ブルー ロック 66。 ブルーロック67話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

漫画『ブルーロック』4巻ネタバレや感想など|絵心の伝える“方程式”…

ブルー ロック 66

第59話 「三者融合」 いよいよ始まった!KICKOFF!試合スタートである。 馬狼vs國神のフィジカルは互角である。 潔は馬狼をコントロールしようと近付くも、潔のすぐ近くには玲王がいる。 王様は他者を頼ろうとしない、ボールを奪われ國神・玲王vs潔となってしまう。 そこには千切が走り込んできて凪vs千切となるが千切の脚が凪を突き放す。 先取点はチームREDだ。 だからこそ俄然燃えてきた。 第60話 「戦場視界」 弱点の無いバランスのとれたチームだからこそ男だったら燃えないわけにはいかない。 馬狼を使った化学反応が成立すれが勝機を見出すことが出来る筈なのに肝心の馬狼が個人技を貫く。 いとも簡単に2-0となってしまう。 チームで勝たないといけない場面で凪と馬狼が揉めている。 それが可能と分かれば分かる程、馬狼との化学反応が必要であると感じる。 第61話 「生かす」 2-1、化学反応を起こすために馬狼との連携が必要であるにも関わらず、王様のプライドがそれを許さない。 潔は誰よりも馬狼を認めているが、ここにいるのはエゴの集団である。 戦場の支配は一筋縄ではいかない。 それをなんとかしないと相手チームを上回ることは出来ない。 チームREDは玲王を中心に更に追加点を得た。 思考を止めない潔世一が辿り着いた答えは馬狼を生かすのでは無く、喰うという選択肢である。 第62話 「ヘタクソ」 馬狼に合わせるプレイはもうやめた、潔が凪と次のステップへ進もうとする。 凪への警戒、自由に動く馬狼への警戒、そこに勝機を見出した潔。 死角の闇を切り裂き馬狼を餌として使ってみせた。 凪の追いかけるエゴイストが馬狼を喰らい更なる高みへの階段を登り始めた。 馬狼から散々浴びせられた言葉をそっくりそのまま王様に返す。 第63話 「埋もれる人間」 馬狼は浴びせられた「ヘタクソ」という言葉に苛立ちを隠せないでいる。 明らかに空気が変わった潔世一に対し、独立的なプレイを繰り返す馬狼。 だがしかし進化した潔はその独立プレイの一歩先にいる。 進化は進化を呼ぶ、相手チームの千切も脚を武器に覚醒した。 さあ馬狼はどうするのか…。 第64話 「主役の座」 戦場の王様として君臨してきたはずなのに、馬狼照英がブルーロックで初めて得点が取れないでいる。 小さな頃からの天才はサッカーに勝者としての快感を求めている。 馬狼が暴走する。 だがそれも潔は上手に組み立て、千切は速さで向かってくる。 千切vs馬狼のゴール間際の接戦に、潔が割り込み圧を掛ける。 初めてのパス、初めての敗北と屈辱。 味わったことのない感情に馬狼はこのまま呑み込まれてしまうのだろうか。 第65話 「運命の悪戯」 4-4のラストプレイ、今このゲームの主役は明らかに潔世一である。 王様はもう使い物にならない、そう割り切った凪と潔。 玲王は潔を突破しようと策を講じるもそれは潔の罠であった。 凪のカットしたボールが意気消沈の馬狼の元へ飛ぶ。 さあ、馬狼は進化することが出来るのだろうか。 初めて感じるパスの意味、それに素直に従おうとするも何かがその動作を止めた。 ここが人生においての分岐点。 敗北者にならないためにはここでパスを選んではいけないと直感がいっている。 土壇場での思考に馬狼が現在進行形で急速に進化する。 鋭角突進ドリブル!!! 味方同士での喰い合いが潔と馬狼の化学反応である。 最終得点は王様がGETした。 第67話 「絶望の才能」 王様、馬狼の完全復活で勝利したチームWHITE。 ハイタッチを求めにいった潔に馬狼はぶち切れている。 前言撤回を求め、一触即発の空気を凪がぶっ壊す。 潔の能力によってまた一人ライバルを覚醒させてしまった。 人間は敗北から正しく学ぶことが重要であると絵心は言う。 敗者チームは選ばれる側であり勝者チームは選ぶ側である。 果たしてこの三人の中から誰を仲間に迎え入れるのか。 漫画『ブルーロック』8巻 まとめ 始まった3on3!どちらにも負けられない理由がある。 上手く馬狼と化学反応が起こせない潔チームは一時劣勢となる。 潔は進化し王様を喰らう。 そこに負けじと最速の男千切が進化を見せる。 戦場に呑み込まれ意気消沈してしまった馬狼が、死に物狂いで這い上がり新たな自分を見出す。 潔と馬狼の喰らい合いで勝利を手にすることが出来た!さあ、勝者の特権として誰を仲間にするのだろうか。 いよいよブルーロックも大詰めじゃないでしょうか。 8巻です。

次の

【緊急速報】マガジン新連載のサッカー漫画「ブルーロック」、1話目から苦情きそうな内容でヤバイ(画像あり)

ブルー ロック 66

第59話 「三者融合」 いよいよ始まった!KICKOFF!試合スタートである。 馬狼vs國神のフィジカルは互角である。 潔は馬狼をコントロールしようと近付くも、潔のすぐ近くには玲王がいる。 王様は他者を頼ろうとしない、ボールを奪われ國神・玲王vs潔となってしまう。 そこには千切が走り込んできて凪vs千切となるが千切の脚が凪を突き放す。 先取点はチームREDだ。 だからこそ俄然燃えてきた。 第60話 「戦場視界」 弱点の無いバランスのとれたチームだからこそ男だったら燃えないわけにはいかない。 馬狼を使った化学反応が成立すれが勝機を見出すことが出来る筈なのに肝心の馬狼が個人技を貫く。 いとも簡単に2-0となってしまう。 チームで勝たないといけない場面で凪と馬狼が揉めている。 それが可能と分かれば分かる程、馬狼との化学反応が必要であると感じる。 第61話 「生かす」 2-1、化学反応を起こすために馬狼との連携が必要であるにも関わらず、王様のプライドがそれを許さない。 潔は誰よりも馬狼を認めているが、ここにいるのはエゴの集団である。 戦場の支配は一筋縄ではいかない。 それをなんとかしないと相手チームを上回ることは出来ない。 チームREDは玲王を中心に更に追加点を得た。 思考を止めない潔世一が辿り着いた答えは馬狼を生かすのでは無く、喰うという選択肢である。 第62話 「ヘタクソ」 馬狼に合わせるプレイはもうやめた、潔が凪と次のステップへ進もうとする。 凪への警戒、自由に動く馬狼への警戒、そこに勝機を見出した潔。 死角の闇を切り裂き馬狼を餌として使ってみせた。 凪の追いかけるエゴイストが馬狼を喰らい更なる高みへの階段を登り始めた。 馬狼から散々浴びせられた言葉をそっくりそのまま王様に返す。 第63話 「埋もれる人間」 馬狼は浴びせられた「ヘタクソ」という言葉に苛立ちを隠せないでいる。 明らかに空気が変わった潔世一に対し、独立的なプレイを繰り返す馬狼。 だがしかし進化した潔はその独立プレイの一歩先にいる。 進化は進化を呼ぶ、相手チームの千切も脚を武器に覚醒した。 さあ馬狼はどうするのか…。 第64話 「主役の座」 戦場の王様として君臨してきたはずなのに、馬狼照英がブルーロックで初めて得点が取れないでいる。 小さな頃からの天才はサッカーに勝者としての快感を求めている。 馬狼が暴走する。 だがそれも潔は上手に組み立て、千切は速さで向かってくる。 千切vs馬狼のゴール間際の接戦に、潔が割り込み圧を掛ける。 初めてのパス、初めての敗北と屈辱。 味わったことのない感情に馬狼はこのまま呑み込まれてしまうのだろうか。 第65話 「運命の悪戯」 4-4のラストプレイ、今このゲームの主役は明らかに潔世一である。 王様はもう使い物にならない、そう割り切った凪と潔。 玲王は潔を突破しようと策を講じるもそれは潔の罠であった。 凪のカットしたボールが意気消沈の馬狼の元へ飛ぶ。 さあ、馬狼は進化することが出来るのだろうか。 初めて感じるパスの意味、それに素直に従おうとするも何かがその動作を止めた。 ここが人生においての分岐点。 敗北者にならないためにはここでパスを選んではいけないと直感がいっている。 土壇場での思考に馬狼が現在進行形で急速に進化する。 鋭角突進ドリブル!!! 味方同士での喰い合いが潔と馬狼の化学反応である。 最終得点は王様がGETした。 第67話 「絶望の才能」 王様、馬狼の完全復活で勝利したチームWHITE。 ハイタッチを求めにいった潔に馬狼はぶち切れている。 前言撤回を求め、一触即発の空気を凪がぶっ壊す。 潔の能力によってまた一人ライバルを覚醒させてしまった。 人間は敗北から正しく学ぶことが重要であると絵心は言う。 敗者チームは選ばれる側であり勝者チームは選ぶ側である。 果たしてこの三人の中から誰を仲間に迎え入れるのか。 漫画『ブルーロック』8巻 まとめ 始まった3on3!どちらにも負けられない理由がある。 上手く馬狼と化学反応が起こせない潔チームは一時劣勢となる。 潔は進化し王様を喰らう。 そこに負けじと最速の男千切が進化を見せる。 戦場に呑み込まれ意気消沈してしまった馬狼が、死に物狂いで這い上がり新たな自分を見出す。 潔と馬狼の喰らい合いで勝利を手にすることが出来た!さあ、勝者の特権として誰を仲間にするのだろうか。 いよいよブルーロックも大詰めじゃないでしょうか。 8巻です。

次の

ブルーロック46話ネタバレ考察「強いのは糸師凛だけではなかった!」【今週の1分解説】

ブルー ロック 66

サクッとネタバレ教えてくれや!• 長い手足と高いジャンプ力を生かして闘う蟻生• スピードとパワーで圧倒する時光• 潔チームに残された希望 46話は 「TOP3」というタイトルでしたが、こんな内容でした。 では、詳しくみていきましょう。 ブルーロック46話「TOP3」ネタバレ 長い手足と高いジャンプ力を生かして闘う蟻生 圧倒的な個人技を見せた凛だが、潔たちは 凛に触らせなければ勝てると思っていました。 そこで蜂楽は、凛のはるか頭上を抜けるパスで凪に渡そうとします。 すると、凄まじいジャンプでボールをカットした蟻生。 190cm以上ある凪も、このジャンプ力に驚きます。 さらに時光のパスをカットした蜂楽は、潔にパスを出します。 潔は一旦ボールをキープして立て直そうとするのですが、蟻生が長い脚を使ってキープボールを蹴ってシュート。 ボールはゴールに吸い込まれていきます。 蟻生は髪をかきあげながらこう言いました。 「今このフィールドで、一番俺がオシャ確定。 」 蟻生…ただの変人やなかったんやな…。 スピードとパワーで圧倒する時光 「凪へのパスが塞がれているなら…自分で切り裂く!」 蜂楽は自慢のスピードで時光を振り切ろうとします。 「負けたらダメ人間に逆戻り…せっかくここまで頑張ってきたのに…。 」 様子がおかしい時光。 ネガティブな自分を変えるために自身が欲しい、そう思った時光はスピードを上げて蜂楽に挑みます。 蜂楽は軽いタッチで時光を抜き去ります。 しかし時光のスピードはどんどん上がり、あっという間に追いつくと蜂楽のドリブルを止めました。 さらにゴールをしないと安心できない時光は、ゴール目指して突撃。 時光のスピードに反応できないと思った潔は、ファイルしてでも止めようとしますが、時光は止まりませんでした。 潔をパワーで振り切り、ゴールにシュートを放つ時光。 ゴールを決めた時光は一瞬喜びますが、すぐいつもの調子に戻ってしまいます。 まだ伍号塔最強の男が残ってるで! ブルーロック46話「TOP3」考察と感想 ついに実力を見せた蟻生と時光。 蟻生はフィジカルとジャンプ力に秀で、時光はスピードとパワーが優れていました。 さらに凛はテクニックと、 即席のチームながらそれぞれ個性はバラバラで隙がありません。 現時点で得点が 1-3と、大きくリードを広げられている潔チームですが、まだ凪が残っています。 凪の活躍で今後のゲームの行方が決まりそうですね。 ブルーロック46話を実質無料で読むならU-NEXT ちなみに、 ブルーロック最新話を実質無料で読むならU-NEXTがオススメです。 U-NEXTでは漫画単行本以外にもヤングジャンプやマガジンが掲載されてます。 ブルーロックは現在マガジンにて連載中なのですが、U-NEXTの無料体験に登録すれば600円分の有料ポイントが貰えるので、ポイントを活用すれば実質無料でマガジンを読むことが出来ます。 絵付きで読みたい方は、この機会にU-NEXTの無料体験を活用してみてはいかがでしょうか?.

次の