ソニー ペイメント サービス 株式 会社。 ソニーペイメントサービスとは!サービス特徴と強みを解説|決済代行比較.jp

ソニーペイメントサービスとは!サービス特徴と強みを解説|決済代行比較.jp

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

市場情報 非上場 略称 SPS 本社所在地 〒108-0074 高輪1-3-13 NBF高輪ビル6階 設立 代表者 代表取締役社長 中村 英彦 資本金 4億8,875万円 純利益 7億7700万円(2020年03月31日時点) 総資産 240億2300万円(2020年03月31日時点) 決算期 3月31日 主要株主 株式会社 株式会社 株式会社日本カードネットワーク 株式会社 株式会社 外部リンク テンプレートを表示 ソニーペイメントサービス株式会社(Sony Payment Services Inc. )は、EC事業者やショッピングモール事業者、、等をはじめとした事業者に対して決済や決済の提供を行うの決済ソリューションプロバイダ。 旧社名は、株式会社スマートリンクネットワーク(英文社名:SmartLink Network, Inc. 事業内容 [編集 ] インターネット通販を中心とした都度決済、および、インターネットプロバイダ料金や保険料等といった毎月の継続課金における非対面でのクレジット決済等の代行サービスの提供。 独自の本人認証機能を有しており、与信と同時にクレジットカード会社に登録されている属性情報の照会を行うサービスを提供していることが特長である。 沿革 [編集 ]• - 株式会社において売上一括代行システム「SCOTT」稼動開始。 - 「SCOTT」をベースにインターネット上の決済システムを構築・稼動。 - インターネット上におけるクレジットカード決済代行システム「e-SCOTT」を商品化。 - 主要クレジットカード各社とダイレクトなネットワーク接続を実現し、本人認証機能の提供開始。 - 株式会社ソニーファイナンスインターナショナルから分社化、株式会社スマートリンクネットワーク設立。 株式会社日本カードネットワークのEC決済事業を吸収分割。 株式会社、株式会社日本カードネットワーク、株式会社、株式会社(現・株式会社)が出資。 - 国際カードブランドが定めるグローバルなセキュリティ基準、に完全準拠。 - オンライン収納代行(コンビニ決済)サービス開始• - 統合決済サービス「e-SCOTT PLUS」開始• - 株式会社ソニーファイナンスインターナショナルが株式会社に株式譲渡。 ソニー銀行の子会社となる。 - ソニーペイメントサービス株式会社へ商号変更。 加入団体 [編集 ]• 社団法人• 社団法人• PCI SSC PO JAPAN連絡会• OpenIDファウンデーション・ジャパン• 社団法人ブロードバンド推進協議会• 安心安全インターネット推進協議会 脚注 [編集 ] [].

次の

決済代行のソニーペイメントサービス(スマートリンク)の評判は?

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

SBペイメントサービスの強みは「信頼性」 SBペイメントサービスは、店頭でのクレジットカードや電子マネー決済にくわえ、オンライン決済も合わせて利用できる決済種類の豊富さが魅力です。 その他、無料の不正検知・保障サービスやメーケティング支援プランなど、決済以外のオプションも充実しています。 2019年3月現在、100,000店舗以上の導入実績があり、その取扱高は2兆円以上です。 様々な業種、商材にも対応できるような、ありとあらゆる決済方法を提案でき、スタッフのサポート力や信頼性も問題なく、国際決済にも対応しているため、海外に支店(越境ECサイト)がある場合でも安心です。 パートナー企業を募集している「パートナープログラム」制度もあります。 「紹介型」「OEM型」など、ニーズに沿って各種プランを提案。 詳しくは公式サイトをご覧ください。 sbpayment. 決済の種類も豊富で、基本的な クレジットカード決済やキャリア決済の他、テンキーパッド端末カード決済やPay TG端末カード決済など、幅広く網羅しています。 (決済種類については以下項目で比較しています) 各ECカートにも対応しているので、すでに稼働しているECサイトにそのまま組み込める可能性もあります。 改めて別カートと連携させたり、不要な手続きが発生したりすることもありません。 「誠実であること」を第一の理念として掲げ、高い倫理観をもって不正・トラブルのないよう取り組んでいる姿勢に定評があります。 代表的なカードブランドが共同で定めた国際基準「PCI DSS」に2006年から準拠していることも、その姿勢を裏付けています。 顧客のクレジットカード情報を安全に保護するために定められた基準なので、信頼性は抜群です。 SBペイメントサービス・ソニーペイメントサービスの対応カート 既存のECサイトとすでに連携されているカートを変更せずとも、SBペイメントサービス・ソニーペイメントサービスそれぞれ、対応しているカートが豊富にあります。 以下の表で比較した後、自社ECサイトと連携済みのカートに対応している決済代行会社を選ぶのもひとつの手でしょう。 以下ではそれぞれ代表的なオプションについて紹介しています。 ・SBペイメントサービス SNSマーケティングやプレスリリース配信がセットで利用できる「マーケティング支援プラン」が用意されています。 内訳はソーシャルメディア配信オプション1回分(3万円相当)・SNSマーケティングサービス5回分(15万円相当)・プレスリリース配信3回分(9万円相当)。 決済代行だけではなく、マーケティングも補えるのはSBペイメントサービス最大の特徴です。 ・ソニーペイメントサービス オンライン決済で最も懸念点なのは、クレジットカードの不正利用ではないでしょうか。 ソニーペイメントサービスでは、なんと加盟店のクレジットカード不正利用率は0. 不正利用を徹底的に防止するための認証サービス「認証アシストサービス」の開始により、不正利用はほとんど発生しないレベルにまで到達しています。 これは、大手カード会社16社と直に接続できているからこそ可能なサービスです。 セキュリティがより安心なのは? セキュリティに関して、両社とも万全な体制を敷いています。 SBペイメントサービスでは、クレジットカード情報保護の国際基準「PCI DSS」にも準拠しており、くわえてこれまでのソフトバンクグループが保有する決済情報を滞りなく管理・処理してきた実績があります。 顧客情報を安全に取り扱うシステムは、国際水準に匹敵すると評判です。 ソニーペイメントサービスについても、前述した「認証アシストサービス」の他、「3Dセキュア」にも対応。 こちらはクレジットカード業界が推奨している認証サービスのことで、顧客自身が前もって登録していたパスワード認証をすることによって不正利用を防止する仕組みです。 情報漏えいを徹底的に防ぐ仕組みが、両社ともに備わっています。 入金サイクルで選ぶなら 両社の入金サイクルについて比較します。 とくに会社を立ち上げたばかりのベンチャー・スタートアップ企業などは、資金繰りのためにも重要な部分となりますので、ぜひ比較検討してみてください。 「早期・複数回入金オプション」サービスもあり、資金繰りに不安がある場合は月2回・3回・4回・6回から変更することも可能です(事前審査が必要)。 ・ソニーペイメントサービス 入金サイクルは月末締め、翌月20日後の入金となっています。 SBペイメントサービスのように、明確な早期入金サービス等はありませんが、問い合わせによって臨機応変に対応してもらえるので、詳しくは公式サイトから問い合わせてみてください。 sonypaymentservices.

次の

決済代行を導入するならソニーペイメントサービス

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

ソニーペイメントサービス スマートリンク 日本を代表する大企業グループ、ソニーグループに属する決済代行サービス業者、ソニーペイメントサービスの基本情報をまとめているページです。 ソニーペイメントサービス スマートリンク の対応決済一覧• クレジットカード決済代行 Visa、MasterCard、American Express, Diners、JCB、DISCOVER• Apple Pay• 外貨決済代行• 銀聯カードネット決済代行• コンビニ決済代行(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ヤマザキデイリーストア)• Pay-easy(ペイジー)銀行振込• 口座振替• 後払い決済代行• キャリア決済代行• 電子マネー決済代行(Edy、モバイルSuica)• Smartレンディング• ECカート用決済代行• EC-CUBE決済サービス• Welcart決済サービス• CS-Cart決済サービス• Magento決済サービス• SOY Shop決済サービス• Drupal決済サービス• WISECART決済サービス• CNカート決済サービス• 侍カート決済サービス• Growth Cloud決済サービス 費用 要問い合わせ 決済代行サービス会社・ソニーペイメントサービス スマートリンク の特徴 幅広い決済サービスを提供するソニーペイメントサービスの特徴を以下にまとめます。 高速なレスポンスが可能なソニーペイメントサービス 2015年4月より、「スマートリンクネットワーク」から「ソニーペイメントサービス」に社名を変更した、ソニー銀行グループが運営する決済代行サービス。 その最大の魅力は、業界屈指の安定した高速レスポンス。 これは普及率の高いカード会社ブランドへ、ダイレクトにネットワークをつなげることにより実現しています。 他社の決済代行サービスと違い、素早いレスポンスが可能なので、ユーザーにストレスを与えません。 これにより、決済画面への遷移中の離脱率を大幅に下げることが期待できるでしょう。 またセールなどで一時的に利用者が殺到した場合でも、安定した処理が可能です。 最近特に被害の多い「なりすまし」によるカード不正使用に対しても、3Dセキュアと合わせて、独自の「認証アシストサービス」を導入しています。 これは、カード会社にある本人情報と照らし合わせる認証システムで、さらに安全性の高い環境を提供するものです。 こちらも決済代行業界ではソニーペイメントサービスのみが導入しています。 このように、他の決済代行サービスにはない魅力を生かせるのが、ソニーペイメントサービスを導入するメリットと言えるでしょう。 ECビジネス黎明期からの豊富な実績 ソニーペイメントサービスは、ECビジネス黎明期から事業を行っている、決済代行サービスの先駆けとも言える企業です。 長年にわたりサービスを提供しているだけあって、規模や業種を問わず幅広い事業者への導入実績を誇ります。 サービスの品質はもちろんですが、信頼性の高さも折り紙付きと言えそうです。 セキュリティ PCIDSS完全準拠、国際標準化団体「PCI SSC」「PCI SSC PO Japan連絡会」参加、ISMS適合性評価制度認証取得、プライバシーマーク、3Dセキュア サポート体制 掲載がありませんでした 主要取引先 So-net、NTTぷらら、ベイシア、ソニーストア、ソニーミュージックショップ、QVC JAPAN、セシール、JAL旅行積立、ハイウェイバスドットコム、セゾン自動車火災保険、ライフネット生命 などその他多数 HPで紹介されているおすすめ業種 大手保険会社やインターネットサービスプロバイダなど、全国レベルで顧客を抱える企業に積極的に採用されているようです。 導入企業の口コミ評判• スムーズな認証システムなので、従来に比べて利便性アップしました。 不正利用もなくなり、処理作業が大幅に軽減されたと思います。 決済スピードが速いと評判だったので、このシステムを選びました。 売上実数が上がるという目に見える結果を得られたので嬉しいです。 導入の決め手は、ソニーペイメントサービスに、カード情報をこちらで保存せずに決済が可能なシステムがあったことです。 ネットの普及に伴う法整備により、EC事業者に求められるセキュリティも高度化してきました。 その点で、こちらをパートナーに選択して正解だったと考えています。 自社システム非通過で決済情報の管理、運用ができるというのは目からウロコでした。 また当社では、ソニーペイメントサービスの業務受託サービスも導入して、データ処理業務の効率化を図っています。 おかげさまで、無効になったカード情報の変更処理などの煩わしい業務から解放されました。 多彩な決済手段があることと、高速なレスポンスの早さに定評があると言えます。 他社にも決済サービスの魅力があるので、ぜひ比較してみるといいですよ。 会社情報• 会社名:ソニーペイメントサービス株式会社• 所在地:東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル6階• 設立:2006年9月1日• globalpayment. paygent.

次の