生理痛の薬。 生理痛で腰痛がひどい…原因や緩和方法は?腰が痛いときは薬が効く?

生理痛に効く市販薬はコレ!悩み別おすすめ市販薬を解説

生理痛の薬

バファリンルナJや小児用バファリンが効かない理由 子供用の生理痛薬が効かない大きな理由は 成分が弱いからです。 例えば「バファリンルナJ」「小児用バファリン」「タイレノールA」「小中学生用ノーシンピュア」などの子供向けの痛み止めはすべて アセトアミノフェンという成分を配合しています。 病院では「カロナール」という名前で処方された事がある人も多いのではないでしょうか。 そしてこのアセトアミノフェンは子供でも安全に使用できる反面、 痛みを抑える効果としては決して高くないんです。 またアセトアミノフェンの配合量としても決して多くはありません。 ですからこれらの子供用の痛み止めを使用しても効果が実感できない小中学生は決して少なくありません。 しかし子供の生理痛にはこのアセトアミノフェン以外を配合している、より効果の高い痛み止めが発売されていますので紹介していきます。 子供の生理痛におすすめの市販薬 鎮痛効果が最も高い子供の生理痛薬 ビタトレール ハレルミンA 市販の生理痛に効く薬の中ではほぼトップの効果を発揮します。 おまけに1歳から使用可能です。 痛み止めの成分としてはバファリンルナJの主成分である 「アセトアミノフェン」をほぼ同量配合し、さらに 「エテンザミド」という痛み止めの成分も配合されています。 また、生理時のイライラなどの気分を落ち着かせるために 「ブロモバレリル尿素」という鎮静剤も配合されています。 これらの成分を十分な量配合している子供用の痛み止めは他にはありません。 もし市販の薬の中で生理痛に効く最強のものを選びたい時はこちらを選択するようにしてください。 そもそも生理痛薬を飲んだことがない人も多いかと思いますので、鎮静剤がどれ程影響を与えるか不安な人も多いかと思います。 例えばテスト期間や授業中に眠気が出て困る場合も起きるかもしれません。 ですからそれらの副作用や効果の強さを考えると新モートサンを選択する方がおすすめです。 こちらは1日3回使用できます。 基本的な注意点は「ビタトレールハレルミンA」と同じになります。 そこで知名度も効果も十分なのがこの 「セデスV」になります。 おそらく多くのドラックストアで購入可能です。 7歳以上から使用できる錠剤タイプの薬になります。 成分としては「ビタトレールハレルミンA」と同じで、配合量が少し少なめになっていますが、効果は十分に期待できます。 1日3回服用可能です。 またセデスVは錠剤タイプなので1回1錠で飲めます。 ただ眠気が気になる人やインフルエンザや水痘の時は使用できないので注意しましょう。 セデスVとほぼ同じ「新セデス」に関して詳しく紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。 バファリンルナJでも効くがイライラが強い時 小中学生用ノーシンピュア こちらはバファリンルナJの主成分である「アセトアミノフェン」にイライラを鎮める「アリルイソプロピルアセチル尿素」という鎮静剤が配合されています。 ですからバファリンルナJで痛みは落ち着きますが、イライラが強かったり眠れない場合はこちらの「小中学生用ノーシンピュア」がおすすめです。 これまで紹介してきた薬と違って水疱瘡やインフルエンザ疑いでも使用できるタイプの薬となります。 ですからインフルエンザが流行っている時期にはこちらの小中学生用ノーシンピュアを選ぶようにしましょう。 例えば インフルエンザや水疱瘡の疑いがある時は絶対に使わないようにしてください。 また妊婦の方も絶対に自己判断で使用しないようにしましょう。 そして今回紹介した薬を服用している時は風邪薬や痛み止めを一緒に飲むのを避けてください。 風邪薬の中には解熱鎮痛剤が配合されているものがほとんどになりますので効果が重複してしまいます。 ロキソニンは小中学生は使っていけない 冒頭でも言いましたがロキソニンやイブは15歳未満は使用できません。 「ロキソニンを半分に割って使えば大丈夫」と思われる人もいるかもしれませんが、その様な飲み方も禁止されています。 ですから上で紹介した痛み止めを中心に利用しましょう。 そして逆を言えば高校生はロキソニンやイブを使用する事ができますので、もし生理痛がひどい場合はロキソニンなどを使用しましょう。 さらに痛みがひどい場合はこちらも参考にしてみてください。 病院を受診すれば選択肢の幅が広がる 市販の生理痛薬の中ではほとんど15歳未満が使用できない薬となっていますが、病院でもらえる医療用の薬では15歳未満も使用する事ができます。 例えば「イブ」などの主成分である「イブプロフェン」を配合している鎮痛剤は、市販の薬は15歳未満は使用不可ですが、病院を受診して医師に処方箋を書いてもらえれば、同じ成分の鎮痛剤を処方してもらえる場合があります。 そもそもなぜ病院での薬は良くて、市販の薬はダメなのかと言いますと、もともとはどちらも医師の監視の下で使う薬であり、なお且つ子供は身体の発達がまだ不十分なので薬の影響を受けやすい事などもあり、医師が診断した後でしか使用する事ができないんですね。 ですからどうしても上記の薬でも痛みが我慢できない事がある場合は、効果も十分な薬を医師の下で処方してもらうか、または子宮内膜症などの病気が隠れている可能性もあるので、ぜひ病院の受診をお勧めします。

次の

生理前のイライラ、だるさ……PMSに効く漢方薬 [漢方・漢方薬] All About

生理痛の薬

胃痛・胃もたれには、女性特有の症状があるのをご存知ですか? 現代社会には、ストレスを感じている方がたくさんいます。 過労などで、胃痛・胃もたれを感じている人も多いと思います。 生理の影響を受けた胃痛・胃もたれ 意外と知られていないことですが、生理の影響を受けて胃痛・胃もたれになる人がいます。 生理前ころからみぞおちあたりが痛み、ひどいと食事も受けつけられなくなります。 病院で検査を受けても、とくに異常はないし、病気の兆候もなく、原因もわからないまま処方された薬を服用し、痛みをしのぐ人も多いです。 実は、これは生理によるホルモンバランスのくずれが引き起こす「胃痛・胃もたれ」とされています。 ホルモンバランスのくずれが影響していることはわかっていますが、くわしい原因や因果関係はまだわかっていません。 生理前後は、月経前症候群(PMS)の影響で精神がおちこんだり、イライラしやすくなるので、その影響が胃に出ているといった考えもあります。 残念ながら、確実な治療方法がありません。 病院で処方された薬を服用し、身体をあたため、ゆったりとしたきもちで過ごすことが、現段階でのいちばんの解決策といわれています。 胃薬の服用は慎重に 胃痛・胃もたれが、比較的メジャーな症状となってしまった現代では、たくさんの種類の胃薬が販売されています。 メカニズムの解明により細分化され、胃もたれなどの症状と、神経性胃炎などの症状ではちがう薬となります。 胃薬は、起きた症状に合ったものを選ぶことが大切で、ちがう症状の薬を服用しても、なかなか効果は得られません。 逆に、まちがった薬の服用から、胃酸が多く出たり、胃が張ったような違和感を感じることがあるので、慎重に選びましょう。 「種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからない、自分の症状がいまいちよくわからない」という方は、病院で診察を受けましょう。 少しの胃痛・胃もたれが、大きな病気のまえぶれの可能性もあります。 胃薬は服用を慢性化させると、どんどん効き目が弱くなるともいわれます。 まずは、薬の服用が必要なくなるような、健康的でストレスレスな生活をめざしましょう。 たかが「胃痛・胃もたれ」ではない場合も 疲れやストレスが胃痛。 胃もたれの原因になっていることはよく聞かれます。 しかし女性の場合は、生理という女性特有の理由が考えられます。 これは女性ホルモンの影響によると考えられていますが、詳しいことはまだはっきりとはわかっていません。 一般的には生理のときに分泌が増える「プロゲステロン」の影響が大きいのではないかと考えられています。 どうして胃痛・胃もたれに女性ホルモンが影響するの? プロゲステロンは生理前から分泌が増え、子宮の筋収縮を抑制する働きがあります。 この筋収縮の抑制が、隣接する他の内蔵機関にも影響を及ぼすといわれます。 子宮以外の臓器、血管を収縮させるため吐き気や胃痛・胃もたれなどが発生するといわれています。 胃痛・胃もたれの対処法は? 薬での対処法として、鎮痛剤を生理予定日の3日前ころから服用すると効果的と言われます。 鎮痛剤には、月経痛の原因でもあるプロゲステロンの生成を抑える効果があります。 市販されている鎮痛剤のほとんどにプロゲステロン抑制の効果がありますが、心配な場合には、月経がはじまる前の体調のよい時に専門医を受診されることをお勧めします。 普段の生活を見直す 生理に関わる様々な症状の要因とされることに、日頃の生活習慣があります。 生活習慣ですので変えることはなかなか難しいことですが、辛い状態から脱出するためにも一度見直しを行ってみましょう。 血行がよくなる食生活を心がけ、適度な運動を取り入れ、疲れやストレスを過度に溜め込まないことが大切です。 適度な食事、適度な運動、適度な休息が全ての病気を改善すると言われます。 その「適度」が難しいのですが・・・取り組みは決して無駄にはならないでしょう。 生理のとき限定の胃痛には要注意 生理のときに分泌量が増える女性ホルモンの影響で、子宮をはじめとする臓器の筋収縮が弱くなることがあります。 これは妊娠するためには非常に大切なことですが、普段の生活ではただ辛いだけの可能性があります。 筋収縮が弱くなることで胃の働きも弱くなった結果、胃もたれや胃痛が起きやすくなりひどい場合には、胃痙攣ほどの痛さになることもあるようです。 生理の時限定でこういった症状が発生する方は、婦人科系の病気が疑われます。 卵巣嚢腫や子宮筋腫といった病気の可能性がありますので、婦人科の診察を受けることをお勧めします。 なかなか見つからない胃痛の原因 胃痙攣のような激しい痛みを感じ病院を受診しても、生理が影響している胃痛の場合、原因が中々特定できないことが多いといわれます。 のたうち回るほどの痛みから盲腸を診断され手術を控えた所で、嘘のように痛みが引いた。 という話しもよく聞きます。 生理に関係する胃痛・胃もたれの場合、生理の少し前及びはじまって間もなくの頃に症状が激しく出るといわれます。 逆にその期間を過ぎると、嘘のように痛みが引いてしまうのです。 そういったことが繰り返されるので、病院で診察を受けても原因がはっきりせず「盲腸だろう」「胃痙攣だろう」と診断され処方された薬が全く効かない、といったことも多数あるようです。 専門医の受診を 生理の時に限った胃痛・胃もたれが年に数回起きる、程度の方でしたら、鎮痛剤などを上手に使って症状と付き合うこともできるかと思いますが、毎月激しい痛みや胃もたれに悩まされる方は専門医の診察を受けてください。 そしてセカンドオピニオンも利用し、原因が分かるまで受診を続けられることをお勧めします。 これは非常に大変なことですし、精神的な負担も大きいと思います。 しかし、自分が大きな病気を持っている可能性がある以上、自分を守れるのは自分だけと考え続けられることをお勧めします。 思わぬところに病気は潜んでいるものです。 その症状を慎重に見定めましょう。 生理中の吐き気は生理痛の症状!気持ち悪い時の対処法は? 生理中に吐き気をもよおしてしまう人は、少なくありません。 これは「吐くほど生理痛がつらい」のではなく、「吐き気そのものが生理痛の症状」である場合がほとんどです。 生理中の吐き気の原因 子宮を収縮させて経血を排出するために分泌されるプロスタグランジンは、子宮以外の器官の筋肉も収縮させてしまいます。 そのため、胃や腸が強く収縮して吐き気をもよおします。 ホルモンバランスの乱れや、貧血から吐き気を感じる人もいるようです。 もともと胃腸が弱い人なら、プロスタグランジンの影響を受けやすくなりますし、鎮痛剤で胃が傷んで吐き気をもよおしやすいでしょう。 生理中の吐き気の対処法 生理痛の症状には頭痛、腹痛、腰痛などの他にもあります。 さまざまな生理痛の症状のうちのひとつが吐き気です。 実際に嘔吐してしまうという方もいれば、吐き気はあるものの嘔吐することはないという方もいます。 いずれにしても、吐き気がある場合はしっかり食べた方がよいのです。 吐き気と貧血の関係は? 生理中は必然的に貧血になります。 普段から男性より女性の方が鉄分が必要なのは、女性が月に1回の生理で貧血になってしまうからです。 そして東洋医学では、貧血状態で胃が空っぽになると吐き気を催すタイプがいることがわかっています。 もうひとつ、東洋医学では、造血機能が低下しているために吐き気がしやすいタイプもいます。 食べ物はきちんと摂取する 貧血で胃が空っぽになると吐き気がするタイプの方はもちろん、造血機能が低下している方もしっかり栄養摂取した方が良いです。 吐き気が治まった時に、もしくは吐き気が来ると予想されるなら、西洋医学の薬で一時的に吐き気を抑えて少し栄養を摂取しましょう。 生理中の吐き気・・・何を食べたらいいの? 吐き気が起きる前、治まった時に食べるものは、造血作用があるものがおすすめです。 特に動物性の鉄分は、植物性のそれよりも吸収が良いです。 レバーやアサリがおすすめですが、ちょっとボリュームがあると感じる方は卵黄でもよいです。 また、鉄分の吸収を良くするために、納豆なども一緒に摂取するとよいでしょう。 生理痛を東洋医学で見た場合、吐き気が起きるのには貧血状態で胃が空っぽになると吐き気を催すタイプか、造血機能が低下しているタイプと考えられます。 いずれにしても造血作用のある食べ物を吐き気の治まった時に食べることが重要です。 普段からできる、生理中の吐き気対策 普段からできる吐き気対策は、ホルモンバランスを整えるよう食生活や生活習慣に配慮することです。 鎮痛剤でプロスタグランジンの分泌を抑えるなら、生理開始予定日の2~3日前から服用するのが効果的です。 鉄分を補給して貧血を予防する、体を温めて血の巡りをよくするのも大切です。 空腹時には吐き気が強くなりがちなので、胃の中を空っぽにしないよう、小分けにして食事をしましょう。 刺激物やカフェインの摂取は避けた方が安心です。 「また気持ち悪くなるかも」という不安や緊張も、吐き気を増進してしまいます。 鎮痛剤や漢方薬を活用しつつ、心穏やかに過ごせるよう心がけましょう。 生理の時に起こる「生理痛&吐き気」の症状…これってどうして起こる?気になる原因と対処法 生理中には色々な不快症状に悩まされる人は多いもの。 その程度は人によりますが、寝込んでしまうくらいの症状が出ることもあります。 そこで今回は、生理痛と吐き気の症状、どうして2つの症状が同時に起こるのかの原因と対処法についてご紹介します。 生理痛と吐き気のWパンチ! 生理のときにその症状として腹痛を感じる方は多いでしょう。 下腹部が痛かったり、チクチクしたり、痛みからは色々ありますが、そんな生理痛と共に吐き気が起こることもあります。 生理痛だけでうんざりしているのに、吐き気で気持ち悪さが続くと嫌になってしまいます。 どうして生理のときに、生理痛に加えて吐き気まで起こるのでしょうか? 生理痛&吐き気が起こるのはなぜ? そもそも生理は、古くなった子宮内膜がはがれ落ちてくる現象です。 この子宮を剥がす主な働きをしているのは、「プロスタグランジン」というホルモンです。 これが子宮を収縮させることによって、子宮内膜が剥がれ落ちます。 生理痛を起こす原因 冷えなどで血行が悪くなると子宮内膜が剥がれにくくなるので、プロスタグランジンが過剰に分泌されます。 その分子宮の収縮が過剰になってしまい腹痛を引き起こします。 吐き気を起こす原因 このプロスタグランジンは、子宮だけでなくその近くにある胃や腸まで効果が及ぶことがあります。 すると胃や腸が収縮してしまって、吐き気などの症状が起こります。 他にも胃のむかつきや、嘔吐が起こることもあります。 生理痛も吐き気も緩和する方法 生理痛も吐き気もどっちも何とかしたい!と思った場合にはどんな方法をとればいいのでしょうか? 1. 漢方薬 鎮痛剤は胃腸の働きを低下させることがあるので、より穏やかな漢方薬がおすすめです。 自分の症状に合った漢方薬を処方してもらいましょう。 適度な運動 適度に体を動かすことで、体も温まりますし血行もよくなります。 激しい運動をする必要はなく、ストレッチなどでも十分です。 むしろ激しい運動をすると、体力を必要以上に使ってしまって体調が悪くなることもあります。 低用量ピル そもそもの生理に関する症状全体を軽くするという意味で、低用量ピルを服用する方法があります。 コンスタントに服用することで、月経量そのものが減り、プロスタグランジンの分泌を抑えることができます。 生理痛も吐き気も悪化させるNG行動 生理痛にも吐き気にも悩まされているときに、追い打ちをかけてしまうことがあります。 胃に負担をかける食事 脂っこいものや香辛料などの刺激があるものなどは、胃に負担をかけてしまうので避けましょう。 体を冷やす 血行が悪くなると、余計に子宮内膜が剥がれにくくなりプロスタグランジンの分泌量が増えます。 そのため、できるだけ体を冷やさないようにしましょう。 ストレス ストレスを感じると血行も悪くなります。 さらに、ストレスを感じると自律神経が乱れ、自律神経が乱れると胃腸の動きが悪くなります。 その結果吐き気が悪化するので、できるだけ避けましょう。 薬では対処しにくいことがある 生理痛に対する薬や吐き気に対する薬はありますが、「生理痛に伴う吐き気」となると難しいところがあります。 漢方薬のところでも少し書きましたが、薬で不調の原因であるプロスタグランジンの過剰分泌を抑制すると、胃腸の動きが低下してしまうことがあるためです。 結果的に、薬を使ったことで吐き気が強くなることがあります。 症状がひどい時は一度病院で診てもらいましょう あまりにも生理痛や吐き気が強く、日常生活に支障が出るくらいであれば、一度病院で相談してみましょう。 ある程度の痛みや吐き気は我慢しようと思えば我慢もできてしまいます。 しかし、生活の中のちょっとした工夫で改善することもできるため、今回ご紹介した対処法をぜひ一度試してみてください。 Photo by: ).

次の

【中学生OK】子供の生理痛に効くおすすめな市販薬の紹介!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

生理痛の薬

スポンサーリンク ここでは、「生理痛の薬は飲まない方がいいのか」についてお話します。 生理痛がつらいので薬を飲んでいる、と話すと 「生理痛で薬なんて飲まないほうがいい!」 とアドバイスを受ける事が稀にあります。 では、生理痛で薬は本当に飲まないほうがいいのでしょうか? 「薬=病気の時に服用するもの」という認識 結論から言えば、生理痛で薬はのんで良いんです。 鎮痛剤は痛みを緩和する目的で作られたものです。 生理痛で痛みを生じる場合は、正しい目的として薬を服用することが可能です。 多くの場合、生理痛で薬を飲むなという意見は 「薬=病気」という考えから来ています。 生理という現象は病気ではありません。 妊娠しなかったことで不要になった 子宮内膜を排出する、という体の生理現象です。 そのため、病気でもないのに薬なんて… そういう考えを持っている人も中にはいます。 特に年配の女性の場合、自身が生理痛に 悩むころには鎮痛薬を飲むという習慣がなかったことから 娘や孫に近い年齢の女性に対し、 「薬は飲むな」 スポンサーリンク と助言してくることがあるんです。 痛みを我慢する=美徳? また、中には痛みを我慢することこそ良いことだと思っている人もいます。 出産の際に無痛分娩は甘えだ、という意見を持っているのと同じで、 女性にしかないものだから、その痛みに耐えるべき、 という考えを持っているのです。 しかし、当たり前ですが痛みを我慢することは決して美徳ではありません。 対処するための方法があるのだから、積極的に使っていくべきなんですよ。 痛みは我慢せず、薬を飲もう 生理痛で毎月つらい思いをしている人は、 薬を飲んで生活しやすい状態を作りましょう! 痛い思いをしながらの学業、仕事はかえって効率も悪くなります。 痛みを感じる前に薬を飲むことで、強い効果を発揮してくれますよ。 飲むタイミングをよく考えつつ、鎮痛剤を利用しましょう! あまりにも痛みが強くて鎮痛剤を飲んでも効かない、という人は 一度婦人科を受診してください。 生理中でも構いませんよ。 症状に応じて投薬や、注射などの処置をしてくれる場合もあります。 また、子宮に何か病気が隠れていることもあります。 早めの受診が大切ですので、心がけてくださいね。 ・・・というわけで、貴女もこのカテゴリーの記事を読んで 生理痛の「薬」関係について、私と一緒に学習しましょうね! スポンサーリンク 生理痛の薬は飲まない方がいいの?記事一覧.

次の