トイレが近い。 子どもの頻尿の原因と対処法! 年齢別のトイレ平均回数も紹介

尿がもれる・トイレが近いことについて:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

トイレが近い

もくじ• 必死で尿意をこらえながら、ひきつった笑顔でお客様と会話して。 初めてお邪魔したお宅で「トイレ貸して頂けないでしょうか!?」 なんて言う鉄のハートは持ち合わせていないので、なんとかコンビニや公園のトイレを見つけるまでは我慢してるんですけど…。 なぜこんなにもトイレが近いのかと。 と、このままじゃ心も体もいろいろ悪影響がありそうなので調べてみました。 おしっこってなに? そもそも尿っていったいなんなんでしょ? 体の中のいらない水分、余った水が尿として排出されるというざっくりとした認識ですが… 実は尿はもとは血液。 血液として体中をめぐった水分は、あちこちで体にとって必要のない老廃物を吸収して腎臓へと戻されます。 腎臓に集まった血液は老廃物を取り除かれた後、その多くがまた血液として体中に送られますが、この時に老廃物を含んだ「ごみの水」。 これが膀胱へ送られ、尿として排出されます。 おしっこは体の中の老廃物を排出するために重要なものなんですね。 冬の寒い時にトイレが近くなる原因 尿が出来るメカニズムはわかりましたが、問題は寒さと頻尿の関係です。 いろいろ調べていくうちに、寒いとトイレが近くなる大きな原因がわかりました! 寒さで抗利尿ホルモンの分泌が抑制され腎臓で尿が沢山作られる 私たちの身体は、温度が高くなると活発に活動するようになっています。 すると、「抗利尿ホルモン」というおしっこを出さないように制御するホルモンが多く分泌され、腎臓で作られる尿の量が少なくなります。 反対に、気温の低い寒い時は体温も下がるので、体の活動も穏やかになります。 体の活動が穏やかになると、体温が高い時抗利尿ホルモンの分泌も抑えられ、腎臓の尿を作る機能のリミッターが解除されて尿が沢山作られる状態になるんです。 また、夏場の暑い時期には、私たちの体の中では水分を汗として排出し、体温を下げようとする働きが起こりますよね。 冬には汗をかく必要がないので、体の水分バランスを保つためには尿という形で体外に排出する必要があります。 おしっこが沢山作られる上に、排出手段が尿という形でしかない。 冬にトイレが近い理由。 わかった気がします。 膀胱の最大容量は、成人で平均して400ml~500ml程度であるが、人によって、約250 — 600ml程度と、個人差が大きい。 女性は男性よりもトイレが近い傾向にありますが、ちゃんと理由があったんですね。 個人差はありますが、膀胱に200mlの尿が溜まると尿意を感じ「トイレに行きたい!」という欲求が起こるそう。 寒さを感じると「ぎゅっ!」っと縮んでしまうんです。 スポンサードリンク 寒い冬にトイレが近い時の対策 冬にトイレが近くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。 ノ・゚ なにか出来る対策はないのでしょうか? 利尿作用のある飲み物を控える 尿は体の中の老廃物を体外に排出するために必要なもの。 尿を出さないと、体内にごみが溜まってしまいます。 トイレに行きたくないからと、水分を取らないことは身体にとって良くありません。 でも、利尿作用のある飲み物を控えることでトイレの回数を減らす効果が期待できます。 利尿作用の高い飲み物は… 玉露やコーヒー、紅茶などのカフェインを多く含む飲み物 なんと、冬の寒い日の「あったか~い」飲み物の代表ともいえる飲み物がトイレの回数を増やす一因なんです! 特に驚きなのが玉露のカフェイン含有率。 カフェイン代表と言えばコーヒーですが、実は それ以上に玉露はカフェインを含んでいます。 「濃い」が人気のペットボトルの緑茶には玉露が多めに使われているものがありますが、カフェインが多いので冬場の頻尿に悩んでいる場合は控えておきましょう。 カフェインの入っていないおすすめの暖かい飲み物はこちらです。 ホット柚子• ホットレモン• ホットカルピス• ほうじ茶• 十六茶• 爽健美茶 どうしてもコーヒーが飲みたい! そんな場合は カフェインレスやデカフェを選びましょう。 実はこの体をぽかぽか暖めるという行為。 寒くて膀胱が収縮するのを防ぐ効果も期待できるんです。 一番効果があるホッカイロポイントは仙骨。 お尻の割れ目のちょうど上のあたりですね。 ここは体中を巡る主要な血管の通り道で体の中心。 ここを温めることで効率よく全身が温まります。 きちんと原因を知ることで、効果的な対策ができるんですね。 特に飲み物のチョイスと仙骨のホッカイロは、ほんのちょっとの意識ですけど効果がかなり違うなと感じてます。

次の

尿がもれる・トイレが近いことについて:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

トイレが近い

これって頻尿!? トイレが近い女性に多い原因とその対策!! 年齢とともにトイレが近くなるのはよくあることです。 ただそれって年齢のせいだけなの でしょうか。 一般に起きている間に8回以上、睡眠中に2回以上トイレに行くのは頻尿です。 頻尿それ自体は病気とは言えません。 けれど体の隠れた状態を教えてくれている症状の1つなのです。 でもトイレが近いだけで量も普通にあるし、排尿しにくいわけでもないから病気じゃないし、なんて思っていませんか。 実は頻尿って、いろいろな原因があって起きています。 その原因をなくしていけば、改善される場合も多々あるのです。 その原因と対処法を見ていきましょうか。 体が冷えている 単純明快に、体が冷えている人はトイレが近くなります。 体が冷えるということは汗をかかないということでもあります。 寒がりで汗っかきって矛盾してますよね。 汗で体内の余分な水分を排出できないので、結果尿の量が増えて頻尿になるわけです。 冷えは血の循環が弱いことから起こりますが、これは実は筋肉の量に関係しています。 若い頃はスポーツ大好きだったものの、年齢とともに運動の機会も減ってしまいがちです。 それでなくても女性は男性より筋肉が少ないため、もともと基本は冷えやすい体なの です。 できれば適度な運動で適度な筋肉をつけましょう。 軽いストレッチで体をほぐすだけでも違ってきます。 熱すぎないお風呂にゆっくりつかって体を温めましょう。 じんわり温まるのが大事です。 寝る時には足の裏を暖かくして眠ると効果的ですよ。 ただし靴下のような指先まですっぽりしたものはかえってしんどくなります。 レッグウォーマーを上手く活用してください。 コーヒーや緑茶が大好き 熱いコーヒーや熱いお茶で、ほっと一服するのは大事な時間ですね。 でもコーヒーや紅茶や緑茶には利尿作用があるのです。 反応の良い人ならば飲んだ後はトイレの回数がぐっと増えます。 昼間ならさして苦になることもないかもしれませんが、夜中に何回もトイレに起きるとなると問題です。 コーヒー紅茶緑茶は飲まないけど、美容と健康のために水をたくさん飲んでいるという貴女。 水分を取れば当然余分なものは排出されます。 汗をかかなければそれは尿になるしかありません。 嗜好品はまったく飲まない、水分は極力取らないというのではなく、バランスよく楽しみましょう。 気をつけたいのは喉が渇いて仕方がない場合です。 これは腎機能が弱っている可能性があるからです。 もしも夜中でも喉の渇きで目が覚めたり、尿の量がとった水分より多いような状態ならば、糖尿病も考えられます。 すぐに病院で検査してもらうべきです。 泌尿器科に行かなくても、内科でも婦人科でも尿検査すればすぐにわかります。 過活動膀胱 聞き慣れない人の方が多いでしょうね。 その名の通り、膀胱が過敏になって尿意にすぐ反応してしまうという症状です。 命にかかわるような病気ではありませんが、頻尿以外にも急に尿意を感じてしまったり、トイレに間に合わず漏らしてしまうような場合もあります。 つまり生活の質の問題になります。 病気ですから泌尿器科を受診するのが前提ですが、薬物治療・膀胱訓練・骨盤底筋体操の3つの治療法が主軸です。 お薬については自分ではどうにもできませんが、膀胱訓練や骨盤底筋体操は今からでもできます。 簡単に説明してみましょう。 膀胱訓練 要するに尿意を我慢することで膀胱の容量を増やす訓練です。 トイレに行きたくなったらまず5分我慢できるようにします。 もちろん我慢できなければトイレに行ってくださいね。 5分我慢できるようになって1ヶ月ほどしたら、次は10分我慢してみましょう。 そうして様子を見ながら5分ずつ時間を延ばして、トイレの間隔が2時間以上になるのが目標です。 骨盤底筋体操 骨盤底筋は子宮や膀胱を支えている筋肉です。 出産や肥満や加齢によって力が弱まってしまいやすいのです。 難しい体操ではありませんから、今からでも試してみてください。 肛門、膣、尿道を意識しながらお尻をキューっと締める(5~8秒)• 締めていたところをゆるめて10~20秒休憩• 上記を5~10回繰り返す• 毎日合計30回以上、数回に分けて行う 寝転んでやっても椅子にかけてやっても立ってやっても大丈夫。 できるだけ毎日続けて習慣にしてしまいましょう。 膀胱炎 頻尿の原因で膀胱炎はかなり多いのです。 女性は男性より尿道が短いうえに、トイレに立つのを我慢しがちでもあります。 何度トイレに行っても残尿感があって、結果何度でも行ってしまうようなら、迷わず病院を受診しましょう。 泌尿器科ではなく内科や婦人科でも尿検査ですぐにわかります。 膀胱炎ならば抗生剤の服用で簡単に治る場合が多いのですが、尿路結石や膀胱腫瘍のような病気が隠れている場合もあります。 排尿時に痛みや不快感があったり、残尿感があるなどの自覚症状があるならば、すぐに病院へ行くべきです。 早期発見ほど治療効果があがるのはどんな病気でも同じです。 子宮や卵巣の病気 子宮や卵巣に何らかの異常があった場合、膀胱が圧迫されて頻尿になることがあります。 おりものの異常や不正出血で気付く場合がほとんどですが、頻尿もそのサインになります。 代表的なものは子宮筋腫や子宮脱、卵巣腫瘍などですが、重大な病気が隠れている可能性もあります。 子宮や卵巣の異常はなかなか気付かないこともよくあります。 忙しい毎日で単なる疲れやストレスだと思ってしまいがちなのですね。 けれどその疲れやストレスが影響を与えやすいのが子宮であり卵巣です。 女性ならではのしんどさは同じ状態の人でなければわかりません。 きちんと調べてもらうのが一番の解決法です。 その他いろいろな原因 膀胱や子宮・卵巣といった、いかにも頻尿に繋がりそうな臓器だけが頻尿の原因とは限りません。 例えば心臓が弱ると頻尿になるのはご存知でしょうか。 脳や脊髄に病変があって頻尿になることもありますよ。 もちろん頻尿だけが現れる症状ではありません。 けれど症状の1つではあるのです。 緊張するとトイレが近くなることは誰にでもあることですが、1時間に何回もとなるとやっかいですね。 これは神経性頻尿または心因性頻尿になります。 一時的なものであればまず回数を気にしないことです。 ただそれが習慣化してしまっているなら、やはり医師に相談が必要になります。 この場合は漢方薬もいいかもしれません。 頻尿でわかること 頻尿は病気であるとは言いきれません。 病的な頻尿もあれば、水分の取りすぎにすぎない場合もあります。 けれど外出を控えたり映画館に行けないなど、生活上制限が必要ならば改善すべきではないでしょうか。 まずはできることから試してみましょう。 他に目立った異常がなければ心配し過ぎる必要はありません。 ただし、.

次の

夜トイレが近い!対策で試して欲しい方法

トイレが近い

頻尿の原因はなんですか? 頻尿の原因は、人によってさまざまです。 明らかに水分を摂りすぎた生活を送っている場合は水分を調整することで改善しますが、膀胱が自分の意思と関係なく勝手に収縮する 「過活動膀胱」という病気が原因かもしれません。 その他、 「残尿」(前立腺肥大症、また糖尿病、腰部椎間板ヘルニア、子宮がん・直腸がんの手術などから、排尿後も膀胱内に尿が残ること)、 「多尿」(糖尿病などの内分泌疾患、水分の多量摂取、薬剤(利尿剤)によって尿の量が多くなること)、 「尿路感染・炎症」(膀胱炎や前立腺炎、間質性膀胱炎など)、 「腫瘍」(膀胱がん)、 「膀胱結石」などが原因のこともあります。 また、膀胱・尿道の病気もなく、尿量も問題ないにも関わらず、トイレのことが気になって何回もトイレに行ってしまう 「心因性頻尿」のこともあります。 気になる方は一度、お医者さんに相談してみましょう。 以下のような症状があります。 脳と膀胱(尿道)を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のものと、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。 「急に我慢できないような尿意が起こる」(尿意切迫感)• 「トイレが近い」(頻尿)• 「夜中に何度もトイレに起きる」(夜間頻尿)• 「急に尿をしたくなり、トイレまで我慢できずに漏れてしまう」 (尿漏れ・切迫性尿失禁).

次の