ストレージ その他 iphone。 iPhoneのストレージにある「その他」とは?その他のデータを削除して残り容量を増やす方法を解説!

iPhone内「その他」を削除する5つの方法

ストレージ その他 iphone

システムファイル• ソフトウェアアップデート• Siri の音声• キャッシュ済みのファイル• その他すべてのデータ これらのファイルやデータの役目は、iPhone自体が快適に動くためのiOSの大事な部分です。 一時的にデータを記憶しておくことで、iPhoneの動作が早くなるような仕組みのために利用されています。 iPhoneのストレージ容量が不足してくると、「その他」に含まれている「キャッシュファイル」と「一時ファイル」が自動的で削除される仕組みになっています。 自分で削除する必要はありませんが、iPhoneのトラブルで自動削除がおこなわれない場合は、自分で削除しなくてはいけません。 【簡単】iPhoneストレージ容量「その他」の削除方法 「その他」のデータは、iPhone本体のストレージ部分の容量が不足してくると、自動的に削除される仕組みになっています。 普段はiPhoneが不要なデータを消去してくれるので便利なのですが、長くiPhoneを使い続けていくうちに、自動的に削除できないデータがどんどん溜まっていくものなんです。 今回は自動での削除を利用しつつ、無料で簡単にあなた自身でも「その他」を削除する方法を確認していきます。 パソコンのFinder/iTunesで復元する Macの「Finder」や、WindowsPCであれば「iTunes」を使ってiPhoneを初期化し復元する方法、一発で「その他」を削除できる簡単な方法です。 iPhoneストレージの「おすすめ」を試す iPhoneストレージを管理する機能の中で、『 おすすめ 』から「その他」を削除する方法もあります。 iPhoneのストレージを管理する機能の中で、普段使っていないアプリやデータを削除することで「その他」を削除することもできます。 ただ、ここで『おすすめ』されたデータが「その他」に含まれるかどうかをユーザーが判断することはできないので、削除して「その他」が減っているかどうかを確認するようにしてください。 Safariの履歴を削除 Safariの履歴を削除することでも、「その他」のデータを削除することができます。 iPhoneを長く使っていると、Safariの閲覧履歴や見てきたサイトのデータが記録されていきます、そのおかげでiPhoneがインターネットにつながる時に高速化ができるメリットがあるのですが、「その他」のデータが増えていくというデメリットもあります。 Safariの履歴に関しては、消去してもインターネット検索などの機能自体には問題はありません。 よく見るサイトを履歴から利用している場合は、ブックマークに登録してから履歴を削除するなどの対策をしておきましょう。 アプリの整理(削除・再インストール) 使っていないアプリを削除したり、アプリを再インストールしてみるなどの整理も効果的な方法です。 iPhoneを長く使っていると、数年使った覚えがないアプリが入っていたという経験はありませんか?使っていないアプリを消してみる良いタイミングかもしれません。 また、アプリを削除し再インストールすることでアプリと一緒保存されているデータに関して、iPhoneが「その他」と分類しているデータを削除できるかもしれません。 ただ、アプリによってデータのバックアップ方法が違ったり、提供元がApp Storeでの配布を終了しているアプリは再ダウンロードをできない場合があるので慎重に作業をすすめましょう。

次の

iPhone内「その他」を削除する5つの方法

ストレージ その他 iphone

この記事の目次• iPhoneストレージとは? ストレージというのはiPhoneにアプリをインストールしたり、撮影した写真を 保存する領域のことです。 ストレージの大きさは『容量:ギガ』で表され、購入する場合に『64ギガのモデルにしますか?256ギガのモデルにしますか?』などとストレージ容量を確認される機会も多いと思います。 多くのAndroid搭載スマホと異なり、iPhoneにはSDカードを入れて容量を増やすことが出来ませんので、購入時に選択するストレージ容量はその後の使い勝手に影響を与えます。 写真を多く撮影する場合はストレージ容量も余裕を持って選択する必要があります。 しかしながら、ストレージ容量と価格は比例していますので、容量の大きいモデルほど高価になります。 ちなみに、SDカードスロットは搭載されていませんが、Lightning端子に挿せるメモリやLightning-SDカードリーダーなどが発売されていますので、こうしたデバイスを通じてデータを移すことは可能です。 ポイント Amazonでのお買い物をよりお得できる裏技があります。 買い物前にひと手間かけるだけで、簡単に最大2. 5%ものポイント還元が可能ですので下記記事もぜひ参考にして下さい。 > iPhoneストレージを確認する 現在のストレージの状態を確認するには設定アプリから行います。 1.『設定アプリ』を起動し、『一般』をタップする。 ファイル種別は色分けされ、ミュージックやムービーなどの『メディア』『App』『写真』『メッセージ』の使用領域が確認できますが、その以外に『その他』という項目が表示されています。 「その他」の項目って何? 『iPhoneストレージ』に表示されている『その他』の項目の正体は何でしょうか? ここにはユーザーが保存したファイルなどではなく、iOSやブラウザが一時的に使用したキャッシュファイルやシステムファイルが含まれています。 これらのファイルは削除したり、ユーザーが操作することは出来ません。 iPhoneを再起動したりした際には容量が小さくなったりします。 また、iPhoneを初期化した際にストレージを確認すると、『その他』はほとんどストレージを使用していないのが確認できます。 これからも、『その他』はiPhoneを使っていく中でシステムが一時的に使用したり、保存しているファイルであることが確認できます。 iCloudストレージとは? iPhone本体内にデータやコンテンツを保存する領域がストレージですが、iPhoneではiCloudを通じたクラウド上のデータ保存領域である『iCloudストレージ』も利用できます。 『iCloudストレージ』を利用すると、同じApple IDに紐付いているiPadやMacBookなどと簡単にデータをやり取りするのが可能です。 また、MacBookなどのラップトップやパソコンを所有していない場合のバックアップデータ作成領域として『iCloudストレージ』を活用することも出来ます。 iCloudストレージが足りない時は 『iCloudストレージ』は無料で5ギガの領域を利用可能ですが、多くの写真を保存したり、バックアップデータの作成領域として使用しているとすぐに一杯になり足りなくなってしまいます。 引き続き『iCloudストレージ』を使用してこれらのデータの保存を行うにはストレージ容量を増やす必要があります。 その場合は『設定アプリ』から操作を行います。 1.『設定アプリ』を起動し、最上段の『ユーザー名』をタップする。 『ストレージを管理』をタップします。 こちらをタップしてストレージプランの変更手続きを行います。 5ギガの無料プランに戻したい場合などは『詳しい情報』を確認して更新の停止を行う必要があります。 最後に ストレージを有効に活用するためには最初に余裕を持ったストレージ容量のモデルを購入する、不要なデータを削除する、データを移す、iCloudストレージの使用を検討してみてはいかがでしょうか。 また、iPhoneを再起動することで『その他』の領域が減ることもありますのでストレージが減った場合にはどのファイル種別がストレージを使用しているかを確認するのも有効です。

次の

iPhoneストレージの「その他」を削除して空き容量を増やす方法を解説!

ストレージ その他 iphone

iPhoneの再起動を行う iPhone本体の再起動を行うだけで、手軽で「その他」を削除可能です。 iPhoneによって再起動の方法は少し異なりますので、自分の使用している機種のやり方を事前にチェックしておきましょう。 しかしこの方法では、「その他」が削除できないケースもあります。 手軽にできるものの、効果が高いわけではありませんので、別の方法も覚えておきましょう。 iPhone内のアプリを整理する アプリ内に溜まっているファイルも、「その他」に含まれています。 そのため、iPhoneで各アプリの使用量をチェックして整理を行えば、ストレージの「その他」を削除できるでしょう。 この方法も、それほど時間はかからず、手軽に削除可能です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 削除しても容量が足りない場合は 「削除してもiPhoneの容量が足りない」という場合の対処方法もあります。 それは、次の通りです。 おすすめに提示されているものを利用する• 使用していないアプリを削除する• キャッシュを削除する• クラウドサービスを利用する• 写真や動画を削除する• フォトストリームをオフに設定する• 写真のサイズを圧縮する• 外部ストレージを使用する こうした対処方法を知り、iPhoneを快適に使用できるようにしましょう。 そこに表示されている「使用」をタップするだけで、アプリを自動で取り除き、容量を節約できるでしょう。 この方法であれば、アプリ本体を削除するだけでユーザデータは残り、すぐに再ダウンロードすることも可能です。 使用していないアプリを削除する 使っていないアプリを手動で削除することも可能です。 「前回使用」で日付をチェックした後、タップしてアプリの詳細を開き、「Appを削除」を選択しましょう。 また「Appを取り除く」を選択した場合、アプリ本体だけを削除可能です。 キャッシュを削除する Safariのキャッシュやアプリごとのキャッシュを削除することで、蓄積したデータを減らせます。 アプリごとのキャッシュを削除する方法は、アプリによって異なります。 また、専用のクリーナーソフトを使用して、iPhone内のいらないデータを削除することも可能です。 「Googleマップ」などのアプリは、キャッシュやデータが蓄積されやすいので、よく利用する人は、キャッシュを削除しましょう。 その方法は、次の通りです。 Googleマップの左上にある3本の横線のボタンをクリック• 「設定」を選択• 「概要、利用規約、プライベートポリシー」を選択• 「アプリのデータを消去」を選択 この手順で、キャッシュデータを削除できます。 クラウドサービスを利用する オンライン上のサーバーにデータを保管できるクラウドサービスに、本体のデータをアップロードしておけば、ストレージの容量を増やせます。 できるだけデータを削除したくない人は、クラウドサービスを利用することをおすすめします。 主なクラウドサービスとその特徴は、次の通りです。 主なクラウドサービス 特徴 Dropbox• 無料プランの容量が2GB• 他のサービスとも連携可能• 安定した動作で使いやすい など OneDrive• Microsoftのクラウドサービス• 5GBまで無料• Windowsを利用していれば非常に使いやすい など Googleドライブ• Googleのクラウドサービス• 15GBまで無料• 他のGoogleのサービスとも相性がよい など iCloud Drive• Appleのクラウドサービス• 5GBまで無料• iPhoneのバックアップ先としても活用可能 など BOX• 無料プランの容量が10GB• セキュリティの厳重さに定評あり など Amazon Photos• Amazonの画像クラウドサービス• プライム会員であれば実質無料• 画像を圧縮することなく保存可能 など 有料プランを利用すれば、たくさんの容量に変更可能です。 写真や動画を削除する iPhone内にある、残す必要のない写真や動画のデータを削除することで、「iPhoneの容量が足りない」という問題を解決できます。 「iOS8」以降の場合、完全に削除されるまでに30日かかりますが、最近削除した項目のアルバムを選択し、再度削除すれば、すぐ完全に消去できます。 残す必要のない写真や動画を整理し、削除しておきましょう。 「マイフォトストリームにアップロード」を無効化しておけば、本体の容量を圧迫することが防げるでしょう。 オフに設定する方法は、右端にある白い丸を左にスライドするだけです。 写真のサイズを圧縮する iPhoneに保存されている写真のサイズを圧縮すれば、お気に入りの写真を削除することなく、ストレージを増やせます。 写真のサイズを圧縮する方法は様々ありますが、専用アプリを利用することをおすすめします。 様々なアプリがありますので、自分に合ったサービスを選びましょう。 また写真だけではなく、iPhoneに保存している動画を圧縮することもおすすめです。 外部ストレージを使用する USBメモリなどの外部ストレージを利用して、データを保存する方法もあります。 iPhone単体で使えるUSBメモリもありますので、PCを持っていない人でも外部ストレージを使用できるでしょう。 クラウドサービスの使い方がよくわからない人やパソコンを使用していない人などは、外部ストレージを使用し、容量を増やしましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! ストレージのその他を削除してiPhoneの動作を快適に iPhoneストレージの「その他」には、音楽やビデオ、写真などの一時的に利用したキャッシュデータやその他使っていないデータ、過去の設定のログなどが含まれています。 「その他」が大きく、ストレージの容量が足りなくなってしまうと、OSのアップロードができないなど本体に影響が出る可能性があるため、削除して快適にiPhoneを利用しましょう。 「その他」の削除方法は、iTunesを利用してiPhoneを復元する、もしくは、iPhoneの再起動を行うだけです。 iPhone内のアプリを整理する方法もおすすめです。 削除しても容量が足りない場合、アプリやキャッシュ、写真や動画を削除しましょう。 クラウドサービスを利用したり、外部ストレージを使用したりすることもおすすめです。 iPhoneストレージの「その他」を削除して、今まで以上にiPhoneの動作を快適にしませんか。

次の