ダーク キング 5。 【ドラクエ10】ダークキングに挑戦! ~常闇の聖戦・その5~

ダークキングⅤ 攻略

ダーク キング 5

かなり久々にドラクエ10の話題です。 普段はあんまりガッツリ自分で攻略とかしないんですが、今回は早いうちからガッツリプレイして撃破まで行けました。 その際に練習してて色々と気づいた点があったので、自分なりに調査してまとめてみました。 黄色以降のダークキングの行動についてのみなので、戦法や構成などは割愛します。 個人的な調査なので間違いがある可能性もありますが、動画をいくつか見ながら3回行動を1ターンとして計151ターンの統計から考察したものなので、それなりに参考にはなるんじゃないかなと思います。 ダークキングのAIの特徴について ダークキングのAIのパターンには3パターンあると考えています。 A:召喚始動のプレステンペパターン B:紫雲のたつまき始動のプレステンペパターン C:それ以外のランダム行動パターン この3パターン内で行動が選択されているものだと思われます。 具体的には黄色突入時にABCのいずれかからスタートし、条件によって派生先が変わっていくというものですが、一つずつパターンの解説をしてみます。 変則的になる場合は、召喚とプレスの間に通常攻撃・キングプレス・ダークシャウトのいずれかが追加されます。 (調べた中では最長で召喚シャウトプレス通常プレスプレステンペなんてのがあったので運次第ですが) Aパターン終了後はABCの全てに派生する可能性があります。 Bパターンになる確率はやや低め。 Bパターンに派生しない場合は、紫雲のたつまきが低確率でカットされることがあります。 紫雲のたつまき自体はテンペの直後にしか来ません。 注意点としてパターンAにはやみのはどうは存在しないので、召喚後に波動が来た場合、その召喚はCパターンのC維持召喚です。 波動の後にもう一度召喚されるまで(Aパターンに移行するまで)はテンペはほぼ来ないものと思っていいと思います。 Cのところでもう少し詳しく書きます。 Bパターン終了後にもABCの全てに派生する可能性があります。 こちらもBパターンに派生しない場合に最後の竜巻がカットされることがあります。 テンペが短期間に来まくるパターンは、大体Bパターンが連続しているのが原因。 召喚からの始動ではなく竜巻からの始動なので注意が必要。 Bパターンに入る確率は低めですが、一度入るとBパターン終了からまたBパターンになるケースは割と多めに思います。 パターンC:AB以外のランダム行動 パターンCは毎回完全ランダム行動で、いつでもAに派生する可能性があります。 選択される行動はC維持召喚・やみのはどう・ダークシャウト・キングプレス・通常攻撃・A移行召喚のいずれかで、波動が多めでC維持召喚の確率が少し低めです。 また、全体に関して言えることですが、波動・シャウトは前後2行動以内に複数回出現しないという法則があります。 (恐らくチャージタイムが2行動程度あります)この時にもう一度選ばれた場合は、通常攻撃に置き換わっているものと思われます。 C維持召喚はA移行召喚に対するフェイントで、召喚したからA入ったかな?と思ったらテンペが全然来ないというパターンはこれが原因です。 ただし、CローテではAローテに存在しないやみのはどうがそこそこ来るので、波動が来たらC維持召喚を判別できます。 つまり少なくとも次に召喚が来るまでAには移行していません。 型通りじゃなかったのはこの1回だったので、来たら事故だと思いますが、他に法則が見つかるかもしれないので要調査。 見たところCT不足時の通常攻撃への置き換わりが多いと思うので、実際の選択率は波動>プレス=通常=A移行召喚>C移行召喚=シャウトかなと推測。 ターンエンドの処理について タゲ下がりをして本来ダークキングがしようとしていた行動が出来ずにエンド攻撃を繰り出した場合、直前に行おうとした(失敗した)行動を消費したものとしてルーチンが進みます。 エンド攻撃ではルーチンは進まないため、タゲ下がりに失敗して追いつかれて余分なエンド攻撃を追加発生させてしまった場合でも、ルーチンが2つ進むことはありません。 ターンエンド攻撃は体力黄色からはキングプレス・ダークシャウトのどちらかです。 このダークシャウトは上記パターンのチャージタイムとは関係ないので、エンド攻撃のシャウトの後にパターン行動のシャウトが来ることはあります。 ターンエンド後の特殊な行動 ダークキング5は完全3回行動で行動してきますが、3回行動し切る前にエンド攻撃を発生させた場合、次のターンの行動回数が高確率で1回か2回に減ります。 エンド攻撃を発生させさえすれば次の攻撃回数が減ることがあるので、1回目・2回目に関しては途中で追いつかれて通常の行動とエンド行動の両方を食らってしまった場合でも、行動回数減少の判定があります。 残念ながら3回目の行動で追いつかれてエンド含めて4回行動されてしまった場合はダメなようです。 結局のところどうすればいいのか ターンエンドによる行動回数減少がそれなりにメリットになるので、後衛タゲの時は毎回エンドまで引っ張るのが理想ですが、クリスタルの配置場所の問題で引っ張るのが危険だったり、行動のパターンを見極めきれない人がいる場合、エンドを挟むとパターンが分からなくなってかえって被害が大きくなる可能性もあります。 以上個人的な考察でした。 もちろんこれらは私が勝手に思っていることで、これが全て正しいとは思っていないので、参考程度にしていただければと思います。 これは、ダークキングが召喚を行う際に次の行動で誰をターゲットにするのか決めていたところ、対象が死んだので行動が飛ばされたという説が有力です。 同じように竜巻が飛ばされるパターンですが、竜巻のターゲットがテンペやクリスタルでタイミングよく死亡した時に竜巻カットが起こっているようです。

次の

ダークキング5 コスパ重視僧侶攻略!闇耐性は安くて強い![シンドリーちゃんの冒険]

ダーク キング 5

先に言っておくけど、この時点での ワイはクリア者の基準を満たせてなかったと思います。 装備面の問題じゃなく 考え方が根本的に間違ってた。 ワイは勘違いしてた!バド構成での戦い方 昔のダクキンのように キレイに戦う必要は無し。 壁が超大事だけど、ターンエンドまで 引っ張れれば、キレイである必要は無いでーす。 やみのはどうは、あまり警戒しなくてOK! ダクキン4では、やみのはどうを食らうのはNGで 1回ならまだしも2回食らうと死にたい気分になった。 しかし、ダクキン5では、やみのはどうを警戒して 様子見からの天下無双のがNG! いちおう、念頭に置きつつ 避けられる時は避けて、最速攻撃が正解。 ワイはこれを理解しておらず 手数が少なかった…。 迷って様子見をしてたところは 何も考えず天下無双した方がいい事を指摘された。 あと、敵の本体はクリスタルなんで カメラの視点もアドバイスされた;; ダクキンを常に中央に見据える必要は無し。 ちなみに、間に合わなかったけど 駆けつけた真の理由は、両手剣の錬金に関して。 プロは会心錬金の両手剣を装備してて 視聴者の一部にバカにされてたんだけど 今回のダクキン5のバドの武器の錬金に関しては 会心のが有効な事を説明しに。 (ちなみに、計算上は覇王の大剣の会心錬金のが ベストだけど、攻撃錬金で買った人は買いなおすほどではないかな。 これから、ガチで勝ちたい人は会心錬金で購入がオススメ。 ) 不格好ながらひとまず、ダクキン5に勝利。 本当の勝利ではないけど、勝ち方は理解した。 バドはダクキンの前方に立って引っかかりつつ サポート仲間のように脳死攻撃がベスト。 止まるんじゃねぇぞ…! ボクの闘争心に火がついたんで 後日もう少し緑玉でトライしまーす!.

次の

ダークキングLV5★バトバト僧僧 : ぴぃドラクエ10☆

ダーク キング 5

武器 武器は両手剣で覇王の大剣がおススメです! Lv105の両手剣、業炎の大剣は元々の攻撃力は覇王の大剣より高いものの 炎属性が付いており、ダークキングは炎属性に耐性があります。 結果的に、業炎の大剣で攻撃する方が威力が下がってしまうため覇王の大剣に軍配が上がります。 また、覇王の大剣の基礎効果である死亡時にバイキルト効果が消えないのも非常に優秀です! 正直、倒されては起き上がる要素があるのでかなり助かります。 あとは、地味に攻撃時2%スタンショットも超低確率ながらショックを与えて行動封じも可能です! 決まればラッキー程度ですが、決まるとこれも強いです 防具 レギオンメイルセットが揃っていたので、今回はこれで挑みました ・防具のセット効果 ・宝珠 復讐のテンションアップ ・必殺技 テンションブースト ・特技 テンションバーン などで、タイミングは少々シビアですがバトル中にテンションが上がる機会が結構ありました テンション時に攻撃するとダメージを上乗せできるので、さらに火力を出せるのが強いです。 今回、使用した防具の各部位の錬金効果も公開します。 スポンサーリンク アタマ 本当はHPの錬金効果があれば丁寧です 別のコンテンツでも活用できますし、サポート仲間で貸すときにちょっと強い自分を貸せます。 しかしダークキングでは・・・。 正直、どんなにHPを盛ってもダークキングの猛攻はバトルマスターではほとんど耐えれません! 逆に、HPを盛らない方が聖女の守りを発動するHPラインを低くすることが可能です 回復役の聖なる祈りのベホマラーが切れた時に少しでもHPラインに乗りやすくなります。 必須の耐性 毒100が付いていたのと、申し訳程度の開戦時ピオラが有ったのでこれを採用しました。 アタマかからだ下で毒100が揃えられれば適当でも何とかなります。 からだ上 闇属性ダメージ減があれば越したことはありません! 1個だけ付いているだけで十分使えますし、ゼルメア探索で入手も可能です。 一応、無くてもアクセの氷闇の月飾りと宝珠で闇耐性を上げておくだけでもOKです。 ダークキングの紫雲のたつまきは闇属性攻撃なので あと、たつまきはバトルマスターがダークキングの攻撃で唯一耐えれる技です! しっかり対策をしておきましょう。 からだ下 毒100%はアタマかからだ下で用意しておきましょう。 レギオン下の毒100はありましたが、頭と合わせて200%にしても意味が無かったので適当な耐性です。 ウデ 会心率です。 天下無双は頻繁に会心の一撃が出る技なので、ガンガン会心率を伸ばしましょう。 錬金石や、予算にもっと余裕があれば錬金効果のレベルを上げてもOKです。 足 足はみかわし率を採用しました 移動速度も候補にありますが、 今回は運要素が絡みますがみかわし率を採用しました 理由としては 現状ほぼ1撃でやられる攻撃技を1発でもかわせただけで生存率が違ってきますし僧侶さんの手数を稼ぐことも可能です これも錬金石や、予算にもっと余裕があれば錬金効果のレベルを上げてもOKです。 スポンサーリンク アクセ 顔アクセ 死神のピアス(特技ダメージ) 首アクセ 金のロザリオ(攻撃力) 指アクセ 武刃将軍のゆびわ 胸アクセ セトのアンク 腰アクセ ベルト(スライム系特効や攻撃力+がおススメ) 札アクセ 不思議のカード (HP、MP、攻撃力、すばやさ、きようさが候補) 他アクセ 氷闇の月飾り(攻撃力) 紋章 ハルファスの紋章 証 ガナン帝国の勲章(会心ダメージ) ダークキング5 バトマスのおススメ宝珠 炎の宝珠 ・武神の豪腕(ちから) 飾り石おススメ ・会心練磨 飾り石おススメ ・鉄壁の闇耐性 飾り石おススメだが汎用性低め ・先見の眼(みかわし) 飾り石おススメ ・韋駄天の足(すばやさ) ・不屈の闘志(HP) 一応採用したがLv4 水の宝珠 ・不滅の攻撃力アップ ・不滅のテンション ・逆境の身かわしアップ ・忍耐のMP回復 ・復活のHP回復量アップ ・始まりのキラキラポーン(余ったポイントで) 風の宝珠 ・復讐のテンションアップ ・復讐の聖女の守り ・共鳴のテンションアップ ・奇跡の会心攻撃 ・打たれ名人(要らなかった、もしくは宝珠Lv下げていいかも) 光の宝珠 ・天下無双の極意 ・テンションブーストの閃き 必須な宝珠は少なめです 飾り石で両方強化も簡単です。

次の