どうして生まれてから大人になったときに照明さんになろうと思ったんだろう。 蛭子さん「どうして、生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」 許せる

橋本環奈の性格が悪すぎ?かわいくて性格もいいってマジなの? | ホットワードブログ

どうして生まれてから大人になったときに照明さんになろうと思ったんだろう

言葉は生き物。 そんな称号(?)を与えたくなるのが、(21)だ。 その経緯は、こういうものだった。 理想のデートについて「すごいドライなんです。 イルミネーションとか夜景に興味がない」と話すと、石橋貴明が光つながりで「テレビ局の照明さんを見るとどう思うの」と質問。 広瀬は、 「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろうって」 と答えた。 これがウケたことから、さらに、 「録音部さんとかもすっごい腕疲れるのに、なんで自分の人生を女優さんの声を録ることにかけてるんだろうと」「ロケバスさんとかも運転して寝て、どうして運転しようと思ったのか……」 とんねるずのふたりにも乗せられるかたちで、連発。 しかし、こうした発言をスタッフ軽視だと感じた人たちがネットで叩き、彼女は翌日、ツイッターで「いつもお世話になっているスタッフの方々に誤解を与えるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪した。 ちなみに、その日は彼女の誕生日でもあり『みなおか』は16歳最後の日の放送。 そして、実は、その1週間前に失言デビュー(?)をしていた。 『VS嵐』(フジテレビ系)で大野智の年齢が34歳だと知ったあと「ええー」「もうちょっと上だと思ってた」「40歳くらい」と語り、大野を「俺、そんな老けてる?」と、へこませたのだ。 このときもツイッターで「いやあの勝手なイメージで(略)カメラ止まってても 謝り続けてました」と釈明したが、嵐ファンからは総スカン。 ただ「彼女から見たら34歳も40歳も変わらないでしょ」という擁護の声も出た。 イメージダウンにならないのは大物の証 実際、彼女は「勝手なイメージ」を語っただけだし『みなおか』にしても同じだ。 自分と違う立場の人について、不思議に感じたことを口にしたにすぎない。 それこそ、マリー・アントワネットの発言として広まった「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」に近いものである。 もっとも、空気を読むタイプの人は、そう思っても言わないものだ。 彼女は3人きょうだいの末っ子で、実は末っ子には「自信」「大胆」「目立ちたがり」「熟考より直感」といった特徴がある。 いかにも失言につながりそうな性格なのだ。 また、言ったのが彼女でなければ、ここまで話は大きくならなかっただろう。 若くしてちやほやされまくる人の発言だからこそ「裏方への上から目線っぽさ」や「年上への失礼な感じ」が増幅され、世間の怒りを生んだのだ。 しかし、彼女はこんな騒動などものともせずに、朝ドラ女優にまで上りつめていった。 そう、失言が話題になり、しかもイメージダウンにならないのは大物の証だ。 このうえは故・樹木希林さんや加賀まりこのような、何を言っても許される女優を目指してみてはどうだろう。 (文/宝泉薫) ほうせんかおる アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。 近著に『平成「一発屋」見聞録』(言視社)『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ) 外部サイト.

次の

広瀬すずだけじゃない!裏方仕事を「見下し」「バカにした」女優やモデル

どうして生まれてから大人になったときに照明さんになろうと思ったんだろう

映画「ちはやふる」の主演を務めるほか、テレビやCM出演に引っ張りだことなっている女優の広瀬すずさん。 僕は名前しか知らないのだが、この押しも押されもせぬ若手女優が、今から半年ほど前にテレビで発言したことで、「炎上」したことがあるのを覚えているだろうか。 "「何で自分の人生を、女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう」" "「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけでいいの?」" "「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろう?」" これに対してネットは炎上。 ガキのくせにだの、配慮が足りないだの、アホの子だの、若干17歳の少女を十字砲火のごとく責めたて、広瀬さんが謝罪する顛末となった。 僕はこの広瀬さんの素朴な疑問に僕なりの解を投じようと思う。 なぜならこの問題を考えることは、人生における仕事論と、それに付随する人生の理不尽さ、不公平さを内包する、極めて哲学的な試みとなりうるからである。 そして僕は広瀬さんの疑問を僕なりに解釈していくが、それが正しいか正しくないかは広瀬さんにしかわからないであろう。 僕は「広瀬さんは(多分)こんな意味のことを言った」という点を整理し、「それに対して僕が答えるとしたら、こうであろうということを書き進めていこうと思う。 また僕は、「なんだか最近ブレイクした若手女優が調子に乗って(裏方の職業と見なされる場合の多い)照明や音声の担当をバカにした」という1点の側面でしか解釈せず、その解釈を疑いもせず、何も考慮することなく浅薄な解釈を罵詈雑言とともに放り投げる「大人」共には辟易していることも、あわせて記しておかなければならないだろう。 (おそらく意図することなく)このような「大人」を相手にしなければならなかったことは、広瀬さんにとっては不運なことであった。 広瀬さんの素朴な疑問を整理する 一般論として、照明や音声がいなければ、映画やドラマを撮影することができず、一切のテレビ番組は成立しなくなる。 照明は出演者の魅力を最大限に引き出すように光の当て方を細かく調整する。 音声は出演者の声や周囲の音を、作品として世に送り出す価値あるものにするために、尽力するであろう。 この番組が放送された時点で多くのテレビやCMに出演していた広瀬さんが、照明や音声が、その番組や作品を完成させるために尽力していることを知らないわけがない。 よって、広瀬さんが、その重要なパートナーたる 照明や音声を貶そうと意図してこの発言をしたものではないことが、見いだされるだろう。 広瀬さんは当時まだ17歳であった。 次のことが判別できないほど視野が狭く、そして幼かった。 「女優さんの最高の声を録ることに命を懸ける音声担当」や、 「女優さんを最も引き立たせる光の当て方を全力で模索する照明担当」が存在する可能性を考えられないほどに。 広瀬さんへ回答する 僕は広瀬さんへ、次のように答えるだろう。 "あなたの言うとおり、女優さんの声を録ることに命を懸ける人もいるし、照明を当てることに命を懸ける人もいる。 どちらも女優さんの魅力を最大限に引き立たてることに、喜びや面白さを感じている立派な職人のようなものである。 そのような人たちにとっては、もしかしたら、本当に女優さんの魅力を引き出すことそのものが人生の喜びなのかもしれない、ただひとつ言うことがあるとすれば、人生それでいいの?という疑問を他人に遠慮なしにぶつけてはいけない、その照明さんや音声さんは、仕事上のパートナーであり、それ以上でもそれ以下でもない、他人の関係なのだから" なりたい職業になれなかった人たち また、"「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろう?」"という疑問については、人生における才能とか、理不尽とか、そういうものとあわせて考えなければならない問題である。 おそらく世間一般からバッシングを受けたのは、この疑問であろう。 世の中には、 自分の就きたかった職業に実際に就いている人というのは稀であり、それを多かれ少なかれごまかしながら生きている人のほうが多いのである。 対して広瀬さんは、女優になりたくて女優になった人である。 この疑問は、そのような連中の泣き所をこの上なく正確に突いてしまったので、突かれた方はその恥ずかしさのやり場として、怒りを広瀬さんにぶつけたのである。 だからこうコメントせざるを得ない、「ただの仕事だ、しかたなくやってる」 よく知られている通り、俳優や女優になりたいと志す人は数あれど、実際に俳優や女優として暮らしていけるだけの収入を得られる人というのは非常に少ない。 このような人たちは、持って生まれたその容姿と声、そして後天的に身につけた演技力と、それを見出すスカウトの有無、起用された作品がヒットするかしないか 、というような、 極めて偶然性の高い選別をくぐり抜けてきた、恐ろしく幸運な人たちである。 同時に、 努力が報われるという強運の持ち主である。 残りのそうでない人たちは、その容姿や声、演技力、スカウトの有無などによって(現時点で)花開かない、普通の人達である。 職業には向き不向きがあるし、それが成功するかしないかは先天的な要素のほかに、運の要素も相当にあるのである。 そうした人たちが、やっぱり舞台とか映画の制作に関わるのが好きで、それを仕事にしたいと志すこともあるだろう。 自分には演技力はない、いい声も出せない、容姿も悪い、それでも舞台や映画の制作に携わりたい、そういう人たちがあってもいい。 そのような人たちがいるかもしれない可能性を探ってみるのもいいじゃないか。 17歳の少女をネットで叩く連中の浅ましさ 最後に、今回の一連の流れで、広瀬さんを攻撃した連中を観察してみよう。 「まだまだガキ」 「一度痛い目みるといい」 「性格悪いww」 「調子乗ってる、生意気」 僕が見いだすのは、広瀬さんの発言に対して連中が以下のとおり認識し、解釈していることである。 広瀬すずは女優である b. 女優とは芸能界における職種の1つである c. 芸能界においては最も価値の高いことは、衆人の目を引き注目されることである d. 広瀬すずは女優であり、衆人の目を引き注目される存在である e. よって広瀬すずは価値の高い存在である f. 照明や音声というのは裏方であり、衆人の目を引かない存在である g. 照明や音声は、芸能界において価値の低い存在である 連中はおそらくこう考えた。 自分たちは世間一般でいえば名もなき裏方である。 社長でもなければプロスポーツ選手でもなく、これまでも、そしておそらくこれからも、衆人の目を引くような機会もなく、そうしたやりかたで自尊心を満たすことはできないであろう。 照明や音声も、同じような立場であるのだ。 同じ裏方なのだからよくわかる。 だから、裏方を蔑むような発言は、絶対に許されない! 自分の自尊心がこれ以上傷ついてしまったら、心が折れてしまって生きていけなくなるかもしれないのだから! 見るがいい、この、照明や音声に対しての軽視と侮蔑を!俳優や女優に対して(自ら積極的に)明らかに劣位に置いていることに気づきもしない愚かさを!鈍感さを!そして劣位と見なした照明と音声を自らの立場に照らしあわせて同化し、あたかも恵まれない虐げられた仲間のように振る舞う卑屈さを! 17歳の少女の素朴な疑問に対し、 その差別性を明らかにしたのは、ほかならぬ広瀬さんを攻撃した連中であったのだ!広瀬さんは照明や音声には、常に仕事のパートナーとしてそこにある存在として、(おそらく)明確な差別意識など持っていなかったに違いないのに! ____ 映画「ちはやふる」の続編も決まったとのこと。 これから女優としてさらに花開くことになるのだろう。 かわいいし。 とはいえ、我が家にはテレビがないし、映画を見に行く習慣もないので、きっと動いている広瀬さんを見る機会はないのが少しだけ残念である。

次の

広瀬すずの性格が悪すぎる?嫌われる問題発言や地元評価がヤバい! | ホットワードブログ

どうして生まれてから大人になったときに照明さんになろうと思ったんだろう

ネットで広瀬すずという人の発言が炎上していた。 番組を見てないので詳しくはわからないけれど、要するにタイトルのような発言が職業軽視だろ、っていう理由かららしい。 実際に軽視する意図があったかは知らないが、この発言というか一連の流れは、キャリアを考える上でとても本質的だなぁ、と僕は思った。 例えばもし、これが照明さんじゃなくて、医者とか弁護士とかいう職業だったらどうだろう。 「どうして生まれてから大人になったときに医者さんになろうと思ったんだろう」 「なんで自分の人生を人の命を救うことに懸けてるんだろう。 」 「きっと大人になって年令を重ねるとともに本当に被告を・・・弁護するだけでいいの?」 みたいな発言をみたら、 「はぁ〜〜〜〜!? そりゃ医者になるのは人の命を救うために決まってるじゃん!!」 「ばーっかじゃねーーの? 日本は法治国家なんだから弁護士は必要不可欠な職業なの!」 「医者とか弁護士知らないのかよww」 「何を言っているのかよくわからないんですが」 みたいなコメントで、キチガイ扱いになると思う。 でも、本当にそうなんだろうか。 僕は医者とか弁護士という職業は正直好きではない。 だってそうじゃない? 医者とか弁護士にお世話になるときって自分の身体にトラブルが起きたときとか、家庭とか仕事でトラブルが起きたときにお世話になる職業でしょ? 言うてしまえば、彼らは病気とか裁判とか人の不幸につけこんで金をせびる卑しい職業じゃない? 不幸で金儲けする下賤な職業でしょ。 だって仮に医者とか弁護士が営業に来たら嫌じゃない? なるべく関わらない方が健康でトラブルもない人生ってことでしょう。 でも、日本では大学の医学部とか法学部とかは難しいということになっていて 日本では高校とかのときに理系とか文系の一番頭のいい人はそういう進路に選ぶのだけど、その叡智を活かせば将来もしかしたら革新的な発明や発見をするかもしれなかったり、これからの国家や会社を担う官僚やビジネスマンになる可能性が高い人たちが、死にかけのジジイとかババァの相手に聴診器当てたり、あるいは犬も喰わない離婚の調停とかやって小銭を稼いで生涯を終えるのは、果たして正しい選択なのだろうかとさえ思う。 その点、照明さんとかは僕もどういう仕事かはあまりよくしらないけれど、常に人の晴れ舞台に立ち会って、人がスポットライトを浴びて輝いてる瞬間を見続けてるわけだから、楽しいのかもしれない。 僕が知らないだけで、もしかすると給与とかもいいのかもしれない。 でも正直、照明さんについては、仕事がよくわからない。 医者とか弁護士はよく知ってるのに。 これはなんでかって考えると、医者とか弁護士は、その職業をテーマに取り扱った作品が多いからじゃないか、って思うんだ。 照明さんを主人公にしたドラマや漫画は僕は見たことも聞いたこともないけれど、医者や弁護士を主人公とした作品はごまんと知っている。 医者が難病に立ち向かって奇跡の手術をする話や、弁護士が無罪の被告のために奮闘して無罪を勝ち取る話は数えきれない。 毎年ドラマで何かしらやっているのではないだろうか。 やっぱり医者とか弁護士という職業はわかりやすいんだよね。 例えば僕がいるスタートアップの起業家なんていうのは、地方の人からすると想像すらつかないだろう。 起業家も東京にいれば、リスクをとった若者かもしれないけれど、これが島根とか鳥取だと、なんとかさんのところのちょっとおかしい無職の息子さんだろうね。 そういうテーマの話で作品なんかつくったって共感なんてできっこない。 其の点、医者とか弁護士とかってわかりやすいよね。 東京でも地方でも、やってる仕事は変わらないだろうし、 ヒト、助かる、ミンナウレシイ。 オマエ無実、無罪ミンナウレシイ。 みたいなちょーわかりやすいロジックで、テレビでも漫画を読んでるそんなに社会を知らない人らでもわかりやすく理解してもらえる。 そりゃ毎回この職業をテーマにするわ。 これが、起業家とかのマニアックな職業だと全然おもしろくないし、売れないと思う。 牛丼食いながらスマフォでアナリティクス見てコンバージョンがどうのこうのブツブツひとりごといって眺めてるシーンとか、面白いか??面白くないっしょ?? そして、日本では医者や弁護士になりたい人はたくさんいるけれど、日本では起業したいという人は割りと少ない。 まぁ、何が言いたいかっていうと、キャリアの選択肢を選ぶような青年期までの時期に目にすることが多い、ドラマや漫画で登場する職業が比較的その人の人生の仕事をキメる上での意思決定に影響してるんじゃないの? つまり、あなたが小さい時読んだマンガやドラマで多くの場合職業の選択肢の幅が決まってしまうのでは?? ということ。 日本では人種や身分の差というものがなくて、父親や母親のような家族と同じ仕事をする、ていうのはだんだん減ってきている。 職業選択の自由が増えてきたのだ ただ自分が知らない職業、その職業がどういうことにやりがいとかを感じるのかを知らない職業については、選びたくても選びようがない。 世の中にはそういう仕事がいっぱいある。 僕はこの歳というか社会に出てからはじめて知った仕事や職業が初たくさんある。 大人になって漫画とかドラマを見て初めてカッコイイなって思った仕事がたくさんある。 そしてそれは自分が若いころに知らなければ選べなかった職業がいっぱいある。 もしかしたら小さいときにドラマを見て漫画を読んでワクワクしていたら僕は海上保安官や、競艇選手や、畜産業やエンバーマーや船乗りになってたかもしれない。 でも僕は、知らなかった。 何も考えずに、大学に行って、適当に就職して、流れで今に至る。 どうして生まれてから大人になったときにその仕事になろうと思ったんだろう、ってこたえられない。 それが応えられる職業、一致してるキャリアってどんな職業だってかっこいいと思う。 前述の照明さんだって、それが前述の常に人の晴れ舞台に立ち会って、人がスポットライトを浴びて輝いてる瞬間を見続けたい、っていうビジョンがあるならそれはめちゃかっこいい。 職業に貴賎はないというか、なぜなんのために自分がその仕事で働いているのか、って答えられる人っていうのはやっぱりかっこいい。 別になぜそれをやってるのかって言われても、そりゃこうです、なんで?って答えて別に悪びれる必要もないと思う。 でもそれが応えられない、仕事なんてただ生活のためにやってる、好きでやってんじゃねーよブラック企業は死ね残業代払えクズとかってブツブツいってる人たちにはそうは映らなくて、あ? バカにしてんのか? みたいな感想になるわけで、それは悲しいキャリア感だよなぁ思ってしまうのでした。 tokunoriben.

次の