エクセル ルーラー。 【エクセル時短】列の幅や行の高さをセンチメートル単位で指定する方法。実寸で印刷したいときに便利!

ルーラーが選択できない・エクセルトラブルQ&A

エクセル ルーラー

「ルーラー」や「インデント」という用語を聞いたことがある方はいらっしゃると思います。 しかし、聞いたことはあるけれど、どう使うのかは知りませんという方がたくさんいらっしゃいます。 この 2 つは、文書の見栄えを整えてくれる Word の重要な機能ですのでご紹介しておきます。 ただし、インデントを使うには「段落」をきちんと理解しておく必要があるので、 前回ご紹介した「」もご覧になってくださいね。 操作に入る前に、[表示] タブの [ルーラー] チェック ボックスをオンにしてください。 リボンのすぐ下に表示されている目盛りのことを「ルーラー」といいます。 ルーラーは、文字列の位置の目安にしたり、表を配置する目安にしたりなど、文書内での距離を測る モノサシのように活用できます。 既定の設定では、ルーラーに文字数分の位置が表示されています。 インデントとは、文書の余白よりも内側に文字列の開始位置や行末位置を設定できる字下げ機能です。 余白よりも内側に文字の開始位置や終了位置を設定したいときに、スペースや強制的な改行で 行って、「文字を追加したら改行位置を調整しなきゃいけなくなった・・・」なんてことは ありませんか? インデントを使うと文字を追加したり削除したりしても、指定した開始位置や終了位置の中で 改行されるため、後から調整をする必要がありません。 ここでは、水平ルーラー上のインデント マーカーを使ってインデントの種類と どのような設定ができるのかをご紹介します。 操作に入る前に、水平ルーラー上のインデント マーカーの種類と名称について、確認してください。 インデント マーカーには [左インデント] マーカーと [右インデント] マーカーなどの 種類があります。 [左インデント] マーカーは、3 つに分割されており、操作する場所によって結果が変わります。 たとえば、本や資料などの日本語で書かれている文章のほとんどは、新しい段落の最初の行は 1 字下がって表示されていますよね。 それをイメージすると分かりやすいと思います。 インデントを設定する段落内を選択し、[1行目のインデント] にマウス ポインタを合わせます。 1 行目の文字列を開始したい位置 ここでは 目盛の 4 までドラッグして移動します。 段落内の1 行目のみ字下げされます。 先頭行はそのままに、2 行目以降を字下げしたいときに使用します。 インデントを設定する段落内を選択し、[ぶら下げインデント] にマウス ポインタを合わせます。 2 行目以降の文字列を開始したい位置 ここでは目盛の 2 までドラッグして移動します。 (このとき、[左インデント] マーカーも一緒に移動します。 ) 段落内の 1 行目以外が字下げされ、開始位置が変更されます。 右インデントは字下げではなく、選択した段落の行末位置を内側(左側)に変更するときにも 使用します。 左インデントを設定する段落内を選択し、[左インデント] にマウス ポインタを合わせます。 左インデント マーカーを右方向へドラッグします。 段落全体に対しての設定なので、すべてのインデント マーカーが移動します。 段落全体が字下げされます。 右インデントを設定する段落内を選択し、[右インデント] マーカーにマウス ポインタを 合わせます。 右インデント マーカーを右方向へドラッグします。 段落全体の行の終了位置が文書の内側に設定されます。 下図のように、インデントが設定されます。 おまけ インデントは段落書式です。 インデントが設定されている段落内で [Enter] キーを押して新しい段落を作成すると、 次の段落にも同じインデントの設定が適用されます。 <まとめ> スペースを使っても、インデントを使っても、仕上がり 印刷した結果 の見た目は同じですが、 インデントを使用すると段落の書式として文書の開始位置や行末位置を設定できるので、あとから 文書に手を加えても文字列がずれることがありません。 簡単に作って印刷して終わり!という書類ならば 正直なところ どちらでもよいとは思うのです。 ただ、後から編集を加える可能性のある文書は、断然、インデント機能を使うべきだと 私は思っています。 「文字 スペース 」で調整するのではなく、「機能」で設定することのメリットは あるはずなので・・・。 石田 かのこ•

次の

ワードのルーラーの使い方!表示方法から便利機能まで紹介

エクセル ルーラー

Excel 2007 または Excel 2010 のリボンの [表示] タブに、[ルーラー] チェック ボックスがあります。 このチェック ボックス、いつ見てもグレーアウトしているし、そもそもルーラーって なんだろう?と疑問に思う方がいらっしゃるようなので書いておきますね。 ルーラーは、表示モードが [ページレイアウト ビュー] のときにのみ表示されます。 Excel は既定で [標準] 表示モードを使用していることが多く、また、 [ページ レイアウト ビュー] は Excel 2007 で追加された表示モードなので、 そもそも知らないという方が多いですから、疑問に思って当たり前かな、というところです。 表示モードの切り替えと、ルーラーの役割について書きます。 リボンの [表示] タブの [ページ レイアウト ビュー] をクリックすると、表示モードが ページ レイアウト ビューに切り替わります。 ルーラーが表示されており、[ルーラー] チェック ボックスも利用ができるように なっていることがわかります。 印刷結果に近いイメージを確認でき、なおかつ、セル内の編集が可能な表示モードです。 Excel の印刷プレビューは内容の編集ができないため、プレビューの確認後に、 列幅を変更したり、セル内の情報を編集したりするときに、いったん、プレビューを 閉じなければなりませんが、ページレイアウト ビューでは、 設定されている用紙にどのような配置で印刷されるのかを確認しながら、編集や設定できます。 注意点があるとするならば、ページ レイアウト ビューではウィンドウ枠の固定を 使用できないことくらいでしょうか。 ワークシートにウィンドウ枠の固定が設定されているときに、ページ レイアウト ビューに 切り替えを行おうとすると、ウィンドウ枠の固定を解除してもよいか?と問われ、[OK] を クリックするとウィンドウ枠の固定が解除されます。 余白サイズを変更するときに、ルーラーを利用できます。 水平ルーラーおよび垂直ルーラーの余白部分は、その他の部分と色が異なります。 この色の異なる境界線のところにマウス ポインタを合わせて、 ドラッグ アンド ドロップすることで余白のサイズを変更できます。 このとき、既定で「左余白xxセンチ メートル」のように表示されるため、 感覚的に「このくらい」ではなく、明示的に「xxセンチ」となるように設定できます。 「xxセンチ」ということが重要ではなくても、左右の余白を同じサイズにしたいというような場合に、 目安としやすくなりますね。 印刷プレビューでも、[余白の表示] を有効にすることで、ラインをドラッグ アンド ドロップして、 余白のサイズを変更することができますが、このとき、何センチ ピクセル なのかという表示は なされません。 また、ページレイアウト ビューで列幅や行の高さを変更する際にも、「xxセンチ」という ヒントによって確認できます。 これは、ルーラーというよりは、ページ レイアウト ビューの機能ですね。 ミリ メートルなどに 変更したいときはオプションの詳細設定でどうぞ。 なお、図形やグラフなどのオブジェクトのサイズをルーラーで確認できますが、 オブジェクトのサイズ変更ハンドルを使ってドラッグしたときに何センチなのかが 画面上に表示されるわけではないので、個人的にはあまりそういう使い方はしていないかな… とりあえず、なんでグレー アウトしているの?というのを解決してもらえたらよいな、と 思います。 そして、ページ レイアウト ビューを知らなかった!という方は、使ってみてください。 石田かのこ•

次の

エクセル(Excel)で方眼紙の作り方の基本と方眼紙にしたシートを使った営業日報の作り方とは?

エクセル ルーラー

印刷した文書の保存先がすぐ分かるようにファイルのパスを印刷したい、そう思う方は多いようです。 ExcelやWordでは、フッターやヘッダーに... 列幅や行の高さをセンチメートルで調整したい 標準モードで、列の境界線でポイントして長押しするとポップヒントが表示されます。 標準モード [幅:8. 38 72ピクセル ]と表示されます。 これは、8. 38ポイントと72ピクセルということです。 38文字分(標準フォントで半角)表示できる列幅ということになります。 行の高さもポイントとピクセルで表示されます。 で私なりにまとめていますが、以下の記事が詳しくて分かりやすいと思います。 ポイントやピクセルでは分かりづらいですね。 ページレイアウトビュー [ページレイアウト]に切り替えると列幅も行の高さもセンチメートルで表示されるので、分かりやすいです。 ページレイアウトでルーラーを利用 ページレイアウトビューでは、ルーラーを利用するのもいいですね。 ミリメートルで表示するには ページレイアウトの列幅と行の高さは、既定では[センチメートル]ですが、これは 設定によって単位を変更できます。 [ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。 [Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。 [詳細設定]の[表示]にある[ルーラーの単位]から単位を選択することができます。 インチ• センチメートル• ミリメートル ここでは例として、[ミリメートル]を選択してみます。 再起動の必要はありません。 ページレイアウトの列幅と行の高さは、ミリメートルで表示されます。 ルーラーもミリメートルの単位になります。 数値で設定するには これだと列幅も行の高さも調整しやすいですね。 数値で正確に調整するには、列を選択してショートカットメニューから[列の幅]を選択して、数値で設定するといいですね。 設定で[ミリメートル]を選択すると、[列の幅]ダイアログボックスも[mm]で表示されます。 ページレイアウトのこのダイアログボックスも既定は[cm]です。 ページレイアウトで列幅と行の高さを調整したら、標準モードに切り替えて作業するといいですね。 以下は、Excel2007の記事ですが、ページレイアウトで列幅と行の高さを調整する方法を紹介しています。 参考Wordでのルーラーの単位を変更する方法は、以下の記事で解説しています。

次の