国民年金満額でいくら。 国民年金、満額いくらもらえる?支給額を年収別に解説

国民年金を満額もらえる人ってどんな人?実は結構難しい!

国民年金満額でいくら

65歳から支給される老齢基礎年金には「満額」という言葉があります。 国民年金は20歳から60歳までの40年間が強制加入の期間になりますが、40年間すべて国民年金保険料を支払うと、65歳から満額の老齢基礎年金を受け取ることができます。 ところで、老齢基礎年金の満額は年度ごとに変わってきます。 老齢基礎年金の満額の決まり方については後でご紹介するとして、まずは2019年度と2020年度の満額をお伝えしたいと思います。 老齢基礎年金の満額 2019年度 780,100円 月額65,008円 2020年度 781,700円 月額65141円 2019年度と2020年度を比較すると、2020年度 令和2年度、2020年4月~2021年3月 の老齢基礎年金は年額1,600円 月額133円 の引き上げ。 率にして0. 2019年度と2020年度を比較すると、ほんの僅かですが老齢基礎年金の満額は引き上げられています。 Contents• 老齢基礎年金の満額はどのようにして計算するの 老齢基礎年金の計算式は次のとおりです。 では、この分子に入れることができる月数とはどのようなものでしょうか。 国民年金法上、被保険者は3つに分類することができます。 国民年金第1号被保険者 20歳以上60歳未満で第2号・第3号以外の人 国民年金第2号被保険者 厚生年金に加入する20歳以上65歳未満の人 国民年金第3号被保険者 20歳以上60歳未満で第2号被保険者に扶養されている配偶者 第2号被保険者は、会社員・公務員・私立学校の教職員が該当します。 この方々は厚生年金保険料・長期掛金などを納めているので、老後に老齢厚生年金を受け取ることができます。 また、第2号被保険者で20歳以上60歳未満の方は 給与明細などには書かれていませんが 厚生年金保険料・長期掛金の中に国民年金保険料も含まれています。 第3号被保険者は、自身で国民年金保険料を支払っているわけではありませんが、支払ったことになっています。 このように、第2号被保険者と第3号被保険者に未納は発生しません。 20歳以上60歳未満の第2号被保険者と、第3号被保険者の期間は上記の分子に加えることができます。 一方、自営業者などの第1号被保険者は自分で国民年金保険料を支払う必要があるので、20歳~60歳の40年間という期間を考えると未納が発生することが往々にしてあります。 未納だと分子に月数を加えることができないので、老齢基礎年金の満額を受け取ることができなくなります。 老齢基礎年金の満額を決める要素 老齢基礎年金の決まり方はとても複雑です。 ここでは2020年度の決まり方をできるだけ簡単にご紹介していきたいと思います。 まず、老齢基礎年金の計算は年齢区分で異なります。 この年齢区分を「新規裁定者」「既裁定者」と称しています。 新規裁定者は、その年度において67歳以下の方。 既裁定者は、その年度において68歳以上の方です。 現役世代により近い方が新規裁定者、少し離れた方が既裁定者になります。 それでは、老齢基礎年金の満額を決める5つの要素をご紹介します。 老齢基礎年金の満額を決める5つの要素 1 老齢基礎年金の法定額 780,900円 2 物価変動率 3 賃金変動率 4 マクロ経済スライド調整率 5 前年度改定率 1 老齢基礎年金の法定額 老齢基礎年金の額 満額 は平成16年の年金法改正で規定されていて、その額は780,900円です。 各年度の老齢基礎年金の満額は、780,900円に物価変動率・賃金変動率・マクロ経済スライド調整率・前年度改定率により得られた改定率を乗じて計算することになっています。 2 物価変動率 年金額改定に用いる物価変動率は「前年の消費者物価指数変動率」を用います。 2020年度の場合は「2019年平均の全国消費者物価指数」を用いますが、前年比0. 3 賃金変動率 賃金変動率は「名目手取り賃金変動率」を用います。 2020年度の場合、物価変動率0. 999。 賃金変動率は、1. 003なので、2020年度の賃金変動率は0. 4 マクロ経済スライド調整率 マクロ経済スライド調整率は、少子高齢化によるものです。 保険料を納める人が少なくなり、年金を受け取る方が多くなったことによるスライド率で年金額を抑制する働きがあります。 マクロ経済スライド調整率の計算要素は、公的年金被保険者数の変動率 平成28年度~30年度の平均 と平均余命の伸び率です。 2020年度の場合、公的年金被保険者数の変動率0. 999 になります。 5 前年度改定率 前年度改定率はその名前のとおり、前年度の改定率です。 2020年度の老齢基礎年金の計算をする際には、この前年度改定率も要素になります。 2020年度の計算対象になる前年度改定率は0. 999です。 2020年度の老齢基礎年金の満額の決まり方 新規裁定者と既裁定者の年金額計算式 老齢基礎年金の満額は年度ごとに変わりますが、計算の方法は上記4つの要素で決まってきます。 ところで、毎年度の老齢基礎年金の計算は「新規裁定者」「既裁定者」で異なると書きました。 簡単に言えば「新規裁定者」の老齢基礎年金の満額は賃金変動によって決まります。 一方、「既裁定者」の老齢基礎年金の満額は物価変動によって決まります。 ただし、この決まり方にはいくつかのルールが存在します。 まずは2020年度の計算要素となる、物価変動率と賃金変動率を再度お示ししたいと思います。 2020年度の物価変動率 0. そして2つを比較すると、物価変動率が賃金変動率を上回っています。 物価変動率も賃金変動率もプラス、かつ物価変動率が賃金変動率を上回っている場合は、新規裁定者・既裁定者とも賃金によって年金額が改定されることになっています。 したがって2020年度の場合、新規裁定者・既裁定者とも同じ計算式を使って老齢基礎年金の満額を算出することになります。 そうすると2020年度の場合、新規裁定者の年金額の伸びは0. 現役世代に近く支出も多いであろう新規裁定者の年金額が少なく、現役世代に遠い既裁定者の年金額が多くなると世代間の不公平感が助長されることから、このような仕組みが作られています。 2020年度の老齢基礎年金の満額の計算式 老齢基礎年金の満額の計算式は次の通りです。 そうすると改定率は次の計算式で求めることができます。 賃金変動率 1. まとめ この記事では、2020年度の老齢基礎年金の満額はいくらになるのかをお伝えしてきました。 2019年と2020年を比較すると、金額では年額1,600円、割合では0. 年金相談をしているとお客様から「年金額は毎年下がっていくんでしょ」というご質問を度々承ります。 2020年度の場合、僅かながらも老齢基礎年金の満額は増えているので、必ずしも年度ごとに年金額が下がっていくわけではありません。 ただ、老齢基礎年金の満額の計算要素の中にはマクロ経済スライド調整率があります。 マクロ経済スライド調整率は少子高齢化を背景として年金額の伸びを抑制する仕組みです。 老齢基礎年金の満額は今後も上がる可能性はあります。 ただし、マクロ経済スライド調整率の影響で、物価や賃金の伸びほどには上がらない。 マクロ経済スライド調整率はまだまだしばらく続きそうです。 老後の年金が老齢基礎年金だけという方は、より自助努力が必要になってきそうです。

次の

厚生年金の受給額早見表!計算式と簡単試算表をチェック [年金] All About

国民年金満額でいくら

com) 国民年金はすべての年金制度のベースである 国民年金は「基礎年金」とも呼ばれ、日本国内に居住する20歳以上60歳未満の国民全員が必ず加入する義務がある、いわば年金制度におけるベースです。 国民年金保険料は所得や年齢に関わらず定額であり、支給額は本人の加入期間に応じて決まります。 加入義務は40年間で、未払い期間があればそのぶんだけ受給額が減る仕組みです。 厚生年金は国民年金を内包する上乗せ年金 厚生年金は国民年金に上乗せされて給付される年金で、国民年金が内包されている形です。 特徴は、その保険料を雇用主と加入者が折半して支払う点であり、国民年金だけよりも老後の保障がより手厚くなる加入メリットがあります。 主に会社員がこれに当たるので、厚生年金に加入できるのは会社員だけと思われがちですが、例えば個人事業主でも従業員5名以上を抱えている場合は強制加入となり、さらに従業員の2分の1以上が加入に同意する場合には従業員が4名以下でも申請にて任意加入を行えます。 また、厚生年金に加入しない場合は、従業員が個人で国民年金の手続きをする必要があります。 com) 国民年金から支給される老齢基礎年金の受給額には「満額」があります。 ちなみに平成30年の時点では77万9,300円と定められています。 この金額は毎年物価や賃金の変動をもとに変わりますが、個人の所得などには一切影響されず全国民一律です。 平成16年以降は78万900円を基準としてその年の改定率を乗じて計算されており、40年間、滞納や免除期間がない限りは全員がこの満額を受け取れます。 国民年金を満額を受け取るための加入条件 満額を受け取るには、加入が義務付けられている20歳から60歳までの40年間、とにかく空白なく保険料を納めている必要があります。 また、会社員の妻で専業主婦の方や一定の年収以下のパートタイマーの方などは、第3号被保険者にあたるので自身が保険料を直接払っていなくても60歳までの間は配偶者の年金制度に扶養され国民年金の受給対象期間となります。 気を付けたいのが、自分 妻 が60歳に到達していなくても、扶養していた配偶者が65歳に到達し老齢基礎年金の受給資格を満たすとき、65歳に到達した日において妻も第3号被保険者ではなくなる点です。 このとき妻の手続きは不要ですが、配偶者の国民年金第1号被保険者への変更手続きが必要です。 com) 国民年金を満額もらえない場合その1:学生時代に国民年金保険料を払っていない 日本国内に住んでいれば、20歳になったと同時に年金の支払い義務が生じます。 しかし、学生に限っては在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」という制度があります。 この特例制度は、あくまで「猶予」であるということが注意点であり、満額もらうためには、この猶予期間のぶんも後々きちんと支払う必要があります。 国民年金を満額もらえない場合その2:会社退職後の手続きが遅延した 会社を退職してからすぐに別の会社で厚生年金に加入する場合は会社側で手続きをしてくれることが多いので問題ありませんが、しばらく厚生年金に加入しない場合は国民年金第1号被保険者となり、自身で国民年金保険料を納める必要があります。 これを忘れたり先延ばしにしていると、滞納・未納付となり将来の支給額が大きく変動します。 所得が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合には申請によって納付が免除になることもあります。 退職・就職のタイミングなどによっても手続きが変わるので、詳しくは日本年金機構のHPで確認しましょう。 国民年金を満額もらえない場合その3:免除されていた時期がある 経済的理由で免除される場合もありますが、注意したいのが専業主婦が国民年金第3号被保険者と定められたのは昭和61年4月1日からということです。 つまり、昭和61年3月以前の専業主婦は任意加入だったため、国民年金に加入していない人がいるということです。 他にも、夫が退職または65歳になったときに手続きするのを忘れていたり、65歳前に老齢基礎年金を前倒しで受け取っていたりする場合は国民年金を満額受け取れません。 com) 国民年金を満額もらう方法1:ねんきんネットで年金記録を確認し、滞納・免除分を追納する 自分に滞納・免除期間がないかどうかを知るための簡単な手段として、日本年金機構が運営するサイト「ねんきんネット」を使ってパソコンやスマホから簡単に自分の年金記録を確認できます。 また、将来の受取り見込み額やこれまで届いた通知書の確認もできます。 これにより未納分をさかのぼって納付したり、60歳以降も任意加入したりすることによって、受取額を満額または満額に近づけることが可能です。 ねんきんネットの登録には基礎年金番号とメールアドレスが必要です。 国民年金を満額もらう方法2:60~65歳の5年間、国民年金に任意加入する 年金納付の義務は60歳までですが、実際に支給が始まるのは65歳から。 60歳から繰上支給を受けることもできますが、受給額が減額されるなどデメリットもあります。 そこで、老齢基礎年金の繰上支給を受けていない、かつ40年間の納付月数が480ヵ月未満で厚生年金に加入していない方であれば、65歳まで保険料の支払を延長し、将来もらえる受給額を増やすことができます。 任意加入には手続きが必要なので事前にチェックしておきましょう。 また、納めた保険料は全額が社会保険料控除となるので節税にもなります。 自分の年金記録を必ず一度は確認すること 「空白なく40年間年金を支払い続けるだけ」というと一見簡単なようですが、女性の場合結婚、転職、退職などライフイベントに影響されやすく、満額もらえると思っていたのに……という悲しいケースもあります。 一度、20歳からの自分の年金記録をしっかり見直してみると、老後の資金計画にも役立つかもしれません。 iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 iDeCoにおすすめのネット証券比較表 (2020年6月時点) 証券会社名 投資信託 本数 オリジナル:38本 セレクト:37本 32本 27本 25本 12本 加入手数料 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 口座管理料 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 サポート体制 平日・土曜の8:00? 1で10 年の実績をもつネット証券 最大手 ・iDeCo専用ロボアドバイ ザーによって好みに合った 商品を選択できる 資産運用しやすい管理画面 と無料セミナーなどの充実 したサポート 残高に応じてau WALLETポ イントが貯まる(一部商品) ロボアドバイザーによるiDe Co専用無料ポートフォリオ 診断があり、簡単な質問に 答えるだけで最適な資産運 用が可能 「iDeCoシミュレーター」で iDeCoを利用した場合の節税 額を簡単にチェックできる 文・木村茉衣(ファイナンシャルプランナー) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の

国民年金の「満額」をめぐる2つの勘違いを検証 [年金] All About

国民年金満額でいくら

年金の概要を少し見ておく まずは少々年金のおさらいです。 年金は3階建てと言われますが、簡単にいえば以下の様な構成です。 3階部分)企業年金• 2階部分)厚生年金• 1階部分)国民年金 1階部分は、全ての人が入る基本部分である国民年金。 2階部分は、企業にお勤めの人が加入する厚生年金。 この1階部分、2階部分は公的年金制度ですが、3階部分の企業年金は企業によるものになってきます。 ということから、ここでは公的年金制度である1階部分,2階部分のの国民年金、厚生年金の受給額について考えてみましょう。 国民年金の満額は? まずは1階部分の国民年金部分です。 国民年金には保険料も定額、支給額も定額となっていて、そのため決まった期間きっちり保険料を収めると「満額」の年金が受け取れる、という形になります。 支給される年金(老齢基礎年金)は毎年変わりますが、平成28年度では以下のとおり。 国民年金(老齢基礎年金)の満額• 年額 780,100円• 月額 65,008円• 満額の条件:20歳から60歳までの40年間、しっかり保険料を支払った場合 参考としては、日本年金機構の以下のページを見てみてください。 満額で月額6万5千円、ということですが、例え満額と行っても最低限の生活の支えであり、これでは中々暮らしていくのは難しい、と考える方が大半だと思われるような額ですね。 では続いて厚生年金を見てみましょう。 厚生年金の満額は? 机上の最大値(満額)を考える 1階部分の国民年金(老齢基礎年金)は定額なので、一定期間一定額を収めた、ということで「満額」といった考え方ができますが、2階部分の厚生年金(老齢厚生年金)の場合は、保険料の支払う額が給与によって人それぞれ。 その支払う保険料により年金支給額も変わるため「満額」という考え方が難しいものでもありますが、それでも基準となる値には以下のものがあります。 厚生年金の基準となる値• 厚生年金での最大値• 給料や賞与の最大 保険料は上限を常に払っていた (それに相当する給料、賞与を常にもらっていた)• 加入期間の最大 中学卒業後すぐ就職。 それでもこのスーパーおじさんが今年で70歳になるとした場合、具体的な条件は以下のようになります。 厚生年金での最大値• 加入期間1:平成15年3月まで41年• 加入期間2:平成15年4月から現在まで13年• 標準報酬月額:62万円• 標準賞与: 37. (ここですでに机上の空論になってますが) また賞与(ボーナス)も3ヶ月を超えない賞与は報酬にカウントされる、ということになるため、賞与の回数は限界値の3回。 また賞与の額も保険料を最大支払うためには1回150万となることから、年間150万のボーナスが3回あった、と想定。 (物凄い人になってきました。 この方、多分年金のことは眼中にないですね) 以上の条件から、を参考にシミュレーションをしてみると、• 老齢厚生年金支給額の満額(最高値):3,024,170円 でました、年間約300万円! 以上から、満額(最大値)の年金支給額をまとめると、 年金 年額の支給額 月額の支給額 国民年金(老齢基礎年金) 年額 780,100円 (月額 65,008円) 厚生年金(老齢厚生年金) 年額 3,024,170円 (月額 252,014円) 公的年金支給額 合計 年額 3,804,270円 (月額 317,023円) さすがスーパーおじさんですね(笑) 年額約400万に迫り、月額換算では30万以上の公的年金の支給額がある、ということになります。 標準的な満額(最大値)を考える 国民年金の満額は普通に考えられるケースでしたが、厚生年金については上で見たスーパーおじさんの例は明らかに現実離れしている感が強いため、もう少し一般的な例で見てみましょう。 満額とは、厚生年金の加入期間は普通で考えられる一杯として、また、その間に支払っていた保険料は人並み、として考えてみます。 こうなると例えば以下の様な想定になります。 厚生年金での満額(最大値)• 大学卒業後、22歳で就職• その後65歳になるまで継続して、会社で働き続ける (22歳から64歳までの43年)• 給料や賞与は平均値。 (年収511万) 年収の平均については、以下のサイトの記事を参照してます• 平均値を満額に使うのは少し変な気もしますが、現実的に会社にしっかり勤め、期間も基本的に考えられる最長期間、平均的によく働いた、ということから、この想定での計算をここでは満額とします。 この前提でからシミュレーションしてみると、以下のようになります。 年金 年額の支給額 月額の支給額 国民年金(老齢基礎年金) 年額 780,100円 (月額 65,008円) 厚生年金(老齢厚生年金) 年額 1,201,983円 (月額 100,165円) 公的年金支給額 合計 年額 1,982,083円 (月額 165,174円) しっかり会社勤めをし、人並みの給料をもらっていた、という場合には、• 公的年金支給額 年額約200万(月額16万5千円) が満額であり最大値、という形になりそうです。 保険の疑問をしっかり解決 2016-06-05 主婦の場合はどうなる?! 多くの男性の場合はいいですよね!というか、しっかり働いてますのでこういった年金が受けられるのでしょう。 では専業主婦はどうなってしまうのか? ご存知のように配偶者が会社勤めの場合、専業主婦は第三号の被保険者。 保険料は特に払わう必要はないですが国民健康保険に加入している、という形になります。 ここで主婦の場合の満額を3つのパターンで考えてみます。 1)就職せずにすぐ結婚して専業主婦。 (国民年金に40年加入)• 2)結婚前に10年企業に勤め、その後結婚で専業主婦へ (国民年金に40年加入)• 3)結婚前に10年企業に勤め、一旦専業主婦。 その後再び20年企業に勤めて退職。 (国民年金に40年加入) スポンサーリンク 1)就職せずにすぐ結婚して専業主婦 この場合には、国民年金の満額が最終的な支給額の最大値ですね。 つまり、 年金 年額の支給額 月額の支給額 国民年金(老齢基礎年金) 年額 780,100円 (月額 65,008円) 厚生年金(老齢厚生年金) 年額 0円 (月額 0円) 公的年金支給額 合計 年額 780,100円 (月額 65,008円) 主婦一人で見れば、年金支給額は満額で年額は78万円、月額では6万5千円となりますが、それでも夫婦の年金収入は合算すると以下のようになります。 2)結婚前に10年企業に勤め、その後結婚で専業主婦へ 計算が難しいですが、やはり以下のサイトのデータを拝借です。 結婚前の年収を295万とすると、年金支給額は以下の様な想定になります。 この場合では、年額約292万、月額24万3千円ですね。 3)結婚前に10年企業に勤め、一旦専業主婦になり、再び20年企業に勤めて退職 では最後のパターンですが、結婚前の年収を295万、再び企業に努めて退職した期間の平均年収を大雑把ですが270万としてみます。 (給与の平均を23万5千円とします) この場合、シミュレーションをしてみると、年金の支給額は以下のようになります。 この場合では、年額約307万、月額25万6千円ですね。 今回のまとめ• 国民年金(老齢基礎年金)の満額は、平成28年度では年額780,100円(月額65,008円)• 厚生年金(老齢厚生年金)の満額は、保険料が定額でないため一概には言えない。 保険料や期間を最大として考えると、満額(最大)は年間約300万円(月額約25万円)• 一般的なケースで最大(満額)を考えると、年間約198万円(月額約16万5千円)• 主婦の場合、以下の3パターンで考えると、• 1)すぐ結婚して専業主婦 年額780,100円(月額65,008円)• 2)結婚前に10年企業に勤め、その後結婚で専業主婦へ 年額 941,884 円 (月額 78,490円)• 3)結婚前に10年企業に勤め、一旦専業主婦になり、再び20年企業に勤めて退職 年額 1,089,418円 (月額 90,785円) こうして改めてみてみると、将来的に支給年齢の変動はあるにしても、年金は老後の生活になくてはならないものですね。 しっかり会社勤めをすれば厚生年金も(当たり前ですが)しっかりでて、専業主婦として家庭を支えている方でも夫婦で合わせれば、結構な額の年金が支給されます。 将来的にどうなるか不透明なこともありますが、しっかり支給されるような未来を迎えたいですね。 Popular Posts This Week! 社会保険料には、健康保険料や厚生年金保険料などがありますが、さて、給料からどれぐらい引かれるかが良く分かり... 会社勤めとなると、ほぼ強制的に、というか知らない間に払っている厚生年金保険料。 給料明細を見ると、厚生年... ボーナスのシーズンになると、いくら貰えるだろうと何に使おうなどと、もう心のなかはウキウキですね! そ... 大事な大事な保険証。 保険証を無くしたり会社に就職する退職するなど、保険証が新しくなる場合、その発行にか... 医療保険は、会社勤めをしていると「社会保険」、自営業の場合では「国民健康保険」などとなんとなく理解して... 働いていると必ず気になる厚生年金の保険料の支払い。 将来的に年金となって返ってくるとは思いつつも、いつま... 先行きが不透明感ただよい、今後どうなるかわからない、と心配な年金ですが、将来の生活設計を考える上では「どれ... 会社を退職したり就職したりする時に必ず必要となる保険証の切り替え。 切り替えはしっかりしておかないと何か... 保険証といえば、社会保険に国民健康保険。 この保険証を紛失した!となれば、いやー、これはかなり焦ります... 保険証の返却では、基本は直接手渡しでお返しする、となりますが、手渡しで返却できない!という場合も出てきます... 最近の投稿• カテゴリー•

次の