ちょんぼ 語源。 ちんことは (チンコとは) [単語記事]

ちんことは (チンコとは) [単語記事]

ちょんぼ 語源

三省堂の『大辞林』によると『チョン』は、句読点など以外に《事件はあっけなくチョン(終わり)になった》や《人員整理でチョン(クビ)だよ》とある。 つまり江戸時代から、人間が一人前でない状態を示す言葉として使われていた。 新聞記事や放送原稿を校閲する際に用いられる共同通信社発行の『記者ハンドブック(第13版)』には、読者に不快感を与える言葉として『バカチョンカメラ』を『簡易カメラ』、『軽量カメラ』と言い換える(書き換える)ようにと用例されている。 差別用語に関する専門書『私家版差別語辞典』(上原善弘著)の『チョンコ』の項目には、《主に関西方面でよく使われた在日朝鮮人・韓国人を指す呼称で、語源は朝公(チョウコー)から来ているとされている》と記載されている。 「1975年2月、エジプトから帰国した三笠宮崇仁親王がNHKに出演した際に『バカチョンカメラを持っていくべきだった』と語ったことで、抗議を受けたことがあります。 1970~1990年代は、左翼陣営が保守・右翼陣営を圧倒していた時代であり、村山富市内閣の江藤隆美総務庁長官(当時)が『日韓併合=朝鮮統治時代』を『日本はよいこともした』と記者クラブでオフレコ発言し、1995年11月に長官を辞職したケースがあるほどです。 また日本海沿岸で起きていた拉致も北朝鮮の仕業ではないかとの噂が広がっていましたが、大政党だった社会党などの左翼陣営の抗議の前に打ち消されています」(政治ライター) また、当時はこんな時代背景もある。 永氏は「童謡『赤い靴』の赤はソ連の事であり、社会主義が消えてしまったと歌っている。 童謡『あの町この町』は、戦争の方向に向かう日本に引き返すことを勧めている。 そして童謡『七つの子』は、強制連行されて炭鉱で働く朝鮮人への同情心をうたったものである」と主張した。 しかし『七つの子』については、野口雨情が作詞、本居長世が作曲し、1921年に雑誌『金の船』に発表されたものだから、朝鮮人の強制連行がなされたとされる時代よりはるか以前に作られた歌だ。 前述の三笠宮崇仁親王の発言以外にも、以下のような騒動があった。 1981年5月:テレビ朝日系放送の『日曜洋画劇場 がんばれベアーズ』で「バカチョンどもに負けていいのか!」という表現に対し、視聴者から抗議• 1987年1月:アニメ『超人戦隊バラタック』がKBS京都で放送された際、数カ所に「バカチョン」の台詞があり、抗議の電話。 1988年4月:日本テレビ系『11PM』で、ゲストの女優三田佳子が「バカだのチョンだのと言われていじめられた」と述べ、司会の藤本義一(故人)が番組内で「不適当な発言がありました」と謝罪 「バカチョンという言葉がマスコミ各社で、いつから自粛されるようになったのかははっきりしていません。 1970年代から抗議例があり、1980年代には謝罪事例があることから、少なくとも21世紀以前には自粛されるようになったようです」(放送作家) 知識人やマスコミ、左翼政党が朝鮮半島に忖度した結果が、今日の拉致問題(対北朝鮮)や、日韓合意破棄(対韓国)につながったと言えまいか。 【画像】 (C)pathdoc / Shutterstock.

次の

「ちょんぼ」って差別用語の「ちょん」と関係がある?|日本語・日本語教師|アルク

ちょんぼ 語源

『 リーチ もしているので 役 もある... よし、 ロン!』「それ、 フリテン だよ」『えっ?何それ??、、』という状況になってしまった 麻雀初心者の方、とても多いと思います。 殆ど全ての 初心者の方が フリテン を経験していることでしょう。 説明されてもよく分からない、、、その後も フリテン の不安はあるけど「えいやっ」で ロン をしてしまっている初心者の方は多いのではないでしょうか?フリテン を回避することで初心者の 勝率は随分上がります。 しっかり覚えて中級者への第一歩を踏み出しましょう!• 1 テンパイの時: アガり牌 が 自分の 捨て牌(ステハイ) の中にある状態• 2 テンパイの時: 他家(ターチャ=他のプレイヤー) が 打牌(ダハイ)した自分の アガり牌 を 見逃してしまう行為をする これらの場合に フリテン となります。 一般的に 1 を「 捨て牌による フリテン」と言い、 2 を「 見逃しによる フリテン」と言います。 そして、これらのフリテンは 立直( リーチ) 前 か 立直 後 かで分けます。 具体的な説明は後ほど行います。 『聴牌( テンパイ)』 後残り1枚必要な牌が 手牌 に加われば 和り(アガリ) となる状態。 フリテン例 それでは、先にフリテンの1つの例を見てもらいましょう。 以下の例は、アガり牌 が 自分の 捨て牌(ステハイ) の中にある状態で、 リーチを掛けています。 つまり、 捨て牌によるフリテンで 立直後となりますね。 リーチ 後 なので 局 の最後までフリテン状態で ロン出来ない このような状態になると、フリテン となり ロン することが出来なくなります。 ロン の禁止は痛手! 麻雀で アガる 方法は、 ロン と ツモ です。 ロン は、最後の アガり牌 を 他家(ターチャ=他のプレイヤー) の打牌(ダハイ) によって揃え、 アガり形 を完成させ 和了( ホーラ) する行為です。 ツモ は、自分で 牌山(ハイヤマ) から持ってきた牌で アガり牌 を揃えることで 和了 します。 他家 の 捨て牌 で アガり牌 を揃える ロン は単純に ツモ より アガる 確率が高くなります。 なぜなら 他家 は3人いるので ツモ の1回に対して3回のチャンスがあるからですね。 実際にアガる率は倍以上になります。 その ロン を潰す フリテン はとても厄介なルールです。 本ページで徹底的に フリテン を覚え、これからは ロン が禁止されないようにフリテン回避する打ち方を覚えましょう。 フリテン になる2つの条件• 1 フリテン になる1つの状態: テンパイ時にアガり牌 が 自分の 捨て牌(ステハイ) の中にある状態• 2 フリテン になる1つの行為: テンパイ時に他家 が 打牌(ダハイ)した アガり牌 を 見逃してしまう行為 これら2つの条件を満たした場合に フリテン(= ロン禁止 テンパイ) となってしまいます。 一般的に 1 を「 捨て牌による フリテン 」と言い、 2 を「 見逃しによる フリテン 」と言います。 そして、 1 と 2 は リーチ前 か リーチ後 かで状況が変化します。 よくフリテンの説明を「捨て牌によるフリテン」「同巡内フリテン」「 リーチ後フリテン」の3つに分けて説明することがありますが、これらは、「捨て牌によるフリテン」が リーチ前 か リーチ後 か、或は、「見逃しによるフリテン」が リーチ前 か リーチ後 かのことを言っています。 では、図解を通して1つずつ注目ポイントにフォーカスしていきましょう。 自分の捨て牌に注意しよう。 1つ目のポイントは、 自分の 捨て牌 です。 テンパイ になった場合、アガり牌 が 自分の 捨て牌(ステハイ) の中にあると、フリテン 状態となってしまいます。 テンパイ になると気持ちが高揚してきますね。 なんせ、後1枚必要な牌が来れば アガり 確定ですからね。 自分の ツモ牌 や 他家 の 打牌 を当たり牌かどうかと期待の想いで見ることでしょう。 しかし、ここで落ち着きある場所を確認しなければなりません。 それは自分の ツモ牌 でも 他家 の 打牌 でもありません。 自分の 捨て牌 です。 自分の 捨て牌 に アガり牌 がある場合、 フリテン になり ロン が出来なくなるからです。 これは自分自身が捨てた牌では ロン が出来ないということです。 自分が捨てた牌で他家が ポン、 チー、 カン した牌もフリテンの対象となります。 プレイヤーが鳴いた場合は 鳴きで取得した牌を誰から取得したか判別できるように配置しますね。 これは、フリテンや現物の対象となる牌がしっかり判別できるようにするためです。 アガり牌 が自分の 捨て牌 にあること、この状態は初心者の方に非常に多くあることです。 手牌の組み合わせを色々と変更しているうちに、最後の アガり牌 がいつの間にか自分の 捨て牌 の中に混ざっているのです。 テンパイ となったら、自分の 捨て牌 の中に アガり牌 がないかどうかを確認して下さい! そしてもう1つ フリテン になってしまう行為があります。 2-2. 他家 が 打牌(ダハイ)した アガり牌 を 見逃してしまう• アガり牌見逃しに注意しましょう。 テンパイ 後、他家 が 打牌(ダハイ)した アガり牌 を 見逃してしまうと、その時点で フリテン になります。 テンパイ 後に他家(ターチャ)の 捨て牌 を ロン せずに見逃してしまう場合があります。 他に気を取られたり、手牌を確認しているうちに他家の ツモ や 打牌 が進んでしまい、気づいたら アガり牌 を見逃してしまっていることがあります。 アガり牌 を見逃した時点で フリテン になってしまいます。 テンパイ になったら、他家 の 捨て牌 に注意して下さい! フリテン になる1つの 状態と1つの 行為を説明してきました。 この 2つの条件はしっかりと覚えて下さい。 そして、これらの状態や行為が リーチ の 前 か 後 かということが、非常に重要になります。 なぜなら、 リーチ の 前 と 後 で、フリテン を回避できるかどうかが決まるからです。 2-3. リーチ の 前 と 後• リーチ 前は 同巡内フリテン• 一巡して再度自分の ツモ巡来るとフリテン解消 テンパイ 後に、他家 が 打牌 した アガり牌 を見逃すと フリテン 状態になるのですが、これが リーチ前 であれば、1巡して再度自分の ツモ巡が回ってくれば、フリテン状態が解消されます。 その後は、また、 ロン できる様になります。 これを、同巡内フリテン(ドウジュンナイフリテン)を言います。 この場合、自分の ツモ巡が回ってくる前は ロン することが出来ません。 見逃しによるフリテン リーチ後 図解Point 2-2 フリテン の出現ポイント!• なぜ、 リーチ の手前でもあるのかというと、一度 リーチ をしてしまうと、その後、手を変更できず、フリテン 状態を解消することが不可能になるからです。 リーチ を掛けると ロン まで一直線なので、 ロン の手前ということは事実上 リーチ の手前と同義になります。 初心者の方は、まずこのことを覚えて下さい。 テンパイ になったら リーチ や ロン の前に フリテン に大注目です。 リーチ前後で状況が変化 よく、 リーチ 前後を フリテン の切り分けポイントとして説明することがありますが、それは リーチ の後は手を変更できず、フリテン を回避できなくなるという不可逆なリスクがあるからです。 ですが、 リーチ に注目していると、 リーチ 後に フリテン を確認し、既に時遅しという状況が多々あるので、 テンパイ と同時に意識するようにしてください。 そうすれば、自然と リーチ を掛ける前に フリテン を確認することが出来ますからね。 そして、 リーチ の前でもダブルチェックすれば申し分ないでしょう! 4. フリテン を回避する2つの方法• 1 ロン せずに ツモ で アガる• 2 待ちの形を変える フリテン は、 ロン が出来ない状態のことです。 従って、 ロン ではなく、 ツモ で アガることは常に可能です!フリテン 状態で リーチ してしまったり、[ 図解Point1-2の状態 ]や リーチ 後に アガり牌 の見逃しによって フリテン になってしまった場合[ 図解Point2-2の状態 ]、局 の最後まで ロン が出来なくなってしまいます。 そのような場合は、 ロン は諦めて、 ツモ で アガり を目指しましょう! もう1つの回避方法は、 待ちの形を変える(=アガり牌 を変更する) です。 アガり牌 が自分の 捨て牌 にある フリテン 状態の場合、 リーチ 前であれば、手を変えることが可能なので、待ちの形を変えて、アガリ牌 を変更しましょう。 また、同巡内フリテン[ 図解Point2-1の状態 ]の場合は、1巡待って、自分に ツモ巡 が回ってきた時点でフリテンが解消されるので、再度自分の ツモが巡ってくるまで待ちましょう。 多面待ちの フリテン に注意• 多面待ちの 場合、アガり牌 すべてがフリテン対象 さて、フリテン で注意すべき重要なことがあります。 これは初心者の方を混乱させる厄介なルールです。 簡単に説明すると、 アガり牌 が複数ある場合はすべての牌が フリテン の対象だとうことです。 待ちの形によるアガり牌の種類 麻雀には最後の アガり牌の 待ちの形が幾つかあります。 この待ちの形によってアガり牌の種類が増えます。 例えば、1つの牌を待つ形がありこれを 単騎待ち(タンキマチ) と言います。 そして複数の アガり牌 を待つ形を 多面待ち(タメンマチ)と言います。 麻雀では極力 アガる 確率を高めるために、大抵 アガり牌 を複数の牌で待つ形にするよう手牌を集めるものです。 多面待ち例 多面待ち例 待ちの形 リャンメン待ち• フリテン 状態で ロン をした場合、罰符としてペナルティーの点数を支払う=通常 満貫罰符(マンガンバップ)• フリテン リーチ を禁止している場合は、 ロン せずとも罰符が発生する 罰符 もしフリテン の状態で ロン をしてしまった場合、 罰符(バップ)というペナルティーが科せられます。 これは罰金として満貫分の点数を支払うペナルティーです。 通称満貫罰符などともいいます。 このようなミスやルール違反をチョンボとも言います。 満貫罰符 満貫罰符の支払う点数は、フリテン ロン を行ったプレイヤーが親の場合、他のプレイヤー全員に 4,000点ずつ支払います( トータル12,000点分=満貫点数)。 子の場合は、親に 4,000点、子に 2,000点ずつ( トータル8,000点分=満貫点数)支払います。 フリテン リーチ また、 フリテン リーチを禁止にする( フリテン 状態で リーチ をしてはならない)ルールを設定している場合、 ロン をせずとも、 ツモ による手の開示や、或いは、流局によってノーテン罰符のやり取りのために手を開示するなど、他の3人のプレイヤーに フリテン状態の リーチ であることが発覚した場合、罰符が発生します。 フリテン リーチについては『』をお読み下さい。 満貫の手を アガる ことはなかなか難しいものです。 フリテンで満貫罰符を支払うことになってしまうと、取り返すのに苦労するでしょう。 (恐らくツキも離れて取り返せないかもしれません、、)このページで フリテン をしっかり覚え、フリテン による罰符などは支払うことのないようにしましょう! 7. フリテン の良いところ• ダーティープレイを防ぐフリテンルール 最後に フリテン を少し好きになってもらうことが出来るかもしれないお話をご紹介します。 フリテン を頭っから悪代官のように書きつらねてしまいましたが、実は フリテン は プレイヤーを守っているルールでもあるのです。 フリテン が我々を守る?この複雑で意味不明なルールなど私たち初心者を陥れるだけではないですか!と憤慨する方もいるかもしれません。 フリテンルールがあると、 狙った相手で ロン をするなどのダーティーなプレイを防ぐことが出来ます。 このルールでは、 他家 が捨てた アガり牌 を故意に見逃し、 意図的に ロン する相手を狙う行為を防ぐ効果があるのです。 「好きな人では ロンをせず、嫌いな人を狙い打ち!」こんなことでは、ゲームのフェア性が損なわれてしまいますね。 このようなことを防ぐために フリテン は活躍しています。 フリテン は日本独自のルールで、 ゲームのフェア性を保つために追加され、現在では定着したルールなのです。 フリテン は、強い相手からの狙い撃ち ロンから我々麻雀初心者を守ってくれているのです!少し フリテン のイメージが良くなったでしょうか!? 8. まとめ フリテン は、 テンパイ と同時に可能性が発生するので、まずは テンパイ になったら フリテン の確認を怠らないようにしましょう。 リーチ 前であれば幾らでも 修正が可能ですからね。 テンパイ で アガり牌 をしっかり確認し、自分の 捨て牌 のチェック、問題なければ、他家 の 捨て牌 を見逃さないように集中です! フリテン になってしまったら、 リーチ 前においては、 待ちの形を変更し、 リーチ 後においては、 ツモ を狙って アガリ を目指しましょう。 初めまして。 質問の解答で疑問がありましたのでコメント書かせてもらいます。 2017年1月23日Akatukiさんの質問の解答について >私の打ち方はタンヤオのみを目指していて、 萬子の234、萬子の444 明刻 、索子の456、筒子88の対子 雀頭 、萬子78、の 萬子69待ちでしたが の解答で9萬見逃し同巡内6萬ロン和了でフリテンチョンボはわかりました。 もう一つ、僕は69リャンメン待ちとのことでタンヤオの確定役 確定待ちと言った方が正しいのかな? ではないので、その時点でフリテンだと思ってました。 ところが、解答の中で >同巡内フリテンは1巡すると解消されますので 9 が捨てられた巡目以外で 6 が切られた場合は問題なくタンヤオが成立します! とありました。 通常、仲間内でしかほとんどやっていませんが、このような場合僕らはフリテン扱いとなり僕自身似たケースで罰符を払いました。 その時は純粋な見逃しでした そして、それが通常当たり前のルールだと思っていましたが、これはもしかして僕らだけのローカルルールだったのでしょうか? その事について調べようと思いましたが、その記事が見つからなかったので、確定役 待ち についても記載していただけたらと思います。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 一般的なフリーの雀荘や、競技ルールは後付けルールが採用されていますので、その場合は『 9 が捨てられた巡目以外で 6 が切られた場合は問題なくタンヤオが成立』します。 ユーザー様が仲間内でやっているルールは恐らく「先付けルール」で、役が確定していない片あがりの形なのであがれないという裁定が下されたのだと思われます。 上のURLの『2.後付け禁止のルール 完全先付け アガれない例-4』が類似例になります。 お役に立てましたら幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >麻雀初心者です。 タンピンドラ1でテンパイしたのですが、自分の捨牌にアガリ牌があったので、リーチを諦めました。 直後に他家からアガリ牌がでたので、ロンを宣言して牌を倒しました。 しかし、ダマなのにフリテンと言われました。 リーチをかけていないから、フリテンにはならないと思ったのですが、フリテンになるんでしょうか? コメントいただきありがとうございます! ユーザー様のご質問の例ですと、残念ながらフリテンとなってしまいます。 フリテン状態はリーチの有無は関係はなく、リーチをしていない場合でも、アガり牌が自分の捨て牌にあった場合はフリテンとなってしまいロンアガりが出来ません。 (フリテンの場合でも、ロンではなくツモアガりでしたら問題なくアガることが出来ます) ご質問例の状況は こちらの記事「フリテンの意味とは?覚えるべき2つの条件と2つの回避方法」の 「2-1. アガり牌 が 自分の 捨て牌(ステハイ) の中にある」項目に当てはまります。 リーチをしていないダマテンの状況ですので、待ちを変えればフリテンを回避することが出来ますが、 リーチをしてしまうと、待ちを変えることが出来ませんので注意が必要です。 同記事「2-3. リーチ の 前 と 後」をご参考にしていだけますと幸いです。 より分かりやすい記事を作成出来るよう、ご利用していただけるユーザー様と共に当サイトも成長していけるように努力致します。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >7、8、9、9ピンの待ちで親でリーチを掛けました。 直ぐ下家が、9ピンを捨てましたが、見逃してしまい、自分の番で6ピンをツモりました。 一発ツモあがりといいましたが、フリテンと言われ、親のチョンボとして、罰金を払いました。 ツモあがりは、認められないのでしょうか。 一般的には、リーチ後のアガり牌を見逃した場合でも、ツモアガりであれば問題なくアガることが出来ます。 リーチ後のアガり牌を見逃しは、見逃して以降フリテン状態となり、他家の捨て牌でロンアガりを宣言した時点でチョンボとなってしまうケースが一般的です。 通常、フリテンはロン和了は出来なくともツモ和了でアガることが出来ます。 このようなルールの場合は、たとえフリテン状態であってもリーチをした次巡のツモでアガった場合は「リーチ・一発・ツモ」の役が付きます。 ただし、一部のローカルルールでは、 ・フリテンリーチ禁止 ・リーチ後の和了牌の見逃し禁止 ・リーチ後の和了牌の見逃し後のツモあがり禁止 というルールも存在します。 コメントいただきありがとうございます!! 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 わかりやすい記事でとても参考になります。 また記事を読んでいて誤字などを見つけたので報告です。 >フリテン(=ロン禁止テンパイ) となってしまします。 通常は一つだけ。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >私は1,4で聴牌しています。 但し1では役がなく上がれません。 東から1が出ました。 私は当然見送りましたが、北がポンをし4をきりました。 私(西)は上がれると思うのですが 北と南がフリテンになると主張あきらめました。 本当にフリテンになるのでしょうか。 同巡内フリテンのケースですね。 ポンなどの副露による同巡内フリテンの解消は、自分が副露した場合に限り解消されますが、他家の副露によって自分のツモ番が飛ばされた場合でも同巡内フリテンの状態は継続されてしまいます。 よって、東家が切った1を北がポンをし4を切っても、自身(西家)は見逃し後1回もツモをしていない為、同巡内フリテン状態が続いていることになります。 先日、友達と打っていた時にそれはフリテン、と言われて納得がいかないことがあります。 私の打ち方はタンヤオのみを目指していて、 萬子の234、萬子の444 明刻 、索子の456、筒子88の対子 雀頭 、萬子78、の 萬子69待ちでしたがリーチをかけられなかったので、 タンヤオのみの手を考えていたので、9では上がれないと考え、実質待ちは萬子6のみと考えていました。 そして何巡か目で、萬子9が打牌されたのですが、それは前述のことがあったので見逃しを行いました。 同巡で、6の萬子が打牌されたので、ロンしました。 その時、それはフリテン、9でも上がれるから、と言われてチョンボになりました。 フリテンは上り牌を見逃す行為だとすると、9では約なしになるから上がれないので見逃しても問題なく、6で上がらないと役が付かないのでチョンボにならないと思うのですが。 友達に聞いても上がれるから、9でも上がれただろ、との一点張りで聞いてくれなかったので意見を聞きたいです。 よろしければお願いします。 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >フリテンは上り牌を見逃す行為だとすると、9では約なしになるから上がれないので見逃しても問題なく、6で上がらないと役が付かないのでチョンボにならないと思うのですが。 フリテンには「同巡内フリテン」というルールがあり和了牌を他家が捨てた巡目はフリテン状態となってしまうルールがあります。 7 8 での待ちの和了牌は 6 と 9 ですので、 9 が捨てられた同巡に 6 を捨てられても残念ながら上がる事は出来ません… なお、同巡内フリテンは1巡すると解消されますので 9 が捨てられた巡目以外で 6 が切られた場合は問題なくタンヤオが成立します!(ここで指す1巡とは一般的には次の自分のツモ&打牌を経るまでの事を指します) 同様に、自身で 9 を切ってしまった後ですと、タンヤオの 6 待ちでもフリテンとなってしまい、ロン上がりは出来なくなってしまいます。 フリテン対象牌は役によって変わるのではなく、和了牌全てが対象となってしまう為、多面張にも注意が必要となります。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

次の

ヨイトマケ(よいとまけ)

ちょんぼ 語源

現在の医学用語では、が悪い状態を なんちょう といい、聴力が非常に悪くなった状態、換言すればきわめて高度の難聴を聾という。 その難聴の程度については、平均聴力レベルが90デシベル以上の難聴を聾ということが多いが、まだ完全に統一された見解ではない。 一方、聾教育界では難聴と同意義に使用しており、たとえば軽度の聾とか高度の聾といったり、その種類を伝音性聾とか感音性聾といったりする。 その反面、聾学校では高度の難聴をもつ生徒のみを対象としている。 このような混乱は、英語のdeafという語の訳に原因がある。 欧米でもdeafは日本の医学界でいう難聴の場合と、聾の場合とがある。 最近ではdeafを重症の難聴のみに使うべきであるという人が欧米の医学界にもいる。 聾にしてもdeafにしても、近代医学が発展する以前から一般の人が使用していたことばであり、それをそのまま医学あるいは教育学で特定の定義をして採用しようとしたところに混乱の原因がある。 聾ということばは非常に古くから使用されてきた漢語であり、耳が聞こえない状態をいう語である。 その聞こえないということの解釈の差が見解の差になってくる。 実際に完全に聞こえないということはないといってもよいほどまれであり、非常に聞こえが悪い人でも、ある周波数の非常に強い音は感知でき、これを残聴という。 言語習得前に高度の難聴となった者は、特別の言語訓練を受けなければ、ことばを話せない唖 あ の状態になる。 [河村正三].

次の