ヘイデン クリステンセン。 今更ですけどなぜスターウォーズ エピソード3でアナキンを演じたヘ...

ヘイデン・クリステンセン

ヘイデン クリステンセン

ルークが自分の父親がダース・ベイダーだと知ったときのショックは計り知れないものがあったことだろう。 眠れない日が何日も続いたとしても不思議ではない。 スター・ウォーズのプリクエルでアナキン・スカイウォーカー役を演じたヘイデン・クリステンには現在2歳の娘がいるのですが、この子にはスター・ウォーズを見せる予定はないと話しています。 ヘイデン・クリステンの妻、レイチェル・ビルソンは取材の中で、娘をお互いの俳優生活からできるだけ遠ざけるようにしていることを語っていて、特にヘイデン・クリステンのスター・ウォーズに関しては細心の注意を払っているとのこと。 もしあの子が知ったら「うそ!お父さんがダース・ベイダーなの!?」ってなるでしょうね。 たしかにもし小さい子が自分の父親が悪役だと知ったら、ショックを受けるかも。 お父さんは悪い奴だったの?とネガティブに受け取る恐れもあるし。 しかし父親がダース・ベイダーであるというのは悪いことばかりではないかも模様。 レイチェル・ビルソンもジョーク交じりにこう話します。 公園では誰もあの子にちょっかいをかけないだろうけど。 グッズが色々 夫妻は少なくとも数年間は娘に見せるつもりはないとしているものの、レイチェル・ビルソンのインスタグラムにはそれとは裏腹にスター・ウォーズの影響が見え隠れしています。

次の

アナキン・スカイウォーカーがジェダイのまま中年になった姿

ヘイデン クリステンセン

スポンサードリンク 2003年から2007年「」でサマー・ロバーツを演じてブレイクした レイチェル・ビルソン。 抜群のファッションセンスと、身長157cmとアメリカ人にしては小柄なところがお手本にしやすいと日本のファッション紙やファッションサイトにも度々掲載されました。 instagram レイチェル・ビルソンの恋愛遍歴 2003年から約2年間、「The O. 」劇中で恋人同士を演じたセス役のと私生活でも交際。 」終了後、2008年映画「ジャンパー」で共演した ヘイデン・クリステンセンと交際、婚約・婚約解消の紆余曲折を経て、2014年10月29日に長女ブライアー・ローズ・クリステンセンを出産しました。 ハリウッドという華やかな世界にいながら、恋愛には慎重なイメージのレイチェル。 一度付き合ったら長続きするタイプですね。 「ハート・オブ・ディクシー」終了後は、子育てに専念しているのか映画・ドラマ出演の予定は今のところないようです。 子供服やお料理のことなどをインスタに綴り、のんびりと子育てライフを楽しんでいる様子が見られます。 【追記】2017年8月 カントリー・ドラマ「ナッシュビル」にゲスト出演し、クリス・カーマックと「The O. 」以来の再共演を果たしました。 【追記】2017年11月 レイチェルがテレビドラマ界に帰ってくることが決定~! スポンサードリンク レイチェル・ビルソンのインスタグラム 昔からファンションセンスには定評があるレイチェル。 インスタでも気合の入りすぎてないコーデ写真なんかも投稿してくれてて、ファンとしては嬉しいかぎり。

次の

ヘイデン・クリステンセン

ヘイデン クリステンセン

映画『 』(2017)で 役を演じた女優の の元に、心強い先輩からのメッセージが届いた。 2017年12月に同作が劇場公開されたあと、ケリーはInstagram上で一部映画ファンから人種差別的な攻撃を含む激しい嫌がらせを受け、2018年6月にすべての投稿を削除。 2018年8月21日付のThe New York Timesのインタビュー記事に登場したケリーは、アジア人としてアメリカで生活をする苦悩、激しいバッシングによる心痛を明かした後、 「私はこの世界で努力を続けていく」と。 この記事で多くの人々からの共感と支持を得たケリーだが、彼女にとって喜ばしいことに、支えとなる存在は同じ『スター・ウォーズ』ユニバースにもいる。 『エピソード2 / クローンの攻撃』(2002)『エピソード3/シスの復讐』(2005)で、シリーズ随一の重要人物である の青年時代を演じた だ。 Hayden Christensen plays troubled young Jedi Anakin Skywalker in Star Wars: Episode III Revenge of the Sith. PHOTO: SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 2005 K43179 写真:ゼータイメージ 最新主演映画のレッドカーペットに登場したヘイデンは、による質疑応答に対応。 ケリー・マリー・トランへのアドバイスを求められると、次のように答えた。 「アドバイスになるかは分からないですけど…、 あまり真剣に受け止め過ぎない方が良いですよ。 悲しいことですけれど、ノイズになるような連中もいる。 でも、大部分の人たちはそんなことありませんから、それを覚えておけば。 」 ヘイデンとて、『スター・ウォーズ』という大作映画への出演に伴う名誉と批判の両極端に振り回されるキャリアを歩んだ。 例えば2015年12月のには、「『スター・ウォーズ』から得られたものは大きい」としながら、 「大きすぎたような気もする」との苦心を語っている。 ところで、少し久しぶりな気もするヘイデンのこの度の登場は、主演最新作 『Little Italy(原題)』のレッドカーペット上でのこと。 『デンジャラス・ビューティー』(2000)ドナルド・ペトリ監督によるこの映画は、ニューヨークのイタリア人街を舞台に、対立関係にあるピザ屋の男女が禁断の恋に落ちるというロマンス映画。 共演相手はエマ・ロバーツだ。 2018年8月にリトアニアとカナダで公開され、9月21日よりアメリカで限定公開となる。

次の