ティア ムーン 帝国 物語。 ティアムーン帝国物語III~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

ティア ムーン 帝国 物語

帰国した彼女を待ち受けていたのは、忠臣の無茶振りーー偏屈頑固な超変人賢者の説得だった! 理由を聞けば、ある公爵令嬢の妨害工作で、開校目前だった聖ミーア学園の学園長候補が全員逃走。 唯一の頼みの綱はその師匠らしく...... ? 目指すは、来たる大飢饉に備えた「未来の天才児たちによる新種小麦の開発」。 優秀な長を手に入れ、帝国に学問の門戸を開くべく、叡智・ミーアが動き出す! 「こうなったら、わたくしが教鞭を取って差し上げますわ!……あらアンヌ、なぜ止めますの?」 保身上等! 自己中最強! 小心者の自称敏腕教師が、孫娘と運命に徹底抗戦する、歴史改変ファンタジー第4巻! 書き下ろし中編&「ミーアの日記帳」&おまけ四コマ他、豪華収録! 今巻もとっても面白かったですね! シリーズ最大のボリュームを堪能しました。 イエロームーン公爵家の秘密と、帝国を縛る呪いの盟約とは? と、珍しく引きも十分で次巻が楽しみです。 ミーアがある程度狙って ? 勘違いを起こせるように成長したのも、ニヤリとしました。 しかし、第2部「導の少女」編が完結! …したのこれ? 次巻から第3部「月と星々の新たなる盟約」編が開幕だそうです。 文字通り解釈するなら、「ベルには何の決着もついてないけど、もう用なしだから学園でお留守番させて半退場」ですが… 元の時間に帰るタイミングでもう一盛り上がりするのは見え見えではありますけど、雑すぎません? 本来必要もない章タイトル付けるなら、もうちょっとセンス良くお願いしたいです。 本編:約18. 2万字 書き下ろし:約1. 6万字 電子版特典:約0. 9万字 この物語の面白さって、ナレーション的に入るツッコミにあると思うのです。 そんなにうまくいくものなの?的な読者の気持ちを先取りするかのような、ツッコミ文がいいスパイスになっている感じで。 そんな面白さは今回も健在でした。 電子版の特典SS。 過去3冊も、特典SSがそれぞれに付いていましたが、今回のSSが個人的には今までで一番よかったかな。 前の歴史では平凡で終わるはずだった人が、ミーアのリトライ人生によって変わり、そして上り詰めた栄光の記録。 「ミーア姫殿下」とつい呼んでしまったシーンが、特にいい。 基本的に保身のことしか考えておらず頭も良くない主人公の行動が、なぜか全て都合よく転がって周囲の有能な人物たちから聖女とか叡智とか呼ばれてしまうという、よくある勘違い系のお話です。 この手のお話では仲間たちは 彼らの視点では 有能すぎる主人公を盲信するばかりでどうにも表面的な、薄っぺらい人間関係になりがちです。 そういうネタなので仕方ないですが、もうちょっと主人公の内面的な人間性を、ちゃんと見てあげてほしいなといつも思います。 その点、この巻のルードヴィッヒは一味違いました。 ミーアが本当は有能でもなんでもないただのわがまま王女だったとしたら、果たしてそれでも彼が忠義を尽くすに値するのかどうか。 自問の末に辿り着いた彼の答えには一読者として拍手を送りたいくらいです。 そのくらい好きなシーンでした。 お話的には大きな盛り上がりは次巻のようですので、中途半端が嫌な方は次巻を待って一緒に買われるとよろしいかと思います。 1度目の人生でわがままで気に入らなければ嫌がらせをするといった行いから断首されタイムリープします。 タイムリープ後は断首の原因となるようなわがまま、嫌がらせ等をしないことで破滅の運命から逃れようとします。 タイムリープであるため、主人公は記憶を保持していますが、嫌がらせをしてしまった相手に罪悪感を覚えるというよりは関わりたくないというような感情を抱きます。 しかし、主人公は関わりたくない相手にどんどん関わることになってしまいます。 かなり単純な思考回路でちょっとおバカな主人公が自分の身のために主人公なりにがんばる中で、偶然の勘違いが何度も重なっていき、その結果、不本意ながら主人公が嫌がらせをした人たちを含め多くの人を救っていくお話です。 利己的サイコパスというような評価もありますが、考え方は人それぞれですのでそちらも評価します。 でも私は結果的に多くの人が不幸になる未来を回避していくのでそういったところを楽しんで読むお話かと思います(笑).

次の

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

ティア ムーン 帝国 物語

著者 餅月 望(もちつき・のぞむ) 女性向けなんだろうか? うーん、頭空っぽな姫様が1巻以外はほぼ運だけでみたいに崇高な幻想を優秀な周囲が勘違いして崇め奉る系の。 ネット小説産。 こういう可愛いおバカさんな女の子が好きな方が多いのはどちらかというと男性向けな気もします。 取り敢えず私生活に疲れたら読むと癒やされる人もいるかも知れません。 これは好みによります。 返ってイライラする可能性もある薬です。 私は…イライラ派でした。 処方 何も考えたくない時に読むといいでしょう。 主人公が純粋に頑張ったのは1巻部分だけです。 転生してから主人公はチートアイテム未来が分かる日記や類似するヒントを頼りに未来を変えていくのですがかなりのご都合主義です。 チートやご都合主義というキーワードが嫌いな方にはおすすめしません。 主人公を貶す表現が多いため主人公目線で読まれる方は不快になるでしょうね。 Unlimitedで3巻まで読みましたが続刊を購入して読むかというと相性が悪いのでここまでとします。 fuminomozukudebukubuku.

次の

ティアムーン帝国物語4~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~【電子書籍限定書き下ろしSS付き】(最新刊)

ティア ムーン 帝国 物語

著者 餅月 望(もちつき・のぞむ) 女性向けなんだろうか? うーん、頭空っぽな姫様が1巻以外はほぼ運だけでみたいに崇高な幻想を優秀な周囲が勘違いして崇め奉る系の。 ネット小説産。 こういう可愛いおバカさんな女の子が好きな方が多いのはどちらかというと男性向けな気もします。 取り敢えず私生活に疲れたら読むと癒やされる人もいるかも知れません。 これは好みによります。 返ってイライラする可能性もある薬です。 私は…イライラ派でした。 処方 何も考えたくない時に読むといいでしょう。 主人公が純粋に頑張ったのは1巻部分だけです。 転生してから主人公はチートアイテム未来が分かる日記や類似するヒントを頼りに未来を変えていくのですがかなりのご都合主義です。 チートやご都合主義というキーワードが嫌いな方にはおすすめしません。 主人公を貶す表現が多いため主人公目線で読まれる方は不快になるでしょうね。 Unlimitedで3巻まで読みましたが続刊を購入して読むかというと相性が悪いのでここまでとします。 fuminomozukudebukubuku.

次の