きめつのやいば175。 漫画「鬼滅の刃」175話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃 きめつのやいば 堕姫 だき 風 コスプレ衣装

きめつのやいば175

おしながき• 鬼化 どうしてこのような話が、話題に上がっているのか。 それは炭治郎が鬼の中でも、特別な存在だからです。 無惨の残りの血を、全て注ぎ込まれた鬼の王。 通称鬼治郎。 無惨は頸を斬っても死にません。 なので、無惨の血を大量に受け取った炭治郎もまた、頸を斬っても死なないのではないか。 そういった予想ができます。 今回私は炭治郎が「頸を斬って」と言ったり「俺を殺してくれ」と懇願する場面があるのではないかと、予想をしました。 それは、今のところそれしか、炭治郎を倒せる方法がないと思ったからです。 というよりは、今の隊士たちが思いつくのは、そこしかないのかなと。 現に伊之助は頸を斬りにかかっていますし、もうそれしか手がないのだと… そもそも これはすごく難しい問題で、そもそも炭治郎は今、完全に鬼になっているのかどうか。 そこがハッキリとわかっていません。 通常の鬼は、言葉がしゃべれるほどの理性はあります。 しかし、今の炭治郎はまるで獣。 これは実弥の母が鬼になったときと、同じ状態です。 今の炭治郎は人間に近いのか、それとも鬼に近いのか。 もしも人間に近ければ、頸を斬れば倒せるかもしれない。 そういったことも、可能性としては考えられます。 しかしやはり、普通の鬼より血の量が多いため、ただ頸を斬っただけでは死なない可能性の方が、大きいような気がします。 しかも、腕の再生スピードが尋常ではなかったので、上弦クラスの強さはすでにあるものと思われます。 つまり、炭治郎はすでに鬼になっているといった方が、正解なのかも。 となると、ここで鍵となるのは「赫刀」になってくるのではないでしょうか。 赫刀 通常の刀では無惨クラスの鬼に対して、ほとんどダメージを与えることができません。 無惨の血を大量に受け取った炭治郎もまた、同じことが考えられます。 ということは「赫刀」で攻撃をすることが、今の隊士にできる最大限の攻撃方法。 今残っている隊士で、単体で赫刀を発現できる者は一人もいません。 義勇と実弥のタッグは赫刀を発現できますが、義勇は片腕をなくし、腕力が実弥と同じではなくなっているため、もう二人の赫刀発現は難しいでしょう。 なので、刀を打ち付けての赫刀発現をするのであれば、その他のタッグで発現する必要がありそうです。 以前に伊之助が、義勇と実弥の赫刀発現を見て「善逸、カナヲ、俺もアレをやりたい」と言っていました。 そのときカナヲが「簡単にできない。 腕力が同じくらいでないと」と発言しているため、善逸・伊之助・カナヲの三人では、組み合わせを作れないということが予想できます。 鱗滝も近くにいる可能性がありますが、腕力がどれくらいあるのかは不明。 天元や槇寿郎もいますが、禰豆子が途中まで鬼の状態で走って、1時間以上はかかっているため、今から向かっても間に合わないと思います。 ということは、考えられるのはあと一つ。 爆血です。 爆血 禰豆子の爆血であれば、爆血刀が作れます。 ただ、禰豆子はまだ爆血を使えるのか、炭治郎以外の刀でも、爆血刀にすることは可能なのか。 そのあたりはハッキリとしていません。 何かしらのキッカケで禰豆子が再度鬼化、爆血を使えるようになり、隊士の刀を次々爆血刀にしていく。 そういった展開があるのであれば、炭治郎相手にも、まともに戦うことができそうです。 でも、刀を爆血刀にしたところで、無惨クラスの鬼を倒せるのかどうかは不明です。 無惨は珠世の薬の影響で、あそこまで追いつめることができました。 それがない今、しかも日の呼吸を使える者がいない状態で、無惨クラスの鬼を倒すことができるのか… これは厳しい。 薬 そもそもこれは、炭治郎を倒すという前提で考えているので、本来望ましくない展開です。 そして、ここでふと思ったのは「薬の影響もまだあるのではないか」ということです。 無惨は薬を全て分解した、という説明はありませんでしたし、最後までその影響はあったように思えます。 なので、無惨の血を全て受け取った炭治郎もまた、薬の影響が残っているのではないか。 そういったことも考えられます。 人間に戻る薬は分解されているとして、残っているのは老化薬・分裂阻害薬・細胞破壊薬。 分裂阻害薬はあまり関係ないとしても、老化薬と細胞破壊薬がもし効いているとするなら、もしかしたらその影響が出てくるかもしれない。 というよりも、また珠世さんが出てきたり? さすがにここまでの対策は、していないと思いますが… でも、炭治郎に老化薬が効いたとして、年老いた姿はあまり見たくないですよね。 まとめ的なもの 今回は、炭治郎を倒す方法について考えてみました。 正直この先の展開は、いくらでも考えようがあるため、私もいろいろと考察している線があるのですが、すべてを記事にできないかもしれません。 いや、実に面白い。 漫画の考察というものは、当たりはずれで楽しむだけでなく、考えたり妄想したりすることも、楽しめる要素の一つです。

次の

鬼滅の刃 第175話「後生畏るべし」感想・考察

きめつのやいば175

『鬼滅の刃( きめつのやいば 』 最新話 176 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、玄弥の血鬼術により身動きが取れない黒死牟。 しかし全身から刀を出して4人を攻撃しました。 顔を半分失った玄弥。 無一郎は体が上下に真っ二つに・・・。 (涙) しかし実弥と行冥が黒死牟の頸を切り落とすことに成功しました!! では気になる続きを見ていきましょう!! 176話の感想とあらすじ (縁壱、お前が笑うとき、いつも俺は君が悪くて仕方なかった) (それぞれの呼吸の後継がいないという話をしていた時もお前は、突如奇妙な楽観視をし始めて笑った) (胴を両断されても刀から手を離さず) (人間が血鬼術を使い) (斬られても斬られても失血死せず) (限界を超える動きをし続ける) (日の呼吸の使い手ではないものたちが刃を赤く染める) (俺はもう2度と敗北しない) (例え頸を斬られようとも) (え?) ギュル!! 両手を握り力を込めた黒死牟。 出血を止めた事に気がついた行冥。 「不死川!!攻撃の手を緩めるな!!畳み掛けろ!!」 「時透と玄弥の命を無駄にするな!!」と行冥。 (ああ・・・・やっぱり二人はダメなのね・・・) 「上等だゴラアアアア!!消えて無くなるまで刻んでやらああ!!」と実弥。 涙を流して技を仕掛けました!! (辛っ・・・涙) 風の呼吸 捌ノ型 初烈風斬り!! 岩の呼吸 伍ノ型 瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)!! 黒死牟は無一郎の腕を斬り落としました。 (あああああああああああ) 体に刺さっている無一郎の刀を抜き始めた黒死牟。 そして頭を再生しました・・・。 額にツノが生え、牙がいびつに生えています。 「頭を再生しやがったあのやろう、糞が!!」 「攻撃し続けろ!!頸を落とされた直後で体が脆いはずだ!!」 (克服した、これでどんな攻撃も無意味。 太陽の光以外は) (これで私は誰もの負けることは・・・)と黒死牟。 すると実弥の刀に自分の姿が一瞬映り込みました。 (なんだこの醜い姿は・・・) (美的センスを持ち合わせていらっしゃる・・・) 背後に幼い頃の弟が現れました。 「兄上の夢はこの国で一番強い侍になる事ですか?」 「俺も兄のようになりたいです。 俺は・・・」 「この国で二番目に強い侍になります」と微笑む縁壱。 (侍の姿か?これが・・・) (これが本当に俺の望みだったのか?) すると無一郎が刀を突き刺した部分からボロッと体が崩れ始めた黒死牟。 行冥の鉄球があたり、頭が吹き飛びました!! 実弥の攻撃も加わります!! (まだだ、まだ再生できる。 負けではない) すると今度は年老いた縁壱が現れました。 「お労しや、兄上」 ボロボロと崩れゆく黒死牟の身体・・・。 (負けを認ぬ醜さ) (生き恥) (こんなことのために何百年も生きてきたのか?) (負けたくなかったのか、醜い化け物になっても) (違う、私は) (縁壱、お前になりたかったのだ) つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)がすぐ貰えますので、 実質無料で尊い実弥の涙が拝めます。 マジむりしんどい・・・。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで購入• 読む!• valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce.

次の

【鬼滅の刃】193話考察④|禰豆子の核と無惨の名前について【きめつのやいば】

きめつのやいば175

スポンサーリンク 覚悟 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 伊之助とカナヲ、善逸と村田、戦いを切り抜けた鬼殺隊のメンバーは無限城の廊下を移動中、奇跡の合流をしようとしていました。 無一郎は自分の身体ごと刀に突き刺さっており、その刀を天井から引き抜き、落下してしまいます。 荒い呼吸の中、自分の身体からも刀をズズズと音を立てて引き抜きます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 ようやく引き抜くとあまりの痛さに刀をも落とし、うずくまってしまいます。 状況が悪すぎる。 これだけの傷を負わされては役に立てない。 俺は宇随さんほど体格に恵まれていないから、数時間で失血死する せめて上弦の壱だけでも倒さなければ、まだ生きて戦える人の負担を少しでも減らせ 死ぬなら役に立ってから死ね!! 無一郎は自分で自分に言い聞かせました。 そして止血をして刀を手にして戦いに合流しようと向かいますが、玄弥に呼び止められます。 見ると玄弥は倒れており、無一郎に胴体を強く押しつけてもらえるかとお願いしてきます。 無一郎は身体が繋がるか尋ねますが、「厳しいかもしれないけれど落ちている上弦の髪の毛を取ってきて喰わせてもらえるか?」と言います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 「最後まで…戦いたいんだ…兄貴を…守る…死なせたくない…」 玄弥の覚悟が伝わってきて無一郎は「わかった、一緒に最後まで戦おう」 スポンサーリンク 痣の秘密 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 悲鳴嶼と上弦の壱は対峙していました。 上弦の壱「そうか…お前も…痣の者…残念だ」 悲鳴嶼「残念とは?」そう言いながら鎖を構え、回し始めました。 悲鳴嶼の顔に浮かび上がった痣を見て残念というのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 上弦の壱「喪失を…嘆いている…痣の者は例外なく…25の歳を迎える前に死ぬのだ」 悲鳴嶼は何の感情も表さないが、鎖をさらに高速回転させています。 上弦の壱「痣を出現させ…力を向上できたとしても…所詮それは寿命の前借に過ぎない…」 「お前は二十五を超えて…痣を出した…今宵の内にも死ぬだろう…」 「これ程までに…研鑽し極められた肉体と技が…この世から…消えるのだ…嘆かわしいと思わぬか…」 悲鳴嶼は思わないし、その話は痣の者たちはすでに承知していると告げました。 たとえ痣が出なかったとしても、鬼殺隊である限り明日の命の保証はないのです。 「何を今更己が命など惜しもうか。 そのような生半の覚悟で柱になる者などおらぬ。 」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 「甚だしき侮辱。 腸が煮えくり返る」と悲鳴嶼。 スポンサーリンク 人として・鬼殺隊としての矜持 上弦の壱は、命などと言うつまらない話をしているのではなく、鬼となることで肉体の保存…技の保存ができるのに何故それがわからないのかと言います。 わかるわけがない、自分たちは人として生きて、人として死ぬことを矜持としていると悲鳴嶼。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 怒りをあらわにして「貴様の下らぬ観念を至上の者として他人に強要するな」といいます。 上弦の壱は、「ほう」と一言。 すると悲鳴嶼は何かを感じたようで「今話していて気付いたが、お前は一つ虚偽を述べたな」 と指摘しました。 すると上弦の壱は動揺し、口ごもりながら「ふ…何を言う…私は何一つ偽ってなど…」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 「例外はあったのだろう、痣を持ち二十五を超えて尚生き続けたものがいた」 上弦の壱は何も答えることが出来ず、微動だにしません。 「動揺したな、私の読みは適中のようだ」と得意げに悲鳴嶼が話していると、いつの間にか上弦の壱が悲鳴嶼にせまり、鎖を刀で斬ろうとしているではありませんか。 そして戦いが再開されます。 スポンサーリンク 柱稽古の成果 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 二人の戦いから、少し離れた柱の陰で実弥は、怪我の手当てをしていました。 そして呼吸を整えていくうちに、実弥の顔にも痣が浮かび上がります。 そして上弦の壱と悲鳴嶼が戦っているところへ飛び込みます。 実弥を見ながら、 この男にも痣…今の世代の柱殆んどが痣者か… と考えていました。 実弥の後ろから鉄球が飛んできて、実弥はまるでそれがわかっていたように避けました。 上弦の壱は、 真後ろから飛んできた鉄球を避けた 異なる呼吸の使い手同士で、さらにはこの速度の戦いで、連携してくるとは と動揺を見せます。 実弥「柱稽古しといてよかったなァ悲鳴嶼さんよォ」ととても嬉しそうに戦っています。 悲鳴嶼は一言「うむ」と答えました。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 170 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 無一郎の刀を天井から抜き、自分からも引き抜いている姿、痛いです。 無一郎も玄弥もまだ十代です。 それなのに、まだ生きている人の負担を減らせ、死ぬなら役に立ってから死ね。 最期まで戦いたい、兄貴を守る…死なせたくない… 二人とも自分のことよりも大切な人のことを守るために戦っているのですね。 痣の秘密もまた少しわかりました。 それは痣の者は例外なく二十五の歳を迎える前に死んでしまうという事です。 で申し訳それは全員がもう知っていたのです。 まるで鬼に勧誘するかのように、上弦の一は悲鳴嶼に、鬼となることで肉体の保存、技の保存ができるのにと言います。 悲鳴嶼は人として生きて人として死にたいと言います。 死というものが、いつも身近にありますが、人としての誇りを持ち、大切の人のために戦う鬼殺隊に崇高さを感じます。 上弦の壱は、自分だけが生きて、自分だけが強いままでいるために、鬼になったのでしょうか。 今までの鬼とは風貌のこともあり、違うような気がします。 実弥と悲鳴嶼の連携がとても上弦の壱のメンタルに効いているのかも知れないと思います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 練習の時は大変そうでしたが、柱稽古していて本当に良かったですね。 これから次から次へと柱が到着するのでしょうか。 もう誰も死んでほしくないと思います。

次の