オオサカ 堂 プロペシア。 プロペシア(フィンペシア)がAmazon・楽天の通販で購入できるって本当?

【通販・個人輸入】プロペシアを比較した結果!オーストラリア版をオススメします

オオサカ 堂 プロペシア

オオサカ堂のアフィリエイトをしたい! 先日そう考えまして、アフィリエイト登録をしました。 オオサカ堂とは、プロペシアやミノキシジル、バイアグラなどの海外医薬品の個人輸入代行をしてくれる会社です。 オオサカ堂は非常に多くの商品を取扱っており、私もこれまでに何度も購入した経験があります。 そして、効果の高い医薬品があったからこそ、アフィリエイトをしたいと思ったのです。 実際に自分が試して、本当に良いと思うものを紹介する。 きっと自分と同じ悩みを持っている人がいる。 そんな人に、余計な回り道をせずに、本当に効果のある商品を教えてあげたい。 それこそが本物のアフィリエイトです。 というわけで、オオサカ堂の商品をアフィリエイトするサイトを作ろうかなぁ・・・と思った時に、ふと「 オオサカ堂 アフィリエイト」のキーワードでググってみると、こんな候補が出てきました。 違法?一体何がダメなんだ?と思って色々と調べてみました。 オオサカ堂で医薬品を個人輸入するのは合法、アフィリエイトは違法 結論から言うと、オオサカ堂で医薬品を個人輸入するのは合法ですが、海外の医薬品をアフィリエイトするのは違法です。 まず、海外医薬品の個人輸入については、厚生労働省のサイトでこのように明記されています。 一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 個人が海外の医薬品を個人輸入しても問題ないというわけですね。 (重大な健康被害のおそれがある医薬品を除く) しかし個人輸入代行業者(この場合はオオサカ堂)や紹介者が Webサイトを通して商品を販売する行為は「能動的手続代行行為」として違法となります。 積極的に営業してるからダメよ、ということになるそうです。 つまり、オオサカ堂のネット販売やアフィリエイターの海外医薬品の紹介は違法になるのです。 でもちょっと待って! オオサカ堂の本社は香港にあり、社長は中国人。 大阪とは一切関係ありません! 薬機法が適用されるのは日本国内の企業や個人になりますから、香港に本社のあるオオサカ堂は国内法では裁けません。 しかし、一方で我々のような国内で活動するアフィリエイターはアウト!となるのです。 実際にサイトが凍結されたケース 海外医薬品のアフィリエイトをして実際にFC2ブログが凍結されたケースをご紹介します。 それがAGAGAさんという方が運営していた「 薄毛・抜け毛治療は病院で-AGA克服日記」というブログです。 このブログでは、実際にAGAGAさんが使用した海外医薬品の広告を貼っていました。 その結果、レジットスクリプトという団体からFC2に通報があり、AGAGAさんの対応が遅れたためにブログが凍結されたというのです。 レジットスクリプト? また新しいワードが出てきました。 レジットスクリプトとは、 アメリカにあるオンライン薬局を対象とした監査機関です。 外国から医薬品を輸入代行している業者や、それらの広告を行うブログやサイトを撲滅することも彼らの業務一つです。 具体的にどうやって撲滅するかというと、輸入代行業者やアフィリエイターの使用するドメインのレジストラに圧力をかけて取り上げるのです!。 しかも日本においては「厚生労働省によるドメイン停止要請委託を受けている」そうです。 お墨付きってわけです。 その結果、多くの輸入代行業者がサイトのドメインを奪われ、変更せざるを得ない状況が続いています。 例えばオオサカ堂のドメインはこんな感じで変わっていっています。 osakado. cool AGAGAさんのブログはFC2ブログだったため、レジットスクリプトがFC2に圧力をかけて、FC2がブログを凍結した事になるのでしょう。 もしアフィリエイターのサイトが独自ドメインだった場合は、レジストラやサーバー会社に圧力をかけてくるものと思われます。 実際にドメインを取られた方のツイートがあります。 レジットスクリプトに問い合わせ。 ドメイン制限解除は一切しないとのこと。 コンテンツ消すから!とか平謝りしてみたけど、無駄。 諦めて一から作り直し。 オオサカ堂やってるかた、レジットさんやる気満々ですよ。 やめた方が無難。 — ちゃりお chario0101 FC2ドメインから返信あり。 ドメイン停止の原因はやはりレジットスクリプト。 直接英語で問い合わせろとのこと。 こりゃ、ダメポ。 それまで育てたドメインを奪われる・・・ってのはなかなか厳しいですね。 しかも解除には応じてくれないそうですので。 確かにオオサカ堂のアフィリエイトは報酬も高く、クッキー有効期限が1年、承認率90%以上と非常に魅力的です。 しかし、その裏には大きな大きなリスクがあることを忘れてはいけません。 オオサカ堂くらい名の通ったサイトであれば、もっと多くのアフィリエイターがアフィリエイトしてレッドオーシャンかしていてもおかしくないはずです。 にもかかわらず、そこまでアフィリエイトサイトを見かけないのはこういった理由があるからなんですね。 というわけで、医薬品の個人輸入代行業者のアフィリエイトは止めておきましょう。

次の

個人輸入で成分鑑定済みの薬まとめ!偽物・本物の心配はこれで不要

オオサカ 堂 プロペシア

人間の最も大事な部分である頭部を守るのが頭髪 です。 しかし、残念ながら頭髪は 永遠に生え続けるものではありません。 特に、男性に関しては悩ましい 男性型脱毛症 AGA のため、一般的に女性よりも頭髪が薄くなりやすいとされています。 そして、実際に薄毛になりはじめて多くの人が試そうとするのが「育毛剤」や「育毛薬」。 しかし、薄毛対策のアイテムを薬局で購入するのは恥ずかしい… そんな人がたどり着くのが 通販です。 でも、通販の育毛剤って効果がないのでは?偽物があるんじゃないの?と不安な人も多いことでしょう。 そこで、今回は薄毛対策アイテムなど、幅広いジャンルの医薬品を扱い利用者も多い人気の個人輸入代行(通販)会社である 「オオサカ堂」について、「本当に信頼できる業者なのか?」ということを中心に徹底的に紹介していきます。 あなたもかしこくAGA治療薬を安く手に入れてください! Contents• 個人輸入代行サイト、オオサカ堂は怪しい? オオサカ堂とは、薬事法の関係で厚生労働省の認可が下りず、日本国内の通販サイトや薬局で販売されていない 海外の医薬品を個人の代わりに仕入れて販売する 「個人輸入代行業者」や「個人輸入仲介」と呼ばれる業者のひとつです。 薄毛に悩む人なら、一度は聞いたことはあるかもしれませんね。 オオサカ堂の公式サイト URL: 上記のサイトからチェックしてみると、運営しているのは 香港の企業でした。 国内の企業ではありませんが、 メールでのサポートなどが充実しており、1997年の創業以来、20年にわたり営業していることから判断しても、 怪しい業者ではなさそうです。 輸入代行業者としては老舗の部類になります。 商品によっては成分鑑定をしっかりおこない、成分鑑定書もアップされているます。 (ただ、今一つあやふやな鑑定書なのですが。。 ) 少なくとも 私が利用した限りにおいては、ちゃんと効果がありましたので偽物ではななかったです。 個人輸入代行サイトを比較してみた そもそも、オオサカ堂以外にはどのような輸入代行業者があるのでしょうか? 今回は、オオサカ堂と並び利用者の多い輸入代行業者の運営する個人輸入通販サイト「 アイドラッグストアー」「 ベストケンコー」と、私が現在利用している「 育毛ハック」を比較してみましょう。 個人輸入代行業者リスト 【1】 名称 オオサカ堂 ホームページ 運営元 Roy Union 香港の企業 創業 1997年 支払 銀行振込、クレジットカード 送料 全国無料 特徴 輸入代行でもっともメジャーな存在。 メールによるサポートが充実 【2】 名称 アイドラッグストアー ホームページ 運営元 オズ・インターナショナル(日本の企業) 創業 1980年 支払 銀行振込、クレジットカード 送料 全国無料 特徴 唯一、日本企業が運営している個人輸入代行サイト。 【3】 名称 ベストケンコー ホームページ 運営元 bushido enterprises limited 英領バージン諸島の企業 創業 2009年 支払 銀行振込、クレジットカード 送料 全国無料 特徴 取り扱う医薬品の数は2000種以上あり 12名の薬剤師が常に効果検証 【4】 名称 育毛ハック ホームページ 運営元 kotobuki inc. タイの企業 創業 2016年 支払 銀行振込 送料 全国無料 特徴 タイで40年の歴史を誇る育毛専門のクリニックと提携し、クリニックで処方されているセットをひとまとめで販売 このように、 ほとんどの個人輸入代行の業者は 国外の企業のようです。 送料、支払方法などは多くが「送料無料」「銀行振込とクレジットカード」が基本のようです。 特に送料無料は利用者にとってはありがたいですね。 オオサカ堂の通販で売られている薬はどういうもの? さて、ここまで個人輸入代行サイトについて比較してみましたが、今回の記事のもともとのテーマであるオオサカ堂に戻りましょう。 オオサカ堂は、多岐にわたる商品の輸入を代行して販売しています。 そのなかでも、ここでは人気の商品を紹介していきましょう。 サイト上に成分鑑定書もアップされており、本物か偽物か心配な人にとっては心強いですね。 情報が開示されていると安心感があります。 インドのシプラ社という会社が製造・販売しているAGAの治療薬です。 AGAの治療薬である 「プロペシア」という薬のジェネリック医薬品として知られています。 ちなみに「ジェネリック医薬品」とは、医薬品のジャンルの一種です。 基本的に医薬品には特許が存在します。 医薬品の開発・普及には研究、臨床試験などで多くの人が携わり、膨大な費用がかかります。 そこで、開発・市販された医薬品に特許をかけて、製造にかかったコストを回収するのです。 この特許が切れたのちに、 他者によって開発された同じような成分を含有して発売される医薬品のことを ジェネリック医薬品と呼びます。 したがって、オリジナルの医薬品とジェネリックの医薬品とでは、名前こそ違いますが 効果はほぼ同じです。 なお、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品という位置づ けではありますが、実は 正式なジェネリック医薬品ではありません。 フィンペシアを開発・販売しているシプラ社が構えるインドは医薬品に関する特許条約に加盟していないためです。 プロペシアは 国内で唯一、認可が下りている AGAの治療薬です。 プロペシアに含有されている「 フィナステリド」という成分がAGAの根本的な原因であるとされている「ジヒドロテストステロン」の分泌を阻害し、男性ホルモンの分泌を抑えることでAGAに対処します。 アメリカのメルク社という企業によって製造・販売されています。 インドの本社を構えるAjanta Pharma社によって製造されています。 薄毛と並んで男性を大きく悩ませる EDに対する画期的な治療薬であるバイアグラのジェネリックとして、オオサカ堂でも不動の人気を誇っているようです。 このように、オオサカ堂はAGAの治療薬だけではなく、ED治療薬など、男性なら誰でもが悩むような症状に効果的な医薬品まで幅広く取り扱っていることが分かります。 オオサカ堂の商品は偽物?その評判とは 口コミ・2ch等 さて、いくら20年近く営業していようと、多くの医薬品を扱っていようと実際に薬の効果がなければ全く意味がありません。 では、口コミをチェックしてみましょう。 今回は薄毛に悩む男性に向けた記事ですが、インターネットで散見される同様の記事は、オオサカ堂のホームページや2ちゃんねるの口コミが使われがちです。 そこで、この記事では趣向を変えて、 Twitterの口コミを集めてみました。 女性の多くはAGAの治療薬以外の医薬品を利用されているようですが、特に問題はないようです。 AGAの治療薬だけ粗悪品を扱う可能性は低いので、 オオサカ堂は信頼できる業者であることは間違いなさそうです。 偽物などを販売して20年も営業はできませんから、当たり前といえば当たり前ですね。 オオサカ堂の商品は安心か 創業から 20年近く営業し続けている点と、これだけの 口コミで評判だということから、数ある個人輸入代行業者の中でもオオサカ堂は信頼に足る業者であるといえそうです。 AGAだけでなく、男性なら誰でも悩むような性器の勃起不全であったり、生理痛に悩む女性なども、ぜひとも一度は活用してみたい業者ですね。 育毛医薬品で言えば、私も最初はオオサカ堂でフィンペシアとミノキシジルを通販利用していました。 しかし、効果を感じなくなってきたので、現在はあまり知られていませんがタイの育毛専門クリニックが出している育毛セットを利用しています。 このセットは効果もコスパも満足していますので、ご参考までに。 個人輸入代行業者は自己責任で利用しよう! 今回はAGAに悩む男性が活用する際に避けては通れない個人輸入代行業者のひとつであるオオサカ堂について、どんな業者なのか、信頼に足る業者なのかということを紹介してきました。 調査した結果、 オオサカ堂は 信頼できる業者 でありそうだということがわかりました。 しかし、個人輸入代行で薬を手に入れるのは、 すべて自己責任になることを覚えておきましょう。 薄毛に悩む人で通販で薬を購入しようと考えている人は、「 本当に副作用は大丈夫かなあ」「 偽物だったらどうしよう」と 疑問に思うことも大切です。 さまざまな情報を取り入れ、信頼できる個人輸入代行業者であれば、ぜひ活用し、治療薬を購入するのも良いでしょう! また、最近は クリニックでもオンラインで通販のごとく薬を処方してくれるところも出てきているようです。 副作用がどうしても心配と言う方は、そちらを利用するのも手だと思います。

次の

プロペシアをオオサカ堂で買うと?オオサカ堂と個人輸入の関係を解説!

オオサカ 堂 プロペシア

オオサカ堂のアフィリエイトをしたい! 先日そう考えまして、アフィリエイト登録をしました。 オオサカ堂とは、プロペシアやミノキシジル、バイアグラなどの海外医薬品の個人輸入代行をしてくれる会社です。 オオサカ堂は非常に多くの商品を取扱っており、私もこれまでに何度も購入した経験があります。 そして、効果の高い医薬品があったからこそ、アフィリエイトをしたいと思ったのです。 実際に自分が試して、本当に良いと思うものを紹介する。 きっと自分と同じ悩みを持っている人がいる。 そんな人に、余計な回り道をせずに、本当に効果のある商品を教えてあげたい。 それこそが本物のアフィリエイトです。 というわけで、オオサカ堂の商品をアフィリエイトするサイトを作ろうかなぁ・・・と思った時に、ふと「 オオサカ堂 アフィリエイト」のキーワードでググってみると、こんな候補が出てきました。 違法?一体何がダメなんだ?と思って色々と調べてみました。 オオサカ堂で医薬品を個人輸入するのは合法、アフィリエイトは違法 結論から言うと、オオサカ堂で医薬品を個人輸入するのは合法ですが、海外の医薬品をアフィリエイトするのは違法です。 まず、海外医薬品の個人輸入については、厚生労働省のサイトでこのように明記されています。 一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 個人が海外の医薬品を個人輸入しても問題ないというわけですね。 (重大な健康被害のおそれがある医薬品を除く) しかし個人輸入代行業者(この場合はオオサカ堂)や紹介者が Webサイトを通して商品を販売する行為は「能動的手続代行行為」として違法となります。 積極的に営業してるからダメよ、ということになるそうです。 つまり、オオサカ堂のネット販売やアフィリエイターの海外医薬品の紹介は違法になるのです。 でもちょっと待って! オオサカ堂の本社は香港にあり、社長は中国人。 大阪とは一切関係ありません! 薬機法が適用されるのは日本国内の企業や個人になりますから、香港に本社のあるオオサカ堂は国内法では裁けません。 しかし、一方で我々のような国内で活動するアフィリエイターはアウト!となるのです。 実際にサイトが凍結されたケース 海外医薬品のアフィリエイトをして実際にFC2ブログが凍結されたケースをご紹介します。 それがAGAGAさんという方が運営していた「 薄毛・抜け毛治療は病院で-AGA克服日記」というブログです。 このブログでは、実際にAGAGAさんが使用した海外医薬品の広告を貼っていました。 その結果、レジットスクリプトという団体からFC2に通報があり、AGAGAさんの対応が遅れたためにブログが凍結されたというのです。 レジットスクリプト? また新しいワードが出てきました。 レジットスクリプトとは、 アメリカにあるオンライン薬局を対象とした監査機関です。 外国から医薬品を輸入代行している業者や、それらの広告を行うブログやサイトを撲滅することも彼らの業務一つです。 具体的にどうやって撲滅するかというと、輸入代行業者やアフィリエイターの使用するドメインのレジストラに圧力をかけて取り上げるのです!。 しかも日本においては「厚生労働省によるドメイン停止要請委託を受けている」そうです。 お墨付きってわけです。 その結果、多くの輸入代行業者がサイトのドメインを奪われ、変更せざるを得ない状況が続いています。 例えばオオサカ堂のドメインはこんな感じで変わっていっています。 osakado. cool AGAGAさんのブログはFC2ブログだったため、レジットスクリプトがFC2に圧力をかけて、FC2がブログを凍結した事になるのでしょう。 もしアフィリエイターのサイトが独自ドメインだった場合は、レジストラやサーバー会社に圧力をかけてくるものと思われます。 実際にドメインを取られた方のツイートがあります。 レジットスクリプトに問い合わせ。 ドメイン制限解除は一切しないとのこと。 コンテンツ消すから!とか平謝りしてみたけど、無駄。 諦めて一から作り直し。 オオサカ堂やってるかた、レジットさんやる気満々ですよ。 やめた方が無難。 — ちゃりお chario0101 FC2ドメインから返信あり。 ドメイン停止の原因はやはりレジットスクリプト。 直接英語で問い合わせろとのこと。 こりゃ、ダメポ。 それまで育てたドメインを奪われる・・・ってのはなかなか厳しいですね。 しかも解除には応じてくれないそうですので。 確かにオオサカ堂のアフィリエイトは報酬も高く、クッキー有効期限が1年、承認率90%以上と非常に魅力的です。 しかし、その裏には大きな大きなリスクがあることを忘れてはいけません。 オオサカ堂くらい名の通ったサイトであれば、もっと多くのアフィリエイターがアフィリエイトしてレッドオーシャンかしていてもおかしくないはずです。 にもかかわらず、そこまでアフィリエイトサイトを見かけないのはこういった理由があるからなんですね。 というわけで、医薬品の個人輸入代行業者のアフィリエイトは止めておきましょう。

次の