茨城 名物料理。 茨城県の名物食べ物人気ランキング!

茨城県の安くて美味しいランチがいただける和食店トップ5

茨城 名物料理

納豆はパック入りでしか食べたことがない人が多いのでは?水戸では、昔ながらの藁入り納豆が手に入ります。 天狗納豆は納豆の老舗で、地元民の支持も厚いです。 藁入り納豆は手間もあり、いかにも観光客向けで地元の人はあまり手にしませんが、一度は経験しておいて損はありません。 ワラの香りがほんのり染みた納豆は、どこか懐かしい味です。 納豆を藁から取り出すのに苦戦しがちですが、藁の外側を水で濡らすのがポイントです。 濡らしすぎなければ中の納豆がシャバシャバになりません。 なのに不思議なくらいスルッと取れます。 photo by• 【HP】• 【アクセス】JR水戸駅より徒歩10分• 伝統のある天狗納豆では、変わり種の納豆や納豆菓子も!干し納豆はお土産にも適していますし、栄養が凝縮されているので旅行中でスタミナ切れしそうな時にも役立ってくれますよ。 県北部でハイキングに出かける際にはぜひポケットに。 納豆のあのねばりが苦手という方でも、干し納豆なら楽しめるはず。 ぜひトライしてみて下さい。 ですが、独特のにおいはそのままですので、悪しからず。 【HP】• 【アクセス】JR水戸駅より徒歩10分• 【地図】の地図 納豆にトロロ、オクラやめかぶなど、ねばりけのある食材をふんだんに盛りつけたねばり丼、主に水戸市内で食べられます。 これは完全に観光客向け、地元の人にとっては「何を今さら」といった感があり、あまり注文しません。 とはいえ、せっかく茨城に来たからにはトライしてみて悪いことはありません。 洋食屋の「花きゃべつ」さんで洋風にねばり丼を味わえるのはまた趣あり!ネバネバ食材はローカロリーなのに食べごたえがあるのが良いところです。 名物をいろいろ食べ過ぎて太りそう、でも満腹になりたい、なんて時にいかがでしょうか。 【HP】• 【アクセス】JR水戸駅より徒歩約10分• スープがあっさりしており、麺にはれんこんが練り込まれていて、ヘルシーなラーメンです。 人気店が残念ながら閉店してしまいましたが、高い評判で生き残っている「石田屋水戸藩らーめん」が今もおすすめ。 トライしやすい一品です。 偕楽園観光とセットで楽しめば、あなたも江戸時代にタイムスリップした気分が味わえるはず。 【アクセス】JR水戸駅より徒歩20分または車で5分• ご当地グルメイベントでもよく出場しているので、聞いたことがあるという方も多いかもしれません。 60年ほど前に創設された製麺所が発祥で、地元では歴史の長い定番メニューです。 「喰い道楽 すみよし」は元祖に近い味として親しまれています。 お店によって味付けやバリエーションが違うのも特色です。 シンプルなものから、ボリューム満点なオムそば、中華らしさが味わえる上海風など、好みに合わせて店を選べるので誰もが楽しめるはず。 【アクセス】ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅より徒歩12分• 大洗など海沿いの町を訪れたら一度は食べてみたい一品が、あんこう鍋です。 シーズンは11月から2月、冷えた体を温めてくれますよ。 おすすめは郷土料理が売りの「元祖あんこう鍋 山翠」さん。 落ち着きのある店内で、あんこうのみならず軍鶏や納豆といった茨城らしい料理が充実しています。 お店だけでなく、旅館でも提供しているところがあるので、温泉や広いお風呂とセットで楽しみたいところですね。 現地で味わうだけでなく、お取り寄せを利用すればご家庭でも作れます。 【HP】• 【アクセス】JR水戸駅より徒歩約20分•

次の

茨城の名物はなんだ!? 観光地から食べ物、お土産まで徹底紹介

茨城 名物料理

あんこうの中でも特に美味しいと言われる頬肉を存分に食べられる「あんこうの柳焼き」は多くの人が注文する人気メニュー。 また、ご紹介した「あん肝」を堪能したい方におすすめなのは「肝味噌焼き」です。 大人数で行った方がさまざまなメニューを楽しめますが、おひとり様向けのどんぶりメニューや釜飯なども見逃せません。 四季折々でメニューが異なるので、時期を変えて何度も行きたくなってしまうことでしょう。 ちなみに地元の人の間では奥久慈しゃもの名店としても名が知れておりますのでこちらも是非ご賞味ください。 すみよしはひたちなか市にあるお店。 旧那珂湊(なかみなと)市エリアにあり、那珂湊漁港があるため、一年を通じて周辺一帯は旬の新鮮でおいしいお魚が食べられる食事処が右に左に軒を連ねます。 それらの中ですみよしは「那珂湊きっての名店」とだけあって、あんこう鍋はお出汁の香りをかいだ瞬間思わず「今まで食べてきたあんこう鍋と全然違う!」と口に出さずにはいられない程でしょう。 ここ最近、地元B級グルメとして話題を集める「那珂湊焼きそば」の名店としても地元民からは知られており、店内では焼きそばを美味しそうに頬張るお客さんの姿も多く見られます。 この焼きそばも那珂湊の魅力がぎゅっと凝縮されたスペシャルな一品ですので是非ご賞味ください。 駅前なので車の運転が出来ない方でも気軽にアクセスできるのが嬉しいお店です。 時間に関係なくあんこう鍋は提供してもらうことが出来、お鍋だけでしたら2,000円以下でいただくことが出来ます。 お刺身などの付いたフルコースにしても3,000円でおつりがくる良心的な価格設定。 カセットコンロで一人あんこう鍋を贅沢に楽しめるなんて、嬉しすぎます。 肝も皮もコラーゲンも余すところなくたっぷり摂取することが出来ますので翌日は美肌&元気倍増間違いなしですよ! お店は夕方には閉まってしまい、水曜と木曜はお休みですのでご注意ください。 また、店内はあっという間に満席になってしまうこともありますので、確実に食べたい方は電話でのご予約がおすすめです。

次の

日本の名物料理・郷土料理

茨城 名物料理

[店一覧] [店分布] 太平洋沿いの各市町村に数店舗ずつ [おすすめ店] — 大洗町漁協が運営する漁港のしらすを丼で 03. 全国的に作られてはいますが、商業としての生産は8割以上が茨城県となる名物です。 数週間日持ちするパッケージのお土産販売をメインとしつつ、県民にも支持されている代表的な食べ物のひとつです。 ほしいもを使用したスイーツを販売する飲食店もあり、プリンやソフトクリームといった食べ方で楽しめます。 [店一覧] [店分布] 水戸市を中心に十数店舗 [おすすめ店] — 水戸のあんこう料理の代表店で楽しむ鍋 06. 水戸藩らーめん 水戸藩らーめん 石田屋 そばのようにも見えるラーメン。 その当時のラーメンを再現したのが「水戸藩らーめん」で、水戸市の川﨑製麺や水戸藩料理研究家などが試行錯誤を重ねて登場したラーメンです。 レンコンを練りこんだ麺を使用。 陰陽五行という儒教の哲学に習い、肉と対比して椎茸をセットとして具材に用いるのも特徴のひとつです。 さらに東洋医学の漢方を由来とした「五辛」と呼ばれる薬味として、ニラ、らっきょう、ねぎ、にんにく、生姜が乗ります。 写真 水戸の名店「山翠」で出てくる水戸納豆の天ぷら 全国的に主流となる小粒大豆を使用した納豆で、天狗納豆を筆頭に一部のメーカーが製造するブランド納豆が「水戸納豆」と呼ばれます。 馬の飼料である煮豆の残りが藁(わら)の中で発酵して出来たものが納豆の原型で、1083年に源義家が奥州に向かう途中で泊まった屋敷で発見したものと言われています。 水戸でも古くは農家が納豆を自宅で作って食べていたものの、天狗納豆のブランドで販路拡大を図ったことで水戸納豆が広く知れ渡ったとされています。 今もお土産として、食べやすいパックだけでなく納豆の入った藁でも販売されています。 オムレツ、メンチ、もつ煮など、色々な納豆料理を提供する飲食店もあります。 [店一覧] [店分布] 水戸市に24店舗以上 [おすすめ店] — ハヤシソースの納豆オムライス 大洗町のグルメ 08. たらし焼き これが、たらし焼き — meu sotg3rd 大洗町のスローフードとしてお好み焼き屋で食べることのできる、もんじゃ焼きの一種。 刻みキャベツなどが入った液状のタネには、かつお節と生卵が入るのが特徴。 鉄板に流す前にソースなどで味を整えるもので、ソースではなく醤油などを入れることも可能です。 鉄板へ一気に流し込むのではなく、少しずつ鉄板に垂らして作ることが名前の由来。 もんじゃ焼きのような土手は作らずに、卵入りで焼き固まっていくのを食べるのが一般的です。 大洗町のほかに、埼玉県の秩父地方でも食べられている郷土料理です。 [店一覧] [店分布] 県北を中心に数店舗 [おすすめ店] — 発祥店で豆腐たっぷりの豆腐味噌ラーメン 11. 歯応えがありモチモチ食感に仕上がった、北関東に多いタイプの田舎うどんです。 常陸太田市「いづみや本店」の2代目の主人が作ったうどんが発祥で、暖簾分けで県内に7店舗ほどに増えている県北を代表するうどんです。 つけ麺タイプの冷、汁に入った温、どちらも楽しむことができます。 [店一覧] [店分布] 県北を中心に数店舗(いづみや7店舗ほど) [おすすめ店] — 発祥店で極太のうどんを豪快に ひたちなか市のグルメ 12. 1970年頃に勝田駅の近くにあるラーメン店「大進」で登場し、店長が水戸市にもお店を開いたことで水戸エリアにも提供店が幾つか存在します。 冷水で締めた太麺に、とろみのある甘辛い醤油あんかけを乗せた熱々のラーメン。 濃い醤油味のスープに一味唐辛子の辛さのある味わいです。 カシラと呼ばれる具材が特徴で、レバーやカボチャという独特のものが入る場合も。 キャベツやニンジンなどの緑黄色野菜がたっぷり入り、事前に素揚げするお店もあります。 [店一覧] [店分布] ひたちなか市や水戸市など十数店舗 [おすすめ店] — 濃厚ながらこってりし過ぎないスタミナラーメン 笠間市のグルメ 13. 稲荷神社の神使となるキツネにちなんだ油揚げを用いた「いなり寿司」は古くから参道の名物として、市民や参拝客に親しまれてきたグルメです。 笠間いなり寿司は具材に特徴がある、変わり種の寿司。 そば、くるみ、舞茸、豚肉、鮭、漬物などが各稲荷に入っています。 参道のお店を中心として各店で盛り付けにもこだわっており、断面の綺麗ないなり寿司を楽しむことができます。 [店一覧] [店分布] 大子町に数店舗 [おすすめ店] — 刺身こんにゃく販売とレストラン 龍ケ崎市のグルメ 16. コーン、エビ、レンコン、つくば鶏など各店ごとに異なる具材を使用し、カレーコロッケやリンゴコロッケなど独特な味のオリジナルコロッケが特徴です。 精肉店の食べ歩き購入やパン屋の持ち帰りに加えて、レストランや居酒屋のメニューにも。 家庭的なコロッケからシェフが作るコロッケまで幅広いです。 [店一覧] [店分布] 市内15店舗 [おすすめ店] — エビ入りの山芋でとろりとしたヘルシーなコロッケ 17. 龍ケ崎ホルモン 龍ヶ崎が推しているコロッケ・龍ヶ崎まいんを華麗にスルーし、龍ヶ崎ホルモンを食べました。 普通に美味しいけど、トマト嫌いなの・・・。 — 緑風 珪藻 keisoh57gw グルメイベント向けに作られた、龍ケ崎ホルモン。 龍ケ崎市商工会青年部により土曜日のみ「ホルモンBAR」を開店してPRしたものの、店舗営業の継続が困難なことから現在ではイベント屋台が主力です。 グルメイベントで提供する際は、川原代ネギと龍ケ崎市食品加工センターのホルモンを使用して炒め、ミニトマトを添えるのが一般的。 市内の醸造所による醤油を使用。 [店一覧] [店分布] 不明 [おすすめ店] — 龍ケ崎市の佐貫駅から近い焼肉屋さん 筑西市のグルメ 18. 下館ラーメン お昼! 行っても行っても休業だった気になってるラーメン屋が開いてたから迷わず入店。 下館ラーメンと炒飯 素朴で美味いし、炒飯も後味さっぱりで食べやすかった。 鶏ガラを用いたダシに、濃口醤油による濃いめで深みある味わいの琥珀色スープが特徴。 鶏チャーシューはお店によって使われる部位が異なります。 また、お店ごとの定番トッピングも特徴のひとつ。 鶏皮や鶏モツを乗せるのがひとつの定番で、ワンタンが乗ったワンタンメンが名物のお店もあります。 [店一覧] [店分布] 市内に公認店12店舗 [おすすめ店] — ワンタンや鶏の醤油煮トッピングのあるラーメン屋さん 土浦市のグルメ 19. ツェッペリンカレー ツェッペリンカレーおいしい — たったかたー ユトラント一九一六 tj3CaLeQ0IUxlhx 蓮根(れんこん)の生産量一位は茨城県で、主要産地として日本一をほこるのが土浦市。 そのレンコンを活用したオリジナルカレーの提供に力が入っています。 レンコンをカレーの具材にし、店によっては素揚げなどのレンコンや福神漬けにもレンコンを使用。 カレーライス以外にも、焼きそば、春巻き、餃子、パスタなど多彩。 名前の由来は、1929年に世界一周を行ったドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号。 途中で土浦に降り立った飛行船の乗組員に、土浦の食材の入ったカレーを振舞った歴史があります。 市内飲食店等により、2004年にカレーによる食のまちづくりの取り組みを開始。 有名店の講師によるカレーの研究会、秋のカレーフェスティバルなど市をあげてのイベントも。 [店一覧] [店分布] 土浦市28店、つくば市4店 [おすすめ店] — 羊肉使用のレンコンスープカレー 行方市のグルメ 20. 行方バーガー 行方バーガーのなめパックンはなまずのバーガー。 アメリカナマズをパティ(肉部分)にしたハンバーガーを筆頭に、行方市の食材を使用した4種類のバーガーです。 行方市は霞ヶ浦に面しており、霞ヶ浦で養殖しているアメリカナマズを使用したバーガー「なめパックン」。 胸びれの部分「カマ肉」を使用し、タマネギとレンコンを使用。 他には、豚肉(茨城県産の豚肉とタマネギを使用したメンチカツ)、鯉(霞ヶ浦産の鯉)、鴨(合鴨農法で育った鴨肉のてりやき)のバーガーもあります。 [店一覧] [店分布] 行方市に2店舗(行方市観光物産館こいこい、ミート&フーズ旭屋) [おすすめ店] — 地元スーパーで販売されている行方バーガー 桜川市のグルメ 21. うまかべすいとん 真壁名物「うまかべすいとん」。 体の芯から温めて、散策スタート! — 藤田謙二 janken007 もちもちに練った小麦生地「すいとん」と地場産の野菜が入った汁物。 桜川市の旧真壁町で古くから食べられてきたものを、街おこしとして数店舗で提供し始めたものです。 醤油系に魚介系ダシをあわせた汁を使用するお店が多く、具材も里芋、ニンジン、しいたけ、こんにゃくなどお店によって様々です。 食堂系の食事処だけでなく、料理屋さんや旅館で提供するところもあります。 写真 洋食店「コルシカ」でマカロニグラタン式の七福カレー 古河市(こがし)には唐辛子の取扱高が日本一の企業「黒岩食品」があり、この企業が独自の配合で作っているカレー粉を市内の飲食店で使用したご当地カレー麺料理。 蕎麦屋、ラーメン店、中華料理店、居酒屋などが創作系の麺料理を用意しており、カレーうどんを筆頭にカレーそば、カレーラーメン、カレースパゲッティなど多彩。 かぼちゃや白菜など地元産の野菜を極力盛り込んだ上で、七種類の具材を使用することを全店共通のルールとしています。 古河市に祀られている七福神の史跡めぐり「古河七福神めぐり」事業とあわせて、セットで推進するために「七福カレーめん」というグルメ名称になったものです。 写真 醤油漬けでにんにく香る「からまる」の唐揚げ弁当 2010年代から増えてきた唐揚げ専門店ですが、その中でも醤油を使用した「醤油からあげ」のお店が茨城県に多いです。 チェーン展開するところも多々あります。 ・茨城県内に複数店舗を持ち柴沼醤油使用「からまる」 ・ちば醤油使用で北関東を中心に広がる「元祖からあげ本舗」 ・龍ケ崎市に本社があり茨城県中心に展開する「寺田商店」 ・牛久に1店舗を持つ「鶏九」 、全国チェーンのゆきむら亭が茨城県中心に出店する「鶏一番」 ・全国チェーンで茨城県にも店舗がある「鶏笑」 特定の醤油蔵ブランドを使用した醤油に鶏肉を漬けて、ニンニクや生姜の味付けを加えて厚みある衣で揚げるタイプのお店が多いです。

次の