フラット ヘッド 閉店。 リーバイスの模造品のようなジーンズを販売している、フラットヘッドというアメ...

長野の衣料販売「グローバルユニット」が民事再生、負債16億円 国内倒産

フラット ヘッド 閉店

概要 [ ]• 1996年創業。 株式会社フラットヘッドは ザ・フラットヘッド The Flat Head というブランド名で、後、1950年代のアメリカンカルチャーを基として、「今と過去の融合」をテーマに衣料品の企画製造・販売を行っている。 フラットヘッドではテーマのようなレーベルを展開している。 現在では、 フラットヘッド The Flat Head 、 アールジェイビー R. B 、 クラブレーベル Club Label 、 MKレーベル MK Label 、 ハードバード Hard Bird 等 がある。 フラットヘッド The Flat Head の特徴としては、ブランドにフライングを掲げている。 また、手掛ける衣類は全て国内生産で、「メイド・イン・ジャパン」にこだわった高品質の衣類を提供しているたとえば、 Tシャツは20番糸による3本針縫製を採用しており、極めて強度が高く、長期に渡って使用しても首回りがヨレヨレになることもなく、経年変化を楽しみながらも、安心して利用することができる。 また、のレザーパンツは牛等と比べての体格が小さいことから1枚革でのレザーパンツは不可能とされてきたが、フラットヘットではとのコラボでこれを可能にした。 一枚皮として使えるような大きな鹿は全体の一割程度、その中で傷などがないものがさらに一割程度であり、極めて希少な鹿革といえる。 このような 世界で誰もやっていないアパレル製品を世界に発信することをとしている。 国内生産にこだわる理由として、社長のは、「日本には世界的にも稀な高度な職人技がアパレル産業にも数多く存在しているにもかかわらず、安価な労働力を求めて海外生産がこのまま進行していけば、国内の貴重な職人技が消滅してしまう可能性が高い。 一度失われた職人技を再び復活させることは容易ではない。 このような職人技を後世に残していきたい。 そのためにはより高付加価値な製品が必要であり、より質が高く、長期にわたって楽しめる製品を作り続け、 高度な職人技を活かしたアパレル製造が若者にとって魅力のあるビジネスとなるようにしなければならない。 高度な職人技の後継者育成にも貢献したい。 」と述べている。 その結果、例えば等では、高度な職人技に憧れて入社を希望する若者が増えているという。 国内生産にこだわりを持つだけに止まらず、本社所在地である で可能な限り原料調達や製造を行うこともこころがけており、Tシャツは長野県、そして財布などのは長野県に拠点がある。 また、長野県はでも知られるように、歴史的にの名産地であった。 このため、「岡谷の絹糸で、洗って使えるシルクのTシャツを作りたい」との計画を持っており、「かつて地域にあった養蚕を復活させ、もう一度長野の産業として広がることを願っている」という。 ・は「外貨獲得産業」として、明治期には日本の近代化(富国強兵)の礎を築いたことが知られているが、現在では安価な輸入品のため、高品質にもかかわらず産業としてかつてほどの勢いはなく 、の産業振興・地域振興としてもその再考と発展が期待される。 Made In Japanのみならず、 Made In Naganoを世界に発信することも社是としている。 アパレル製造のみならず、関連会社の株式会社グローバルユニットでは、長野県産の食材にこだわったGoogie's Cafeというレストラン経営 や地元の果物を活用したフローズンヨーグルト店の軽井沢フローズンベリー を展開していた。 このように 地元長野県への貢献も大きいアパレルブランドである。 また、出身の版画家であるデザインの製品も販売している。 さらに、、も地元長野の企業との連携で販売している。 令和元年8月28日、グループ会社2社を含め約16億8900万円負債を負いへを申請した。 令和元年11月21日付で、株式会社レッドマジックとの間で吸収分割契約を締結し、株式会社レッドマジックの完全子会社であるシリウスパートナーズ株式会社が新たに設立した「株式会社フラットヘッド・ネクスト」に対し「ザ・フラットヘッド」ブランドを譲渡した。 ジーンズ [ ] ザ・フラットヘッド The Flat Head のは有名で、テーマ別に数多くのジーンズを生産している。 フロンティアシリーズ、パイオニアシリーズ、エクシードシリーズ、フューチャーシリーズ、ブラックデニムシリーズなどがある。 中でもパイオニアシリーズは、フラッドヘッドを代表するモデル Lot. 3005 も含まれており、 1940年代以前の染色、1940 - 1950年代の縫製、1960年代の縦落ちの強い色落ちといった各年代のヴィンテージジーンズの良さを合わせ持ち、かつ、現代の日本人の体型を考慮したシルエットを融合させたシリーズである。 パイオニアシリーズ [ ] パイオニアシリーズはフラットヘッドを代表するシリーズであり、その名の示す通りフラットヘッドジーンズの的存在である。 特徴としては、1940年代以前の染色、1940 - 1950年代の縫製、1960年代の縦落ちの強い色落ちといった各年代のヴィンテージジーンズの良さを合わせ持った仕様である。 また、股上をやや浅く設定し、腰周りのもたつきを抑えた現代の日本人の体型を考慮したシルエットである。 代表的なモデル Lot. 3005 - 14. 5oz デニム。 ストレート。 フラットヘッドを代表するモデル。 Lot. Z3005 - Lot. 3005 のジッパーフライモデル。 フラットヘッド生誕12周年を記念した限定モデルである。 Lot. 3007 - 14. 5oz デニム。 ブーツカット。 ロットナンバーの末尾に「 C 」が付くと加工モデルとなる。 フロンティアシリーズ [ ] フロンティアシリーズは、フラットヘッドジーンズの自由と開拓の精神が込められたシリーズである。 のバックポケット、飾りステッチが特徴。 代表的なモデル Lot. F310 - 14. 5oz デニム。 タイトストレート。 Lot. F350 - 14. 5oz デニム。 ストレート。 Lot. F370 - 14. 5oz デニム。 ブーツカット。 Lot. F380 - 14. 5oz デニム。 ナローストレート。 エクシードシリーズ [ ] エクシードシリーズは、フラットヘッドジーンズの中で最も耐久性に富んだシリーズである。 代表的なモデル Lot. 1005 - 16oz デニム。 ストレート。 Lot. 1007 - 16oz デニム。 ブーツカット。 Lot. 1015 - 16oz デニム。 バイカーズストレート。 Lot. 1017 - 16oz デニム。 バイカーズブーツカット。 姉妹ブランド [ ] として、スタイルを提案した Googies(グーギーズ)、スタイルを提案した R. B(アールジェイビー)がある。 2013年には、とコラボで HARD BIRDブランドを立ち上げた。 脚注 [ ]• 社長の小林は「手にして5割、着て7割、着込んでようやく完成する。 」と雑誌『』Vol. 006にて表現している。 第70回「へらクレス/長野でハンバーグを作る」放送分• 第70回「へらクレス/長野でハンバーグを作る」放送分• 雑誌『』Vol. 006、2008年9月24日発行、107ページ、• 「信州発 世界へ -フラットヘッド マサさんの信州良いもの探した旅第6回-」『信州を愛する大人の情報誌KURA』2015年3月号P90-93• 『日本史小辞典』、1995年。 「信州発 世界へ -フラットヘッド マサさんの信州良いもの探した旅第6回-」『信州を愛する大人の情報誌KURA』2015年3月号P90-93• 、2011年5月13日• 2014年12月11日• 関連項目 [ ]• ・・・小松とのコラボでTシャツを製作している。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

Masayoshi Kobayashi

フラット ヘッド 閉店

・ ベルトループの膨らみ など、あげたらきりがないほどにディテールが素晴らしいんですね。 履きこめば履きこむほど良さがわかる一品なので、ジーンズ愛好家たちからもかなりの高評価。 もちろんジーンズに詳しくない人が履いたとしても、かっこよく履きこなせるし、履き心地やデザインを含めて使い勝手がよいことはすぐに感じられますよ! フラッドヘッドジーンズのコレクターが多く、中毒性が高いのも納得なのかもしれません。 色落ちのよさ それから、こちらも。 「新品の状態で5割、着て頂いて7割、着込む事で10割」 引用:THE FLAT HEADホームページ フラッドヘッドのジーンズは、 履き込むうちにその人だけのオリジナルジーンズに仕上がるように製作されています。 ジーンズを履き込むことで感じられる味わいの代表といえば、 色落ち! 独自の染色方法から生み出される深いインディゴブルーは、時間が経つほどに独特の色落ちをしていきます。 職人たちが一針ずつ縫製糸を適切な場所に縫い込ませているので、 余計な糸と外部との接触が減り強度がアップしていて、 後々のインディゴカラーの濃淡の変化へも一役かっています。 「 フラットヘッドジーンズの縦落ちはよく計算されているんだな」 と個人的には感じますね。 ただ色落ちしてできただけの縦落ちとは一味違った色落ちを体験してみたい方に、おすすめです! 一方で、フラットヘッドジーンズには いくつかの短所も見つかりました。 ・一筆縫い など、ジーンズ愛好家の方ぐらいにしか、すぐには気づけないような場所まで妥協せずに作られているので仕方がないのかもしれません… その分だけ強度も増し、見た目もよく、時間がたつほどに味わいが出てくる。 考えようによっては、 長期的に履き続けることを考えると無駄な出費ではないとも考えられるわけなんですが。 このあたりは予算と相談ですねー ベーシックのジーンズを育てて愛用の一着として履き続けたい派なのか。 いろんな種類のジーンズをトレンドに合わせて履き替えていきたい派なのか。 それによっても評価が分かれる点ですね。 生デニムならではの短所!? マジか!ありがたいwフラットヘッドは細身だけどストレッチ無いからきついぞ~w — 鮎 稚魚 Ayuwringal フラットヘッドのジーンズは、 日本人の体型に合うように工夫されているのでやや細身な仕上がりです。 さらには 生デニムとなると、洗うと縮む特徴があります。 普段から 太めのジーンズに慣れていたり、生デニム初体験の方からすると、 最初の頃の履き心地にびっくりしてしまうかもしれません。 股上が浅めなのもフラットヘッドジーンズの特徴ですね。 足の長さや太さだけでなく、腰の位置によっても、 お腹周りのサイズ感がしっくりくるかは人により感じ方が異なります。 できるならばフラットヘッドのジーンズは、 店頭で試着するのがおすすめです! 縮み具合についても計算しながら、プロにアドバイスをしてもらったほうが確実です! フラットヘッドジーンズの個人的な感想、意見 長所や短所を踏まえて、個人的な意見を書きます。 フラットヘッドジーンズは、 ・ ファッション好きの方 ・ 良いものを大事に長く使いたい派の方 ・ ジーンズを育ててみたい方 ・ 海外ジーンズのサイズ感が合わなくて悩んでいる方 におすすめだと考えています。 見た目や履き心地など、違いがわかる人には好まれる、通(つう)なブランドジーンズですかね。 ジーンズの値が張るのが気になりますが、値段に値する良いジーンズなので、 サイズ選びにさえ気をつければ納得の一点になりますよ。 あとは… フラットヘッドのジーンズは、 購入方法が満足感を左右します。 ・店頭で試着をして購入 ・サイズが確実にわかるならネットなどでディスカウント商品を購入 ・セールを狙う ・古着屋で掘り出し物を見つける やはり値段が高いとハードルも上がってきますから、セールや古着狙いというのも大いにアリでは? と思います。

次の

リーバイスの模造品のようなジーンズを販売している、フラットヘッドというアメ...

フラット ヘッド 閉店

リーバイスの模造品のようなジーンズを販売している、フラットヘッドというアメカジ系 風 のファッション・ブランドについて疑問があり、投稿しました。 ライトニング等のファッション誌でフ ラットヘッドの安っぽい広告はよく見かけますが、上野や渋谷や新宿に買い物に行っても、実際にフラットヘッドの服を着た方は稀にしか見かけません。 私が最後に見かけたのは一年位前で、キャシャな体つきのギャル男っぽいあんちゃんでした。 私がたまたま見かけないだけで、現在でも着ている方はいるのでしょうか? それとも地方ではそれなりに人気のあるブランドなのでしょうか? フラットヘッドのジーンズのバックポケットの滑稽なステッチはギャル男向けのデザインなのでしょうか? 実際にフラットヘッドの服を着ている方よりも雑誌で見かける機会のほうが多いので、不思議に思った次第です。 この手のアメカジ系 風 のファッションにお詳しい方がおられましたら、教えて下さい。 宜しくお願いします。 私もあまり見かけません。 でも【フリーホイーラーズ】や【ウィアード グラッドハンド系列 】等の大御所ブランドもあまり見ないです。 正直なトコロ、フラットヘッドはパンツは皆買えますがウエアは大きいサイズでも身長175前後の中肉中背の方迄しか着れないようなサイズ設定ですよね。 かなり選ばれた方しか着れないと思います。 値段も高いし、 社長の小林氏と武田真治達で【ハードバード】というブランドを立ち上げたりとフラットヘッドは動きが活発な気がします。 最近はただの復刻ブランド【リアルマッコイズ】の不調やリーバイスの造りの雑さによる低迷等、王道ブランドが失墜しています。 ブートレガーズ等、アメカジなのにプレ値がついたりする希なブランドもありますが、和柄を出してからのフェローズの落ち込み。 ウエアハウス等のオリジナルに忠実過ぎて寿命が短い等のパッシングを受けている中、復刻にタフさやラインで一手間かけてるフラットヘッドは主観ですがアメカジレプリカの中では良いブランドだと思います。 自分は中目黒生まれの中目黒育ちだけど まあ確かに見かけないな。 フラッドヘッドよりも悪趣味と思われるEVISUはよく見かける。 で書き込みしている最中に気付いたんだけど、EVISUのようなB系のデニムの方が流行っているって事なんだと思う。 フラッドヘッドはアメカジのストレートジーンズだけどここをチョイスする人ってかなりこだわりの有る玄人が多いから一見定番王道スタイルに見えるフラッドヘッドをギリギリの所で見極めて買わないんだと思う。 行き着けのホームセンターの若い店員さんで良い色落ちをした格好いいジーンズを穿いた人がいて見たらフラッドヘッドだった。 でフラッドヘッドの店に行って吟味した事が有るんだけど、俺自身が購入に至らなかった理由は股上の浅過ぎた点だね。 生地と脚のシルエットは魅力的なんだけどね。 バックポケットのステッチはいかにもバッタもんだけど、あんなのいざとなったら抜いてリペア屋さんで縫い直して貰えばいいんだよ。 それとレングス展開が1サイズしかないのもいただけないな。 因みにフェローズも一緒だな、生地と脚のシルエットは魅力的だが股上が浅過ぎる、あれじゃギャル男風のデニムだな。 バックポケットもフラッドヘッド同様にいかにもバッタもん臭プンプン。 因みに俺自身はシルエット重視派でリーバイスとウエアハウスを支持しているけど生地的にはウエアハウスとリーバイスにはあまり満足してないね 私は最近は2ヶ月前に高速道路のパーキングエリアで冬に本屋で着てる人を見かけました。 高速道路の方はふつーのおっさんでしたが本屋で見た人は、ザ・50年代という感じでした。 ちなみに神奈川で、私も持ってるのでたまに穿きます。 あまり着ている人は見かけないですが、この手のジャパニーズアメカジブランドでは人気な方だと思います。 売れてないと社長があんなすごい車逹には乗れないですからね~ ギャル男向けではないと思いますが、109ギャル男向けブランドでフラットヘッドの丸パクリを見たことがあるのでギャル男にも好きな人がいるのかと思います。

次の