ポケモン 物理 アタッカー。 【ポケモン剣盾】物理受けにおすすめのポケモンは?対戦おすすめポケモン!~ポケモンソードシールド攻略ブログ15

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング|使用率まとめ【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン 物理 アタッカー

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】クレベースの育成論と対策【最強要塞!物理も特殊も制圧する】

ポケモン 物理 アタッカー

と言えばだれもが 特殊アタッカー型を思いつくと思います。 珠冷凍ビームで を確定で倒したり、 珠めざめるパワー炎で やを焼いたり、 はたまた 草結びで等の水タイプに強く、厄介な存在でした。 しかし等倍相手には火力が若干不十分なため、 フェアリータイプや や 等、止められる はそこまで少 なくはありません でした。 だがORASの環境では、 新しい型のが誕生。 TutorSourceが、で技を教える人を指し、 その横が教えてくれる技一覧。 注目すべきはTutorSource1 けたぐり, ダストシュート, 冷凍パンチと新しい物理技を覚える。 これらにより 物理アタッカーとしても活躍を期待でき、 特殊型では勝てない相手に勝つことが可能になりました。 8%で突破 ・H4振りのを 確定1発 ・ H4振りを 確定1発 あくまでも 勝てるようになったメジャーな相手ですので や等には当然勝てます。 ・ダストシュート ・ HB252振り図太いを 確定一発 ・ H252振りも 余裕の確定一発 ・ HB252252振り図太いピクシーを 68. 8%で突破 ・ H252振りが 確定1発 フェアリー軍団壊滅。 の特殊型物理型問わず、候補技を並べてみます。 つまりは に弱点を取られるような アタッカーは皆に大人しく 狩られてしまうわけです。 しかし、 そんなアタッカーでもしっかりに勝つ方法が存在する。 れいBを使用しない場合は陽気推奨。 何でもかんでもタイプ一致にする厨特性。 恩恵が非常にデカい... D抜け5V。 粘りましょう。 余裕がある人は6V。 アタッカーとして使うのでASぶっぱ。 Aはを高確率で落としたいため削れない。。 Sも同族やメガ。 メガを考えると削れない。 技構成 ・ ダストシュート... 本来負けるはずのフェアリータイプに勝てるように。 この技が存在することにより物理型にしたといっても過言ではない。 ・ けたぐり... やへの命中安定技。 広い範囲に刺さる。 物理型にするのであればぜひ搭載したい。 ・ 冷凍ビーム... やなどなど、広い範囲に刺さる。 ダに刺さるあたりれいPよりも優先度が上がる。 4倍組は全員落ちるので火力面での心配は無用。 ・ とんぼ返り... 不利対面時に。 交代読みに。 物理型にしたことより火力は ぐらいにまでパワーアップ。 ・ 候補になりそうな技 ・ 冷凍パンチ... れいBで火力不足と感じた場合。 ・ 滝登り... 炎軍団に。 ・ 辻斬り... 悪タイプやゴーストタイプに。 ・ 影うち... 先制技。 HPがちょっと残ってるにワンチャン。 ・ 水手裏剣... やに勝てると思われがちですが、5発当てなきゃ倒せません・。 ・! ・ 岩雪崩... メガYやに。 若干ピンポイント気味。 広い技範囲。 苦手な相手にはとんぼ返りで逃走。 どんな技範囲だろうが受けきってしまえば問題はありません。 ここで大切なのは、 物理型と特殊型両方に対応できること。 「 物理型だろどうせ」と決めつけ物理受けを出しても特殊型だった場合は対策とは言えません。 ・スカーフで奇襲 攻撃される前に、とんぼ返りで逃げられる前に先制で攻撃して 狩ってしまいましょう。 抜群なら当然落ちますし、 等倍でもの逆鱗程度になれば落とせます ・先制技 メガスピアーほどに紙耐久ではないとはいえやはり紙耐久。 高火力抜群の先制技があればほぼ1発で落とせます。 ・単純にタイマンで勝てるを入れる。 いつもの。 タイマンで勝てるは入れておいた方がいいでしょう。 上記の3つを含む) 対策とはいっても「 気づいたらptに入ってた」という場合が殆どであると思います。 ただ物理に誰も勝てないようなptじゃそのptは本当に弱いので しっかり改良していきましょう。 教え技はORASで教えてもらいましょう。 hiromoti.

次の

ヌメルゴン育成論 : 物理アタッカー型ヌメルゴンの可能性|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 物理 アタッカー

耐久も低すぎる訳ではなく、半減高火力技ぐらいであれば耐えることが可能です。 他の耐久が低い速攻アタッカーと違い、 相手を選べば受け出しが可能なのがメリットですね! また、 剣盾環境において活躍できる数少ないほのおタイプのポケモンなので、「ナットレイやフェアリータイプに困っている!」という方には是非オススメしたいポケモンです! 努力値 HP H:0 こうげき A:252 ぼうぎょ B:0 とくこう C:0 とくぼう D:4 すばやさ S:252 環境にいる高火力ポケモンに対して、 半減技を1発受ける以上のことはできないので、耐久に振る理由は少ないです。 比較的通りの良い「かえんボール」と、交代読みや引き際の「とんぼがえり」で、少しでも相手に負担をかけるために、こうげき全振りで良いでしょう。 ただし、エースバーンのすばやさは調整の余地がありそうです。 S252…最速ルチャブル抜き• S236…最速スカーフニンフィア抜き• S188…最速ゲンガー・エーフィ抜き• S180…最速アイアント抜き 耐久無振りのルチャブルは、こだわりハチマキ「かえんボール」で一撃で倒せます[117. ルチャブル抜きは微妙に感じるかもしれませんが、遭遇頻度はそこそこですかね。 この中で一番環境に多く、役割相手として最適なアイアント抜きでもいいかもしれません。 エースバーンの技構成について 技構成• かえんボール• とびひざげり• とんぼがえり• ふいうち 1. かえんボール 威力120命中90という、超優秀なエースバーン専用技です。 非接触なので、ゴツゴツメットやギルガルドの技「キングシールド」が発動しないのが利点と言えます。 単ほのおタイプの一致技ですので、メインウェポンとして運用します。 とびひざげり かえんボールを受けに来やすいドサイドンなどに打ちます。 ただ、失敗すると大ダメージを食らうため、ドラパルトやミミッキュが多い環境で打ちづらく、エースバーンを止められるギャラドスやドヒドイデに半減なので出番が少ないです。 一応ダイナックルとして打つことで、超火力速攻アタッカーに化けることもできます。 とんぼがえり ギャラドスやドヒドイデと対面したときや、圧倒的有利な状態での交代読みで打ちます。 こだわり系アイテムを持つなら是非入れたい技。 ふいうち 意外と覚える通りの良いあくタイプの先制技。 先制されるドラパルトへの有効打になる。 こだわり系アイテムを持っていても、とんぼがえりを搭載していると終盤に繰り出すことも多く、タスキ持ちや消耗した相手ポケモンを一気に持っていけるので持ってて損はない技。 他の技候補 みがわり とくせい「もうか」の発動に持ってこいの技。 とはいえ、だいたい攻撃を一発耐えると、もうか圏内に入ることも多い。 状態異常も防ぐことができますが、先制で「でんじは」を打つオーロンゲには「かえんボール」か交代、「あくび」を打つカバルドンやブイズには「とんぼがえり」や「かえんボール」などの択が良いので圏外。 ちょうはつ 役割として打つことが多い耐久ポケモンに「ねっとう」持ちが多く、居座りに向かないので圏外。 とびはねる おなじみのダイジェットに化ける技。 不一致技なので火力が低い。 エースバーンのすばやさで抜きたい相手が、ドラパルトやスカーフ持ちヒヒダルマ・サザンドラなので、「ふいうち」やスカーフを持つ方が安定する。 いかりのまえば レッドカードなどと合わせて複数の相手のHPを強引に削れる。 ただし、純粋にかえんボールなどで叩いた方が火力が出ることが多い。 カウンター きあいのタスキと合わせて。 こだわり系アイテムや、いのちのたまが多いイメージなので意外と刺さる。 アイアント ようき 耐久無振り かえんボール 387. 速攻アタッカーのイメージ通り、「やられる前にやる」が実行できる相手に有利です。 エースバーンが不利なポケモン 技の通りと反撃時のダメージ計算をまとめます。 ギャラドス おくびょう 耐久無振り かえんボール 50. 採用率が高いギャラドス、ドヒドイデも天敵ですが、ウオノラゴンがいるとガッツリ受けて超火力で返されるので警戒必須です。 タイプとすばやさ的に攻撃したくなるドリュウズは、タスキかスカーフ持ちが多いので、交代した方が良いです。 有利不利を決めづらいポケモン ゴリランダー いじっぱり H252 かえんボール 64. ブラッキー ずぶとい H252 B252 とびひざげり 81. 「かえんボール」が安定択ですが、「あくび」で流される可能性があるため、落とし切るのは難しい。 消耗させてから叩くか、別のポケモンに託したいです。 エースバーンの相性補間ポケモン ナットレイ どく無効で、エースバーンが不利な水タイプに滅法強い。 ナットレイが弱点のほのお技受けが可能。 エースバーンの対策 エースバーンに対面した時の対策を、相手目線で考えます。 脅威になるのは一致高火力技の「かえんボール」。 物理受けのみずポケモンで流すか、すばやさで上回り先制したいところ。 弱点技や高火力技が打てるスカーフ持ちなら有利。 ただし、エースバーン自身もスカーフ持ちの可能性があるため、相性的に不利なガラルヒヒダルマやサザンドラは注意が必要。 消耗させて先制を取れたとしても、最後の「ふいうち」には警戒したい。 まとめ エースバーン物理アタッカー型の強いポイント• 高いすばやさとこうげき力で、突破力が高く扱いやすい。 「とんぼがえり」や「ふいうち」など器用な技を覚えるので役割を多く持てる。 エースバーン物理アタッカー型の弱いポイント• 一致高火力技を受けるだけで簡単に倒れる耐久。 環境に水タイプの物理受けが多く、不利になりやすい。

次の