遺体 明日 へ の 十 日間。 遺体 明日への十日間のレビュー・感想・評価

【遺体 明日への十日間】の動画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!

遺体 明日 へ の 十 日間

月額料金を上回る1,300円分のポイントが毎月もらえる! 最新映画も毎月約2本が追加料金なしで観れます。 FODはレンタルもお得!もらえるポイントでお得に楽しもう! 遺体 明日への十日間はFODプレミアムで視聴可能です! FODプレミアムでは毎月ポイントが付与されるので、レンタル作品でもお得に作品を観ることができます。 無料お試し期間でもポイントが貰えますので、レンタル作品でも楽しむことができます。 FODプレミアムでは洋画や海外ドラマ、バラエティ、さらには競馬好きにはたまらない番組もレンタル可能! 普通、ポイントは月額料金に加えて課金することでチャージすることができるものです。 そのポイントは新作映画・アニメ・動画に利用できるのはもちろん、コミックにも利用することが可能。 月額料金以上に貰えるポイントを使ってクランクイン!ビデオでお得に動画をレンタル 遺体 明日への十日間はクランクイン!ビデオで視聴可能です! クランクイン!ビデオでは、加入している料金プランごとにレンタルに使えるポイントが貰えます。 付与されるポイントは以下の通り。 月額プラン:990円(税込)で毎月2,000ポイント 月額プラン(プレミアム):1,650円(税込)で毎月3,000ポイント さらに加入時に追加でポイントが多く貰えるキャンペーンも時期によっては開催しているときがあります。 サービスに加入するのを悩んでいる人でも、月額料金以上に動画を視聴できるポイントが貰えるので、新作が実質無料で視聴できると考えるとお得。 レンタルできる作品のラインナップも洋画、邦画を中心にドラマやアニメ、アダルトまで揃っているので、試してみる価値ありです。 クランクイン!ビデオで視聴できる人気作品 なし dTVのレンタルサービス!dポイントでお得にレンタル! 遺体 明日への十日間はdTVで視聴可能です! dtvのレンタル料金にはドコモの「dポイント」が使えるので、dポイントを貯めている方ならとってもお得にアニメをレンタルすることができます! dTVでは、映画・ドラマ・アニメを始めとする数多くのレンタル作品を配信しています。 dTVのレンタル作品のページでは、レンタル作品のランキングも閲覧可能! どんな作品が人気なのか、一目でわかります。 「これといって観たいものがない…」という場合も、気になる作品が見つかるでしょう。 また、dTVで動画をレンタル・購入すると、dポイントが貯まるというのも大きなメリットです。 ・ドコモ払い ・dカード ・クレジットカード 上記の支払方法を選択すれば、レンタル・購入金額110円 税込 につき、dポイントが1ポイント付与されます! 貯まったdポイントでレンタル・購入もできるため、お得に利用できますよ。 宅配レンタルサービスは、ネットを通じて注文した商品を自宅まで送料無料で届けてくれる非常に便利なサービスです。 返却もポストに投函するだけで完了するので、お店に足を運ぶことなくレンタルすることができます。 TSUTAYA TVで視聴できる人気作品 毎月3,000円分のポイントが貰えます!新作映画が6本ほどポイントだけで観ることができます! music. jpではレンタルがお得!新作映画を楽しもう! 遺体 明日への十日間はmusic. jpで視聴可能です! 新作映画をお得に見たいならmusic. jpがおすすめ! テレビ1780コースなら毎月1,958ポイント+1,000円分の動画ポイント 映画以外も視聴可能 がもらえる! 他にも75%OFFのクーポンや100%OFFのクーポンもらえ、お得にレンタルすることができます。 music. jpでは、加入している料金プランごとにレンタルに使えるポイントが貰えます。 サービスに加入するのを悩んでいる人でも、月額料金以上に動画を視聴できるポイントが貰えるので、新作が実質無料で視聴できると考えるとお得。 レンタルできる作品のラインナップも洋画、邦画を中心にドラマやアニメまでいろいろと揃っているので、試してみる価値ありです。 music. jpで視聴できる人気作品 毎月550ポイントが貰えます!110ポイントからレンタルできる作品も!ポイント数によっては見れない作品もあるので注意。 レンタル作品数20万本!ビデオマーケットのレンタル作品は見たい作品がきっと見つかるはず! 遺体 明日への十日間はビデオマーケットで視聴可能です! 毎月レンタルにつかえるポイントが550ポイントもらえるのでレンタル作品もお得に楽しめます! プレミアム&見放題コース ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な配信作品数! ビデオマーケットでは約22万本もの配信作品をレンタルすることができます。 ビデオマーケットでは韓流・アジア系のドラマや映画、芸人の単独ライブやお笑い番組、深夜放送の番組など他サービスでは見られない作品も視聴することができます! ビデオマーケットの主なプランは「プレミアムコース」、「プレミアム&見放題コース」ふたつです。 どちらにおいても毎月550ポイントが付与され、そのポイントを使ってレンタル作品を視聴することができます。 また、登録初月はどちらのプランにおいても無料で550ポイントを利用して国内ドラマの動画が視聴可能です! ぜひビデオマーケットで作品をレンタルしてみてください!他サービスで見つからなかった作品がきっと見つかります! ビデオマーケットで視聴できる人気作品 Amazonプライム会員であれば配送特典や音楽サービスなど数多くのサービスを受けられます。 Amazonプライムビデオはレンタル作品も!?動画をレンタルしてAmazonプライムビデオをさらに楽しもう!! 遺体 明日への十日間はAmazonプライムビデオ Amazon Prime Video で視聴可能です! Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)はレンタル配信作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。 レンタル作品はレンタルした日から30日の間ならいつでも視聴が可能です。 ただし視聴開始から48時間後にはレンタルが終了することは気を付けなければいけません。 Amazonプライムビデオのレンタル価格は作品にもよりますが安くて100円からレンタルすることが可能です。 時期によってキャンペーンなども随時行われるため頻繁に確認することをおすすめします。 また誤って作品をレンタルしてしまってもキャンセルの手続きを行えば、きちんと返金される仕組みになっているため安心してレンタルサービスを利用することができます。 動画がたっぷり楽しめるAmazonプライムビデオのほか、音楽配信サービスのAmazonミュージックやkindleでの雑誌・書籍読み放題など月額を補って余りあるサービスのAmazonプライム会員。 Amazonプライム会員の大きな強みとして動画配信だけでなく「お急ぎ便・日時指定無料」、「プライム会員限定クーポン」など多様なサービスを展開していることが挙げられます。 またこれらのサービスを全て初回登録の30日間無料期間にも利用することができます。 Amazonプライムビデオで視聴できる人気作品 遺体 明日への十日間のあらすじ 西田敏行,緒形直人,勝地涼,國村隼,酒井若菜,佐藤浩市,佐野史郎,沢村一樹,志田未来,筒井道隆,柳葉敏郎2011年3月11日 あの未曾有の災害に直面し困難な状況と向き合った人々がいた。 彼らには、悲しむ時間さえ無かった。 東日本大震災直後の遺体安置所での出来事を、西田敏行主演、君塚良一監督で描いた人間ドラマ。 震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市の遺体安置所を取材した石井光太氏のルポタージュ「遺体 震災と津波の果てに」(新潮文庫刊)をもとに、震災直後の混乱のなか、次々と運ばれてくる多くの遺体に戸惑いながらも、被災者である釜石市民の医師や歯科医たちが、犠牲者を一刻も早く家族と再会させてあげたいという思いから、遺体の搬送や検視、DNA採取や身元確認などのつらい作業にあたる姿が描かれる。 主演の西田のほか、緒形直人、勝地涼、國村隼、佐藤浩市、柳葉敏郎ら豪華俳優陣が出演する。

次の

遺体 明日への十日間 : 作品情報

遺体 明日 へ の 十 日間

解説 東日本大震災直後の遺体安置所での出来事を、西田敏行主演、君塚良一監督で描いた人間ドラマ。 震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市の遺体安置所を取材した石井光太氏のルポタージュ「遺体 震災と津波の果てに」(新潮社刊)をもとに、震災直後の混乱のなか、次々と運ばれてくる多くの遺体に戸惑いながらも、被災者である釜石市民の医師や歯科医たちが、犠牲者を一刻も早く家族と再会させてあげたいという思いから、遺体の搬送や検視、DNA採取や身元確認などのつらい作業にあたる姿が描かれる。 主演の西田のほか、緒形直人、勝地涼、國村隼、佐藤浩市、柳葉敏郎ら豪華俳優陣が出演する。 2012年製作/105分/G/日本 配給:ファントム・フィルム スタッフ・キャスト 2,3年前まで 敢えて観たいと思いませんでした!たまたま娘がDVD持っていて あっ、持っていたんだという感じ、9年目 まさにあの時の忘れかけていた五感で感じた色々な事が蘇って来ました、 この映画、製作された時期でしか、分からない小さな事細かい感情が描かれています、当時行方が分からない親戚や友人を探して安置所、何十ヶ所も探し歩いた時の感覚が蘇って来ました、今見るともっとリアルな表現でも と言うところもあるが、この作品が作られた時期はこれで良かったのかなーとおもいました。 安置所の床の日が経つにつれて綺麗になって行く様子良く描かれていました。 今、新たにコロナウィルスの脅威の中薄れてゆく震災の記憶再度蘇えさせる映画です!。 映像化したという努力は良しとして、 そこに西田敏行とか佐藤浩市、柳葉敏郎とか、 名だたる役者揃えちゃったら、 もう完全に「ドラマ」。 しかも「君塚ドラマ」。 「聖人:西田敏行」の「ドラマ」でしかなかった。 その割に、主役の西田敏行なんか、 しばらくしないと何やってる人か分からない。 震災の説明のテロップとか付けるなら、 役名の肩書きとかも登場したところで付けないと、 (どこに住んでる誰とか、市役所何課の誰とか) 何するべきの人かさっぱり。 描いてる場面も震災後の10日間なので、 伝えるメッセージも薄いモノしかない。 そもそも西田と國村隼を並べちゃマズイだろ。 役者では、方言の徹底さは無かったが、 志田未来と勝地涼は良かったかな。 ただ勝地が心変わりするきっかけとか脈絡とか、 全然分からんかったけどね。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

遺体 明日への十日間/あらすじとネタバレと感想

遺体 明日 へ の 十 日間

【あらすじ】 2011年3月11日。 東日本を中心に巨大地震が発生し、東北部に最大40メートルの津波が襲う。 岩手県釜石市も海岸沿いの町が津波に飲まれ、多くの犠牲者が出る。 市の民生委員である相葉は身元不明の遺体安置所の痛ましい光景を目の当たりにして、ボランティアとして安置所の運営を切り盛りし始める。 『踊る大捜査線』シリーズでおなじみの君塚良一が監督・脚本を手がけた最新作、それがこの『遺体 明日への十日間』。 原作はジャーナリストの石井光太によるルポルタージュ 『遺体 震災、津波の果てに』だが、脚本化にあたって西田敏行演じる元葬儀関係者の男を主人公に設定した時点で大幅な改変がなされていると推察される(原作は未読)ので、映画に対する批判は原作には当てはまらないことをあらかじめ明示しておく。 僕は元々テレビシリーズの『踊る大捜査線』のファンというわけではなく、劇場版にも足を運ばなかった人間だ。 おかげさまで先頃上映された『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の被害者になることもなかった。 今までに君塚作品に触れた経験は一度だけ。 それが阿部寛主演の『バブルへGO! タイムマシンはドラム式』。 話の内容は全くもって思い出せない。 どうでもいい作品だったことは確実なんだけど。 君塚良一と天災は忘れた頃にやってくる、という諺があるかどうかはさておき、自分にとっては6年ぶりの君塚作品。 知ったきっかけは劇場予告だった。 これの出来がなかなか良く、「君塚良一」という名前を目にしたときは何かの間違いかと思ったのだが、どうやら本当らしかった。 若干イヤな予感はしたものの、昨年公開された園子温監督の『希望の国』より酷い作品にはならないことを祈りつつ、過度な期待をせずに劇場へ向かったら 『希望の国』以上の大火傷をした。 今回はそういうお話。 本作はこれの繰り返しで成り立っていると言っても過言ではない。 ドレッドが敵を処刑する手段に数パターンのバリエーションがあったように、西田敏行の慈しみ方にもバリエーションがある。 遺体に話しかける 2. 遺族に泣きながら話しかける ごめん。 言い間違えた。 しかも彼の慈しみと物語の進展はリンクしておらず、慈しみパートで物語はもれなく停滞。 その結果、 観客は遺体安置所という限定された空間で、西田敏行が泣きながら遺体を慈しむ姿をひたすら観続けることになる。 それが『遺体 明日への十日間』だ。 物語の途中で、火葬したいのに火葬場が開かないとか、棺の数が足りないといった問題が起こるが、それは安置所の外部の人間の頑張りによって勝手に解決される。 このおかげで観客は西田敏行オンステージに容赦なく没頭できるというわけだ。 さすが君塚監督、気が利いていらっしゃる。 西田敏行以外はモブキャラ扱い さっきから西田敏行以外の登場人物の名を挙げていないが、彼以外に出演者がいないわけではない。 それどころか、医師に佐藤浩市、歯科医師に柳葉敏郎、市職員に沢村一樹など錚々たるメンツを揃えている。 しかし残念なことに彼らは西田敏行とあまり関わりのない存在なので、各々の仕事を黙々とこなす描写のみでその登場を終える。 せいぜい市職員の筒井康隆、志田未来が序盤の安置所の体制を立て直すシーンで西田と協力しあうぐらいで、 以降はずーっと西田敏行のターン。 結局、西田敏行以外の登場人物は添え物、モブキャラでしかない。 きっと彼らの台本には 「陰で各々がんばる」とでも書かれてあるんだろう。 そもそも葬祭業に携わる人間として西田敏行は失格 西田敏行オンステージの時点で物語としてかなりアレな出来ではあるのだが、この作品最大の問題点は他でもない西田敏行演じる主人公のキャラクター造形にある。 彼は大勢の遺体を前にして泣き、一人一人の遺体に何事かを話しかけては泣き、遺族と一緒に納棺しては泣く。 遺体を前にして泣ける人間=心優しい人間であり、それこそが正しい人間の在り方だという方程式が透けて見えるのだ。 だが、果たして死者を弔う姿勢に涙は必要なのだろうか。 故人の鎮魂に必要なのは成仏を願う心や「今までありがとう」という感謝の心であって、涙はあくまでも副次的な要素に過ぎないのではないか。 そもそも西田敏行は元葬儀関係者という設定だが、はっきり言って、 葬儀関係者が遺体を前にして泣くのは不覚の事態であり、普通の葬儀関係者ならまずしない。 なぜなら葬儀とは故人と残された遺族のためのものであり、葬儀関係者はあくまでも黒子に過ぎないから。 劇中では遺族と一緒に、いや、遺族以上にわんわん泣きながら棺にもたれ掛かるシーンがあったが、ここまでやられるとさすがに遺族は一歩引く。 葬儀関係者としては間違いなく失格である。 遺族の気持ちになって考えてみてほしい。 故人と生前全く縁のない葬儀社の人間が泣きじゃくる姿を目にしたときの気持ちを。 頭にハテナマークが浮かぶとともに、悲しいはずの心も萎えるだろう。 僕はこの作品を観ている間、絶えず薄ら寒さを感じていたのだが、その原因の9割は主人公の言動にある。 ご遺体はモノではないのだから、生前の頃と同じように接するという彼の基本的姿勢には共感できるが、それをアウトプットする様が度を超えていて違和感を覚えるのだ。 なんというか、過干渉。 観客が作品に心から感動して、自然と涙が出るのとは訳が違う。 押しつけがましい感動的シーンは製作者の意図が透けて見える部分であり、あざといとさえ思う。 その意味で本作は、まさに あざとさの塊。 君塚良一には、西田敏行が泣けば観客も泣くという確固たる自信があったのだろう。 それを実証するかのように頻繁に挿入される泣きの演技。 後半は泣きすぎてもはやカオスの域にまで達している。 このやりすぎなまでの感動演出が功を奏したのか、上映中は周りから鼻をすする音が聞こえてきたので、彼の目論見は一応成功したと言えよう。 とはいえ僕がこの作品から感じたのは、 東日本大震災をネタにしてお涙頂戴のお話を撮ろう、という薄汚い魂胆だ。 震災エクスプロイテーション映画とでも言おうか。 東日本大震災という日本全体を揺るがした大きな出来事をテーマに扱うのなら、もっと真摯な姿勢で撮影に臨んでほしかった。 これでは『希望の国』の方が、監督の伝えたいことが明確に打ち出されていてまだ良かった。 こちらの作品には思想も愛も希望も感じられない。 【結論】 これを観に行くなんてどん判金ドブ.

次の