二ノ 国 評判。 二ノ国(にのくに)映画の評判まとめ!面白いかつまらないか感想を調査

映画『二ノ国』評判を払拭するお薦めの鑑賞方法!

二ノ 国 評判

どうもぺっぽです。 今回は、2019年8月23日に公開される映画「」の評判についてまとめてみました! 引用元: の「」を映画化したアニメーション作品となっています。 現実世界と魔法世界を舞台に、二つの世界を行き来する少年たちが直面する究極の選択が描かれています!! 主人公の声をなんと!!映画「キングダム」でも主演を務めたが声優初挑戦で務めています! その他に、、、、、などベテラン声優陣が集結!!! のが製作総指揮・原案・脚本、『』などに携わった百瀬義行が監督を担当しています! また、がゲームに引き続き音楽を手掛けております! 予告映像 あらすじ 車椅子を使っているユウと親友のハルは、幼なじみのコトナを助けようとして、現実世界と並行する魔法世界「」に迷い込んでしまう。 ニノ国で出会ったコトナによく似たアーシャに心惹 ひ かれたユウは、コトナの命を救うためアーシャの命を狙うハルと対立する。 」 「キャストもめちゃくちゃ豪華だし本編の音楽もよかったしゲームやってみたいと思った!」 「世界観バッチリ伝わってきて、映像も綺麗でした!ヒロインを巡る主人公2人の葛藤がハラハラだった!」 などです。 伏線の回収の仕方や最後の結末について驚きのコメントしている方が多い印象でした!! また、映画内の音楽や主題歌についてよかった!とコメントしている方もいました!! つまらない派の意見としては、 「在り来たりなストーリー設定な為、オチが読めてしまう。 」 「登場人物たちの発言や感情の発露に不自然さが目立つ。 」 「一部、声優さん以外の声が違和感でした。 」 などがありました。 つまらないというか声優の声の違和感についてコメントしている方が多い印象でした!• ゲームの知識は必要?? 今作は、から発売されたゲーム「I」「II」が原作となって制作されています!! そこで、 ・今作とゲームで何か共通点があるのか? ・今作を見るにあたってゲームの知識は必要なのか? について調べてみました! ・今作とゲームで何か共通点があるのか? この点についての結論は、ストーリーやキャターは違うものの、世界観や根幹を担う設定は原作ゲームから引き継いでいるという結論になります。 〜根幹を担う設定について〜 では、以下のような2つの世界が存在します。 主人公が暮らす現実世界(これを一ノ国と呼ぶ) 2. 魂がつながっている別世界(これをと呼ぶ) これが原作ゲームにおけるの根幹を担う設定であり、この設定は映画にも引き継がれています。 軽い繋がりなんですけどね。 ンの時代にを統一するんですよ。 なので、すべてのの王達がタバニアにはとして立っている様なシーンが映画でもあって。 でも、すべての国を束ねるって長く続かないんじゃないか? ということで、内乱が起きたり、それに反発する勢力が生まれたりして、タバニアを脅かすっていう状況になっています。 引用元: この二つが今作とゲームの共通点と言えるでしょう! ただ逆に、今作とゲームで異なっている設定があります!! それは、 命(魂)のつながりの意味の違い という部分です。 原作ゲームでは「 片方の命を救えば、片方の命も救われる」という設定なのに対して、今作では「 片方の命を救えば、片方の命は失われる」という設定になっています。 コンセプトはつながっているけれども,完全に新しいものになっており,展開の新しいアプローチと考えています。 また、シナリオはどんでん返しもある面白い内容で,映像のクオリティもすごく高い。 何が原作かといったことを考えず,楽しんでください」 とコメントしているので、ゲームの知識なしでも映画を理解することは可能なようです!! また、ゲーム経験者でもゲームと設定が異なっている設定があるので、ゲームとは全く別の作品として映画を楽しめるのではないでしょうか!! 冒頭でもいいましたが、今作の公開日は2019年8月23日となっております!! 是非、劇場でご覧ください!! このページをご覧くださって少しでも参考になったという方は、もしよろしければ読者になるボタンを押していって下さい! 少しでもたくさんの方に記事をお読みいただきたいのと、今後のブログ作成のやる気がめちゃめちゃ出ますので!! peppodesu.

次の

『二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED』の海外レビュー(評価・評判・感想)

二ノ 国 評判

ユウ・ハル・コトナの3人は、同じ高校に通う幼なじみ。 かけがえのない親友でした。 ある日、ユウとハルは魔法世界 「二ノ国」へと迷い込んでしまいます。 二ノ国は現実世界(一ノ国)と隣り合わせにあり、命の繋がったもう1人の自分がいる世界。 ここで、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会います。 そして、彼女に死の呪いがかけられたことをきっかけに世界の残酷なルールを知るのです。 そのルールとは 「二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払う」こと。 つまり、どちらかの命を救えばもう一方が死ぬのです。 二ノ国ではアーシャ姫が。 一ノ国ではコトナが死の呪いにかけらた状態。 ユウはアーシャ姫を守るため、ハルはコトナを守るために敵対することに。 主人公のユウとハルは、唯一無二の親友。 しかし、ユウは二ノ国に住むアーシャ姫に恋をして、彼女を守るためにハルと敵対することになります。 愛する人を守るために親友同士が戦うという、緊迫感のあるストーリー。 キャッチコピーは「命を選べ。 」 命の選択という究極のテーマを扱った、青春ファンタジー映画です。 二ノ国の評判は?面白いかつまらないか 次に、映画『二ノ国』に関するネット上の口コミ評判をまとめてみました。 結論から言うと賛否両論です。 「世界観やストーリーが好き」「感動した」という人もいれば、一方で「面白いけどストーリーが雑」「展開についていけない」という口コミもあります。 期待値が高かった映画なので、評価が厳しくなるのは仕方がないでしょうね。 ただ、スタッフが実力派ぞろいなのでクオリティは高いです(あと、主題歌がかっこいい) 以下、口コミを「面白い派」と「つまらない派」の2つに分けてそれぞれ紹介していきます。 面白い派の口コミ 二ノ国さっそく観てきましたー!とっても面白くてワクワクして最高でした 二ノ国は、原作知らないんだけど楽しかった!! おじいさんの予想はついてたけど、最後のはなるほど!ってなった!! 子供向けかなと思ってたけど、予想以上に作り込まれててよかった。 ラストに謎解きがあるけれど語られなかった背景に気づくと面白さが増す。 二ノ国めっちゃ面白かった。 胸がきゅっとなる切ない冒頭で一気に物語に引き込まれたと思ったら、一転、少年心をくすぐられるような二ノ国ワールドが広がっていき、最後はどんな結末になるんだろうと夢中になって視聴できました! 誰かを想い、行動する、愛の繋がりを感じる作品でした。 幼なじみとか仲間と冒険するっていいよね。 パラレルワールドを経て、それぞれの意思や覚悟、道を選択するストーリー。 もーぅ、恋は盲目と言うけど青春だね!ファンタジー世界が素敵すぎた!そして最後はまさかの展開…! 背景の美しさ、音楽、ラストの展開も希望通りと、なかなか良かったです。 こちらもネタバレにならない範囲で紹介します。 二ノ国はえ?そうだったの?!ていうところが多かったです 結論から言うと「ジブリまがいになってしまった」と言う感じ。 ストーリー、キャラ造形は王道 やや古い感はある。 キャラデザはジブリ風 そもそも原作ゲームはジブリがグラやってる 、音楽が久石譲なので序盤とかは特にジブリ感をバシバシ出してくる。 二ノ国もイナイレもただの日野の自己満足のためだけの作品 ファンのことを考えてない 二ノ国、ゲームは未実施、予備知識無しで試写会へ。 テンポも割かし良くて、世界観や音楽も良いなぁと。 中盤あたりで、え?そう展開するの?なんか無理矢理じゃない? 終盤は、なんでよー。 ちょっと待って。 なんか、セリフが段々臭くなっていってるよ!?…という心境だった。 ストーリーに納得出来ない点が多かったです。 納得いかなかった部分が全てネタバレに繋がる内容なので言えないのですが、語られるべき所が語られていなかったり、終盤で明らかになる点が序盤でバレバレ 少なくとも僕は分かりました 、最後の最後の種明かしの時、思わず心の中で「…ん?」と言ってしまいました。 しかし脚本があまりにも残念である。 設定のアラが酷い。 矛盾点が多く、「ええっ?www」と思っては映画に集中できない。 キャラクターにセリフで「説明」させるのもやめろ。

次の

【映画評】『二ノ国』は本当に“クソ映画”なのか

二ノ 国 評判

楽しい日々を送っていたが、ある日、コトナが事件に巻き込まれてしまいます。 そんなコトナをユウとハルが助けようとした時、不思議なことが起こります。 なんと、彼らは別世界へと飛ばされてしまったのだです。 その世界とは、もう一人の自分がいる世界、『ニノ国』。 そして、そこにはアーシャというお姫様がいました。 ユウはアーシャ姫に心惹かれていくが、しかし、実はアーシャ姫とコトナが繋がっていることが判明します。 そして、コトナを救うためにはアーシャ姫の命を奪わなければいけないことが判明するのです。 さらに、そこに国を征服しようと企む黒旗軍も現れ、彼らは国を揺るがす大きな事件に巻き込まれていくこととなります。 二ノ国(映画)の感想や評判・口コミのまとめ ここまでを見ると公開後の評価が気になりますし、きっと高評価が多いのかなぁ~と 思います!! ただ・・・意外と評価は厳しいみたいです・・・ 映画『二ノ国』感想。 これはつらい。 何より永野芽郁の声の演技およびキャラとのミスマッチぶりが酷い、ご都合主義の満漢全席で2分に1度は納得不能に、作画にも違和感がありキャラの表情の乏しさもショック。 極め付けは結末の不快さでファンタジーと障害者への向き合い方としても最低。 ふざけんな。 — 真塚なつき truetomb ドラクエ映画の次は二ノ国が駄作 邦画業界って本当につまらないの作るの得意よね — ゆがみょん yugundam 『二ノ国』は個人的には星1。 久石譲の音楽以外は全てがつまらない。 というかあれはPVの時点でわりとひどそうなのがわかるよね。

次の