千と千尋の神隠し幻のエンディング。 千と千尋の神隠しのエンディングに関する都市伝説!引っ越しは嘘? | マジマジ情報局

【その後】千と千尋の神隠しにまつわる幻のエンディング、ラストとは | シネパラ

千と千尋の神隠し幻のエンディング

この記事で分かること• 湯女の都市伝説!千と千尋の神隠しのテーマは「夜の店」… 人気映画だけに、色々と憶測や都市伝説が多い「 千と千尋の神隠し」。 数々の都市伝説の中に、人間界から別の世界に紛れ込んだ千尋が働く世界は「夜の店」であったというものがあります。 表面上では、千尋が働く「油屋」はその世界の魔女である湯婆婆が作った神々のための温泉施設という設定。 千尋は「 湯女(ゆな)」という立場で働くことになりますが、この湯女とは江戸時代にも存在した 夜のお店の女性を指すのです。 また千尋は、湯婆婆に名前を取られて「千」という名前になりますが、それは夜の店で言う「 源氏名」のようなものと考える人も少なくありません。 湯婆婆、銭婆は「悪役」の設定だったという都市伝説 口が悪く横暴な性格ながらも、スタッフ想いの 湯婆婆。 その姉で湯婆婆よりは聞き分けがよく、フランクな性格の 銭婆。 彼女たちも千と千尋の神隠しにおいて重要な役割を担っているのは言うまでもないことでしょう。 そんな2人ですが、なんと初期構想では「完全な悪役」として登場する予定だったのです。 そして 千尋によって倒される設定だったとの都市伝説があります。 まず湯婆婆を倒し、物語の黒幕的存在だった銭婆も倒すというストーリー展開。 当初はこのまま映画製作を進める流れだったのですが、これでは感動的なストーリーと言うよりもむしろアクション映画になってしまう… そんな懸念に加えて、このプロセスを採用すると 上映時間が3時間を超えてしまうということで、泣く泣く現在の形に落ち着いたとのこと。 また、ここでカオナシを登場させたことにより物語の変更が容易になったとも言われています。 結局は幻となった、初期構想での「 アクション版」。 とは言え、現在のストーリーでなければあれほどの感動作にはならなかったのかもしれません。 Sponsored Link 最初は「千と千尋の神隠し」ではなく「千とちさとの神隠し」だった? 今でこそ「千と千尋の神隠し」という名前で定着しているものの、実はこの映画。 当初のタイトルは「 千とちさとの神隠し」になる予定だったとされています。 その「 ちさと」ちゃんとは宮崎駿の知人の娘さんのことで、家族ぐるみで親交が深かったようです。 そんな流れから映画名は「千とちさとの神隠し」にしようという流れになりました。 が、作品のモチーフ的に問題アリということで、あえなく「千尋」に変更されたという話。 こんな経緯からも「夜のお店」が描かれていたという信憑性は高そうですね。 千と千尋の神隠しに登場する「2人の母親」 実は「無気力な少女」の成長物語という側面を持った、千と千尋の神隠し。 周りへの関心が薄く消極的な千尋を観察すると、確かに 現代の子供に通じるものがあります。 「 このままでは未来に期待できない」といったジブリ側からの暗黙のメッセージが聞こえてきそうです。 しかしこの状況を作った原因は子供だけでなく、保護者である両親にもあるのではといった示唆も含まれている様子。 都市伝説によると、千と千尋の神隠しは「 2タイプの母親」を登場させて現代社会に警鐘を鳴らしていると言います。 まず1つは、 千尋の母。 夫とはしっかりコミュニケーションを取ってはいるものの、娘の千尋には極めて冷淡な態度で接することから「一種のネグレクト 無視 ではないか」と揶揄されています。 それとは対照的に、 坊の母親である湯婆婆。 彼女はこれでもかと言うくらい息子の坊を甘やかしています。 映画の終盤で坊は親離れを果たしますが、それ以前の性格はまるで正反対でしたよね。 子供の発育や自我の発達にそれぞれ影響を与えた、2人の母親。 彼らを登場させることで「 これでは将来、子供が大変なことになってしまう」と、スタジオジブリは「千と千尋の神隠し」を通じて伝えたかったのではないでしょうか。 Sponsored Link 「電車の乗客」はなぜ黒い?リアルすぎる都市伝説 ハクが盗んだ契約印を返し、彼を許してもらうために千尋はカオナシや坊たちを連れて銭婆のもとへ向かいます。 そこに行くまでは 電車を使うのですが、その電車や乗客は少し異様でしたよね… 鉄道自体に行きはあっても帰りのルートはなく、乗客の体は真っ黒で顔が分かりません。 都市伝説によると、この電車を利用する乗客は「 人間界で自殺を考えている人間たち」だと言われています。 途中に駅があって乗客が降りるのは「 自殺を思いとどまって再び生きることを決意した」という意味に取れるようです。 あくまでも都市伝説ですが、使命感を心に持ちながら電車に乗る千尋の周りでそんなことが起きていたとは…何だか驚いてしまいます。 千と千尋の神隠しには「幻のラストシーン」が存在する? さて、千と千尋の神隠しの「 ラストシーン」と言えば何を思い出しますか? 家族揃って人間界に戻り、葉っぱで荒らされた車を片付けて引越し先の新居に向かうというシーンはおなじみですよね。 ところが、映画公開の直後。 千と千尋の神隠しを観たジブリファンたちは「 別のシーンがあった」と主張しているのです。 彼らに言わせると、千尋の母が父に「もう引越し業者さん来てるわよ」と文句を言い、引越し業者からも「時間に遅れると後で困る」と叱られていたとのこと。 そして千尋は近所を一人さまよい、ハクが神様となっている川をぼんやりと見つめていた…そんなラストがあったと言うのです。 さらには「千尋が転校した学校に ハクらしき少年がいた」「確かにこの目で見た」といった視聴談が相次ぎ、都市伝説になっているほど… そんな「幻のラストシーン」ですが、残念ながらDVDやロードショーでは観られないため裏話として尾ひれが付いていったのです。 以上、千と千尋の神隠しの都市伝説をお届けしました。 これだけの都市伝説や憶測が寄せられるとはさすが話題作。 今度は都市伝説を楽しみながら映画を観たいものです。

次の

まさに都市伝説!千と千尋の神隠しにある別のラストシーン説を本気で考察した。

千と千尋の神隠し幻のエンディング

今日はネットロアらしい都市伝説の話を。 実は千と千尋の神隠しには、「幻のラストシーン」があり、それは映画館で数日しか公開されず、カットされたという都市伝説です。 その「幻のラストシーン」は以下の通り。 ・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 何故かは覚えていない ・新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る ・新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される ・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く ・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる まあ、普通に考えれば、ジブリ規模の全国公開する映画が、わずか数日で編集しなおす、なんていうことはないはずですし、もしそうだとしたら、もっと記録に残っていていいはずなので、これが都市伝説なのは間違いないです。 しかし、不思議なのは、私自身も、この「幻のラストシーン」のくだりを読んだときに、「あれ、なんか見たことあるな」という気分になったことです。 そして、この「なんか見たことある」現象は多くの人の間に広がり、一部では「これが真実だ!」となっているわけです。 というわけで本日は、この千と千尋の「幻のラストシーン」に関しての、ちょっとした妄想的考察を書きたいと思います。 このウワサの出所元は、日付検索をかけていくと、恐らく2014年11月21日の2chへの書き込みと思われます。 これ以前の日付で、、ハクが八つ裂きにされたんじゃないかという話しか出てこないので、ここがネタ元と見て間違いないでしょう。 2001年公開の作品なので、2014年に突然「幻のラストシーン」が見つかる、というのは非常に考えにくいです。 ところで、この 2014年11月21日という日付はとても大事なのですが、実はこの日、金曜ロードショーにて、「千と千尋の神隠し」がノーカットで放送されたんですね。 平均視聴率も19. 6%と、かなり高い数字だったことも記録に残っています。 なので、この頃のtwitterを眺めると、この千と千尋のラストシーンに関する言及が多く見られます。 千と千尋、ラストもうちょっと続きのシーンなかったっけ?引っ越し業者が先に着いちゃってるとことか。 車中のシーンとか。 つまり、「幻のラストシーン」に関するまとめが、 金曜ロードショーでの放映当日に流れることで急速に拡散されていき、ひとつの都市伝説として定着していった、という経緯なのだろうと予想できます。 しかし、この「幻のラストシーン」、どうして、こんなにも「なんか見たことある」気にさせられるのでしょうか。 これは私の妄想的考察になりますが、「なんか見たことある」気持ちになるのは、この「幻のラストシーン」の記述は、全て、 映画に実際に出てきた場面の寄せ集めだからではないでしょうか。 そのことがよくわかるのは、この「幻のラストシーン」について、twitterや書き込みでは、「全くその通りだ」というよりも、「 引越し業者のくだりはなんか覚えている」と言う方が多くいることです 「幻のラストシーン」の都市伝説は、こういう記述になっていますね。 ・新居に向かう途中、 丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が 「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る この「丘から~」という映像自体は、実は冒頭、タイトルの出る直前にあります。 母親が車の窓を開け、風が吹き込み、千尋が外を見やった後、カメラがあがっていき、まさに「丘」の絵が映ります。 そして、タイトルが出た後、千尋たちの車が丘をのぼっていきます。 また、別のシーンでは、トンネルの入り口まできた千尋のお父さんが、「ちょっと行ってみない?むこうへ抜けられるんだ」と言った言葉に対して、お母さんが不機嫌そうに答えます。 引越センターのトラックが来ちゃうわよ。 この2つのシーンが組み合わされば、上記の「丘から引っ越し業者が既に到着している」のを見た母親が「「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る」シーンは完成しないでしょうか。 だからこそ、この「引越し業者」というくだりは、「なんか見たことある」既視感を植えつけるのではないでしょうか。 他のものも検証していきましょう。 ・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 冒頭数分間は全て車中の出来事です。 そしてラストも車中から遠ざかるトンネルを眺める視点から、車が走り去っていくカットで終わります。 ラストは「車の中」は映し出されませんが、明らかに車に乗っている表現は記憶に残ります。 そこで冒頭とラストの記憶の混同が出てくるのではないでしょうか(不思議がるシーンは出てこないのですが、千尋はよく不思議がってはいます)。 ・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く 小川のシーンは一つだけあります。 家族でトンネルを抜け、野原の先へ進むシーン。 お父さんが「川を作ろうとしたんだね」と発言しています。 そして、橋に関しては、湯屋へつながる赤い橋が印象的ですね。 「緑ある」小川、というのは、この川のシーン前後の、風に揺れる野原の様子から連想されるものではないでしょうか。 ・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる 橋から川を眺めるシーンは正確にはありませんが、欄干(のような場所)から海を眺めるシーンは存在します。 川の神様を引き入れた後、リンと千尋が部屋で話すシーン。 ちょっと話は変わりますが、ジブリには「引越し」から始まる映画がもう一つあって、『となりのトトロ』も、引越しの車に家族全員が乗っている、というシーンから始まります。 で、実はトトロにも、小川を覗き込むシーンがあります。 これは、引越し先についたすぐ後に、サツキが「メイ、橋があるよ」といって、覗きこむシーンです。 『千と千尋』を見た人が『トトロ』を見ている確率は結構高いと思うので、このシーンが記憶に引っかかっている、ということもないでしょうか。 そして、「ハッと悟った」というところですが、結構千尋は「ハッと」していて、特に、ハクの背中にのっている時に千尋が自分の過去を思い出すシーンは有名じゃないでしょうか。 この絵も、「ハッと悟っ」ているようにも見えます。 というように、この「幻のラストシーン」の記述は、『千と千尋』で出てきた場面をつなぎあわせたようにも見えます。 特に、「引越し業者」のくだりは、何気ないセリフなので見過ごしがちですが、これは冒頭に出てくるセリフであり、千と千尋の物語構造において、冒頭とラストが対の関係になっていることを考えると、ラストと混同してしまう、ということはない話でもないような気がします。 私は心理学の専門家ではないので、今回の私の妄想がどこまで人間の心理的に有効なのかはわかりませんが、古来から言われている、「マコトらしきウソをつくなら真実をまぜろ」というような手法のようにも思えます。 もし仮に、この都市伝説を広めた人が意図して行ったとしたら、それはそれは、大成功を収めています。 これだけ考えても、それでもやっぱり、「なんか見たことある」気分が抜けないのですから。 人の記憶はまったく、あてにならないものですね。

次の

【都市伝説】知るとヤバい!「千と千尋の神隠し」の裏設定6つ

千と千尋の神隠し幻のエンディング

2ch掲示板に投稿された書き込み 全ての始まりは2014年に2ちゃんねるに投稿されたひとつの投稿でした。 この書き込みに共感した人たちが多くいたため、2020年現在でも都市伝説として語られています。 04 ID:R2BYzI01K. net 多くの人はトンネルから抜けだし髪留めがキラリと光り車を走らせて物語は終わり。 だと思っているでしょうが本来この後には続きが存在します。 ちなみに映像化、アフレコもされており公開当時映画館でも一部で実際に流されていました。 現在何故以下のラストシーンが無かったかのように扱われているかは謎である• 千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 何故かは覚えていない• 新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る• 新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される• 千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く• 橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる 以上が千と千尋の神隠し本来のラストシーンです。 今回の地上波放送でもこのラストシーンが流れることは恐らく無いでしょう 結論:幻のエンディングは実在しないと思われる 幻のエンディングは恐らく、存在しません。 そう考えるに至った事例を示していきます。 「この映像を持っている」というコメント これまで5回ほど、コメント欄でこのエンディングが入っているDVDを持っているという内容のコメントがありましたが、いずれも実際に証拠を示すことはありませんでした。 持っているというコメント後のパターンとしては、• 「確認してみたら見つからなかった」2件• 音信不通(その後、繰り返しDVDを持っている発言をする)2件• Syamuさんの動画のリンクを証拠と言って再生させる釣り 1件 の3つに分けられます。 実際に動画が見つからない限りは、結果的に見つからない事例の数が多いほど、幻のエンディングは存在しない可能性が高まっていくと言えるでしょう。 アンケートの結果 幻のエンディング動画で、300万再生を突破した方にはアップロード当初からYoutubeのアンケート機能を設置しています。 アンケート機能に回答してくれる方はかなり幻のエンディングに関心がある方なので、割合としてはあまり参考になりません。 実際に、アンケートの結果は以下のようになりました。 ただ、映画館で見たことはなくてもDVDの視聴で幻のエンディングを観たというコメントもあったので、映画館で観たかどうかはあまり関係ないと思われます。 幻のエンディングの真偽の参考には直接的にはなりませんでしたが、データとして見れる唯一の情報なので興味深いとは思いました。 「一週間限定で公開された」「DVDにはあった」という情報の確度の低さ このエンディングは1部の映画感のみ、かつ一週間限定で公開された、という情報も出回っています。 また、人によってDVDの初期版・ビデオテープ版などの初期版には幻のエンディングがあるという主張もあります。 まずDVDやビデオテープに収録されているという主張は、現在まで幻のエンディングの映像が証拠として出なかったことからほぼ確実に誤情報であろうと思われます。 「1部の映画館のみで上映」「一週間限定で公開」というのも、どちらにせよ他の映画で聞いたこともない手法です。 そのような可能性はとても考えにくいでしょう。 せめて「試写会でのみ上映し、評判が悪くカットした」の方が頷けるところですが、ファンの多いジブリのそういった裏話が仮にあるなら、表に出てこないのは不自然です。 やはり腑に落ちるのは、「幻のエンディングは存在せず、記憶違いに辻褄を合わせるために考えられた話が一人歩きしている」といったところでしょうか。 「関係者が否定」の情報源もかなり怪しい 「幻のエンディングの存在は、映像配給会社(東宝)の関係者が否定している」という話もありますが、こちらもかなり怪しい情報となります。 恐らくニュース系のまとめサイトから広まったのだと思われますが、この一文以外の情報が一切なく、情報源がわかりません。 「映像配給の関係者」では定義が広すぎてどの程度確かなのか判断できないので、権威性(信頼度)も足りないです。 そもそも幻のエンディングを否定する情報なら、スタジオジブリや収録に関わった声優さんなどのごく一部の出所を除き、「全容を知らないのだから、あなたが知らないだけなのでは?」とツッコミが入ってしまいます。 というわけで、「関係者が否定」の真偽はどうあろうと参考にならない情報だなと感じます。 幻のラストシーンとセットで語られるようになった「マンデラ効果」 集団で発生する記憶違いを説明するため、「マンデラ効果」という言葉で解説する風潮が生まれ始めています。 マンデラ効果とは端的に言うと、 存在しないはずの記憶があることです。 マンデラ効果で幻のエンディングの記憶違いを説明することはできませんが、似たものは確かに感じます。 ジブリは傍観の構え スタジオジブリは幻のエンディングについて、正式に発表したりすることは今のところ一切ありません。 こういったジブリの姿勢には色々な解釈ができますが、きっと• 千と千尋に関する噂話なんてそれほど大ごとじゃない• 話題になり続けることで作品の価値が高まる• 作品の余韻として楽しんでほしい といった気持ちなのではないでしょうか。 まとめ 『千と千尋の神隠し』に幻のエンディングがあるのか、3年この情報を追ってきた結果、 幻のエンディングはおそらく存在しないだろうという結論に落ち着きました。 しかし、幻のエンディングそのものを否定するのではなく、まるで本当に存在したかのようなエンディングを楽しむのが正しい落としどころと感じます。 ジブリ作品に魅了されたからこそ、「こうだったらいいな」という願望が多くの人の中に共通した存在しない記憶を作り出しているとしたら、幻のエンディングも悪くないです。 そしてもし存在するのなら、いつか証拠が出てきて公表されるその日を待ち焦がれるのも一興だと思います。

次の