本 好き の 下剋上。 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

【アニメ】本好きの下剋上 1期の1話あらすじ・ネタバレ感想

本 好き の 下剋上

新刊本情報 2020年5月11日• 新刊本情報 2020年5月11日• 新刊本情報 2020年5月11日• 新刊本情報 2020年5月11日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月24日• 新刊本情報 2020年4月10日• お知らせ 2020年3月19日.

次の

本好きの下剋上 有志まとめwiki@5ch

本 好き の 下剋上

それは、念願である図書館への就職が決まって すぐのことだった。 気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。 そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。 マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。 ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。 兵士の娘では、とても手が届かない。 どうしても本が読みたいマインは決意する。 「本がなければ作ればいい」 体力もない。 お金もない。 あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。 果たして、マインは本を作ることができるのか!? マインの本を作る冒険が、いま始まる。 C 香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会 もっとみる.

次の

本好きの下剋上 SS置き場

本 好き の 下剋上

本好きの下剋上の魅力 MMORPGの生産職を彷彿とさせる「本」への情熱 本好きの下剋上の魅力は、 ビブリオマニア(本狂い)ともいえる主人公マインが、 本を世界にあまねく広めるため、猪突猛進、突っ走るところです。 中世ヨーロッパ+魔法が加わるファンタジーな世界感の中、 貴族さまだけが愛好している高額な本を、 本の作成材料や道具から金策しながら整えていく様は、 MMORPG(オンラインロープレ)の生産職の面白さがあります。 数多くの失敗を重ねながら、本の大量生産までに至る道のりが楽しいのです。 経営・国造り戦略SLGを彷彿とさせる内政・外交 本書の魅力は、本を作成するという、職人視点の話だけでありません。 自らが運営者となり職人を動かす立場になる商人や職人ギルド長の視点。 貴族よりお金を集め、事業を起こす、事業者やプロデューサの視点。 生産品を世に広めるために、領地の平民の識字率を上げる内政官の視点。 生産した特産品を、他領におひろめし、相対的な領地地位を高めていく外交官の視点。 色々な内政・外交を重ねて、少しずつ規模が大きくなっていく様。 そんなSLGを彷彿とさせる、育つ過程が面白いのです。 広がる世界、増える登場人物、複雑化する関係 各章進むにつれて舞台が広がり登場人物が増えていきます。 主人公マインの立場も変わっていき、人間関係が複雑に変わっていきます。 町(第一部) 町の 兵士の娘に転生し虚弱な身体を持つ主人公が、 家族と町の職人たちや、商人世界に触れ、体に鞭うち 本作成に生を見出すのが一部。

次の