東海 大相模 応援。 東海大相模野球部 2020メンバーの出身中学と注目選手紹介!!

2019年夏 甲子園2回戦 東海大相模 6

東海 大相模 応援

ガンバレ!東海大相模 応援掲示板 ガンバレ!東海大相模 応援掲示板 投稿パスワード取得は、1. 投稿名 2. 氏名 3. home. jp メール下さい。 名前 Mail URL タイトル フォームに保存 プレビュー 削除キー 半角英数字 投稿用パスワード.. 東海命.. ezweb. 22175 ・トーナメント方式 ・8月1日〜23日 ・無観客 ・開会式、閉会式なし ・代理抽選.. 東海命.. ezweb. 22174 日本高野連より第92回選抜高校野球大会の代表校による阪神甲子園球場での交流試合の開催が発表されました。 東海命.. ezweb. 22176 7月8日 水 17時からに変更 (6月17日変更発表あり).. home. 22173 テレビに映し出された大人から、「選手権・地方大会の中止」の言葉が発せられた。 それが「苦渋の決断」だったとも。 センバツの時と違い、熟考に熟考を重ねた上での判断とはとても思えなかったのは私だけでしょうか。 大人の論理、つまり責任回避の論理が優先された結論としか思えませんでした。 確かに全49地区が足並みを揃えて、8月初旬までに代表校を決定することは至難の技でしょう。 でも高校野球の精神がそうであるように、最後の最後まで諦めずにその可能性を追求してほしかった。 たとえその結果が中止であったとしても。 あまりに尚早なこの決断を、選手たちが受け入れることができるのか心配です。 私的願望としては、各地区で独自の代替大会ができる地区は開催してほしいと思います。 同時に「夏の甲子園」も開催してほしい。 選手権は無理でも、今春のセンバツに出場するはずだった32校によるトーナメント戦を、ぜひ模索してほしいのです。 阪神球団も8月の甲子園をあけてくれるようですし、ここで全国規模の大会ができれば、冬に全国大会を控える各競技の選手たちにも希望を与えることができます。 逆にこのまま大人たちがだんまりを決め込むなら、来年の五輪開催など夢のまた夢でしょう。 今後の状況がどうなっていくかは、偉い学者さんたちにも分からないのだから、少なくとも私たちは前向きに思考し、そして行動すべきだと思います。 もちろんマスクや検温、手指衛生は忘れることなく。 東海熱烈ファン!.. nuro. 22172 出場が確定していたセンバツが中止となり、それであれば夏は何が何でもと思っていたところコロナが世界的な問題となり、夏も中止となり選手の落胆はさぞかしと心中察します。 今年の相模の打撃力は凄いものがありますので何とか披露して欲しいのですが、甲子園の目標がなくなった中で代替案をと考えてみてもコロナの脅威がある中ではなかなか名案がないのではないでしょうか。 そうこういっているうちに秋季大会が近ずいてきますので、そちらの開催も心配になってきます。 台湾等ではプロ野球が厳しい条件下で開催されているみたいですが、それも参考にされながら高校野球がなるべく早い時期に再開されることを高野連さんに切にお願したい次第です。 コナン@管理人.. home. 22171 かける言葉が見つかりません。 ただただ残念です。 このまま終わるのはあまりにも気の毒です。 神奈川高野連さん、どういう形であれ、3年生が完全燃焼できる舞台をお願いします。 home. このような時期に無観客にしてまで大会を開催する必要はない、という意見には説得力があります。 しかし初めから中止ありきではなく、最後まで選手たちの夢を叶えようとした高野連の姿勢を、私は支持したいと思いました。 高校野球が教育の一環なのだとすれば、選手たちには教育を受ける権利があり、大人たちは教育を受けさせる義務を負います。 このような時期だからこそ、この根幹の部分を大切にしてほしかった。 しかし選手に感染者が出てしまえば、バッシングを受けることは必至のこの状況のなかで、それでも大会の開催を模索しつづけた大人たちの努力は、きっと選手のみなさんにも伝わっていると思います 思いたい。 一日も早い終息を願うばかりです。 相模優勝.. catv296. ただ沿道に観客たくさんいたので、自粛規制緩いのかと思ったんですが。 救済措置が、選手達の 大変な 時間と努力が報われるような形であることを願いたいです。 選手や御家族の苦悩や無念の心情を思うと、、、涙。 去年、同じことが起きてたら発狂阿鼻喚叫だろうに.. 東海熱烈ファン!.. nuro. 22168 感染リスクをゼロにできないとのことで最終決断したみたいですが、無観客での開催方向の発表からわずか1週間後の変更(中止) は高野連の苦渋の結論でしたですね。 高野連は何らかの形で救済措置をするとのことですが、センバツ出場チームが夏の大会へ出場ができるように夏の大会を特別な大会になるように検討して欲しいものです。 <出場校が増えれば日程的に難しいと思いますので他球場を併用して実施するとか。。 ぱーちゃん.. so-net. 22167 非常に悔しく悲しい結果となりました。 甲子園のような野外の風通しの良い場所が感染源になる危険性は本当にあるのでしょうか。 危機感をあおって、すべて自粛に追い込んでいったなら、経済は立ち行かなくなりますし、傷つく人間が多数出ます。 他の競技が中止だからそれに合わせるという論理は、間違った同調圧力です。 ここまで努力して甲子園を勝ち取った選手たちの心情を思うと、居たたまれない気持ちになります。 今回のセンバツに選ばれていたチームは、夏に予選敗退した場合でも甲子園に出られるという規定を作ったらどうですか。 (つまり、センバツ出場校以外の高校が夏に優勝した都道府県は2校選出)また、甲子園出場回数に、今回のセンバツをカウントしてほしいです。 そのくらいの配慮があってしかるべきです。 今年のチームは十分全国制覇を狙えるチーム。 この悔しさを心に刻んで、夏の神奈川大会は全試合10点差以上つけて勝ってほしいです。 若い高校生たちが心の整理をつけるのは大変でしょうが、それができたら、必ずや夏は全国制覇できると信じます。 今こそガンバレ! 東海大相模。 コナン 管理人.. home. 22166 ただただ残念でなりません。 同じ高校スポーツの全国大会が軒並み中止になる中で最後の最後まで開催を模索した高野連の姿勢には敬意を表したいと思います。 苦渋の決断だったと思います。 辛いさなか取材を受け、毅然とした言葉でコメントする姿は、主将として山村君、立派です。 本当に悔しかっただろうに。 なかなか気持ちの整理はつかないかもしれませんが、これで終わった訳ではありません。 まだ夏があります。 応援してます! ガンバレ!東海大相模.

次の

東海大相模って評判悪いんですか?

東海 大相模 応援

昨年の春は関東に出ていないため、負け癖がつかなくてよかったのですが・・・ 練習試合では結果を出している、とか 夏を見据えているから問題ない、とか 優秀な1年生が多数 小田桐君 等 入部した、とか 楽観的なファンもいると思います。 私も楽観したいのですが、、、 さすがに、推薦出場の関東大会で初戦敗退では楽観できない。 恰好悪い。 春夏連覇とか、夏 選手権 連続出場とか、言える立場ではなくなりました。 夏はゼロからのスタートです。 昨秋 チーム結成時 の気持ちに戻り、ノーシードのつもりで挑戦して下さい。 よぉ~く冷静に考えたら、選抜初戦 関西 、公式戦初登板初先発1年生投手が1回表の大ピンチをたまたまzeroで抑えられたけど、2,3点取られていたら、違った展開になっていたのかなぁ。 決勝まで、全て歯車が噛み合っていた気がします。 全ての歯車が噛み合えば「全国優勝」、1つでも噛み合わないと県大会や関東でも勝てない、ということでしょうか。 工業ファイト~! さん 甲府工業 現チーム は秋関も出ているし、まぐれで関東まで・・・なんて思っていません。 県大会より上のレベルの大会で、相手が公立だとか、そんな意識もありません。 今のご時世、親御さんの立場 不景気 で言わせて頂くと、私立のほうが大変だとは思いますが・・・• 選抜大会の疲れが残っていたのかもしれません。 万全の調整で臨むには、今は、ちょっと難しい。 => 1か月半近く経っているのに、まだ疲れが残っているようでは夏は勝てない。 夏の予選はもっと疲れるから。 見えない敵と必死で戦ってるはず。 => 選抜優勝のプレッシャー?、プレッシャーに押しつぶされる程度のチームなら、そもそも選抜優勝できないだろう。 練習試合をたくさんやってもう1回実戦感覚をたたきこむ。 =>選抜終了後には練試は始めている。 県大会敗戦後も関東大会開幕までの間、練試はしている。 実戦感覚は鈍っていない。 勝利への執念、勝負への拘り、が欠けている。 選抜優勝で浮かれていると思われても仕方ない。 期待が大きいからこそ、夏も選抜の様な相模が見たいから、厳しいことを言ってしまう。

次の

2011年 2回戦 甲府工業 8

東海 大相模 応援

東海大相模は昨夏の第101回全国高校野球選手権大会に出場。 昨秋は県大会優勝、関東地区大会ベスト4の結果を残し、センバツへの切符を手にしていた。 しかし新型コロナの感染拡大を受け、3月11日にセンバツは中止が決定。 「次に向かってチーム一丸で頑張りたい」(山村崇嘉主将)と目指した今夏の第102回全国高校野球選手権大会も、5月20日に地方大会を含め開催されないことが決まった。 東海大相模は感染防止のため3月2日から全校で休校に。 野球部も全体練習を休止、学校近くの寮に住む部員はそれぞれの実家に帰った。 練習は現在も再開していない。 14日にミーティングが開かれ、全部員が3カ月ぶりに集まる。 その場で、門馬敬治監督から交流大会への参加が伝えられる予定という。 交流試合は出場予定だった32校が、8月10~12日、15~17日の計6日間で各チーム1試合、合計16試合を行う。 開催決定を受け、電話での取材に応じた土井校長は「選手たちには新たな目標を見つけて頑張ってほしいと思っていた。 ほかの競技の選手たちも応援する気持ちになれるのでは」と語った。 交流試合の開催に、地元からは喜びの声が上がった。 東海大相模野球部の地元応援委員会で委員長を務めた金子匡甫(まさとし)さん(81)は、「一生懸命練習していたのに、発揮する場所がないのはかわいそうだと思っていた。 急で驚いたが、選手の気持ちを思うと、開催されてよかったなと思う」。 部活の休止でグラウンドから声が聞こえないことに寂しさを感じていたといい、「(無観客開催なので)現地に行けないのは残念だが、精いっぱい応援したい」と顔をほころばせた。 野球部員行きつけの学校近くのすし屋「六ちゃん」の店主、紅林(くればやし)秋男さん(76)は「今年は春も夏もないということになり、残念だった」という。 学校が休校になり、この数カ月は部員が店を訪れることはないが、「『良かったな。 応援には行けないけど頑張って』と声をかけたい。 いつも通り、おいしいおすしを振る舞いたいね」とうれしそうに話した。 感染やケガ気をつけて 県高野連 交流試合の開催決定を受け、県高野連の栗原豊樹専務理事はセンバツ出場が決まっていたがかなわなかった東海大相模について「ショックは計り知れないものだったと思う」と振り返り、「たとえ1試合でも機会を与えてもらったことはありがたいこと」と話した。 一方、「感染リスクは完全に解決しているわけではない」と言及し、「感染やケガに気をつけて、十分に準備を進めてほしい」とも話した。 この夏の第102回全国高校野球選手権大会と地方大会は5月に中止が決定。 7月に予定されていた神奈川大会は開かれない。 東京都などで独自大会の開催が決定する中、県高野連も議論を進めている。 【池田直】 知事「喜ばしい」 黒岩祐治知事は交流試合の開催と東海大相模の出場を受け、「熱い思いを持って野球に取り組んできた高校生の願いに応えるものだ。 東海大相模は大変悔しい思いをしていたので、非常に喜ばしいことと思う」とのコメントを出した。 【木下翔太郎】 ファン、歓迎と疑問「本当によかった」「違和感」 野球ファンからは歓迎の声が聞かれた。 横浜市中区で働く調理師の男性(64)は「甲子園を毎年テレビで見るのを楽しみにしている」という。 「一生に一度のこと。 新型コロナの感染者が出ないように、何かうまい方法で開催してほしい」と期待した。 横浜市中区の50代の女性は、息子が高校球児だった。 「3年間部活を頑張ってきたのに中止になるのは悲しかっただろう。 本当によかった」と話した。 一方、横浜市を仕事で訪れていた男性(66)は「(センバツは)1回やらないと決めたのに、矛盾するのでは」という疑問を持ったという。 「みんな涙をのんで、納得して次のステップに進もうとしているのではないのか。 交流試合ができるなら夏の大会はなんでやらないの、と思う」と語った。 また、座間市の男性会社員(55)は「野球だけやるというのは違和感がある。 無理やりやる必要があるのだろうか」と疑問を口にした。 【中村紬葵、宮島麻実】.

次の