はたらく 細胞 アニメ。 テレビアニメ『はたらく細胞』2期決定!放送開始日はいつ?動画PV解禁! │ anichoice

『はたらく細胞BLACK』2021年1月TVアニメ化決定!PV&キービジュアル&メインスタッフ・キャストを一挙公開!(エムオンプレス)

はたらく 細胞 アニメ

CHARACTER• 赤血球 CV:花澤香菜• 白血球 好中球 CV:前野智昭• キラーT細胞 CV:小野大輔• マクロファージ CV:井上喜久子• 血小板 CV:長縄まりあ• ヘルパーT細胞 CV:櫻井孝宏• 制御性T細胞 CV:早見沙織• 樹状細胞 CV:岡本信彦• B細胞 CV:千葉翔也• NK細胞 CV:行成とあ• 好酸球 CV:M・A・O• 先輩赤血球 CV:遠藤綾• 肺炎球菌 CV:吉野裕行• 白血球 好中球 たち• 黄色ブドウ球菌 CV:中原麻衣• カンピロバクター CV:小林大紀• 化膿レンサ球菌 CV:松風雅也• 緑膿菌 CV:北沢 力• ナイーブT細胞 CV:田村睦心• エフェクターT細胞 CV:乃村健次• メモリーT細胞 CV:竹内良太• 好塩基球 CV:杉田智和• アニサキス• 腸炎ビブリオ CV:山本 格• 記憶細胞 CV:中村悠一• マスト細胞 肥満細胞 CV:川澄綾子• スギ花粉 CV:興津和幸• 赤芽球 CV:花澤香菜• 骨髄球 CV:村中 知• 好中球先生 CV:日野 聡• がん細胞 CV:石田 彰• 未熟胸腺細胞1 CV:東内マリ子• 未熟胸腺細胞2 CV:小松未可子• 胸腺上皮細胞教官 CV:小山力也• 単球 CV:井上喜久子• セレウス菌 CV:鳥海浩輔• 後輩赤血球 CV:石川由依 PAGE TOP• このホームページに掲載されている一切の文書・図版・写真等を、 手段や形態を問わず複製、転載することを禁じます。

次の

【 はたらく細胞 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 4 曲)まとめ・ランキング

はたらく 細胞 アニメ

「モーニング」にて連載中の作品、『はたらく細胞BLACK』のTVアニメ化が決定した。 本発表に合わせて第1弾PV&キービジュアル、そしてメインスタッフ・メインキャストを解禁された。 監督は『ストライク・ザ・ブラッド』などを手掛けた山本秀世、アニメーション制作はライデンフィルムが担当する。 メインキャストは、赤血球役に榎木淳弥、白血球 好中球 役に日笠陽子、そしてナレーションを津田健次郎が担当する。 TVアニメは2021年1月放送開始予定。 『はたらく細胞BLACK』は「月刊少年シリウス」の人気コミック『はたらく細胞』のスピンオフ作品となり、「飲酒」「喫煙」「睡眠不足」などの重なる不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく、細胞たちの過酷な労働環境を描いた作品。 『はたらく細胞』は、赤血球と白血球を中心とした体内細胞の知られざる活躍を描いた細胞擬人化作品として、漫画・アニメ・舞台と幅広い展開で人気を博している。 <スタッフ&キャストコメント> 原作:原田重光 自らも40を越え自律神経失調症やら原因不明の血尿やらに悩まされ、おびえながら原作を書く日々です。 おかげでタバコもやめ生活も見直しました。 この作品の広がりが世の中年の体をBLACKな環境から救うきっかけになればと思います。 まだ間に合う! 漫画:初嘉屋一生 アニメ化!感謝!感激!! めちゃめちゃ嬉しいっ!これは筆が乗る!そして脂ものる!? 最近ぽっこりとお腹が出てきたのは俗に言う幸せ太りってやつでしょうか? いかん、運動せねば… 今後もBLACKを盛り上げていくべく、健康と原稿に努めて頑張ります! 監督:山本秀世 どのように働き、働くことにどのような価値や意義を見いだすのか。 過酷な状況で働く本作の登場人物たちを通して、そんなことに少し考えを巡らせる機会になるようなエンタメ目指して、精一杯制作させていただきます! シリーズ構成・脚本:森ハヤシ 初のシリーズ構成、全話脚本の重圧でエナジードリンクに頼る日々…カフェイン中毒に陥りそうになりながら書き上げたこの作品が、皆さんにとって禁断症状が出るくらい必要とされ、 愛されますように! キャラクターデザイン:安彦英二 この作品が、さまざまな人にとって、自分の体内で起きていることに関心を寄せるきっかけになると確信しております。 みなさん、ぜひ健康診断に行きましょう!そして、健康体だった方は穏やかな心で、不健康だった方は自分を重ねて、『はたらく細胞BLACK』ぜひご覧ください。 音楽:菅野祐悟 40歳を越えて身体のそこかしこにガタがくるようになりました。 この作品に出会い自分の生活が細胞達にだいぶご迷惑をおかけしていると知りました。 せめて細胞達に健康的な生活と元気になる音楽を届けたいと思います!! 【キャスト】 赤血球役:榎木淳弥 小さい頃は体が弱くずっと入院していたので、小児科病棟を支配する王のような存在でした。 生まれながらのこのBLACKな身体に鞭を打ち頑張りたい。 はたらく細胞BLACK、観て下さい。 白血球(好中球)役:日笠陽子 いまだ人間ドックも行った事がなく、大量のサプリで健康を維持できていると思っています。 <Introduction> 毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。 C 原田重光・初嘉屋一生・清水茜/講談社・CODE BLACK PROJECT 関連リンク•

次の

はたらく細胞(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

はたらく 細胞 アニメ

人間の体内にある細胞を擬人化し、キャラクターの名前は、すべて細胞名で統一されている。 原作の漫画は、宝島社『このマンガがすごい』にて、2016年に7位となった。 スピンオフ作品は、『なかよし』にて、2017年5月号から吉田はるゆきによる漫画『はたらく細菌』、『月刊少年シリウス』にて、2017年9月号から杉本萌による漫画『はたらかない細胞』、『モーニング』にて、2018年27号から原田重光(原作担当)と初嘉屋一生による漫画『はたらく細胞BLACK』が連載されている。 さらに『月刊少年シリウス』にて、2018年3月号からは、杉本萌によるアニメ版制作現場のレポート漫画『はたらけ!アニメ化見学』が連載されている。 『はたらく細胞』のあらすじ・ストーリー/感想・考察 第1話『肺炎球菌』 酸素を動脈に届けていた新人の赤血球は、細菌に襲われる。 しかし、そこへ現われた白血球に救われる。 仕事に戻った赤血球は偶然、細菌の生き残りである肺炎球菌に出くわすが、ふたたび白血球に助けられる。 迷子の赤血球を、肺へ案内し終わった白血球は、レセプター(細菌レーダー)の反応に違和感をもっていた。 第2話『すり傷』 毛細血管に養分を運んでいた赤血球が表皮に近づいたとき、大きな音とともに地面がゆれ、血管の外壁がくずれた。 やがて大きな穴があき、その穴へ吸い込まれそうになった赤血球を、白血球が血管へと連れもどす。 赤血球たちを逃がし、傷口のそばで侵入してきた細菌たちと戦っていた白血球は、彼らの動きに疑問をもっていた。 血管の奥にいる白血球も、捨て身で向かってくる細菌たちは、何かがおかしいと考えていた。 第3話『インフルエンザ』 体内を偵察していたナイーブT細胞が、インフルエンザウイルスに感染した細胞に襲われた。 しかし、そこへ現われた白血球に救われる。 マクロファージやナイーブT細胞の先輩であるキラーT細胞たちも応援に駆けつけるが、ナイーブT細胞は恐ろしさに逃げ出してしまう。 号泣するナイーブT細胞に、樹状細胞は昔の写真を取り出して見せる。 そこには、今のナイーブT細胞のように泣いている、キラーT細胞たちが写っていた。 第4話『食中毒』 赤血球と白血球は、一緒に胃の見学をしていた。 すると白血球のレセプター(細菌レーダー)が反応する。 近くに細菌がいるのだ。 好酸球は侵入した細菌を排除しようと、ひとり戦っていた。 細菌が好酸球にとどめを刺そうとしたとき、現われた白血球に助けられる。 周囲にいた細胞たちは、弱い好酸球の陰口をいった。 そんなとき胃壁を食い破り、白血球でもかなわない寄生生物アニサキスが侵入しようとする。 好酸球はアニサキスに立ち向かう。 第5話『スギ花粉アレルギー』 今年もスギ花粉の季節がやってきた。 眼から入った花粉がアレルゲンとなり、さまざまな症状を引き起こす。 スギ花粉アレルギー緊急対策本部には、被害報告が次々と寄せられていた。 記憶細胞は『言い伝え』を口にする。 『宇宙より災いの流星飛来せし時、山は怒り、大地は荒ぶり、海はうごめく』。 ヘルパーT細胞は、B細胞を現場へ向かわせた。 血球や細胞たちは自分の仕事をまっとうしようとするが、災害はどんどん広がってゆく。 第6話『赤芽球と骨髄球』 自身の故郷である赤色骨髄に迷い込んだ赤血球は、自分が幼い頃のことを思い返していた。 そして、緑膿菌に殺されそうだったところを救ってくれた、骨髄球の男の子のことを思い出す。 一方、白血球は変な姿をした細胞に襲われていた一般細胞を助ける。 その一般細胞の案内で、キラーT細胞やNK細胞とともに、変な細胞の仲間が潜んでいる現場へやってくる。 二手に分かれ偵察をはじめたとき、一般細胞とふたりきりになったNK細胞が口を開いた。 第7話『がん細胞』 幼い頃、免疫細胞に仲間を殺された辛い思い出を抱えていたがん細胞は、免疫細胞に恨みをもっていた。 殺される側から、殺す側になる機会をうかがっていたのだ。 その正体を早くに見破ったNK細胞は、現場の偵察に来ていたキラーT細胞と白血球をうまく逃がし、自分一人でがん細胞と戦おうとしていた。 一方、赤血球は大量の栄養分を運ぶ仲間を手伝っていたが、途中でマクロファージに声をかけられる。

次の