ならまだエアコンガス缶にガスが残っている状態です。 全く動かなくなったら、注入は完了しています。 1本でまたFULLにはなってないのならば、2本目を同じ手順で追加です。 しかし、2本目を入れることによって赤や黄色のゾーンまでメモリが上がりそうなら、やめておいてください。 (入れすぎは故障の原因となります。 ) 注入が完了すれば、車本体のエアコンガスパイプの接続を抜き、「L」のキャップを締めて完了です。 注意点のまとめ 1.はじめにエアコンガス缶にチャージホースをつなぐときは針が出ていない状態でつなぐ事 2.チャージホースを接続する先は「L」のキャップがしてある方へ。 3.エアコンガスを注入する前にエア抜きは必ず行う。 4.チャージホースのメーターが黄色(ALERT ・赤(DANGER)のゾーンに入らないようにする。 以上です。 ここで解説している方法通りに実行してもエアコンの効きが改善されない場合は、速やかにショップへ相談してください。 ちなみにここではエアコンガスを自力で補充する方法を紹介しているだけですので 、作業はあくまでも自己責任でお願い致します。 車のエアコンガス補充をショップで頼む場合の工賃 では、次にショップでエアコンガス補充を頼む場合の料金を調査いたしました。 各ショップごとにリサーチしてきましたので、参考にしてください。 値段に価格幅があるのは、前述したエアコンガスの種類、車種、エアコンガスの減り具合によって値段が上下しますので、その幅になります。 ディーラー 4,000~5,000円 ディーラーはやはり高めの価格設定でした。 ここもディーラーの親会社によって値段の差があります。 しかし、各メーカーのプロが作業してくれるので、安心感はあります。 カー用品店 イエローハット 2,000円~3,000円 オートバックス 2,000円~3,000円 オートアールズ 4,000円~5,000円 ジェームス 3,000円~5,000円 各社だいたい同じくらいの料金です。 オートアールズが少し高いのは、エアコンガス補充にエアコンガスクリーニングが付帯している為です。 現在入っているエアコンガスを一旦すべて抜き、中に溶け込んだ水分をすべて取り除いてくれることでさらにエアコン性能をあげるものです。 ガソリンスタンド 3,000円~不明 ガソリンスタンドはかなり不明瞭な結果でした。 上限額は不明です。 要因としてましては、ガソリンスタンドでは、そのガソリンスタンドの親会社、所長の方針によってかなり変わります。 利用者の声を聴いたところ、ただのエアコンガスの補充のみで、 1万円ほど請求されたとの声もあり、おすすめはし難い結果です。 もちろんすべてのガソリンスタンドがそういうサービスを行っているわけではないので、 実際ガソリンスタンドでエアコンガスを補充する場合は、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。 車のエアコンガス補充方法まとめ エアコンガス補充は自力でできるのか、ショップで補充を依頼した時と価格の差はいくらくらいになるのかという事について調査してきました。 結論としては、 自力で車のエアコンガスを補充することは特殊なエアコンガスを使っている車以外は可能です。 かかる費用は、 1,300円~3,600円くらい。 チャージホースは一度購入すれば故障して使えなくなるまでずっと使えるので、 2回目以降はエアコンガス代のみかかる計算になりますので、非常に安上がりです。 ショップにエアコンガスの補充をお願いすると、若干のばらつきはありますがかかる費用は、 2,000円~5,000円くらい。 という結果でした。 自分の愛車のメンテナンスはできる限り自分自身でやりたい方や、安く済ませたい方はぜひ挑戦してみてください。 時間がない、確実に補充してもらいたい、プロに任せる安心感が欲しい方はショップの方が確実です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 皆様によいカーライフが訪れますように。 この記事を書いた人 ゴーヤマン 新人のディーラーにそそのかされ、外車に手を出し痛い目 数百万が水の泡・・・ に合うも、プロの中古車を扱う友人に助けられた経験を持つ男.

次の

車エアコン修理費用とガス補充料金 | 車査定のトリセツ

カー エアコン ガス 補充 料金

車に乗っていればエアコンを使って 涼しんだり温かくして快適に ドライブをすることがあるでしょう。 しかしエ アコンも電気系統で動くため、 いつしか故障などが起こります。 そこで修理を出すと思いますが、 車のエアコンはどこで 修理できるものなのでしょうか。 オートバックスなどのカー用品店では エアコンの修理に対応していますが、 修理費用も気になります。 そもそもエアコンの効きが悪くなるのは 故障しているからなのかなど、 分からないことが多くて不安でしょう。 車のエアコンがどこで修理できるのか、 またどのような症状が故障なのか、 どこが悪いのかなども紹介します。 また 自分で修理もできるため、 その方法についても見てみて ぜひ実践してみてほしいと思います。 車のエアコンの修理っていくらかかるの?修理先ごとに目安をご紹介! 夏の暑い日や冬の寒い日に 車のエアコンが壊れていれば 運転に集中できないかもしれません。 夏は窓を開けることで 何とかその場を凌げるでしょうが、 冬は指がかじかんで ハンドルの扱いに支障が出ます。 エアコンの不具合に気づけば すぐに修理に出すべきと言えますが、 費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 各修理先ごとに目安の金額を紹介して、 皆さんの参考になればと思います。 オートバックス オートバックスではカーエアコンの 消臭除菌やフィルター交換については 価格が大きくかかりません。 エアコン消臭除菌=4,093円~• フィルター交換=1,080円~ また作業時間に関しても、 概ね 1時間以内には完了します。 しかし 効きが悪い場合は エアコンガスチャージもしくは クリーニングを依頼しなければなりません。 これらの 修理料金は 各店舗ごとで値段設定が異なり、 大きく見積もったとしても 5千円以内に収まるでしょう。 カーコンビニ 車のエアコンを カーコンビニで 修理を依頼した場合の費用は 以下の通りとなります。 エアコンガス補充=3,286円~• エアコンフィルター交換=1,619円~ エアコンガスの場合は 補充ガスの料金が別途発生します。 フィルター交換についても グローBOXやハーネス脱着が必要ならば 別途工賃が必要になります。 またこちらも 作業料金は目安となっており、 各店舗で工賃やパーツ料金が異なるため、 参考程度にとどめておいてください。 イエローハット イエローハットでの車のエアコンの 修理はどれくらいかかるのでしょうか。 こちらも各店舗毎で作業料金や パーツ料金が異なるため注意してください。 エアコンガス補充ボンベ=1,000円~• エアコンオイル=1,000円~• それぞれの工賃=1,500円~ 合計5,000円程度となっており、 フ ィルターのクリーニング程度であれば、 324円~の料金となっています。 また 会員に登録していれば、 フィルタークリーニングが無料になり、 さらにガス補充の作業についても 値引きされる可能性があります。 ガソリンスタンド ガソリンスタンドでも車のエアコンの 修理をお願いすることができます。 作業料金については以下の通りで、 ぜひ参考にしてみてください。 さらにダッシュボード奥に エアコン本体が配置されている場合は 取り出すための作業料金も 別途必要になることもあるでしょう。 ディーラー 新車でエアコンの効きが悪ければ、 ディーラーに持っていくことを 全力でおすすめします。 新車保証は登録時から3年間有効で、 過失がない限りはディーラー保証で 修理することが可能だからです。 ディーラー保証が終わってからでは、 エアコンの修理はどれくらいかかるのか。 これには 5千円~3万円という、 大きな開きがあるため一概には言えません。 依頼すればほぼ間違いなく直るため、 それなりの費用対効果があるといえるのが ディーラでの修理となっています。 その他の部品の修理費用についてはこちらにまとめています これって故障?症状別でご紹介! エアコンを普段から使用していれば、 何かしらの変化に気づくでしょう。 しかし 効き目が悪くなっているだけなのか、 壊れてしまっているのか判断が つきにくいことが多いのも確かです。 そこで考えられる エアコンの症状を紹介、 どのような修理が必要なのかも 合わせて見ていきましょう。 エアコンから風が出ない?! 車のエンジンをかけてエアコンのスイッチを ONにしてもエアコンから風が出ない場合は 「ブロアモーター」の故障が考えられます。 これは 風を送り出すための部品で、 動いていなければ当然風は出ません。 突然壊れるような代物でもなく、 前兆としてはエアコンをつけた際に 異音が発生するようです。 部品代相場は約2~3万円となっており、 工賃も業者によって数万円必要でしょう。 エアコンからの空気が臭い! エアコンからの風の臭いが 気になるようであれば、 フィルターを疑ってみましょう。 家庭で使用するエアコンと同じで、 車のエアコンフィルターにも 定期的なメンテナンスが必要です。 交換頻度は1年に1回と言われており、 こちらは自分の手で簡単に行えるため 下記の動画を参考にしてみてください。 手順を細かく、分かりやすく説明しており、 初めてでも簡単にできると思いますよ。 またフィルターの交換費用は 2,000円~5,000円程度となっており、 比較的安価に済ませることができます。 エアコンの風が冷えない! 夏場の冷房、冬場の暖房と、 エアコンがONになっていなければ 辛いドライブとなってしまいます。 これは エアコンガスが 不足している可能性があり、 補充することで解決するでしょう。 しかしガスは減るものではなく 配管内を循環するものですから、 どこからか漏れている可能性もあります。 その場合は大きな修理が必要で、 さらに費用は嵩みます。 エアコンから水漏れ! 車のエアコンをつけている時に 助手席の足元が水で濡れている場合、 エアコンの水漏れが考えられます。 ドレインホースという エアコンから排出される結露を エンジンルームへと排出する役目の ホースに問題があるのかもしれません。 水漏れが発生してしまう理由としては、• ホース内にゴミが詰まっている• 穴が開いてしまっている などが考えられます。 他にも ホースのねじれや 直径サイズが合っていないなどの 理由も挙げられますが、 早急に対応した方がいいでしょう。 これって修理?それとも買い替え?目安はどこで決めるべき? 部品交換が必要な故障だと、 工賃とは別に 部品代が発生し、 それぞれ 安くても数万円します。 滅多にありませんが、 全パーツ交換が必要だと 総額で20~30万円となることも・・・。 それだと中古車を買う方が安くなるため、 どの部位が悪く、パーツ交換が必要なのか 見積もり時に内容を詳しく聞きましょう。 エアコン系統のトラブルは少ないとはいえ、 本体内部で起こっている問題であるため、 修理費用はそれなりに掛かってしまいます。 エアコンの修理は保険が使える? 結論として、保険の適用は難しく、 使えないものと考えておきましょう。 もし仮に 事故によってエアコンが 壊れてしまったのであれば、 これは保険が適用できる 可能性が少し出てきます。 それでも 過度の期待は 禁物であることには変わりません。 しかし 新車購入時から3年以内なら ディーラー保険で対応できます。 ディーラーでの修理であれば、 ほぼ確実に直して戻ってくるため、 積極的に活用しましょう。 車のエアコンの修理!時間はどのぐらいかかる? エアコンフィルター交換やクリーニング、 ガス補充程度の作業ならば、 作業時間は1時間あれば十分です。 しかし車のエアコンで 機械系統のトラブルが発生した場合、 その修理には数日を要することもあります。 また 部品の在庫状況によっても、 所要日数が大きく変動するでしょう。 原因が分かれば修理の時間を 大方予想することができますが、 内部の故障であれば未知数であるため 修理先に確認するようにしてください。 修理は自分でできる?! 部品交換が必要な場合を除けば、 車のエアコンの修理は自分でできます。 一見難しそうなガス交換も 補充場所を押さえれば可能です。 詳しい手順については 動画を参考にしてみてください。 ボンネット開けて器具を設置し、 エンジンをかけた後の エアコン設定の方法についても 詳しく説明されています。 また ガス補充に関しては ガスボンベが必要となるため、 事前に必ず準備しておきましょう。 まとめ 車のエアコンの修理について どこで修理できるのか、 そもそも 故障しているのかなど、 様々な内容で見てきました。 エアコン周りの故障については 滅多に起こらないものではありますが、 放置しておけば様々な部品に 影響を与えるため注意しましょう。 ドライブ中に関しても、 夏は熱中症になる可能性があり、 冬はかじかんで運転がしづらくなります。 そのため、エアコンのトラブル対応して 存分に楽しめるようにしましょう。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の

オートバックスでのエアコンガスの補充(チャージ)&フィルター交換の料金

カー エアコン ガス 補充 料金

皆様は、家庭や車で使っているエアコンの仕組みをご存知でしょうか? そもそもなぜエアコンから冷たい風が出るのか。 という話になりますが、それは気体と液体の関係にあるのです。 例えば、注射をする時にアルコール消毒をして冷たいと感じることがあると思いますが、これはエアコンの冷たい風の仕組みはこれと同じなのです。 注射をする時に皮膚に塗るアルコールは揮発性の液体のため、すぐに気体となります。 液体が気体となる時に熱を奪っている(気化熱)ので冷たく感じるのです。 エアコンガスの液体が気体になる際に熱を奪い、その気体をコンプレッサーで圧力をかけて液体に戻しているのがエアコンの仕組みです。 つまり、エアコンガスは減ることは無いということもこのようなことから分かります。 注射でいうアルコールの役割を果たしているのがエアコンガスになるということです。 よくプールに入った後や手を洗った後に動くて冷たいと感じるのは、おそらく液体が気体になろうとしているからだと考えられます。 よく、夏場はエアコンが効きにくいからエアコンのガスを補充しようかな?と感じることがあると思います。 そこで、このエアコンの仕組みを少しでも理解していろことによって、これからエアコンについての問題に当たった時に冷静に対処をすることができます。 エアコンガスは理論上では減りません。 また、エアコンガス漏れの危険性としては、裸火に触れると有毒化するということがあります。 しかしこのようなケースは滅多に無いそうです。 ましてやエアコンのガス漏れで引火して爆発するという話は全く聞きません。 ほんの少しずつガス漏れしていることに気づいたらガスを補充して、四年後くらいにガスを補充する頃には車を乗り換えていることが殆どと言えます。 なので、エアコンガスの調子がおかしいと感じたら補充をして1年くらい様子を伺うと良いでしょう。 理論上ではエアコンガスは基本的は漏れません。 それではなぜエアコンガスは減ってしまうのか?ということですが、車は走行中に振動をしています。 その振動によってエアコンガスの機密性を保つことが難しくなり、少しずつですが漏れてしまっていることがあるのです。 エアコンガスを補充すれば数年は冷たい風が出てくるので心配は殆どいらないと言えます。 エアコンガスが漏れている場合にはエアコンが効かない、熱交換器に霜がついているというケースが考えられます。 また、少しいつもと違う臭いがするという場合もあります。 フロンガス自体は無害ですが、それが火気に触れると化学反応を起こして塩化水素、フッ化水素といった有害な分解生成物が発生する恐れがあるのです。 エアコンの吹き出し口から臭いがする、というのはおそらく漏れたガスが火気に触れて化学反応を起こし、このように塩化水素やフッ化水素といった有害な分解生成物が発生している可能性があります。 これらは有害な生成物ですので、人体に影響及ぼすことは間違いありません。 すぐにエアコンのスイッチをオフにして修理工場やガソリンスタンドの方に確認してもらうことをオススメします。 漏れることは無いと言って良いほどのエアコンガスが漏れる原因は、車の振動によるものなのです。 振動によってエアコンガスの機密性を保つことが難しくなり、少しずつですが漏れてしまいます。 家ではエアコンのガス漏れを心配したことが無いというのは家ではその振動が無いに等しいからです。 車でエアコンのガスが漏れてしまう原因はその振動以外には殆どありませんが、例えば砂利道を走ることが多く、その石がエアコンのパイプに跳ねて傷がついてそこからガスが漏れてしまうということも可能性としてはあります。 しかし、こまめにコンプレッサーの横からエアコンガスの残量をチェックしたり、荒々しい運転を毎日の様に繰り返しているようでなければ、過度にガス漏れが起きることは無いに等しいと言えるでしょう。 ここまでで、エアコンから冷たい風が出る仕組みや、エアコンガスについて大まかに知っていただけたかと思います。 コンプレッサーで圧力をかけて圧縮したエアコンガスをコンデンサーに送り、エバポレーターに噴射されて一気に気化するときに、まわりの熱を奪う事で冷気が発生させます。 そしてその冷気をブロワファンで風を車内に送ります。 車内の空気中の水分はエバポレーターで凝縮されて水滴となるため除湿されます。 エバポレーターを出た冷媒 エアコンガス は、再びコンプレッサーに戻って圧縮され、循環をすることで冷房のサイクルが完成します。 このようなことからエアコンは車内を涼しくする目的と除湿をする目的に使用をすることに長けています。 夏場で湿気が多い時にはエアコンを入れると思います。 その時は自然と除湿されているので涼しく感じると思いますが、家でエアコンを使う時は除湿を押すことを心掛けましょう。 それでは、エアコンガスの補充はどのようにして行うのでしょうか?また、やり方は簡単なのか?費用はどのくらいするのか?と言った疑問に応えていこうと思います。 まず、エアコンガスの自体が約2000円前後で購入でき、工賃も約2000円くらいだということです。 しかし、エアコンガスを補充する際には専門的な知識を要するため、整備士の方や専門の方に修理をしてもらうことがオススメです。 尚、オートバックスさんや整備工場で入れてもらう場合には工賃含めて8000円くらいするそうです。 しかし、自分でエアコンガスを補充することは実際にできます。 自力でエアコンガスの補充を行うことで出費が抑えられます。 後程、自力でエアコンガスの補充の仕方とかかる費用を紹介していきます。 エアコンガスを自分で補充するには、チャージングホースとガス本体が必要です。 このチャージングホースはガス本体から車にエアコンガスを補充するためのホースの役割を果たします。 まず、チャージングホースにガスをセットします。 そして、チャージングホースの短い方のホース(ピンがある方)をまずはガス単体(買ってきたもの)に繋げます。 繋げる時、その部分には針が少し出ている可能性があるので、ピンで回して針をしまいます。 針が出ていないことを確認したらガスをそのピン側のチャージングホースにセットします。 セットしたら、今度はもう片方のホースを車のエアコン配管の低圧側カプラーに接続をします。 セットしたら、ピンを回して針でガス缶に穴を開けます。 するとカーエアコン機器側にガスが注入されていきます。 ガスの注入する量はチャージングホースのメーターで確認することができます。 入れすぎたと思ったらピンを回してガスの注入量を調整して抑えます。 ガスの量の目安としてはメーターの針の位置が青い部分にあると良いです。 なお、エアコンガスの補充時はエアコンを始動して1番低い温度に設定をし、風量は最大にした状態で行います。 そして、車に合った指定のエアコンガスを入れるようにしましょう。 チャージングホースは市販で約2,000円くらいで、ガス自体は200円〜400円くらいの物があります。 ガスの量の目安などはエンジンルームの内側で確認できると思いますので、是非自力で試してみることをオススメします。

次の