かえし とび。 縄跳びの跳ばない技!返しとびとは?

なわとび技「サイドクロス」「側振とび(そくしんとび)」のやり方と指導法。なわとびカード技の解説。

かえし とび

Contents• 返しとびとは? 学校でもよく行われている跳ばない技です。 見た目が良く、引っかかるリスクが少なく、休憩にもなるため、 リズムなわとびでもよく使われます。 後半(16秒あたりから)が通常の返しとびです。 返しとびのやり方・教え方 1. 縄跳びを体の前、手を後ろ、回す、開く、縄跳びを前、をゆっくりやる 「 まえ 、うしろ、まわして、ひらいて、まえ」の掛け声 2. 1をだんだん速くする 3. 速くなってきたら「 手を うしろ、まえ」の掛け声に省略 よくある失敗と対策 先にお伝えすると、理解に時間がかかる技です。 ただ、跳ばなくてもできる技なので、諦めずに何度も取り組んで欲しいと思います。 後ろに手をもっていけていない 返しとびのほとんどの失敗が後ろに手を持っていけてないことです。 また、後ろに持っていくよう意識をしていても、実際はほとんど後ろにいってなくて上手くいかないこともあります。 もし気づいたら後ろ手をしっかりするよう伝えましょう。 また、友達同士で見合うのも良いかと思います。 回す手の方向が反対 反対方向に手を回してしまうのは、たまに見る失敗です。 絡まるので多くの場合自分で気づくと思います。 気づいていない時は、反対方向に回すよう伝えましょう。 まとめ できるようになると何かと便利な返しとびです。 掛け声を参考に、是非挑戦してみてください。 〔スポンサーリンク〕 〔スポンサーリンク〕.

次の

全部わかる?縄跳びの飛び方の種類!1年生はどのくらいできればいい?

かえし とび

かえしとびにはいくつか別の呼称があり、ロープスキッピング競技では「フェイクEB」と呼ばれ、一部地域では「だましとび」や「マリーナ」と呼ばれている。 これらはいずれも同じ動き、同じ技を指しているのだが、地域の先生方や伝統よって命名されたものが脈々と続いているのだと思う。 かえしとびは決して難しい技ではない。 ところが複数の課題を一気に行う必要があるため、つまずく子どもの多くは混乱したまま練習を止めてしまう。 さらに二重跳びや交差とびのようなメインストリームの技でもないため、継続的に練習をする子どもが少ないことも、つまずきを増やす要因の一つではないだろうか。 今回は かえしとびの課題を3つの動きに分類し、それぞれの練習方法や注意点をまとめた。 細部にこそ神は宿ると言われる。 ロープスキッピング競技においても、「かえしとび」の上手な選手は縄操作が上手いように感じる。 動きの流れを覚える 「かえしとび」では、ひとつずつの動きを分解して練習するといい。 パッと見たところ一続きの技のように見えるが、中には3つの動きのポイントがある。 前とびの姿勢になる まずは前とびの姿勢になる。 なわとびを足の後ろに構えた姿勢だ。 意外にも多いミスの1つに、始まりの姿勢が違っていることがある。 かえしとびも前まわしの場合は前とびの姿勢、後ろ回しの場合は後ろとびの姿勢から入ろう。 なわとびを身体の前(正面)にもってきて、片腕を背中で交差 次になわとびを身体の前(正面)に持ってくる。 なんだ、どうせ前に持ってくるなら、最初から前にしておけばいいじゃないか?と思った方。 ごもっともな意見だが、この「なわとびを前(正面)にもってくる」動きも、かえしとびの一部なのだ。 ここを抜かしてしまうと「かえしとび」を途中から始めることになり、習得に余計な時間がかかる。 正面にある腕を回転させる この動きが「かえしとび」の最大のポイントだ。 背中にある腕をそのままに、正面で自由になっている反対の腕を「内回しで回転」させる。 この時、注目するのは「なわとびの位置」だ。 腕を回転させる前はなわとびが「つま先の前」にあると思う。 これが腕を回転させた後、なわとびは「カカトの後ろ」に移動する。 この腕回しが難しくイメージで、「シャツを脱ぐように」や「頭上でものを回すように」と表現される。 一度感覚と流れを掴んでしまえば、小学生にもすぐに出来るようになる。 背中にある腕を横に開いて、前とびの姿勢に戻っていたら完成 最大のポイントを超え、なわとびは「カカトの後ろ」にあることだろう。 あとは単純に両腕を開けば、最初の前とびの姿勢に戻っているはずだ。 お気づきの方も多いと思うが、かえしとびは最後に前とびの姿勢で終わる。 ゆえに練習の最初で無駄とも感じる「前とびの姿勢からなわとびを前にもってくる」という動作を入れたのだ。 あとは前とびの姿勢に戻ったところから、これまでの動きを繰り返せばいい。 かえしとびの後ろに挑戦する 次はかえしとびの後ろ回しに挑戦してみよう。 動きは前後が反対になるが、練習の流れは同じだ。 ゆっくり順序立てていけば難しくはない。 前まわしのかえしとびが出来たならば、比較をしながら練習をしてほしい。 後ろとびの姿勢になる 最初はお約束、後ろとびの姿勢になろう。 前まわしのかえしとびと同様に、なわとびを後ろとびの姿勢から回す動作も技の含まれるので、決して省いてはいけない。 なわとびを身体の後ろ(背面)にもってきて、片腕を背中で交差 流れは同じである。 後ろとびの姿勢から、身体の後ろになわとびを回そう。 そして片方の腕を背中にくっつけ、交差の姿勢になる。 余談だが、この姿勢は前まわしのかえしとびにおいては、背面の腕を開く直前の姿勢と同じである。 正面にある腕を回転させる 最大の難関である。 後ろ回しの場合は、腕を背後に向けてまわすようにする。 なわとびが「つま先の前」に移動したら成功だ。 背中にある腕を横に開いて、後ろとびの姿勢に戻っていたら完成 ここも前まわしと同じ流れで、なわとびがつま先の前に移動してきたら、ゆっくり腕を開いて後ろとびに姿勢になり完成だ。 腕の動きや流れは前まわしと同じだが、後ろかえしとびの方が「腕を回転させる」動きが難しい。 注意点 焦って縄を回そうとしない かえしとびで一番多い失敗例が、焦って動きを見失うことだ。 今回紹介した練習法でひとつずつの動きを分解したのは、焦って動きを見失わないようにさせる意図もある。 かえしとびの練習初めで「ひゅん」という風切り音はしない。 仮にこれらの音が聞こえたら要注意、ゆっくり手順を踏むことを思い出そう。 身体の前に持ってくるのを忘れない くどいが、前とびの姿勢から身体の前(正面)になわとびを持ってくる動作を忘れないでほしい。 なわとびの流れを丁寧に追う 「かえしとび」をある程度習得した所で起きるのが、身体へのなわとび接触だ。 技の構造上、なわとびを斜めに回旋させるため、他の技よりも身体に接触しやすい。 これを防ぐには「なわとびを付ける場所」に気を付ける。 片方の腕を背中に持っていく動きの中で、なわとびが側面を通過する場面がある。 この場面で、なわとびが身体から大きく離れた場所を通過していたら注意しよう。 身体の遠くを通ると、次に戻ってくる時には身体に近すぎる結果になる。 腕を背中に持っていく動きの中で、あまり強くなわとびを振り過ぎず、丁寧に流れを追うように意識しておこう。 終わりに・参考ページ いかがだっただろうか。 メインストリームの技でこそないが、取得すれば動きのバリエーションが格段に増える。 しかも「二重跳び」や「あやとび」より、集団で合わせるのに適している技である。 たとえば「運動会のなわとびを使った集団演技」などにはピッタリだろう。 「なわとび」と言えば早く回して高く跳ぶもの そんな先入観を捨て、あなたにも新たな「なわとび」の可能性に触れて頂きたい。 なお、かえしとびの流れを口頭で説明した動画も公開しているので、こちらもご参照いただきたい。 かえしとびの練習方法 前まわし編 かえしとびの練習方法 後ろ回し編.

次の

縄跳びの一つである返しとびの跳び方や練習方法とは?

かえし とび

寒い時期には、飛ぶのを失敗して脛に縄が当たると、とっても痛いですよね。 縄跳びの技はとても多くあります。 その中でも、できると自慢がで... スポンサードリンク 返しとびとは? まず、返しとびについてですが、これは、実は 実際にはなわとびを跳んでいない跳び方になります。 最近では「にゃんこスター」のギャグで有名になりましたが、「リズム縄跳び」でよく用いられる技になります。 返しとびは様々な呼び名があり、ロープスキッピング競技では「フェイクEB」と呼ばれ、場所によっては「だましとび」や「マリーナ」などと呼ばれています。 返しとびはそれほど難しい技ではありませんが、複数の課題を一気に行なわなければならないため、一度挫折するとそのまま練習をやめてしまう人が多くいると言われています。 ではまず、その返しとびの跳び方について見ていくことにしましょう。 跳び方とは? 返しとびは片手が前、片手が後ろという状態になります。 返しとびは前述の呼び名の他、「前後交差とび」とも呼ばれていますが、それはこうした体勢になるからです。 では、一つ一つの動きを見ていきましょう。 まず、前回しの姿勢から縄を前に持っていきます。 そして、左手を後ろ、つまり背中の方に動かします。 次に右手をぐるりと回して、縄を後ろに持っていきます。 次に縄を頭の後ろに回して右手を体の右に戻します。 このときポイントなのが、背中側を回して、体の左から右へ持ってくることです。 そして、今度は左手を体の左に戻して、前回しの姿勢に戻します。 よって、ここで、最初の前回しの姿勢に戻ったということになります。 これが基礎的な返しとびの前跳びとなりますが、返しとびには後ろ跳びもあります。 練習方法とコツ では、その練習方法とコツについてを詳しく見ていくことにしましょう。 まず、返しとびの前跳びについてです。 前とび 前跳びは縄跳びを足の後ろに構えた姿勢になります。 そして次に、縄跳びを身体の正面に持っていきます。 このとき、「どうせ縄を前に持ってくるのであれば、最初から前にしておけばいいんじゃないか?」と思われる方も大勢いらっしゃいますが、こうした動きも返しとびの一部であるため、こうした動きは省くことがないよう、しっかり行なうことがそのコツとなります。 次に正面にある腕を回転させますが、背中にある腕をそのままの状態にし、正面で自由になっているもう片方の腕を内まわしで回転させることがポイントとなります。 そして、このとき気をつけなければならないのが、縄跳びの位置になります。 腕を回転させる前の縄跳びはつま先の前にありましたが、腕を回転させた後の縄跳びは、かかとの後ろに移動させます。 この腕まわしが難しく、ここで挫折してしまう方も大勢いらっしゃいますが、一度感覚を掴んでしまえばすぐにできるようになるので、ここが最大の踏ん張りどころです。 そして、あとは単純に両腕を開けば、最初の前跳びの姿勢に戻ります。 後ろとび 次に返しとびの後ろにも挑戦してみましょう。 練習方法とコツは以下のようになります。 返しとびの後ろ跳びは前跳びに比べて動きが前後反対になりますが、練習方法はどちらも同じです。 前跳び同様、まずゆっくりと順序立てて行なっていけば、それほど難しくはありません。 それでは、具体的な練習方法です。 まず最初は後ろ跳びの姿勢になります。 前回しの返しとびと同じく、後ろ跳びの姿勢から回す動作も技に含まれるため、決して動きを省かないようにしましょう。 後ろ跳びも後ろ跳びの姿勢から、身体の後ろに縄跳びを回し、片方の腕を背中にくっつけ、交差の姿勢になります。 そして、腕を背後に向けて回すようにし、縄跳びがつま先の前に移動したら成功となりますが、ここが返しとびの後ろ跳びで一番難しいので、何度も何度も練習するように心がけましょう。 スポンサードリンク 注意点 次に前跳びにしろ、後ろ跳びにしろ、その練習の注意点を見ていくことにしましょう。 まず、 焦って縄を回そうとしないことです。 返しとびで一番多い失敗が、焦って自分の動きがわからなくなってしまうことです。 焦らず、慣れないうちはゆっくりでもかまわないので、確実に一つ一つの動きをマスターするようにしましょう。 次に、繰り返しになりますが、 前跳びの場合は前跳びの姿勢から身体の前に縄跳びを持ってくる動作を忘れないということです。 そして最後が返しとびの 流れを丁寧に追っていくということです。 返しとびをある程度身に付けたときに起こるのが、身体への縄跳び接触ということです。 これは、縄跳びを斜めに回旋させるために、他の技より身体に接触しやすいからです。 これを防ぐためには縄跳びを身体に付ける場所に気をつけるということです。 片方の腕を背中に持っていく動きの中で、縄跳びが側面を通過する動きがありますが、このとき縄跳びが身体から遠く離れた場所を通過していたら要注意です。 身体から離れた場所を通ると、次に戻ってくる際に身体に近すぎることになってしまうからです。 腕を背中に持っていく動きの中で、縄跳びを強く振らないように、じっくり流れを追うようにしましょう。 まとめ いかがでしたか。 返しとびの跳び方や練習方法のコツ、注意点がおわかりいただけたでしょうか?返しとびは練習をあきらめなければ誰でも行なえる縄跳びです。 コツを掴んで練習を繰り返し行なうようにしてください。

次の