ダール マン ツヤ クワガタ。 インターメディアツヤクワガタ飼育記 Odontorabis dalmanni intermedia

ダールマンツヤクワガタ飼育記 Odontorabis dalmanni dalmanni

ダール マン ツヤ クワガタ

クベラツヤクワガタの雌 生態 本グループは各種の発酵したに集まる他、人家の近くでは栽培中のを食害する場合もある。 成虫の寿命は数ヶ月程度であり、活動開始後1ヶ月半程度過ぎた個体は、以降、付節や触角の壊死欠落が急速に進行する。 オスは気性が荒く闘争心が強い種が多い。 やほど凶暴ではないものの、気の合わないメスを殺してしまう事もある。 は広葉樹材の腐朽が進んで半土化した腐植質(フレーク)に棲み、これを餌として成長する。 幼虫は食物である腐植質中にやや広大な壺状の坑道空間を形成してこれを縄張りとする。 侵入してくる同種、他種の昆虫、小動物に対しては攻撃を加え、時に捕食する事がある。 この生態は近縁なにも見られるものである。 小島はNHKのTV番組で台湾産オニツヤクワガタとの幼虫の同居実験を公開し、カブトムシの幼虫がオニツヤクワガタの幼虫に捕食された可能性を示している。 しかしツヤクワガタの幼虫は耐寒性が弱く、白色腐朽材を直接餌にする事はできないため、日本国内で競合するのは、カブトムシ、、マルバネクワガタ類など、の希少種である可能性が高い。 生活環 から化までは丸1年-2年程度かかる。 蛹室は壺状空間の壁内部に造られる。 成虫、幼虫共に耐寒能力は低く、少なくとも日本以北の冬季の気温で生存することはできない。 個体変異 シバツヤクワガタの大顎の変異。 右上の小型個体に注目。 オス成虫の大顎は顕著な非連続変異を示し、小型個体から大型個体にかけて、もっとも短い大顎の原歯型、中間型の両歯型、もっとも長い大顎の長歯型に区分される。 これに相似した個体変異を示す種は、日本ではマルバネクワガタ属とが知られる。 原歯型は鋸歯のみがある和鋏の刃の様な小さく短い大顎、長歯型は、主に大顎の先端に内歯や鋸歯が集中する長大で湾曲した大顎、両歯型は両者の中間型で、中くらいの長さの大顎の先端と中間以下に内歯や鋸歯がある。 原歯型は顎の構造上、同種間闘争、または異種間闘争において相手の脚を切断することもある。 分子系統樹の位置 ツヤクワガタの仲間は、大学院の荒谷が発表した属間分子系統樹によると、近縁のマルバネクワガタとともに、ノコギリクワガタ・オオクワガタなどの祖先型にあたり、これらの種のオスの個体変異の原始的な姿をとどめる分類群である可能性が高い。 ラティペンスツヤクワガタ O. latipennis 過去の研究 ツヤクワガタは、アローを始めとする多数の西洋人によって標本の研究がなされた種群であるが、1980年代に台湾で現地のオニツヤクワガタの累代飼育を行って月間むしに飼育記録を発表した小島啓史によって、大アゴの発現型は前蛹の時期の温度によって変化すると言う新知見が得られている。 小林は豊富な現地採集経験から、原歯型から両歯型は平地でも見られるが、先歯型は高標高地(冷涼な森林)でないと見られない種が多いとして、この説に賛同している。 また台湾産クワガタの研究で有名な境野宏行によると、オニツヤクワガタなどには、両歯型より大アゴをのぞく体格が小さい先歯型や、原歯型より小さい両歯型が存在すると言い、これを逆転現象と呼んでいる。 上記の3つの観察例から、オスの大顎の変異は、成長期の栄養条件のみならず、環境温度に左右される可能性が示唆される。 さらに「カブトムシと進化論」の著者河野和男は、ツヤクワガタのオスの体長と後翅に正比例の関係がない事を紹介している。 河野と小島はこれらの情報を元に、先歯型を定置性の高い繁殖拠点防御型、原歯型以下のオスとメスを移動に適した分布域拡大型ではないかと述べている。 なお、河野は当初ツヤクワガタのオスの型変異を遺伝子起源による発現型であるという仮説を述べていたが、小島が一つがいのクワガタから、全ての発現型の子が得られる事を繰り返し発表したため自説を引っ込め、現在ではこれらの種群のオスの個体変異は後天的な要因によるものとする説が一般的である。 この様に、ツヤクワガタのオスには、体長に比例しない極端な個体変異が見られ、大型種では、最大個体が100mmを越えるものも何種か存在する。 また他種競合性が成虫のみならず、幼虫でも大変高いことから、放虫や遺棄による原産地以外での野生化は絶対避けなければならない種群であると言えよう。 飼育 本属のクワガタムシは日本国内への輸入が許されているため、専門店やペットショップなどでしばしば販売されている。 飼育環境を整えれば累代飼育、繁殖も可能である。 産卵は簡単な種類と困難な種類に分かれる。 ブルマイスターやオニツヤクワガタやダールマンツヤクワガタは市販のカブトマットで簡単に採卵できるがルデキンやラコダールツヤはやや難しく、カステルナウツヤ、ゾンメルツヤは困難である。 ストリアータツヤやゾンメルツヤ、ケファロテス、ラコダールには赤枯れフレークで産卵できることもある。 カステルナウは、黒土マットで産卵することもある。 幼虫の飼育には使い古したマットに菌糸カス(菌糸ビン使用後の中身)を混ぜるか、カブトマットなど窒素分豊富な餌を使用する。 困難な種には赤枯れで飼育する。 腐植土を好む生態は近縁種のの幼虫の生態に近い。 性質が荒いので、ペアリングには注意を要する。 また、多頭飼育は厳禁であり、単独飼育が基本である。 主な種類 [ ] 文中での大アゴの形状についての記述は、特に断りのない限り長歯型に関する記述である。 フェモラリスツヤクワガタ Odontolabis femoralis 後翅は全体が黄色く、足は鮮やかな赤色をしているため、アカアシオニツヤクワガタともいう。 頭部の中央も赤みを帯びる。 原名亜種 O. femoralis ・ O. waterstradti O. leuthneri に生息する。 弧を描くような細かい内歯がただ並ぶ。 datukpauli Schenk, 2001 に生息する。 大歯型は前翅が赤いリュートネルツヤクワガタという印象で、亜種の可能性もある。 stevensi 根元で横に分かれた後は直線的に伸び、内歯はない。 前翅の淵が黄色くなる。 原名亜種 O. stevensi O. limbata スラウェシ島中部 O. yasusukei スラウェシ島西南部 O. mamaesaensis スラウェシ島南部 O. duivenbodei。 背中の中央が赤くなる。 cuvera クベラツヤクワガタ 原名亜種 O. cuvera cuvera O. sinensis Westwood, 1848 O. fallaciosa Boileau, 1901 O. lunulata Lacroix, 1984 O. boulouxi Lacroix, 1984 南部・・・北部・に分布する。 3種亜種がおり、他の種よりも、前翅の黒みが多い。 この属の基準種でもある。 sommeri 原名亜種 O. sommeri ・ O. pahangensis O. lowei カリマンタン島 飼育は非常に難しい。 castelnaudi カステルナウツヤクワガタ O. inomatai Mizunuma, 1994 O. mentawaiensis Mizunuma, 1994 マレー半島・スマトラ島・カリマンタン島に生息し、別亜種がスマトラ島周辺に見られる。 なお飼育は非常に難しい。 最大体長94mm(飼育84、8mm) O. lacordairei。 前翅は会合部を除いて全体が黄色に、頭部も比較的広く逆三角形状に黄色くなる。 腹側にも黄色い模様がある。 人気が高い。 spectabilis 西部。 前種によく似ているが、腹側の黄色い模様が目立たないことで区別する。 飼育は、難しい。 yasuokai Mizunuma, 1994 南部。 ラコダールツヤクワガタの亜種になる可能性もある。 雌は胸に黄色の紋がない。 因みに、この3種は、同種の地理的変異上にある。 ludekingi。 大アゴが太く、湾曲が強い。 前翅の模様は斜めに入る。 頭部がざらざらとしている。 siva シヴァツヤクワガタ 別名オニツヤクワガタ。 台湾から中国にかけて広く分布する。 alces ・周辺。 模様はなく、全身黒色。 最大個体は100mmを越す。 dalmanni 前翅に体毛を有し、茶色がかかる。 10亜種に分けられる。 原名亜種 O. dalmanni Hope et Westwood, 1845 ・・・・・・・ O. intermedia Van de Poll, 1889 ・・・。 独立種とすることもある。 本属最大種の一つであり、野外個体で106mmという記録がある。 gracilis Kaup, 1868 O. simeuluensis Mizunuma, 1994 O. batuensis Mizunuma, 1994 O. subita Mizunuma, 1994 O. rudicae Nagai et Tsukamoto, 2003。 インターメディアに似ているが、より小さい。 sulaensis Mizunuma, 1994 O. tahulandangensis Mizunuma,1994。 celebensis Leuthner, 1885 ・・・(タフナ島)・ O. brumeisteri 南部に生息。 飼育下で最大のツヤクワガタである。 飼育個体で109mmという個体が記録されている。 imperialis 橙色に色づく脚が特徴。 前翅は黒く金属光沢を放つ。 内歯は細かくノコギリ状に連なり先端に近いところで二股の大きめの内歯がある。 latipennis マレー半島、スマトラ島、カリマンタン島、ルソン島、ミンダナオ島等に生息。 80mmに達する大型種でありながら、長歯型や中歯型の大顎を持つ雄個体の記録がない。 体色は全身黒一色 O. gazella インドシナからマレー半島、スマトラ島、カリマンタン島、ジャワ島等に生息。 2亜種に分けられる。 前翅は黄褐色から褐色。 雄個体のほとんどが原歯型で、稀に両歯型が記録される。 雄個体の大顎の左右非相称が著しく、常に左側の顎が大きい。 参考文献 [ ]• 『月刊むし増刊号 BE-KUWA』20号、むし社。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

天然☆ダールマン(亜種インターメディア)ツヤクワガタ

ダール マン ツヤ クワガタ

メス 原名亜種はの代表種で、体長は42-80mm程になる。 前羽根にはのような金色の微毛が生えている。 大顎の形態は先端に鋸状の内歯が5-6本ほど生え、小型個体は顎が短くなる。 生態 [編集 ] 標高1000m以上の高地の帯に生息している。 夜行性だが、昼夜問わずに活動し、カシ類やの樹液等に集まる。 幼虫は倒木の下の腐植土や白枯れ材の腐朽の進んだ箇所に住み、土中を繭のように周囲を食べながら成長し、約2年半で成虫となる。 飛翔性も高く、灯火にも集まる。 インターメディアツヤクワガタ [編集 ] 亜種で、前羽根に毛が生えない インターメディアツヤクワガタ( Odontolabis intermedia dalmanni)がに生息し、、、、、に生息し、フィリピン特産種であると棲み分けているが、場所によっては、両者が混在する場合がある。 体長は小型で38mm、最大で106mm。 アルケスと同様にツヤクワガタ類やクワガタムシ全般でも最大級の種となる。 小型個体は少なく、多くは中型個体と大型個体で占められる。 アルケスとの違いは本種の方がより体色の光沢が強く、全体に漆を塗ったような姿をしている。 本種の方が細身であり、中型個体はアルケスによく似ているが、胸の裏側部分にカギ状の突起が発達していない事で、アルケスと見分けられ、大型個体は先端部の他に、基部付近に大きな内歯が発達するが、アルケスには生えてこない。 また、生きている成体を比較すると、雄、雌ともをせわしなく動かしているアルケスとは対照的に、あまり触角を動かさない。 非常に好戦的で、相手が近づくと大顎を振り上げて威嚇し、大きく発達した大顎で相手を挟み込む。 雄は激しく争い、や程狂暴ではないものの、気の合わない雌を殺してしまう事もある。 生態的には原名亜種と、アルケスとほぼ同じ。 細身の体の分、力ではアルケスに劣るものの、本種の方が素早く、飛翔性が高い。 本種はダールマンツヤクワガタの亜種の一つとして扱われているが、大顎形態の違い(基部の大きな内歯は本亜種にのみ発生する)と前羽根に毛が生えていない事から、一部では独立種として見る場合もある。 長い大顎から、古い和名では オオキバオニツヤクワガタ(大牙鬼艶鍬形虫)とも呼ばれた。 飼育 [編集 ] 主にインターメディアが大型で見栄えが良いことから、輸入量が本亜種で一番多くなる。 原名亜種はあまり入らないが、 O. rudicae も輸入される事がある。 発酵の進んで黒っぽくなったマットやカブト用のマットを小型のコンテナに3-5cmほど堅くつめ、さらに容器の7割程度の深さになるまでマットを追加する。 このときマットの水分量は、手で握って固まりになる程度を目安とする。 このセットで容易に産卵できる。 幼虫は大食漢で巣を作り、菌糸ビンの残りや使用済みマットなどを与えるとよい。 また前蛹時に繭玉を壊してしまうと死亡する確率が高くなる。 成虫までの期間は、雄は1. 5-2年、雌で1年以上もかかる。 寒さに弱く、成長が遅い事を除けば、比較的飼育は簡単である。 ただし、大型、大歯型のオス成虫の育てるには難易度が高く、通常の飼育をした場合大半は小歯型になってしまう。 大歯型を飼育するには低温飼育や大型のケースを用いるとよい。 亜種 [編集 ] 10亜種に分けられる。 原名亜種 O. dalmanni Hope et Westwood, 1845 インドシナ半島・マレー半島・スマトラ島・カリマンタン島・ラウト島・カリマタ島・ナツナ諸島・タレンパ島• インターメディアツヤクワガタ O. intermedia Van de Poll, 1889 パラワン島・ネグロス島・パナイ島・シベルト島 ・シブヤン島・セブ島• gracilis Kaup, 1868• simeuluensis Mizunuma, 1994 シムルエ島• batuensis Mizunuma, 1994 バツ諸島• subita Mizunuma, 1994 メンタウェイ諸島• rudicae Nagai et Tsukamoto, 2003• sulaensis Mizunuma, 1994 スーラ諸島• tahulandangensis Mizunuma, 1994• celebensis ・ペレン島・バンクル島・サンギール諸島(タフナ島)・ワンギワンギ島 参考文献 [編集 ]• 『人気の外国産をふくむ クワガタムシ カブトムシ 海野和男 』ネイチャーフォトグラファー、2000年。 ISBN 4415027350。 『憧れの虫を飼おう! 世界のカブト・クワガタムシ 川上洋一 』人類文化社、2000年。 ISBN 4415027350。 吉田賢治『世界のクワガタムシ カブトムシ』成美堂、2005年。 ISBN 4415027350。 関連項目 [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(Portal:生き物と自然/)。

次の

ダールマンツヤクワガタ販売,ダールマンツヤクワガタサイズ色々,昆虫販売アリスト

ダール マン ツヤ クワガタ

メス 原名亜種はの代表種で、体長は42-80mm程になる。 前羽根にはのような金色の微毛が生えている。 大顎の形態は先端に鋸状の内歯が5-6本ほど生え、小型個体は顎が短くなる。 生態 [ ] 標高1000m以上の高地の帯に生息している。 夜行性だが、昼夜問わずに活動し、カシ類やの樹液等に集まる。 幼虫は倒木の下の腐植土や白枯れ材の腐朽の進んだ箇所に住み、土中を繭のように周囲を食べながら成長し、約2年半で成虫となる。 飛翔性も高く、灯火にも集まる。 インターメディアツヤクワガタ [ ] 亜種で、前羽根に毛が生えない インターメディアツヤクワガタ( Odontolabis intermedia dalmanni)がに生息し、、、、、に生息し、フィリピン特産種であると棲み分けているが、場所によっては、両者が混在する場合がある。 体長は小型で38mm、最大で106mm。 アルケスと同様にツヤクワガタ類やクワガタムシ全般でも最大級の種となる。 小型個体は少なく、多くは中型個体と大型個体で占められる。 アルケスとの違いは本種の方がより体色の光沢が強く、全体に漆を塗ったような姿をしている。 本種の方が細身であり、中型個体はアルケスによく似ているが、胸の裏側部分にカギ状の突起が発達していない事で、アルケスと見分けられ、大型個体は先端部の他に、基部付近に大きな内歯が発達するが、アルケスには生えてこない。 また、生きている成体を比較すると、雄、雌ともをせわしなく動かしているアルケスとは対照的に、あまり触角を動かさない。 非常に好戦的で、相手が近づくと大顎を振り上げて威嚇し、大きく発達した大顎で相手を挟み込む。 雄は激しく争い、や程狂暴ではないものの、気の合わない雌を殺してしまう事もある。 生態的には原名亜種と、アルケスとほぼ同じ。 細身の体の分、力ではアルケスに劣るものの、本種の方が素早く、飛翔性が高い。 本種はダールマンツヤクワガタの亜種の一つとして扱われているが、大顎形態の違い(基部の大きな内歯は本亜種にのみ発生する)と前羽根に毛が生えていない事から、一部では独立種として見る場合もある。 長い大顎から、古い和名では オオキバオニツヤクワガタ(大牙鬼艶鍬形虫)とも呼ばれた。 飼育 [ ] 主にインターメディアが大型で見栄えが良いことから、輸入量が本亜種で一番多くなる。 原名亜種はあまり入らないが、 O. rudicae も輸入される事がある。 発酵の進んで黒っぽくなったマットやカブト用のマットを小型のコンテナに3-5cmほど堅くつめ、さらに容器の7割程度の深さになるまでマットを追加する。 このときマットの水分量は、手で握って固まりになる程度を目安とする。 このセットで容易に産卵できる。 幼虫は大食漢で巣を作り、菌糸ビンの残りや使用済みマットなどを与えるとよい。 また前蛹時に繭玉を壊してしまうと死亡する確率が高くなる。 成虫までの期間は、雄は1. 5-2年、雌で1年以上もかかる。 寒さに弱く、成長が遅い事を除けば、比較的飼育は簡単である。 ただし、大型、大歯型のオス成虫の育てるには難易度が高く、通常の飼育をした場合大半は小歯型になってしまう。 大歯型を飼育するには低温飼育や大型のケースを用いるとよい。 亜種 [ ] 10亜種に分けられる。 原名亜種 O. dalmanni Hope et Westwood, 1845 インドシナ半島・マレー半島・スマトラ島・カリマンタン島・ラウト島・カリマタ島・ナツナ諸島・タレンパ島• インターメディアツヤクワガタ O. intermedia Van de Poll, 1889 パラワン島・ネグロス島・パナイ島・シベルト島 ・シブヤン島・セブ島• gracilis Kaup, 1868• simeuluensis Mizunuma, 1994 シムルエ島• batuensis Mizunuma, 1994 バツ諸島• subita Mizunuma, 1994 メンタウェイ諸島• rudicae Nagai et Tsukamoto, 2003• sulaensis Mizunuma, 1994 スーラ諸島• tahulandangensis Mizunuma, 1994• celebensis ・ペレン島・バンクル島・サンギール諸島(タフナ島)・ワンギワンギ島 参考文献 [ ]• 『人気の外国産をふくむ クワガタムシ カブトムシ 海野和男 』ネイチャーフォトグラファー、2000年。。 『憧れの虫を飼おう! 世界のカブト・クワガタムシ 川上洋一 』人類文化社、2000年。。 吉田賢治『世界のクワガタムシ カブトムシ』成美堂、2005年。。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の